アサノ先生、最終講義。

アサノ先生、退官

今日は、慶応大学SFCへ向かいました。

アサノ先生(浅野史郎教授)のゼミ『障がい福祉研究会』に出席する為です。

障がい福祉とは

毎週火曜日の『研究会』、後期に入ってからは体調の悪さもあって、フジノはほとんど出席できませんでした。

でも、今日は最終回です。

どんなことがあっても絶対に行かねばなりません!

単なる1年間の最終回ではありません。

2006年度から慶応義塾大学教授として活躍してこられたアサノ先生が定年となり、今年度をもって退官されるのです。

非専門家を半専門家に

アサノ先生の『最終講義』は明日ですが、フジノにとっては今日が『最終講義』でした。

まさに、万感胸に迫る思いです。

08Asanoism

講義が終わると、『研究会』の学生から花束が手渡されました。

花束贈呈

寄せ書きも贈られました。

フジノもメッセージを書かせていただきました。

色紙

さらに、アサノ研のOB・OGからもブルーの花が贈られました。ブルーと言えば、アサノカラーです。

歴代の卒業生がわざわざこうして訪れるのも、アサノ先生が慕われている証拠ですね。。。

OBからも

フジノがアサノ先生から学んだことは、あまりにもたくさんあります。今はただひたすら感謝の想いばかりです。

アサノ先生、ありがとうございました!

アサノ先生

でも、「アサノ先生」が退官したからといって、「浅野史郎さんそのもの」がこの世からいなくなる訳ではありません。

フジノはこれからもアサノさんの後ろ姿を追いかけ続けていきたいと思っています!

フジノが慶応大学SFCを定期的に訪れるのは今日が最後になります。

そこで、キャンパスをぐるりと歩いて回ってみました。

夜のキャンパス

夜の鴨池。校舎。とてもきれいでした。

名残惜しい気持ちと同時に、これでもう毎週パニック発作に襲われながらも満員の長いバスに乗らなくて良いと思うと、少しだけホッとしました(笑)

慶応大学SFC、1年間ありがとうございました!