DELIさん当選!手に汗握った、開票の数時間/松戸市議会議員選挙(その2)

前の記事から続いています)

最終的な投票率は、前回を下回りました

正式に、最終投票率も発表されました。

37.74%です。

松戸市の有権者の10人に約4人しか投票に行っていません。とても低い投票率です。

参考:横須賀市の場合

  • 2011年 47.98%
  • 2007年 52.59%
  • 2003年 53.10%
  • 1999年 52.58%

一般的に、投票率が高くなると「新人」が当選しやすくなる、と言われています。

何故かというと、現役の議員には「固定票」があるので、そのまま投票率が横ばいならばそれは「固定票」が入っただけだからです。

松戸市議会議員選挙の前回の投票率は、41.11%(2010年)でした。

「4%も投票率が下がると、新人候補にはかなり不利な状況だ」

というのが選挙に詳しい方のコメントでした。



第2報が出ました。開票率43.33%

ツイキャスの画面からでは、票の束の数までは見えません。

まわりの方々の話し声からどうもDELIさんの票の束が一気に積み上げられていると聴こえました。

「急速に(DELIさんの票が)伸びてる?」(22時22分)

「急速に(DELIさんの票が)伸びてる?」(22時22分)


何と言っても、前代未聞のアルファベットでの立候補のDELIさん。

  • DELI
  • デリ
  • でり
  • 本名

この4つのどの書き方でも「DELI候補への1票」と認められることは確認済み。

でも「DERI」だったら?どうみても他の候補者に投票したわけじゃないけど、スペルが違う。こういう時はカウントするかしないべきか。

そういう未確認票の扱いが確定していくと、票の束がどさりと置かれます。

そして22時30分になりました。第2報の読み上げです。

「22時30分現在、DELIさん800票、開票率43.33%」(22時31分)

「22時30分現在、DELIさん800票、開票率43.33%」(22時31分)


DELIさんは「800票」、開票率は43.33%でした。

44人当選するところに60人が立候補しています。

700票以下は18名でした。

つまり、半分の票が開いたところで、DELIさんは当選するかしないか、全く分からない状況なのです!

フジノにとって、これは『予想外の展開』でした。

すぐに当選するのではないかと、甘い気持ちを持っていました。

ヤバイかもしれない。いや、諦めちゃいけない。

ドキドキとフジノの鼓動が大きくなってきました。




(つづく)



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!