【ご報告】8月9日6時に「災害警戒本部」を解散しました/台風13号(2018年)に対する横須賀市の体制について

「災害警戒本部」を解散しました

昨日の台風13号の接近にともなって、横須賀市は8月8日15時に『災害警戒本部』を設置していました。

先ほど、正式に市長室長(旧・市民安全部長)から報告を受けました。

市長室長

災害警戒本部の解散について

台風13号に対応するため8月8日15時に設置した災害警戒本部は、本日6時に解散しましたのでお知らせします。

なお、市内で倒木が数件発生しましたが、特段の被害は発生しておりません。

報告は以上です。

大きな被害が無くて本当に良かったです。



引き続き、熱中症にご注意下さい

台風が通り過ぎた後に、暑い真夏が帰ってきました。

どうか引き続き、熱中症に気をつけてお過ごし下さいね。どうかお願いいたします。

一般財団法人日本気象協会キャンペーン『熱中症ゼロへ』

こちらのサイトなどもぜひご参照下さいね。



【おしらせ】8月8日15時に「災害警戒本部」を設置します/台風13号(2018年)に対する横須賀市の体制について

台風13号に対する横須賀市の体制についてお知らせします

みなさまも天気予報などでご存知のとおりかと思いますが、台風13号が関東地方に接近しています。

横須賀市から台風13号に対する体制についてお知らせがありましたので、ご報告します。

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへのおしらせ

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへのおしらせ


台風13号の接近に伴い、8月8日15時に田中副市長を本部長とする災害警戒本部を設置します。

対象部局は、市議会事務局・選挙管理委員会事務局・監査委員事務局・税務部を除く全部局です。

なお、この内容は本日8時40分に決定したものですので、今後の台風の状況変化等によっては、災害警戒本部の設置を早める可能性もあります。

その場合には、あらためてご連絡いたします。



「災害警戒本部」とは?

災害についてブログに書くたびに毎回お伝えしていますが、今回も書かせて下さいね。

本日8日に設置する『災害警戒本部』について知っていただきたいので、ご紹介します。

『災害警戒本部』ですが、言葉は似ているものの『災害対策本部』とは別モノです。

『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より


災害の発生のおそれがある時/災害が発生した時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害警戒本部』を設置した時には、市民安全部長が各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。

横須賀市としては、市長室(旧・市民安全部)をはじめとする担当部局が『地域防災計画』をもとに、しっかりと対応を行なっていきます。



市民のみなさまもどうかご注意を。緊急ではない外出などはお控え下さいね

市民のみなさま、どうか天候の変化にご注意ください。

気象情報やニュースに随時ご注目くださいますよう、どうかお願いいたします。

そして、強い雨が降り始める可能性がある時は、よほど緊急ではない外出は翌日以降にどうか延期して下さいますよう、お願いいたします。

横須賀市が発信する『防災情報メール』なども、ぜひこの機会に登録して下さるとありがたいです。

よろしくお願い致します!



【ご報告】7月29日16時30分に「災害警戒本部」を解散しました/台風12号(2018年)に対する横須賀市の体制について

「災害警戒本部」を解散しました

台風12号の接近にともなって、7月28日12時に設置した『災害警戒本部』

先ほど、正式に市長室長(旧・市民安全部長)から報告を受けました。

災害警戒本部の解散について

台風12号に対応する為、7月28日12時に設置した災害警戒本部は、本日16時30分に解散しましたのでお知らせします。

なお、倒木等が数件発生しましたが、特段の大きな被害はなく、人的被害はありませんでした。

以上です。



引き続き、熱中症にご注意下さい

本市に関しては台風12号の大きな被害はありませんでした。

本当に良かったです。

ただ、台風一過の暑い暑い青空が帰ってきました。

どうか引き続き、熱中症にお気をつけてお過ごし下さいますよう、お願いいたします。

ぜひご参照下さいね。

一般財団法人日本気象協会キャンペーン『熱中症ゼロへ』



【おしらせ】明日7月28日12時に「災害警戒本部」を設置します/台風12号(2018年)に対する横須賀市の体制について

台風12号に対する横須賀市の体制についてお知らせします

市民のみなさまもニュースなどでご存知のとおりかと思いますが、台風12号の接近が報じられています。

横須賀市から台風12号に対する体制についてお知らせがありましたので、ご報告します。

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへのおしらせ

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへのおしらせ


台風12号の接近に伴って、明日7月28日(土)お昼12時(正午)に、田中副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置します。

対象部局は、市議会事務局・選挙管理委員会事務局・監査委員事務局を除く全部局としています。

こちらのおしらせは、27日11時に決定したものです。

今後の台風の状況変化等によっては、『災害警戒本部』の設置を早める可能性もあります。

その際は、あらためてお知らせいたします。



「災害警戒本部」とは?

明日28日に設置する『災害警戒本部』についてご紹介しますね。

『災害警戒本部』ですが、言葉は似ているものの『災害対策本部』とは別モノです。

『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より


災害の発生のおそれがある時/災害が発生した時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害警戒本部』を設置した時には、市民安全部長が各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。

横須賀市としては、市長室(旧・市民安全部)をはじめとする担当部局が『地域防災計画』をもとに、しっかりと対応を行なっていきます。



市民のみなさまもどうかご注意を。緊急ではない外出などはお控え下さいね

市民のみなさまも、どうかこの後の天候にどうかご注意ください。

気象情報やニュースに随時ご注目くださいますよう、どうかお願いいたします。

そして、強い雨が降り始める可能性がある時は、どうかよほど緊急ではない外出は日曜日に延期して下さいますよう、お願いいたします。

横須賀市が発信する『防災情報メール』なども、ぜひこの機会に登録して下さるとありがたいです。

よろしくお願い致します!



【速報】2018年の国民健康保険の「1人当たり保険料」は9万6177円!前年比2044円の値下げへ

2018年度の1人当たり保険料は、前年比2044円の値下げです

今年2018年度の国民健康保険料は前年比2044円の値下げとなりました。

2018年度の1人あたり保険料=9万6177円。

フジノは昨年のブログにこう書きました。

来年度(2018年度)から、国民健康保険は枠組みが変わります。

横須賀市の手を一部離れて、神奈川県全体でひとつの保険となっていきます。

フジノはこれによって、できれば横須賀市民のみなさまの国民健康保険料が少しでも下がることを強く期待しています。

良かったです!

期待どおりの結果となったことにフジノはホッとしています。

2018年度から、国民健康保険の枠組みが『横須賀市単独での対応』から『神奈川県全体(広域化)での対応』へと変わりました。

そもそも『保険』とは、広くあまねく助けあう仕組みです。

横須賀市のように、市民全体の所得が低く、医療費の支出も多く、厳しいまちは、広域化による恩恵を受ける形になります。

市役所の健康保険課では「広域化が値下げの原因だ」とは分析していません。

しかし、この数年間の広域化の実現に向けた取り組みの中で、フジノはそのように推測しています。ひとまず、とてもホッとしています。



ご注意を!保険料はみな異なります

本日フジノがお伝えしたのは、あくまでも平均の金額です。

あくまでも平均の金額ですので、おひとりおひとりが実際に支払う金額は異なります。

正確にみなさまおひとりおひとりがいくらになるかは、6月15日から郵便で発送される計算書で通知されます。

どうか、いましばらくお待ち下さい。



基準総所得が700万円以下の世帯はみな「値下げ」になりました

ただ、少しでも早くイメージを持っていただきたくて、毎年こうして速報をお伝えしています。

可能な限り早く保険料をお伝えする目的は、家計全体の中で保険料の支払いが占める割合はとても大きいはずだからです。

みなさまの暮らしに大きな影響を与える支出だからです。

前年よりも約2000円ほど値下げになったとはいえ、家計の1年間の見通しを立てる上で、大きな支出は早く知ることができれば対応もしやすくなると思います。

そこで、もう1つ情報提供です。

あなたの世帯の基準総所得ごとに保険料がいくらになるのか、そして前年(2017年度)と比べていくら値下げになったのかを表にしてみました。

2018年度の年額保険料と前年度との比較

基準総所得 一世帯あたり保険料 前年度比較
0円/未申告 7万6480円 ▲1985円
100万円以下 13万3406円 ▲4056円
100万円超200万円以下 22万4494円 ▲4731円
200万円超300万円以下 32万8207円 ▲6791円
300万円超400万円以下 43万3906円 ▲5787円
400万円超500万円以下 54万4441円 ▲3780円
500万円超600万円以下 64万2705円 ▲1万0063円
600万円超700万円以下 74万2229円 ▲6917円
700万円超 84万4678円 3万4683円

700万円以上の世帯だけ、前年度と比べて3万4683円の値上げになっています。

また、上の表はまだ『軽減措置』を計算していない表です。

負担が大きくなりすぎないように『軽減措置』というしくみがあるのです。

負担軽減があります

負担軽減があります


この負担軽減措置が取られた結果、対象となる方々の支払う保険料はもう少し下がることになると思います。

この表もあくまでも『目安』でしかありませんが、基準総所得ごとに保険料がいくらになるのかをお伝えしました。

本来ならば、もっとみなさまに分かりやすく具体的な金額でお示ししたいです。

そこで、横須賀市のホームページに試算ができるエクセルシートが掲載されています。

国民保険料の試算

国民保険料の試算


もしもよろしければこちらもぜひご利用下さい。



とはいえ、まだまだ高い保険料。保健政策に力をさらに入れていきます!

去年より値下げになったとはいえ、市民のみなさまの想いとしては「こんな高い保険料を払えるか!」というお気持ちではないかと思います。

国民健康保険は、医療の最後のセーフティネットです。

制度が崩壊してしまうことだけは絶対に避けねばならないので、現状では高い保険料になってしまっています。

これを唯一改善できる方法があります。

それは、保健政策(健康政策)をすすめていくことです。

フジノはこの数年間ずっと保健政策(健康政策)に力を入れ、新たな部署の立ち上げも実現させました。

横須賀市では新たに『第2期データヘルス計画』と『第3期特定健康診査等実施計画』を策定しました。

120ページあります

120ページあります


地味で地道な取り組みではありますが、市民のみなさまの健康がアップするように横須賀市では全力で取り組みを進めています。

こうした取り組みが実現していくことで、国民健康保険料もさらに下げていくことができるようになっていきます。

本当に、地味で地道な取り組みなので、

「こんな計画や取り組み、フジノ以外に誰が関心を持ってくれているのだろう・・・」

と時々感じることもあります。

しかし、健康政策の推進は世界的な流れです。これまでの日本は完全に立ち遅れていました。

必ず横須賀も変わっていくことができるはずだと信じています。



【おしらせ】5月16日(水)11時頃、全国一斉にJアラート(全国瞬時警報システム)の自動放送試験を行ないます

市民のみなさまにおしらせです

来週5月16日(水)の午前11時頃に、全国一斉に『Jアラート』(全国瞬時警報システム)の試験が行なわれます。

Jアラートとは

Jアラートとは


市のプレスリリースを掲載します。

全国瞬時警報システム(Jアラート)は、津波警報や弾道ミサイル情報などの、対処に時間的な余裕がない緊急情報を国が市の防災行政無線を利用して、市民等に瞬時に伝達するシステムです。

このたび、このシステムが正常に機能するかを確認するため、国が全国一斉に試験を実施しますので、お知らせいたします

なお、この試験は平成24年度から年1回実施されておりますが、今年度から年4回実施されることになり、今回は1回目となります。

  1. 実施日時
    平成30年5月16日(水)午前11時ごろ

  2. 放送される内容
    上りチャイム音

    「これは、テストです。(3回繰り返し)」

    「こちらは防災よこすかです。」

    下りチャイム音

  3. 市民等への周知
    • 市ホームページへ記事の掲載

    • ・試験開始前に、防災情報メールで事前の周知

    • ※国からの通知が3月末であったため、広報よこすか5月号の調整が間に合わず、今回は掲載を行っておりません

  4. その他
    試験当日の気象状況等により、中止とする場合もあります。

今回は、『広報よこすか』への掲載がまにあっていません。

どうかあなたのまわりでインターネットをお使いでない方がおられたら、この情報をお伝えしてくださいませんか。

突然のテストにどうか驚く方がおられないように、もしもまわりでご存じない方がいらっしゃいましたらテストだとお伝えしてあげて下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。



LGBTs施策実施の全国自治体1位に横須賀市が選ばれました/10年にわたる「性的な多様性を保障する取り組み」が評価されました

10年間かけて横須賀市を全国1位にしました

今日も時間がないので、写真とひとことの文章でごめんなさい。

本日、早稲田大学でシンポジウムが開催されました。

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ

「GSセンター×石川大我氏『LGBTs春の報告発表会in WASEDA』」のチラシ


設立1周年となる早稲田大学GSセンターの活動報告が行なわれました。

ついで、石川大我さんの調査研究の発表がなされました。

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました

石川大我さんが全国自治体の施策を調査しました


LGBTs施策を実施している全国自治体のランキングが発表されました。

そして、

横須賀市が全国1位に選ばれました。

横須賀市が全国1位に選ばれました

横須賀市が全国1位に選ばれました


実は先月お知らせを頂いていたのですが、今日まで口外することができませんでした。

横須賀市議会でフジノがたったひとりきりで10年間にわたって取り組んできたことが、全国的に評価されて、ありがたく感じています。

シンポジウムで話すフジノ

シンポジウムで話すフジノ


また、市職員のみなさんの日頃のがんばりがきちんとした形で評価されて、本当に誇りに感じます。

シンポジウムの様子

シンポジウムの様子


シンポジウムでは、GSセンターの大賀さん、石川豊島区議、前田文京区議、レインボーとしまの小吹代表とともにフジノも登壇しました。

横須賀の取り組みをお話しました

横須賀の取り組みをお話しました


フジノからは横須賀の取り組みについてお話しさせていただきました。



「身の丈」を知っているので驚きはありません

傲慢に聴こえるのを承知で、あえて本音を書きます。

ランキングが欲しくて取り組んできた訳では無いので、嬉しさは特にありません。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。

ランキング発表後のシンポジウム。左から前田さん、フジノ、小吹さん。


もともとフジノは『LGBT成人式』をはじめ、様々なところで

  • 「パートナーシップ制度と条例が無いだけで、渋谷にも世田谷にも負けていません」

  • 「横須賀の取り組みはパートナーシップ制度が無い以外は我が国の最先端です」

と本気で言い続けてきました。

例えば、『性的マイノリティ関係課長会議』は全国初の取り組みとして、厚生労働省の会議の場で、我が国のトップレベルの研究者から評価をしていただいています。

また、性的マイノリティ分かち合いの会『Cafe SHIPポートよこすか』は好事例として内閣府の『自殺対策白書(平成27年度版)』にも掲載されています。

2015年に救急搬送時・意識不明時の手術同意などにおける同性パートナーの立場を市立病院の指針に明確に位置づけた取り組みは全国初で、横須賀をモデルに少しずつ全国に広がっています。

こうした取り組みがたくさんあります。

海外の事例も、国内の事例も、ひたすら研究しているフジノですから、横須賀の実力がどのあたりにあるかは客観的に分かっています。

「身の丈」を知った上で、全国1位に驚きはありませんでした。



ランキングよりも大切なのは「当事者のみなさまの安心感と暮らしの満足感」です

フジノは、もっと大切な『現実』を知っています。

このまちで暮らしている当事者のみなさんにとってランキング1位だからってカンケーありません。

フジノが本当に欲しいのは、当事者のみなさんが安心して暮らせる平和な毎日だけです。

シンポジウムでもひたすら本音を語りました

シンポジウムでもひたすら本音を語りました


もちろん10年間、必死に全力を尽くして努力をしてきました。

全国で初めて導入した取り組みもたくさん提案してきました。

けれども、全ては当事者のみなさんの為です。

今このまちに暮らしている全ての当事者のみなさんが安心して平和に毎日を暮らせているか。

差別・偏見・スティグマが全く存在していないか。

残念ながら「そうではない」ことは誰よりもフジノが知っています。

どんな取り組みの数々も、当事者のみなさんに届かなければ、何の意味もありません。



横須賀はこんなもんじゃない。もっと取り組みを進めます

横須賀はこんなもんじゃない。

いつもそう胸にかたく誓って働いています。

慢心する気持ちは一切ありません。もっともっと前に進んでいきます。

パートナーシップ条例や要綱をつくった渋谷や世田谷に比べて派手さに欠けるので、今までメディアでは全然報じてもらえませんでした。

けれども、地味で地道ながら、実はすごく先進的だった横須賀にようやく光が当ててもらえました。

どのまちも実現できていないことがたくさんありますし、横須賀が始めたから他のまちが始めたこともたくさんあります。

横須賀市による今までの取り組みとこれからの取り組みを、どうか全国のみなさま、見守っていて下さいね。そして、どんどんご意見をください。

もっともっと良い方向へ進めていきますから。



「数」だけでなく「中身」を知って下さいね

最後に、今日のシンポジウムでフジノが作成して配った資料を掲載しますね。

本当は書ききれなくて、もっともっとたくさんの取り組みを行なっています。

さらに言えば、横須賀の取り組みが全国1位なのは『数』だけではありません。

素晴らしいエピソードもたくさんあります。

フジノが配布した資料です

フジノが配布した資料です


フジノのブログや横須賀市のホームページにも書ききれていないエピソードがたくさんあります。

少しずつご紹介していきますので、ぜひそうした事柄もみなさまに知っていただけたらと願っております。



心から関係者のみなさまに御礼を申し上げます

政治家は、結果だけが全て。施策の評価よりも、「どれだけ当事者のみなさまが本当にハッピーになれたか」だけが全てなのです。

嬉しいか嬉しくないかと聞かれたら、「嬉しい」とは応えますが、それは政治家としての本意では無いのです。

今日のブログではそんな強気な言葉ばかりを書きましたが・・・

いつもながら『天邪鬼なフジノ』なので、傲慢な言葉の数々はどうかお許し下さいね(こういうキャラなのです)。

最後に、御礼を記させて下さい。

1年間にわたって調査研究をして下さった石川大我さん、ありがとうございました。

早稲田大学GSセンターのみなさま、設立1周年おめでとうございます。素晴らしいシンポジウムの機会をありがとうございました。

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました

早稲田大学GSセンターを見学させていただきました


さらに、GSセンター見学の機会もいただいて、本当にありがとうございました。

スタッフのみなさま、準備から運営、後片付け、懇親会まで、本当に細やかな心配りに感謝しています。

荒天の中、取材に来て下さったTBS、毎日新聞、読売新聞、共同通信ほかメディアのみなさま、ありがとうございました。

会場に足を運んで下さった全ての方々に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

そして誰よりも、フジノが10年にわたって『性的な多様性を保障する為の取り組み』に全身全霊をかけるきっかけを与えて下さった全ての当事者のみなさま、ありがとうございました。

これからもずっと、今までどおりに全力で取り組みを前に進めていきますので、よろしくお願いいたします!



【報告】防衛大学校入校式典の為にジェット戦闘機(F-4)が横須賀上空を飛行します/4月3日と5日に騒音があるかもしれません

*3月28日に飛行情報が追加されましたので、改めてご覧下さい。(1)の日程が新たに増えました*

防衛大学校入校式典にジェット戦闘機が横須賀上空を飛行するとの情報提供を受けましたので、ご報告します

本日3月26日、全市議会議員宛に防衛大学校からの情報提供が報告されました。。

これは、これまでの本市と防衛大学校との協議に基づく情報提供です。

本日の報告は「平成30年度入校式典の為にジェット戦闘機(F-4)が横須賀上空を飛行する」というお知らせです。

ジェット戦闘機(F-4)の飛行には轟音が伴なう可能性がありますので、あらかじめ市民のみなさまにぜひ知っていて頂きたいと思います。

F-4(防衛省サイトより)

F-4(防衛省サイトより)


情報提供は以下のとおりです。

2019年度度防衛大学校入校式典に伴うジェット戦闘機の飛行予定について

  1. 防衛大学校からの情報提供内容
    (1)2019年4月3日(火)13:05~13:25、F-4が3機、防衛大学校上空を通過(※予備日4日(水)13:05~13:25)

    (2)2019年4月5日(木)12:09~12:14、F-4が3機、防衛大学校上空を通過します


  2. (飛行コースについては下のとおり)

  3. 飛行に関する問い合わせ先
    防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
    防衛大学校ホームページ

飛行の経路は下のとおりです。

防衛大学校入校式典・飛行進入経路

防衛大学校入校式典・飛行進入経路


以上です。

あくまでもスケジュールどおりの飛行ですので、どうかご安心いただければありがたいです。

ご意見などがあれば、フジノ宛でも、市の基地対策課宛でも、防衛大学校総務部総務課宛でもけっこうです。

インターネットを使っておられない方々にもぜひこの件について教えてあげて下さいませんか?

どうぞよろしくお願いいたします!



【報告】防衛大学校卒業式の為にブルーインパルス(T-4練習機)が横須賀上空を飛行します/3月17・18日に騒音の可能性があります

防衛大学校卒業式にジェット機が横須賀上空を飛行するとの情報提供を受けましたので、ご報告します

本日3月1日、全市議会議員宛に防衛大学校からの情報提供が報告されました。。

これは、これまでの本市と防衛大学校との協議に基づく情報提供です。

本日の報告は「平成29年度卒業式典の為にT-4(ブルーインパルス)が横須賀上空を飛行する」というお知らせです。

T-4(ブルーインパルス)の飛行には轟音が伴なう可能性がありますので、あらかじめ市民のみなさまにぜひ知っていて頂きたいと思います。

防衛省ホームページより

防衛省ホームページより

情報提供は以下のとおりです。

2018年度度防衛大学校卒業式典に伴うジェット機の飛行予定について

  1. 防衛大学校からの情報提供内容
    (1)2018年3月17日(土)14:00~14:15、T-4(ブルーインパルス)が6機、防衛大学校上空を通過(※予備:同日の15:30~15:45)

    (2)2018年3月18日(日)13:42~13:57、T-4(ブルーインパルス)が6機、防衛大学校上空を通過

  2. *いずれもアクロバット飛行は実施しません。当日の状況により飛行の中止、又は、機数を変更する場合があります。


  3. (飛行コースについては下のとおり)

  4. 飛行に関する問い合わせ先
    防衛大学校 総務部総務課 046-841-3810(代表)内線 2019
    防衛大学校ホームページ

飛行の経路は下のとおりです。

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路(3月14日変更後)

防衛大学校卒業式典・飛行進入経路(3月14日変更後)


以上です。

あくまでもスケジュールどおりの飛行ですので、どうかご安心いただければありがたいです。

ご意見などがあれば、フジノ宛でも、市の基地対策課宛でも、防衛大学校総務部総務課宛でもけっこうです。

どうか、この件についてインターネットを使っておられない方々にもぜひ教えてあげて下さいませんか?

どうぞよろしくお願いいたします!



【おしらせ】大雪警報の発表を受けて「災害警戒本部」を17時に立ち上げました/今後の雪にご注意下さい!

「災害警戒本部」を設置しました

『大雪警報』の発表にともなって、1月22日17時に田中副市長を本部長とする『災害警戒本部』を設置しました。

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへの報告

横須賀市ホームページでの市民のみなさまへの報告





「災害警戒本部」とは?

今夜に設置した『災害警戒本部』ですが、言葉は似ているものの『災害対策本部』とは別モノです。

『災害対策本部』を設置するほどではない事態の時に設置されるのが『災害警戒本部』です。

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より

「横須賀市地域防災計画・風水害対策計画編」配備指令の発令基準等より


災害の発生のおそれがある時/災害が発生した時、必要に応じて副市長が設置します。

『災害警戒本部』を設置した時には、市民安全部長が各部局と神奈川県に連絡します。

『災害の情報を収集して、関係機関との連絡調整を図り、災害対策等を推進すること』が目的です。



フジノの提案で2015年から「地域防災計画」に新たに「雪害」が加えられました

2014年予算議会でフジノは、『地域防災計画』に『雪害』を加えるように提案しました。

それから1年、2015年に改定が実現して『雪害』が加えられました。

『地域防災計画』風水害対策計画編(平成26年度改訂)
第3部第1章「災害応急対策の基本方針」より

第9章 雪害対策

第1節 基本方針

大雪による都市機能の阻害、交通の途絶、孤立など雪害による人的被害を最小限に抑えるとともに、都市機能のいち早い回復に向けた対策を実施する。

第2節 応急活動体制

  1. 大雪注意報等の発表に基づく体制構築
    関係対策部は、横浜地方気象台が大雪注意報を市域に発表した場合は、積雪に備えた準備を実施する。

    なお、大雪警報等の発表や雪害が発生、又は発生する恐れがある場合は、第2章に定める体制に移行する。


  2. 帰宅困難者対策
    (1)市の対応
    総合対策部及び市民安全対策部は、状況に応じて駅周辺に帰宅困難者の一時滞在施設を民間施設の協力を仰ぎながら開設し、帰宅困難者への開設状況の広報、鉄道事業者への情報提供等を行う。

    (2)鉄道・バス事業者の対応
    鉄道・バス事業者は、利用者へ運行状況等の情報提供に努めるとともに、それぞれが有する施設・機能を十分に活用し、駅周辺における混乱防止に努める。

    また、市が帰宅困難者用の一時滞在施設を開設した場合は、市と連携し一時滞在施設の案内を行う。

    (3)企業・事業所等の対応
    企業・事業所及び不特定多数の者が利用する施設の管理者は、大雪に関する情報を収集した上で、組織内に的確に伝達し、地震災害対策計画編第2部第4章及び第3部第5章第6節に準じて帰宅困難者の発生抑止に努める。


  3. 応援要請
    総合対策部は、市域全域における積雪により既存の体制では孤立者や被災者の救助・救出が不可能と認めた場合は、神奈川県知事に対し、自衛隊の災害派遣要請の要求を行う。

  4. 除雪・排雪対策
    (1)除雪対策
    自宅及び自宅周囲の生活道路などの除雪は住民によることが原則であるが、除雪が困難であり、かつ住民の救助・救出が必要な場合には、消防対策部を中心に関係対策部及び関係機関が連携し、自主防災組織や近隣居住者等から協力を仰ぎ活動にあたる
    こととする。

    (2)排雪対策
    道路管理者は、雪捨場の設定の際は、交通の障害にならないよう配慮する。


第3節 交通・ライフライン対策

  1. 道路交通対策
    道路管理者は、その管理する道路について関係機関と連携し早急に被害状況を把握し、降雪による交通事故防止のため、必要に応じて交通規制を実施する。

    併せて、主要な道路に関しては除雪等を実施するとともに、大雪等の災害時において道路上の放置車両により緊急車両の通行や除雪作業に支障がある場合は、災害対策基本法に基づき、関係機関と連携して車両を移動するなどして道路機能の確保に努める。


  2. 鉄道対策
    鉄道事業者は、利用者への適切な情報提供に努めるとともに、鉄道施設等の被害状況について早急に把握し、除雪の実施、応急復旧等を行う。

横須賀市としては、市民安全部をはじめとする担当部局が『地域防災計画』をもとに、しっかりと対応を行なっていきます。



市民のみなさまもどうかご注意を!お手元に懐中電灯などのご用意をお願いします

けれども行政だけでなく市民のみなさまも、どうかこの後の天候の行方にご注意ください。

雪が強く降り続ければ、停電も起こるかもしれません。

どうかお手元に懐中電灯をご用意ください。

また、寒さ対策に電気を使った暖房(エアコンやこたつなど)が使えなくなる可能性もありますので、灯油ストーブがある方は出しておいて下さい。

東日本大震災の時に横須賀では深夜まで停電を経験しました。あの時(3月11日深夜)に感じた寒さや不便さよりも、今夜の方が寒さは上回ると思います。

どうか、市民のみなさまご自身でご用意できる防災グッズはぜひお手元にご準備下さい。

また、お急ぎでない外出はどうか明日以降に先延ばしして下さいね。

横須賀市が発信する『防災情報メール』なども受信できるようにぜひ登録して下さるとありがたいです。

よろしくお願い致します!



【お願い】横須賀で「はれのひ」被害に遭われた方々へ/ぜひ「消費生活相談センター」にご連絡ください!

振り袖の販売・着付け・レンタル業者「はれのひ」の被害に遭われた方へお願いがあります

成人式当日にお店を突然閉鎖して、契約をしていた振り袖を着られない新成人が続出した事件がありました。

この夜逃げした業者『はれのひ』による被害に遭った方々は、もっぱら横浜に多いとの報道です。

けれども、横須賀にも昨年まで支店があった為に、被害に遭った方が存在していることが明らかになりました。

すでに『横須賀市消費生活センター』では32件の被害の相談を受けています(2018年1月10日現在)

そこで、もしもまだ警察や『消費生活センター』に被害を届けていない方がおられたらお願いがあります。

どうか『消費生活センター』にご連絡をいただけないでしょうか。

『消費生活センター』はまさにこうした問題の専門家たちがご相談を伺っております。

ぜひ『消費生活センター』に、今後の対応策をご相談させて下さい。また、国からの情報提供がありしだい、ご連絡いたします。

横須賀市消費生活センター

横須賀市消費生活センター

相談専用番号:046-821-1314

また、このブログを読んでおられるあなたのまわりに、『はれのひ』被害に横須賀で遭った方がいらっしゃったら、ぜひ『消費生活センター』の存在を教えていただけるととてもありがたいです。

どうかよろしくお願いします。

※今回の横須賀での被害発生については、けさ、井坂直議員が教えて下さいました。

「市議として何かできることはないだろうか」と話し合い、「とにかく消費生活センターへのご相談を市民のみなさまに呼びかけよう」と約束をしました。

社会問題を身近に引き寄せて調査される井坂直議員の問題意識の高さに感謝しております。井坂議員、ありがとうございます。



現状をご報告します

フジノも改めて消費生活センター所長に詳しくお話しを伺いましたので、現状をご報告いたします。

消費生活センター前にて

消費生活センター前にて

『はれのひ』の横須賀での被害状況

  1. これまでの経緯
    ・『はれのひ』横須賀支店が昨年8月まで大滝町にあった。
     
    ・去年の段階で2件、『はれのひ』に関する相談があった。着物を借りて2018年開催の横須賀の成人式に出られると思ったが、「横浜支店に行って契約してほしい」と言われた。それでは遠いので「キャンセルしたい」という相談が最初の相談だった。この2件は無事にキャンセルすることができた。

    本市では1月8日に『新成人のつどい』が開催されたが、『消費生活センター』は土日祝日が休みなので、翌日9日朝いちばんで、『新成人のつどい』担当部局(こども育成部)に「1月8日当日に出席できなかったトラブルの有無」を確認したが、現場サイドではゼロ件だったとの報告を受けた。

    ・9日は、再度17時過ぎにもこども育成部に確認したが、『新成人のつどい』に出席できなかった形でのトラブルは「把握していない」とのことだった。

    →現在まで横須賀では『新成人のつどい』当日に振り袖を着られなかった方の報告はありません。けれども被害の届け出が無いだけかもしれません。

    ・『消費生活センター』には1月9日に、21件の相談があった。1月10日は11件、1月11日はすでに数件受けている。

    ・1月10日現在の合計32件で、契約金額については959万2000円(1件平均29万9750円)にのぼる。

  2. 主なご相談内容
     (1)今年の成人式22件
    ・横浜のケースとは異なってホテルに着付け師を派遣するのとは異なり、事前に美容室に着物は届いていたので前撮りの撮影などもあり、当日着られなかった方の報告は今のところなし。当日にみなさん着物は着ることができた模様。

    ・相談内容は、「着物の返却を1月10日付けでしなければならない契約だが、連絡が取れない為にどうしたら良いか」というもの。

    →『消費生活センター』にご相談いただければ具体的な対応策をご案内いたします

    (2)来年以降の問題10件。
    ・振り袖を着て撮影を前撮りで行なったものの、完成した写真をもらえていない。

    ・来年、再来年や今年の卒業式のはかまのレンタル料金を前払いさせられたが連絡が取れなくなった。

    →『消費生活センター』にご相談いただければ具体的な対応策をご案内いたします

  3. 今後の対応について
    ・『消費生活センター』にご相談いただければ、今後、『被害者弁護団』が立ち上がった際にはセンターから情報提供を行ないます。

     ・今回の被害について、国のデータベースに登録しています。国からこの問題への対応についての指示が今後出ると思われますが、随時、センターからお伝えします。

改めて、どうかみなさまのまわりで『はれのひ』被害に遭われた方がおられたら、ぜひ『消費生活センター』について教えてくださいませんか。

よろしくお願いいたします!