選挙最終日の夕方もDELI議員は困っている市民の方のことばかり考えていました。誠実なDELI議員をどうか再選させて下さい!/松戸市議会議員選挙2018

選挙最終日の夜です

今日は松戸市議会議員選挙の最終日です。

松戸市議会議員選挙の最終日です

松戸市議会議員選挙の最終日です


現在23時21分。フジノは松戸に居ます。

フジノは3度目の松戸入りをしました。

書きたいことはたくさんあるのですが、選挙についてブログを書くことが許されているのはあと30分程しかありません。

たくさん演説をしたり、クロストークをしたり、記したいことは山程あるのですが、ひとつだけ今日のエピソードをご紹介することに決めました。



ふだんフジノや江口議員がDELI議員とお会いする時のこと

松戸市民のみなさまにとって、DELI議員イコール『脱被曝』というイメージが強いかもしれません。

実は、フジノにとっては全然違います。

DELI議員はいつも市民の方々からの切実なご相談をお聴きしている。フジノたちと同じソーシャルワークをしている。

これがフジノの持つDELI議員のイメージです。

フジノたち政治家は、いつも市民の方々からいろいろなご相談を受けています。

そのご相談の内容はあまりにも幅が広くて、16年も政治家を続けているフジノでも今もどんなふうに解決策(エンパワーメントできるか)を悩みます。

だから、信頼できる他のまちの議員でたまたまお会い機会があると、何時間でも止まらずに市民相談への対応策をお互いに持っている経験を話し合い、相談し合います。

例えば、DELI議員と江口友子議員とともに神奈川大学で『地方自治論』のゲストスピーカーを終えた後、3人は必ずカフェに寄っていきます。

3人の話題は尽きることがありませんでした(2018年5月)

3人の話題は尽きることがありませんでした(2018年5月)


フジノと江口議員はともに4期16年と議員生活が長いので、DELI議員はとても熱心にたくさんの質問をします。

「実はある高齢者の方がおられて・・・」

「DVの被害者で逃げている方がいて・・・」

「多重債務に苦しんでいる人がいて・・・」

DELI議員はどうしたら困っておられる市民の方を支援することができるか、いつも一生懸命です。

江口議員も常にたくさんの相談に丁寧に向き合って方なので、DELI議員の質問に一生懸命に「こうしてみたらどうかな?」「こういう制度も使えるかも」と応えていきます。

いつも、DELI議員は市民の方々からのお悩み事やお困りごとになんとか対応したいと願っている、とても誠実な人です。



選挙最終日のわずかな休憩時間もDELI議員の関心事は、市民の方の相談でした

今日は松戸市に、フジノと江口友子議員(平塚市議会)井上さくら議員(横浜市会議員)が勢揃いしました。

DELI議員と同じ想いを持つ地方議員たち

DELI議員と同じ想いを持つ地方議員たち


駅前での応援のスピーチを行なったり、市民の方々との対話を続けて、最後の街頭演説の前に30分ほど休憩を取ることにしました。

そして喫茶店に入りました。

30分休憩に喫茶店に入りました

30分休憩に喫茶店に入りました


着席するなり(フジノはDELI議員の隣です)、DELI議員が話しかけてきました。

「フジノくんさ、実はね、市民の方でこんなふうに困っている人がいて・・・」

ふだんと全く同じで、市民の方からの相談について話し合ったのでした

ふだんと全く同じで、市民の方からの相談について話し合ったのでした


そう、DELI議員は選挙の最終日だとかカンケーないのです。

彼の頭の中は、ふだんと同じ。僕たちが議員同士で集まるといつも相談しあう、困っている市民の方の為に議員として何ができるか、なのでした。

今日は、選挙の最終日です。

ふつうの政治家たちの関心事は、いかにして1票でも多く獲得できるかしか無い人ばかりです。

でも、DELI議員は違います。

いつもどおり、市民の方々の暮らしのことを心配していました。

そんなDELI議員のことをフジノは改めて大好きになりました。

選挙の最終日とかカンケーないのです。

困っている人の力になりたいのです。これがDELIという人間です。

松戸市民のみなさま、あと5分しかブログが書けません。推敲する時間がないままに書きます。

どうか、DELI議員を信じて下さい。

世の中にはバカな政治家があふれていて、市民のみなさまが政治家不信に陥っているのはよく分かります。

けれども、こんな頑固一徹の誠実な人間が松戸市議会にはいるのです。

DELI議員のことを、フジノは心から信頼しています。このまちに、必要な人間です。

松戸市民のみなさま、どうかDELI議員に投票をして下さい。必ずみなさまは投票したことが大正解だったと感じる時が来るはずです。

明日の投票日、どうか投票所に足をお運び下さい。

よろしくお願い致します!



選挙期間なのにあえて夕方でマイクを使うのをやめるDELI議員の想いを知って下さい。実は「静かな選挙革命」が進行中です/松戸市議会議員選挙2018

今もDELI議員の『静かな選挙革命』が進行中です

松戸市議会議員選挙がスタートしています。

DELI議員の「静かな選挙革命」進行中です

DELI議員の「静かな選挙革命」進行中です


フジノはDELI議員の『静かな選挙革命』を心から支持しています。

DELIさん本人はあえて説明しないので、フジノが勝手に解説します。

  1. 街頭でのマイクを使っての呼びかけを18時半頃にはストップします
  2. 毎晩19時からDELI議員とゲストでのトークをツイキャス中継・録画も公開しています

これがどんなに『よくある政治家の選挙』とは全く異なるのでしょうか?



マイクを使えるのは20時までなのでみんなギリギリまで大音量で叫んでます

公職選挙法のルールで、選挙中は夜20時までマイクを使うことが認められています。

そのせいで、20時ぴったりまでマイクや選挙カーを使ってひたすら名前を繰り返し叫んでいる政治家がたくさんいます。

選挙活動そのものは24時間できますので、マイクが使えない20時以降になると、駅の出口に候補者とおそろいの色のウインドブレーカーを着た人たちがずらりと並んでは

「おかえりなさい!」

「〜です。よろしくお願いします!」

と改札を出てきた方々に大声で叫んでいるのを見かけます。

ひどい若手政治家になると、候補者の妻(夫)がお子さんを抱っこしながら髪を振り乱して必死さをアピールしています。

(「選挙にこどもを使うな!」とフジノはものすごくキライです)

こうした選挙手法は、市民をかなりバカにしているとフジノは思います。

市民のみなさまは政治家を選ぶのに政策ではなくて駅でおじぎされたら投票するものだと思われている訳です。

DELI議員はかねてから「市民として暮らしてきた中で、選挙をみて嫌だと感じたことは絶対にやらない」と話してくれています。

仕事や学校や買い物を終えて、やっと自宅に帰れる。もうヘトヘトだ。

そんな時に選挙で大きな騒音で名前を連呼されて、うんざりしたことはありませんか?

たくさんのおそろいウインドブレーカー着用の人たちの「おかえりなさい」コールに「うるせえ!」と叫びたくなったことはありませんか?

フジノはあります。

だから、DELI議員はマイクを18時半頃には使うのをやめてしまいます。

いわゆるマイクを使っての選挙活動を自ら毎日1時間半も短く終えてしまうのです。

ほとんどの政治家は恐ろしくてこんなことできません。

けれどもDELI議員はご自身の信じたことを選挙でも貫いています。

これが『静かな選挙革命』とフジノが言い続けているDELI議員のやり方なのです。



ぜひDELI議員のクロストークをご覧下さい

さらに、毎晩19時から約1時間半〜2時間にわたって、ゲストを招いてDELI議員とトークしている様子をツイキャスで生中継しています。

ツイキャス中継の様子。カメラ1台の簡単なセットです

ツイキャス中継の様子。カメラ1台の簡単なセットです


ある程度、決まったフレーズやセリフを繰り返す街頭演説とは異なって、トークは全てがアドリブです。むきだしのふだんの姿が丸出しになります。

しかも、生中継するだけではなくて、録画を公開しています。

ちょっとした失言をすれば今はすぐに炎上して、自らが発したひとことによって辞職した政治家もたくさんいましたよね。

ほとんどの政治家はツイキャスやSNSを使っていますが、街頭演説の様子をただ流しっぱなしです。

だから市民のみなさまは、ネットを使っている政治家達によって発信がなされているように見えていても、実は政治家本人のリアルな声を聴くことや姿を観ることは実はできないのです。

DELI議員による毎晩のツイキャスによる生中継は全く種類が異なります。

そして、もう1つの理由。

これはフジノ自身が常に感じていることで、最も共感することです。

市民のみなさまは、外に出歩くことができる方ばかりではありません。

特に、

  • 精神障がいのある方々
  • 社会的ひきこもりの状態に追い込まれている方々
  • 病気や障がいによって自宅や病院や施設で過ごさねばならない方々
  • 犯罪被害等によるPTSDで外出することができない方々

をはじめ、

子育てまっただなかであったり、足腰が弱くなって外出がおっくうになってしまった方など、外出の機会が作れない方々が市民のみなさまの中にはたくさんいらっしゃいます。

そこにインターネットが登場してくれたおかげで(もしもスマホやパソコンが使えればという高いハードルがありますが)

あなたがどこにいらっしゃっても、そしていつでも、生身の政治家によるトークを観ることができるのです。

「いくら街頭演説をしてもフジノが声をお聴きしたい方々は駅前になんていない」

ということに、フジノは初選挙の16年前に気づきました。

結局のところ、選挙でない時も同じです。

よく若手政治家がやっている早朝の駅立ちも、結局のところは顔見せに過ぎないのです(いわゆる顔を売るというヤツです)。

市民のみなさまは毎日駅前に立っていることでなんとなく親近感を抱いて「仕事をしている政治家」という偽のイメージを刷り込まれているだけなんです。

お話を戻しますね。

DELI議員と同じ問題意識を持つゲストの方をお招きして、ひたすら本音だけのトークを毎晩続けては、生中継&録画公開をしていること。

これは、外出機会の無い多くの方々にとっても政治家のリアルな姿をお届けしたいというDELI議員の想いだとフジノは強く感じています。

まさに『静かな選挙革命』なのです。

どうかこの1週間のクロストークの録画を御覧いただきたいのです。

そしてDELI議員がどんな政策を進めてきたのか、どんな人柄なのか、ぜひ知っていただけたらとても嬉しいです。

こちらをご覧下さいね。



過去のクロストークはこちらです

1日目




2日目




3日目




4日目は夜に個人演説会を行なった為、ツイキャス中継はありませんでした。

5日目




6日目















もちろん最終日の夜にも放送しますよー!

ぜひご覧くださいね。

そして、投票日にはあなたの大切な1票をDELI議員に託して下さいませんか。

どうかよろしくお願い致します!



DELI議員が2期目をめざして立候補しました!松戸市民のみなさま、政策を実現し続けてきたDELI議員にぜひ投票をお願いします!/松戸市議会議員選挙2018

ついに松戸市議会議員選挙がスタートしました

今日11月11日から松戸市議会議員選挙がスタートしました。

11月18日が投開票日の松戸市議会議員選挙がスタート

11月18日が投開票日の松戸市議会議員選挙がスタート


フジノの大切な盟友・DELI議員が2期目をめざして立候補しました。

DELI議員、2期目をめざして立候補を届け出ました

DELI議員、2期目をめざして立候補を届け出ました


4年前に続いてフジノは、松戸市を訪れています。

DELI議員が再選を目指して松戸市議会議員選挙に立候補しました

DELI議員が再選を目指して松戸市議会議員選挙に立候補しました


そして、松戸市民のみなさまにDELIさんの『1期目の実績』と『2期目の政策』を訴えて、投票をお願いしています。

DELI議員の到着まで代わりに政策をお伝えするフジノ

DELI議員の到着まで代わりに政策をお伝えするフジノ


もちろん山本太郎参議院議員も!

DELI議員の盟友・山本太郎参議院議員も駆けつけました!

DELI議員の盟友・山本太郎参議院議員も駆けつけました!


「何故DELIさんが必要なのか?」

ブログでは書ききれないくらい多くの理由があります。

先日も記しましたが、今日もその理由を記してみたいと思います。



DELIさんはいくつもの公約を実現してきました

フジノは2014年11月15日のブログに、こう記しました。

4年前の投票日前夜のブログ記事より

松戸市民のみなさま、DELIさんに投票してください!

DELIさんに賭けてみてください!

絶対に損はしません。

むしろ、10〜20年経った時に、「ああ、2014年11月16日にDELIさんに投票して良かったなぁ」と思い出すはずです。

DELIさんに投票して下さい!よろしくお願いします!

まだ4年しか経っていませんが、フジノは自分が書いた文章が正しかったことを実感しています。

無所属かつ1期目、でもたくさんの政策を実現してきたDELIさん

無所属かつ1期目、でもたくさんの政策を実現してきたDELIさん


何故ならば、DELIさんは全国に影響を与えるたくさんの政策を実現してきたからです。



松戸市の放射能除染基準は国よりも厳しく変更されました

「1期目の議員は(しかも無所属の議員は)何も実現できない」

政治業界ではしばしばこんなふうに言われます。

しかし、DELIさんは違います。

彼はたくさんの政策を実現してきました。

市民のみなさまに語りかけるDELI議員

市民のみなさまに語りかけるDELI議員


その中から今日のブログでは放射能関係の実績をご紹介します。

DELIさんが1期目で実現したことの一部(放射能関係のみ)

  • 放射能除染基準を見直しさせました

  • 安定ヨウ素剤の流通備蓄を実現しました

  • 農作物などの放射能検出下限値の引き下げを実現しました

  • 1度きりしか受けられなかった甲状腺エコー検査の助成を2年に1度受けられるように改善しました

  • 市内全ての公園の放射能を全て細かく測定し直し、線量マップを作成しました

  • 松戸市による測定では見落とされていたホットスポットを約200ヶ所発見し、低減対策を実施させました

1つ目の、『放射能除染基準の見直し』についてご説明します。

国(環境省)が示している放射能の除染基準をもとに、ほとんどの自治体が測定を行なって除染をしています(こちらのサイトをご参照下さい)。

つまり、高さ50cmで毎時0.23μSvが検出されたら除染をします。

けれども、こどもたちの行動パターンをイメージしてみて下さい。砂場で遊ぶ時の高さは?地面を転がりまわったりする時の高さは?

だから、DELIさんは50cmではダメだと訴えました。そして、基準が改善されたのです。

高さ 線量/毎時
国の基準 50cm 0.23μSv
松戸市の基準 5cm 0.23μSv

国が基準を定めていても、DELIさんのような議員が居てくれれば、より厳しい基準を地方自治体は独自に取ることができます。

松戸ではDELIさんと有志の市民のみなさんの測定によって、200ヶ所を超えるホットスポットが見つかりました。

3.11後に原発事故は起こっていませんから、東京電力福島第一原発事故に由来する放射能が今も存在していて、身近な公園などにホットスポットがあるのです。

こどもたちが安心して遊べるように願う保護者ならば、この基準の改善は大きな朗報ですよね?

4年前、初選挙の時にフジノはこのようにブログに記しました。

フジノの4年前のブログより

どうか松戸市民のみなさま、DELIさんに投票してください!

12年間の政治家生活を通して、フジノはあらゆる政治家(政治屋)をまぢかで見てきました。

DELIさんなら、政治を前に進めます。

DELIさんなら、こどもたちのいのちを守る為に必死に仕事をします。

フジノが本気で保証します。

4年が経った今、「DELIさんはこどもたちのいのちを守る為に必死に仕事をしてきた」と誇りをもってDELIさんの実績をご紹介できています。

松戸市民のみなさまの選択は、正しかったのです!



松戸市民のみなさま、再び「選挙革命」を起こして下さい

今夜の街頭演説にはたくさんの方が足を止めて下さいました。ありがとうございます。

街頭演説に耳を傾けるたくさんの市民の方々

街頭演説に耳を傾けるたくさんの市民の方々


DELIさんの選挙は、市民のみなさまだけが頼りなのです。

DELIさんは、無所属です。政党に所属していません。

駅前にステージを組めるくらいだから大きな組織がバックについているようなイメージがあるかもしれません。

けれども、それは誤解なのです。

音響・映像に詳しい方が数名だけボランティアで居るだけで、毎回、必死にやりくりをしています。本当に毎回大変です。

完全に手作りの選挙なのです。

4年前のDELIさんの選挙をフジノは『静かな選挙革命』だとお伝えしました。

  • スーツを着ない。

  • 名前はアルファベットのまま(全国初)。

  • タスキもしない。

  • 選挙カーも使わない。

  • 組織はないから名簿も無い。

  • 公選はがきも使わない。

  • 電話かけもしない。

  • 自分に投票してほしいとさえ言わない

他の政治家たちが当たり前にやっている選挙活動を、DELIさんは4年前、一切行ないませんでした。

それでも松戸市民のみなさんはDELIさんを選んで下さいました。

当選に湧くみなさんを見て、笑顔のDELIさん(2014年)

当選に湧くみなさんを見て、笑顔のDELIさん(2014年)


DELIさんの可能性を信じて投票をして下さった松戸市民のみなさまは、本当に素晴らしいです。

そんな松戸市民のみなさまが居て下さったからこそ、その想いに応えるべくDELIさんは選挙公約として掲げた政策をたくさん実現してくることができました。

政治家の4年間の姿は、すでに選挙の在り方で決まります。

組織に媚びて当選した候補者は議員に当選した後も組織に媚びる取り組みをしますが、DELIさんはひたすら政策を訴えて当選したので市民のみなさまの為に政策を実現する為に働き続けました。

4年前の選挙と今回の選挙で唯一違うのは、タスキをつけるようにしたことだけです。

引き続き、DELIさんによる『静かな選挙革命』は続いています。

そんなDELIさんを再び松戸市議会議員として働けるように、どうか松戸市民のみなさま、DELIさんに投票をお願いします!



フジノから改めてお願いです

松戸市民のみなさまに、4年前と同じお願いをします。

DELI議員を囲んで、山本太郎参議院議員と。

DELI議員を囲んで、山本太郎参議院議員と。


フジノは16年間の政治家生活を通して、あらゆる政治家(政治屋)をまぢかで見てきました。

松戸市民のみなさま、市内に居るとDELIさんはとても身近な存在ですから、あまりイメージがわかないかもしれません。

でも実は、DELIさんは全国から信頼されて慕われている存在なのです。フジノは『地方議員の宝』と呼んでいます。

その証拠に、これから7日間、全国各地から地方議員だけでなく、ふつうに暮らしている市民の方々が松戸に応援に駆けつけるはずです。

DELIさんは、この4年間、政治を前に進めてきました。

たくさんの実績を実現してきました。

特に、最も弱い立場であるこどもたちのいのちを守る為に必死に仕事をしてきました。

そんなDELIさんは次の4年間も必ず善き政治家として全力で働き続けるであろうことは、フジノが保証します。

どうか松戸市民のみなさま、DELIさんに投票してください!



何故DELI議員が必要なのか?彼の存在は「地方議員の宝」だからです!/松戸市全域の放射線量を測定し終えたDELI議員の市政報告@北小金駅前

DELI議員の市政報告に行ってきました!

今日は、松戸市議会議員のDELI議員の市政報告に向かいました。

JR北小金駅前

JR北小金駅前


会場は、松戸市内のJR北小金駅前です。

北小金駅ロータリー

北小金駅ロータリー


DELI議員は、千葉県松戸市で再び市政にチャレンジします。

松戸市議会議員選挙のスケジュール

松戸市議会議員選挙のスケジュール


フジノは4年前に続いて、もう1度DELI議員に市議会議員になってほしいと心から願っています。

駅前のイオン

駅前のイオン


横須賀から遠く離れた松戸市。

それなのに何故フジノはDELI議員が必要だと訴えているのか?

4年前はこんな理由を書きました。

(2014年8月28日のブログより)

東日本大震災による東京電力福島第一原発事故以降、フジノは、山本太郎さんと三宅洋平さんのお2人を応援してきました。

『脱原発』『脱被曝』を国政で訴えてくれる新しい力が必要だからと信じたからです。

そして今、DELIさんを応援する理由は、『脱原発』『脱被曝』を身近な地方議会で訴えてくれる新しい力が必要だからです。

3.11から3年が経過したにもかかわらず、『脱原発』が明確な国の方針にならないのは、やはり政治(国会・地方議会)のしくみの中に『脱原発』を訴える政治家が少ないからです。

もっとそうした想いを政治の場で訴える存在が必要です。

国政には、山本太郎参議院議員が存在してくれています。

地方議会には、もっともっと多くの同じ想いを持つ政治家が必要です。

フジノは地方議員の立場で、『脱被曝』の取り組みを行なってきました(例えば全国に知られた給食食材の事前事後の測定を行なう『横須賀方式』はフジノの提案で実現しました)。

フジノはただの無所属議員で、どんな政党も組織もカンケーありません。でもやればできるのです。

本気の政治家がもっと増えれば、必ず現実を変えることができます。

DELIさんは、必ず本気の政治家になってくれるはずです。

4年間が経った今、DELI議員に政治家を続けてほしいもっと大きな理由があります。

今日はその理由ををぜひみなさまにお伝えしたいと思います。



彼の実現したことは、全国に広がっていきます!

地方議員には、2種類のタイプがいます。

  1. 地域の課題を解決するタイプ
  2. 地域の課題を解決することで、その取り組みが全国の自治体に波及していくタイプ

断言します。DELI議員は後者です。

DELI議員が様々な取り組みを実現すると全国に広がっていくのです!

北小金駅前で市政報告をするDELI議員

北小金駅前で市政報告をするDELI議員


そんな大きな影響力を持つ議員は、極めて少ないです。

DELI議員の存在は『地方議員の宝』だとフジノは考えています。

フジノは自分が政治家を引退したとしても『脱原発』『脱被曝』についてはDELI議員が政治家として存在してくれる限りは安心だと考えています。



原子力発電所から数百キロ離れている松戸市で安定ヨウ素剤の流通備蓄に成功しました!

DELI議員の訴えてきたことが成果を結んでいます。

例えば、『安定ヨウ素剤の供給に関する協定』についてです。

まず、横須賀市の状況をお伝えします。

『GNF-J』(全国の原子力発電所の燃料を作っている会社です)があり、原子力空母の母港になっています。

『GNF-J』は、三浦半島の中心部にあり、人口密集地域にあります。

GNF-Jは三浦半島の真ん中にあります

GNF-Jは三浦半島の真ん中にあります


だから、毎年のように地域では事故を想定しての原子力防災訓練を行なっています。

放射能が放出するような事故に備えて、内部被曝を防ぐ為の『安定ヨウ素剤』も横須賀市には備蓄されています。

24時間以内に安定ヨウ素剤を服用すると内部被曝を一定程度防ぐことができます

24時間以内に安定ヨウ素剤を服用すると内部被曝を一定程度防ぐことができます


安定ヨウ素剤については『日本医師会』のパンフレットがとても分かりやすいのでをぜひご覧下さい)

安定ヨウ素剤の実物

安定ヨウ素剤の実物


横須賀市では、市民全員分の『安定ヨウ素剤』を市内15ヶ所に分散して備蓄しています(行政センターや保健所等です)

災害時には、配布場所である28校の市立小学校に市職員が運んで、住民の皆さまに配布する計画です。

安定ヨウ素剤は年齢ごとにのむ量や形状が異なります

安定ヨウ素剤は年齢ごとにのむ量や形状が異なります


『安定ヨウ素剤』は3年しか保存ができないので、定期的に買い換える必要があります。

さらに、年齢によってのむ量やその形状が異なります。

例えば、錠剤のままのむのが難しい方の為に『水薬』(液体)が必要ですが、これは専門家による調剤が必要です。

そこで横須賀市では、横須賀市薬剤師会のご協力をいただき、薬剤師会の薬剤師、市立2病院(市民病院・うわまち病院)・保健所の薬剤師による調剤訓練も行なっています。

(市立2病院は初期被ばく医療機関に指定されており、安定ヨウ素剤の備蓄場所でもあります)

さらに横須賀にはもう1つの存在があります。

原子力空母が横須賀を母港としています。

もしも原子炉が事故を起こせば、放射能による深刻な被害が想定されています。

認定NPO法人・原子力資料情報室による予測

認定NPO法人・原子力資料情報室による予測


横須賀市は、全国的にも極めて特異な存在なのです。

したがって、安定ヨウ素剤を市内に備蓄しています。

一方、松戸市の状況は横須賀市とは全く異なります。

松戸市は東京電力福島第一原子力発電所から200km離れています。

東海第二原発からも90km以上離れています。

国の定めた『安定ヨウ素剤』の備蓄対象地域ではありません。

安定ヨウ素剤は5km県内は事前配布、30km県内は備蓄という国のルール

安定ヨウ素剤は5km県内は事前配布、30km県内は備蓄という国のルール


原発から30km圏内は備蓄、5km以内は住民に事前配布する。これが国のルールだからです。

けれども、DELI議員の計測によって松戸市内には多くのホットスポットが発見されました(DELI議員は約200ヶ所を発見し、除染してもらいました)。

つまり、放射能が降ってくるのは原発からの距離だけが要素なのではありません。風向きなどによって大きな影響を受けるのです。

どこが安全かということは、距離なんかでは決まりません。

つまり、国による原発からの距離で一律に安定ヨウ素剤の備蓄を定めているルールは現実とはかけ離れています。

そこでDELI議員は「もしも再び原発事故が起これば、人々の命を守る為には安定ヨウ素剤の備蓄が必要だ」と訴えてきました。

そして今年ついに実現したのが、『流通備蓄』です。

松戸市内11ヶ所の薬局との協定締結を完了したことを報告するDELI議員のツイート

松戸市内11ヶ所の薬局との協定締結を完了したことを報告するDELI議員のツイート


市内11カ所の薬局と松戸市は協定締結を完了しました。

これは常に備蓄しているというのとは異なりますが、とても有効な方法です(予算措置的にも実務的にも)。

*あくまで災害発生時の薬局の在庫に応じて対応してもらうもので、状況によっては十分な数量が確保できない可能性もあります。

しかし、原子力発電所等の原子力施設からここまで距離が離れている自治体での『(流通)備蓄』は初めてではないか、と思います。

語りかけるDELI議員

語りかけるDELI議員


つまり、全国に向けて前例を作ったのです。

地方自治体は前例をつくれば、とても動きやすくなります。

あるまちがすでに実現していることは、他のまちも前例があることによって導入しやすくなるのです。

市民の方もDELI議員に語りかけます

市民の方もDELI議員に語りかけます


このDELI議員の成果によって、全国の『安定ヨウ素剤』備蓄を目指している市民団体や地方議員によって

「自分たちのまちでも実現できるはず」

という『新たな希望』が生まれました。

脱被曝の4年間の活動を伝えるDELI議員

脱被曝の4年間の活動を伝えるDELI議員


これがフジノの言っている、

地域の課題を解決することで、その取り組みが全国の自治体に波及していくタイプ

の政治家なのです。

例として挙げたのは、DELI議員が実現してきたいくつもの成果のうちの1つをご紹介したに過ぎません。

その他にも、全国に大きな影響を与える取り組みを松戸から実現してきたのがDELI議員なのです。

DELI議員の存在は『地方議員の宝』とフジノが言うのはこうした理由からです。



DELI議員の市政報告を配り、クロストークをしました

北小金駅前では、DELI議員の市政報告を配りました。

DELI議員は4年間をかけて、公約通り、市内にある公園・緑地の『空間放射線量』と、遊具周りやホットスポットの『土壌』を採取して『放射線量』を計測し、土壌の汚染状況を把握しマッピングしました。

市内外の市民のみなさんにご協力いただきながら、なんと428ヶ所の公園・緑地の計測を終了したのです(2018年7月24日現在)。

放射線量をマッピングした情報は、DELI議員のホームページに全部アップされています。

クロストークをするDELI議員とフジノ

クロストークをするDELI議員とフジノ


そのホームページもとても素晴らしくて、お住まいの住所を入れれば近くの公園の線量がすぐ分かるようになっています。

こんなに大変な作業を専門家ではなく、市民のみなさまと市議ひとりが最後までやり遂げただけでも素晴らしいのですが、本当に見やすくて分かりやすいです。

おこさんのいらっしゃる方々は安心してこどもたちを公園で遊ばせることができます。

今日は、市政報告を配布した後でDELI議員とクロストークをしました。その一部を動画でアップします。

『脱被曝』だけしか取り組まないのか、と批判されることがあるDELI議員。

『自殺対策』だけしか取り組まないのか、と批判されてきたフジノ。

1つの政策をずっと訴え続けることがいかに大切なことかをお話しました。

ちなみにDELI議員は『脱被曝』だけでなく、保育の問題や在宅療養(地域包括ケア)などフジノと共通のテーマも議会質疑で取り組んでいます。

シングルイッシューしか取り組んでないという批判は的はずれなのです。

DELI議員とフジノ

DELI議員とフジノ


そんなDELI議員の仕事ぶりが大好きです。

だからこそ、アサノ先生の『地方自治論』でゲストスピーカーを依頼された時には必ずDELI議員にも一緒に出演していただいています。

まもなく11月には松戸市議会議員選挙がやってきます。

フジノはその時には必ず松戸へ向かいます。

それはDELI議員の闘いであると同時に、フジノ自身の闘いなのです。

フジノは応援をするのではありません。脱被曝の為の闘いを一緒に闘うのです。

DELI議員、これからもともに全力で頑張っていきましょうね!



山本太郎参議院議員のシークレット街頭演説会@藤沢駅へ

山本太郎参議院議員がシークレット街頭演説会で全国ツアー中です

山本太郎参議院議員(自由党・共同代表)が連日『シークレット街頭演説会』を行なっています。

山本太郎議員による街頭演説会

山本太郎議員による街頭演説会


日時も場所も、完全にシークレット。事前の告知は一切しません。

果たして告知ゼロでどれだけの方が演説に足を止めてくれるか、というチャレンジを行なっています。

10月だけでもすでに7ヶ所を回っています。

日付 場所
10/2(火) 東急電鉄三軒茶屋駅
10/4(木) 北千住駅
10/5(金) 東急電鉄二子玉川駅
10/6(土) 京成上野駅
10/9(火) JR船橋駅南口
10/10(水) JR柏駅東口
10/11(木) JR藤沢駅南口

明日からもシークレットで全国を回っていく予定です。



今日は、藤沢です!

そして、今夜。

山本議員はJR藤沢駅前で街頭演説を行ないました。

JR藤沢駅前に置かれた案内

JR藤沢駅前に置かれた案内


ここまで山本議員と書いてきましたが、ふだんは「太郎さん」とフジノは呼び、太郎さんは「フジノさん」と呼びます。

太郎さんとフジノは同い年、そして同じ問題意識を持つ同志。

太郎さんは参議院で、フジノは市議会で、それぞれの立場でがんばっていくことを誓いあった仲です。

だから、県内に太郎さんが来る時はこれまでも必ずボランティアに行ってきました。

もちろん今日もフジノは藤沢へと向かいました。

フジノもチラシをガンガン配りました

フジノもチラシをガンガン配りました


フジノは駅ビルの出口のそばに立って、「山本太郎さんがここ藤沢駅前で演説しています」とアナウンスしながらチラシを配りました。

山本太郎議員に気づいて、足を止める人が少しずつ増えていきました

山本太郎議員に気づいて、足を止める人が少しずつ増えていきました


はじめはまばらだった足を止める人の数が少しずつ増えていき、やがて聴衆となり、その輪が広がっていき、歩道橋の上にも人が増えていきました。

山本太郎議員の演説に耳を傾ける人々

山本太郎議員の演説に耳を傾ける人々


終盤の20時前後になると、かなりの数の方が足を止めて演説を聴いて下さいました。

終盤にはこの画像よりもっと多くの方が足を止めてくれました

終盤にはこの画像よりもっと多くの方が足を止めてくれました


『シークレット街頭演説会@藤沢』は成功に終わったとフジノは受け止めました。



山本太郎議員が訴えている3つの提案

今夜の藤沢駅での街頭演説の内容は、全てYouTubeやツイキャスの録画からご覧いただけます。

お時間のある方はぜひこちらをご覧下さい。




上の動画は山本太郎議員の公式ツイキャスですが、違う角度から撮影して下さった方々の動画もあります。







新たなチラシとともに山本議員が訴えているのは、3つの提案です。

山本太郎が実行したい3つの提案

山本太郎が実行したい3つの提案


あなたの生活が苦しいのは、あなたが悪いのではない

あなたの生活が苦しいのは、あなたが悪いのではない


約束が違う!消費税サギ!

約束が違う!消費税サギ!

あなたの生活を今より楽にする為に!!山本太郎が実行したい3つの提案

  1. 消費税はまず5%へ!廃止を目指す!
    増税が必要な時は、まずは大金持ちからいただきます

  2. デフレ脱却給付金・成長分野へ投資!
    金融緩和と大胆な財政出動

  3. 安定した雇用・処遇で景気への貢献!
    保育・介護・原発作業員などの公務員化

チラシはこちらからご覧いただけますので、ぜひクリックして下さい)

どれもまっとうな提案だと感じています。

あなたはどうお感じになりましたか?



山本太郎参議院議員をフジノはこれからも全力で応援します

自分のかわりに、国会で発言してくれる人。

フジノにとって、山本太郎参議院議員はまさにそんな存在です。

脱原発・脱被曝をはじめ、あらゆる問題について政府に厳しい質問を投げかけてくれる唯一無為の存在です。

だからこそ、これからもフジノは全力で山本太郎議員を応援していきます。

山本太郎参議院議員とフジノ

山本太郎参議院議員とフジノ


今夜のように、全国を飛び回ってあらゆる地域で人々に語りかけていくその姿勢は本当に素晴らしいです。

もしも『シークレット街頭演説会』があなたの街にやってきたら、どうか足を止めて、山本太郎参議院議員の言葉に耳を傾けて下さい。

どうかよろしくお願い致します!



そして、DELIさんへのエールです!

最後に・・・。

フジノは今日あえてこのTシャツをスーツの下に着てきました。

DELIさん、今回も全力で応援します!

DELIさん、今回も全力で応援します!


太郎さんの盟友であり、フジノが心から信頼している人がいます。

松戸市議会議員のDELIさんです。

この太郎さんとフジノのツーショットは、11月に向けてのエールです。

フジノはDELI議員を今回も『自分ごと』として全力で応援します!



浅野史郎教授の「地方自治論Ⅰ」でDELI議員・江口友子議員とともにゲストスピーカーを務めました/神奈川大学法学部・人間科学部のみなさま、ありがとうございました(2018)

今年も浅野史郎先生「地方自治論」のゲストスピーカーを引き受けることに決めました

今日は6月議会の一般質問の発言通告書のしめきり2日前。

市長への一般質問の原稿の推敲作業もピーク。7日後に始まる6月議会の資料の読み込みの忙しさもマックスです。

本音を言えば、心身ともに疲れ切ってヘトヘトです。

そうした理由から、この時期は対外的な仕事は一切お断りしています。

六角橋商店街のアーケード

六角橋商店街のアーケード


しかし、神奈川大学教授である浅野史郎先生の講義『地方自治論』のゲストスピーカーを引き受けることにしました。

浅野史郎教授「地方自治論」

浅野史郎教授「地方自治論」


このブログを長年ご覧頂いているみなさまはご存知のことですが、フジノにとってアサノ先生は特別な存在なのです。

ご指名とあれば、決してお断りするつもりはありません。

ありがたいことに、今年に入ってすぐに

「フジノさん、今年もゲストスピーカーよろしくね。他の議員さんたちの人選も任せたからね」

とのご依頼をいただきました。とても嬉しかったです。

神奈川大学の正門

神奈川大学の正門


大好きなアサノ先生のお役に立てるのもこれが最後かもしれません。来年の今頃はもう、フジノは政治家では無い可能性が高いです。

そこで、本当に厳しい時期なのですが、今年も引き受けることに決めました。



もちろんお願いしたのは、DELIさんと江口友子さんです!

大学の授業はかつては1コマ90分だったのですが、神奈川大学は今年から100分になりました。

フジノひとりでは100分間もの授業をゲストスピーカーとしてこなすことはできません。

そこで、3名ならば30分ずつというイメージで、2人の議員にゲストスピーカーをお願いすることにしました。

もちろん今年もお願いしたのはこちらのお2人です!

公私ともに心から信頼しているお2人です。お2人ならば、大学生の心をわしづかみにして決して離すことはありません。

フジノが尊敬してやまないアサノ先生を筆頭に、絶大なる自信をもって学生のみなさまにおススメできるDELIさんと江口さん。

2018年も4人が勢揃いしました!

2018年も4人が勢揃いしました!


昨年も同メンバーだったのですが、たぶん他のどの大学であろうと絶対にありえない強力なメンバーです。



いざ、神奈川大学へ!

という訳で、今日は神奈川大学を訪れました。

アサノ先生・江口友子議員・DELI議員、カンペキです。

江口友子さん(平塚市議会議員)

江口友子さん(平塚市議会議員)

DELIさん(松戸市議会議員)

DELIさん(松戸市議会議員)


写真はフジノが撮りましたので、フジノの講義姿はありません(涙)

アサノ先生から出された4つのテーマをお話しました

アサノ先生から出された4つのテーマをお話しました


自己紹介の後は、アサノ先生から4つのお題が出されました。

数百人の学生が聴き入っていました

数百人の学生が聴き入っていました


途中でスチューデントアシスタント(SA)の方にカメラを渡して撮ってもらったのですが、こんなに広い教室(さらに右側に広いです)で数百人の学生たちが、真剣に目を見ながら話を聴いてくれました。

講義終了後も、それぞれの議員のもとに学生さんたちが質問や話しかけに来てくれました。

3人のサインが入った世界でひとつのノート

3人のサインが入った世界でひとつのノート


「3人のサインをください!」

と言われて、フジノは人生で初めてサインなんてしましたよー!



カフェレストラン一(いち)へ

講義の後は、3人で昨年に続いて六角橋商店街の駅そばにあるカフェレストラン「一(いち)」へお邪魔しました。

六角橋駅のそばにあるカフェレストランです

六角橋駅のそばにあるカフェレストランです


NPO法人一の会の運営するカフェレストランが大好きで、毎回お邪魔しています。

和菓子が魅力的なお店です

和菓子が魅力的なお店です


かき氷や和菓子を食べながら、日頃はなかなかお会いできない3人でたくさんお話をしました。

3人の話題は尽きることがありませんでした

3人の話題は尽きることがありませんでした


本日は、アサノ先生はじめ、江口さん・DELIさん、ありがとうございました!

そして神奈川大学法学部・人間科学部のみなさん、貴重なお時間をありがとうございました!

いつの日か、みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。



浅野史郎教授の「地方自治論」でDELI議員・江口友子議員とともにゲストスピーカーを務めました/神奈川大学法学部・人間科学部のみなさま、ありがとうございました(2017)

浅野史郎先生「地方自治論」のゲストスピーカーとして神奈川大学を訪れました

今日は神奈川大学を訪れました。

神奈川大学の正門

神奈川大学の正門


本日の目的は、浅野史郎先生の講義『地方自治論Ⅰ』でゲストスピーカーを務めることです。

2年ぶりのゲストスピーカーです!

とても光栄なことに、今年は浅野先生から『ゲストスピーカーの人選』をフジノにお任せいただきました。

そこで、かねてから浅野史郎先生を引き合わせたいとずっと願っていた、DELI議員(松戸市議会議員)にお願いをしました。

DELI議員からも浅野先生からも即OKを頂き、めでたく素晴らしい顔合わせが実現することになりました。

このツーショットをどうしても実現したかったのです

このツーショットをどうしても実現したかったのです


そして、フジノが最も信頼し尊敬している江口友子議員(平塚市議会議員)にもお願いしました。

江口さんは絶対不可欠の存在です。

DELIさん、江口さん、フジノ。

たぶん他のどの大学であろうと絶対にありえないメンバーがそろいました。

フジノが絶大なる自信をもって学生のみなさまにおススメできるおふたりとともに登壇できて、すごくありがたい機会でした。

4年前3年前2年前、そして今日。

『アサノ知事の最後の弟子』を自認するフジノは、毎年お声がけいただけるのがとてもありがたいです。

何故なら

「フジノくん、あなたは今年も『政治家』としてしっかり仕事をしてきたね」

と浅野先生に評価していただけたからだと感じるからです。

6月定例議会直前、市長選挙直前、家族が入院中と目が回りそうなスケジュールでした。

それでもここに足を運んだのは、やはりフジノにとってアサノさんは特別な存在だからなのですね。

アサノ先生、DELIさん、江口さん、ありがとうございます。

*ごめんなさい、ここまででいったん文章を終えて仕事に戻ります。後日改めてブログを完成させますね。とりいそぎ、画像のみアップしますね。

江口友子議員

江口友子議員

DELI議員

DELI議員

フジノ

フジノ


講義終了後に話しかけてきてくれた学生さんとフジノ

講義終了後に話しかけてきてくれた学生さんとフジノ


浅野史郎先生を囲んで

浅野史郎先生を囲んで


学生さんたちとともに

学生さんたちとともに


アサノさんとDELIさんが共演できて本当に嬉しかったフジノ

アサノさんとDELIさんが共演できて本当に嬉しかったフジノ





平井勇太さん「福島〜未来を切り拓く〜」出版記念イベント/福島市議会議員選挙、スタートしました

平井勇太さん出版記念イベントへ

今日は、東京・渋谷の『UPLINK』へ向かいました。

参加したイベントはこちらです。

平井有太さん出版記念イベントのおしらせ

平井有太さん出版記念イベントのおしらせ


平井有太さん『福島 未来を切り拓く』という本を出版した記念のイベントです。

平井勇太さんプロフィール

1975年、東京、文京区生まれ。

青山学院高等部、NYの美大School of Visual Arts卒。

2001年帰国以降、フリーランスのライターとして約50の雑誌媒体を中心に寄稿。イベント企画制作、アーティスト、通訳業等も兼務。

2012年10月、福島市に『土壌スクリーニング・プロジェクト』事務局として着任、2013年度第33回日本協同組合学会実践賞受賞。

地産地消ふくしまネット特任研究員、福島大学FURE客員研究員。

『福島 未来を切り拓く』(SEEDS出版、2015年)、共著『農の再生と食の安全 原発事故と福島の2年』」(新日本出版、2013年)

松戸市議会議員のDELI議員三宅洋平さん、またビデオメッセージで小出裕章さん、福島から避難しておられるお母さんがゲストとしてマイクを握りました。

会場の様子

会場の様子



福島市議会議員選挙、今日からスタートしました

実は、福島市では今日から市議会議員選挙が告示されました。

福島市議会議員選挙のおしらせ

福島市議会議員選挙のおしらせ


35人の定数に対して、44人が立候補したとのことです。

平井さんもこの選挙に立候補しました。

立候補届け出を終えた平井さんのツイートより

立候補届け出を終えた平井さんのツイートより


つまり、今日は立候補当日。

平井勇太さんのツイートより

平井勇太さんのツイートより


けれども福島で第一声を上げた後、お昼には福島を出発して、15時半から渋谷でイベントを開催している訳です。

第一声を終えてすぐに渋谷に向かった平井さんのツイートより

第一声を終えてすぐに渋谷に向かった平井さんのツイートより


このこと1つ取っても、従来型のどぶ板選挙とは無縁の選挙をすることがハッキリとしていますよね。

平井さんと洋平さん

平井さんと洋平さん


同時に、DELI議員・三宅洋平さんがサポートしているということからも、平井さんは『脱原発』の強い仲間であることは確かです。

DELI議員(松戸市)と平井さん

DELI議員(松戸市)と平井さん



脱原発の力強い同志・平井勇太さんを知って下さい!

恥ずかしながらフジノは、『脱原発』という政策以外は、平井さんの政策を全く存じ上げません。

しかし、土壌の測定を行政が31ポイントしか実施していない中で、平井さんは農協と共同で約10万ポイントの土壌を測ってきたことは知っています。

このひとつの事実だけでもフジノは、平井さんのことを信頼せずにはいられません。

平井さんの他の政策は、これから学びます。さっき購入した平井さんの著書『福島〜未来を切り拓く〜』を一気に読んでいます。

「福島〜未来を切り拓く」平井勇太著

「福島〜未来を切り拓く」平井勇太著


どうか全国のみなさまも、そんな平井勇太さんのことを知って下さいませんか?

そして、半年後には丸5年となるフクシマを絶対に忘れない為にも、この福島市議会議員選挙に注目していて下さいね。

「なかったことにできるのか?」

絶対に「NO!」です。



今日の様子は圭希さんがツイキャスで中継してくれました

今日のイベントを横川圭希さんがツイキャスで生中継・録画中継して下さいました。ぜひご覧下さいね!





DELIさん当選!手に汗握った、開票の数時間/松戸市議会議員選挙(その3)

(前の記事から続いています)

・・・もう文章は書けません。

なんと、なんと、最後の最後に当選が決まりました!

DELIさん、おめでとうございます。

開票所(22:59)の様子

開票所(22:59)の様子

DELIさん(22:59)

DELIさん(22:59)

ついに当選

44位で当選!

44位で当選!

当選に湧くみなさんを見て、笑顔のDELIさん

当選に湧くみなさんを見て、笑顔のDELIさん

DELIさん、乾杯(右後ろには鈴木博喜記者の取材姿)

DELIさん、乾杯(右後ろには鈴木博喜記者の取材姿)


そして、松戸市民のみなさま、本当におめでとうございます!

これから必ずDELIさんは良い仕事をたくさんするはずです。

松戸市民のみなさま、本当に良かったですね。



DELIさん当選!手に汗握った、開票の数時間/松戸市議会議員選挙(その2)

前の記事から続いています)

最終的な投票率は、前回を下回りました

正式に、最終投票率も発表されました。

37.74%です。

松戸市の有権者の10人に約4人しか投票に行っていません。とても低い投票率です。

参考:横須賀市の場合

  • 2011年 47.98%
  • 2007年 52.59%
  • 2003年 53.10%
  • 1999年 52.58%

一般的に、投票率が高くなると「新人」が当選しやすくなる、と言われています。

何故かというと、現役の議員には「固定票」があるので、そのまま投票率が横ばいならばそれは「固定票」が入っただけだからです。

松戸市議会議員選挙の前回の投票率は、41.11%(2010年)でした。

「4%も投票率が下がると、新人候補にはかなり不利な状況だ」

というのが選挙に詳しい方のコメントでした。



第2報が出ました。開票率43.33%

ツイキャスの画面からでは、票の束の数までは見えません。

まわりの方々の話し声からどうもDELIさんの票の束が一気に積み上げられていると聴こえました。

「急速に(DELIさんの票が)伸びてる?」(22時22分)

「急速に(DELIさんの票が)伸びてる?」(22時22分)


何と言っても、前代未聞のアルファベットでの立候補のDELIさん。

  • DELI
  • デリ
  • でり
  • 本名

この4つのどの書き方でも「DELI候補への1票」と認められることは確認済み。

でも「DERI」だったら?どうみても他の候補者に投票したわけじゃないけど、スペルが違う。こういう時はカウントするかしないべきか。

そういう未確認票の扱いが確定していくと、票の束がどさりと置かれます。

そして22時30分になりました。第2報の読み上げです。

「22時30分現在、DELIさん800票、開票率43.33%」(22時31分)

「22時30分現在、DELIさん800票、開票率43.33%」(22時31分)


DELIさんは「800票」、開票率は43.33%でした。

44人当選するところに60人が立候補しています。

700票以下は18名でした。

つまり、半分の票が開いたところで、DELIさんは当選するかしないか、全く分からない状況なのです!

フジノにとって、これは『予想外の展開』でした。

すぐに当選するのではないかと、甘い気持ちを持っていました。

ヤバイかもしれない。いや、諦めちゃいけない。

ドキドキとフジノの鼓動が大きくなってきました。




(つづく)



DELIさん当選!手に汗握った、開票の数時間/松戸市議会議員選挙(その1)

DELIさんが当選するまでのフジノの私的な記録

2014年11月16日に投開票が行なわれた松戸市議会議員選挙。

フジノはDELIさんという候補者を応援しました。

その開票が行なわれた11月16日夜20時~17日2時、フジノが体験したことをご紹介します。

ドキドキしながら他人の開票を観ることは、全く初めての体験でした。

フジノはゲン担ぎでカツカレーを食べに行きました

フジノはゲン担ぎでカツカレーを食べに行きました


フジノはカツカレーを食べて、ゲン担ぎです

20時、「投票」が終わりました

投票が締め切られたことを受けて、DELIさんからのツイート(20;04)

投票が締め切られたことを受けて、DELIさんからのツイート(20;04)

「22時半くらいに結果がでるらしい」との情報を受けて、落ち着かないフジノ

「22時半くらいに結果がでるらしい」との情報を受けて、落ち着かないフジノ


この日、沖縄県知事選挙をはじめ、大きなまちの投開票が重なりました。

その為か、なんと松戸市議会議員選挙については地元のテレビ局も「放送をする予定は無い」と分かりました。

開票所からインターネットで生中継が見られることになりました!

しかし、そんな時、「開票所の様子をインターネットのツイキャスで生中継をする団体がある」との連絡が入りました。

『松戸をよくする市民の「ゆるーい」ネットワーク』という活動があって、松戸市議選に立候補者される方々に対して、公開質問状を送って、ブログにて各候補者からの回答を掲載しておられました。

DELIさんも公開質問状へ回答をなさってました。

「松ゆる市議選プロジェクト2014」さんのツイート

「松ゆる市議選プロジェクト2014」さんのツイート


その団体がツイッターアカウントも持っておられたのでチェックしていたのですが、なんと開票所からもインターネットで生中継してくれるとのことでした。なんと画期的な!

おかげでフジノは横須賀から、松戸で行なわれている開票の様子を全て観ることができました。

21時、開票が始まりました

開会宣言が行なわれました(21時16分)

開会宣言が行なわれました(21時16分)

自分の選挙の開票の時、フジノはいつも実家でみんなでのんびり過ごしながらテレビ神奈川の速報を観ています

だから、こんな風に開票所が運営されているのを初めて知りました。

フジノは自分の選挙の開票も1度も観たことが無いから完全に初めて観る作業です

フジノは自分の選挙の開票も1度も観たことが無いから完全に初めて観る作業です

21時19分、DELIさんたちも開票所に到着しました

DELIさん、開票所に到着しました(21:19)

DELIさん、開票所に到着しました(21:19)

「点字の票、預かります」の声(21時22分)

「点字の票、預かります」の声(21時22分)

選挙管理委員会が30分おきに「開票速報」を発表します

投票日には、どのまちでも選挙管理委員会が『投票速報』と『開票速報』を発表します。

松戸市選挙管理委員会ホームページより

松戸市選挙管理委員会ホームページより


それによると、最初の開票速報は22時頃と発表されました。

「22時頃に第一報とのこと。」

「22時頃に第一報とのこと。」


はじめはフジノら数人しかいなかったツイキャスによる生中継を観ている方の数がじわじわと増えてきました。

「観てますよ、だってみんな、ドキドキしてるんですもん。」(21時28分)

「観てますよ、だってみんな、ドキドキしてるんですもん。」(21時28分)


フジノの体験ですと、だいたい第1報ではまだほとんどの候補者が「0票」とか「100票」とアナウンスされます。

「あと15分くらいしたら第一報でますかねー」(21時48分)

「あと15分くらいしたら第一報でますかねー」(21時48分)


第1報で『当確』が出ることはまずありません。

「開票所がこんなに楽しそうだなんて知らなかったw」(21時50分)

「開票所がこんなに楽しそうだなんて知らなかったw」(21時50分)


お気楽な感じでフジノは、新聞を読みながら音だけ聴いていました。聴き覚えのあるチームDELIのみなさんの声に、楽しさを感じてさえいました。

第1報が出ました。開票率、まだ13.04%

体育館のフロアで開票作業が行なわれているのですが、2階の観客席からその作業を観ることができるのですね。

「みんな、乗り出して見てる」(21時58分)

「みんな、乗り出して見てる」(21時58分)


けっこうな数の方々が開票所に来ていることを初めて知りました。

「(DELIさんの票は)一番左の奥がDELIさんの束の場所」

「(DELIさんの票は)一番左の奥がDELIさんの束の場所」


そして、双眼鏡とかオペラグラスを使って観ると、どの候補者の票がどこのテーブルにまとめて置かれているかが分かるようです。

だから、「今はテーブルに●束あるから、●票だな」とか分かるそうです。

「22時現在の開票状況を届け出準に発表しています。DELIさんは60番目に発表されます」(22時01分)

「22時現在の開票状況を届け出準に発表しています。DELIさんは60番目に発表されます」(22時01分)


ついに22時。

選挙管理委員会の方が、1人ずつ候補者の得票数をマイクで読み上げていきました。票数が読み上げられるのはルールでは届け出順なので、届け出番号60番のDELIさんはラストです。もどかしい!

22時現在、DELIさん200票(22時9分)

22時現在、DELIさん200票(22時9分)


DELIさんは22時現在、「200票」と読み上げられました。

けれども、まだ開票率はわずか13.04%。

残り87%もの票が誰に入るのか分かりません。

これは、第2報でも決まらなさそうだな。

「長期戦になりそうだな」

そんなことを感じました。

その2へ続きます)