祖父とのお別れ

祖父とのお別れ

お通夜に続いて、今日は祖父とのお別れの1日でした。

葬儀、告別式、出棺、火葬、骨上げ、繰り上げ初七日、精進落とし、と夕方まで続きました。

遺影は十年くらい前の写真で、僕には強い違和感...。直近の祖父の方がもっと男前なのに。

遺影は十年くらい前の写真で、僕には強い違和感…。直近の祖父の方がもっと男前なのに。


祖父のお骨は、とてもしっかりしていました。

ああ、長生きした祖父のお骨は立派だなあ、と思いました。

戒名も生前の祖父をとてもよく表していて、「ぴったりだね」「いいね」と親戚もみんな気に入ったようでした。



人は死んでも終わりじゃないとつくづく感じる

今日のこのブログのタイトルは『祖父とのお別れ』と書きました。

でも、『お別れ』どころか、むしろ祖父の存在をより身近に僕は感じています。

斎場からの帰り道、夕暮れ

斎場からの帰り道、夕暮れ


確かに、物理的には肉体は消えてなくなりました。

でも、祖父の写真も動画も僕はたくさん撮ってあるので、声を聴きたければいつでも聴くことができるし、顔を見たければいつでも見ることができます。

「祖父の戦争の体験を途絶えさせてはいけない」と思った高校生の頃から、機会をとらえて祖父のお話をたくさん録音・撮影させてもらっていました。

だからiPhoneでデータを呼び出せば、僕はすぐに祖父と再会することができます。

それ以前に、目を閉じれば、すぐに祖父の優しい顔が浮かびます。

亡くなる直前までユーモアをもって僕に接してくれた、祖父の声が聴こえてきます。

「人は死んでも終わりじゃない」

と、つくづく感じます。

祖父は僕の中に生きているのだと思いました。



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!