一般質問を行ないましたが、吉田市長は歯切れの悪い答弁ばかり/2012年12月議会

傍聴が多い本会議でした

本日の本会議で、市長・教育長・上下水道局長に対して、一般質問を行ないました。

朝一番にも関わらず104席の傍聴席がいつも以上に埋まっていて、市政に関心をもってわざわざ足を運んで下さった市民の方々の姿に、フジノは気合いが入りました。




今日の質問では、納得できない答弁がいくつも出てきました。吉田市長の歯切れの悪さばかりが目立ちました。



学校敷地内の除染土への対応

まず、学校敷地内の除染土を処理すべき点について。

安心が大切だと言いながらも実現できない吉田市長の本気度が疑われました。





退職した市職員らへの不適切な発言に謝罪なし

続いて、退職した市幹部職員らの退職理由に対する不適切な発言について。

吉田市長は撤回して謝罪するどころか、「感想を述べただけ」と言い放ちました。

議会内外で異なる発言をしておきながら開き直る、この姿勢は市長としてあまりにも問題です。謝罪も撤回も一切しないとのことでした。




一般質問終了後、フジノは議長のもとへ向かいました。後日、議会運営委員会で問題提起をします。



失敗に終わった芸術劇場改革に市長は「満足」と答弁

芸術劇場の指定管理者の公募の結果について。

今回選ばれた市の外郭団体は、指定管理料の提案は、市長の試算よりも高い金額であるにもかかわらず、吉田市長は「満足している」と答弁しました。




吉田市長のハコモノ改革は、まさに失敗に終わりました。



性的マイノリティ当事者の方には「会う」と答弁

唯一まともな答弁をしたのは、性的マイノリティ支援を強化する必要性について。

フジノが市長に対して「当事者の方々とお会いする意思はあるか?」と質したところ「あります」と明言しました。




絶対に近日中に市長とセクマイ当事者のみなさまとの面談を実現させます!



米兵による犯罪対策は一切行なわないと答弁

米兵犯罪を防ぐ為の具体的な対策についても、一切行なわないとのことでした。

9月議会に続いて、慶応大学SFCの学生さんが傍聴に来てくれました。今日は女子の学生さんが東京都内からわざわざ足を運んでくれました。Tさん、ありがとうございました!

本日の会議のお知らせ板


明日も本会議です。

しっかりがんばります!