【17時現在の速報】23時に「災害警戒本部」を設置します/台風18号(2014年)に対する横須賀市の体制について

今夜11時に「災害警戒本部」を設置します

全市議会議員宛に市民安全部長から報告を受けましたので、市民のみなさまにご報告いたします。

市議会議員様

市民安全部長

台風18号に対する本市の体制について

台風18号の接近に伴い、10月5日23時に田神副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置します。

対象部局は、市民安全部、土木部、消防局です。

6日6時には、対象部局を監査委員事務局・選挙管理委員会事務局を除く全部局に拡大します。

なお、気象の状況によっては、これらを前倒して対応します。

(事務担当は、市民安全部危機管理課)

※「災害警戒本部」とは何かについては、下で改めてご説明します。

今後の情報にもご注意ください

また、18:30には横須賀市にも『大雨警報』が発表されました。

テレビやラジオのニュースをはじめ、まちかどに設置されている『防災無線』のアナウンス、事前に登録しておくと届く『防災情報メールサービス』横須賀市HPの『よこすか防災ナビ』などの情報に、折にふれてぜひアクセスして下さいね。

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

横須賀市防災情報メールサービスにぜひご登録ください

「災害警戒本部」とは

『災害警戒本部』は『災害対策本部』と言葉は似ていますが、別のモノです。

ちょっと分かりづらいのですが、『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

災害が発生した時/災害の発生のおそれがある時、必要に応じて副市長が設置します。『災害警戒本部』が設置された時は、市民安全部長は各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。