「自殺対策官民連携協働ブロック会議@東京」が初開催/果たして意味はあるのだろうか?

自殺対策官民連携協働ブロック会議・関東へ

今日は、東京駅のすぐ目の前にある三菱ビルへ。

『自殺対策官民連携協働ブロック会議(関東)』が開かれました。

東京駅

新しくなった東京駅を初めて訪れました


この『ブロック会議』は、今年から新たに設置されたものです。

『関東ブロック』の対象地域は、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・ 神奈川県・新潟県・さいたま市・千葉市・川崎市・横浜市・相模原市・新潟市です。

会場入口にて

会場入口にて。しりあいがたくさん居る前での自撮りに照れ笑い


関東の他に、5つのブロック会議があります。

  • 北海道・東北ブロック(対象:北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・札幌市・仙台市) 10月4日開催

  • 中部ブロック(対象:富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・ 愛知県・三重県・静岡市・浜松市・名古屋市) 10月17日開催

  • 近畿ブロック(対象:滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・ 京都市・大阪市・堺市・神戸市) 11月8日開催

  • 中国・四国ブロック(対象:鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・ 香川県・愛媛県・高知県・岡山市・広島市) 11月15日開催

  • 九州・沖縄ブロック(対象:福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮城県・ 鹿児島県・沖縄県・北九州市・福岡市・熊本市) 11月29日開催




ブロック会議の目的

内閣府によれば、設置の目的は下の通りです。

自殺対策官民連携協働ブロック会議

自殺総合対策大綱に掲げられている推進体制「国、地方公共団体、関係団体、民間団体等が連携・協働するための仕組み」の具体化を図るため、自殺対策に関わる地方公共団体、関係団体及び、民間団体等が一堂に会し、情報共有や意見交換を通して、互いの活動について理解を深め、さらに連携を図ることができるよう、ブロックごとに会議を開催し、地域レベルの実践的な連携を図る。

(内閣府自殺対策推進室の事務連絡より引用)

先日初めて開催された『自殺対策官民連携協働会議』の、地域バージョンという位置づけのようです。

自殺対策官民連携協働ブロック会議の位置づけ

自殺対策官民連携協働ブロック会議の位置づけ(フジノ作成)


けれども、率直なところフジノには、このブロック会議の持つ意味はまだよく理解できません。

しかも、親会議である『官民連携協働会議』と同じく情報が全くありません。

インターネット上では、いくら探しても情報が全く出ていません。グーグルで検索をかけても、フジノ自身が書いた文章が出てくるだけ…。

やむなく内閣府自殺対策推進室に直接電話をかけて問い合わせてみました。

すると、「都道府県・政令市の自殺対策主管課に参加申し込みのおしらせをした」とのことでした。広く一般に向けて参加や傍聴のおしらせは行なっていないとのことでした。

そこで、実際の様子を傍聴させてもらうことにしました。



ブロック会議への疑問

こうして実際に参加してみたのですが…

残念ながら参加した後もこれまで感じてきた疑問は変わりませんでした。

議事次第

議事次第


プログラムは大きく分けて3つです。

  1. 内閣府自殺対策推進室からのお話

  2. 地方自治体による自殺対策の取り組みの紹介(東京都・新潟県)

  3. 民間団体による自殺対策の取り組みの紹介(NPOライフリンク)
内閣府自殺対策推進室より

内閣府自殺対策推進室より

『ブロック会議』そのものは、参加者がいすに座ったまま、ただ講義を聴くというものでした。

パワーポイント資料より

内閣府のパワーポイント資料より


同じ会場で午後から開かれる別プログラム(自殺対策連携コーディネーター研修)ではワークショップ形式で行われるとのことでした。

ただ、ブロック会議そのものはひたすら座学に終始しました。参加者同士が交流するというようなことは特にありません。

東京都パワーポイント資料より

東京都パワーポイント資料より


地方自治体の担当者を集めてお話を聴くだけならば、これまでに開催されてきた自殺予防総合対策センターによる『研修』内閣府による『全国自殺対策主管課長等会議』など何が違うのか、分かりませんでした。

新潟県パワーポイント資料より

新潟県パワーポイント資料より


地方自治体の職員向けに『研修の機会』が増えることに、文句はありません。

でも、設置の目的と実際の場は、異なっていると感じました。

NPOライフリンク清水さんによる講演

NPOライフリンク清水さんによる講演


『ブロック会議』と銘打ってわざわざ新たに設置したのです。

それならば、そのブロックごとの独自の課題や取り組みなどを明確にして、『ブロック会議』にしかできないことをすべきだと感じました。

新しい『自殺総合対策太閤』がスタートして、いろいろな会議の名前が変わりました。

でも、名前だけ変わってもしかたがありません。

名前は変わらなくて良いので、もっと効果のある取り組みを進めてほしいです。

今回は第1回目でしたので、手探りだったとは思います。

しかし、次回以降もっと『ブロック会議』の設置目的に沿った取り組みになるように願っています。