あなたは投票に行きましたか?/衆議院総選挙、フジノは「小選挙区」は小泉進次郎さんに、「比例区」は日本共産党に投票しました

今日、投票に行ってきました

今日は、衆議院総選挙(第47回)の投票日でした

フジノは今日、投票に行ってきました。

投票所にて

投票所にて


いつも『期日前投票』ではなくて、『投票日当日』まで考えて考えて悩んだ上で、投票することにしています。

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています


フジノの暮らす横須賀市とお隣の三浦市は『神奈川11区』です。

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板


『神奈川11区』には、こちらのおふたりが立候補されました。

フジノの投票先はこちらです

フジノが投票したのは、下の通りです。

小選挙区

小泉進次郎

比例区

日本共産党

 

その理由を記していきたいと思います。

小選挙区で小泉進次郎候補に投票した理由

フジノが『小選挙区』で『小泉進次郎候補』に投票した理由を述べます。

市議会議員としてフジノ(そして横須賀市)は、様々な政策で小泉代議士に多くのご協力を頂きました。

日本で1番料金が高い『横浜横須賀道路』の値下げに向けた活動ナショナルトレーニングセンターの横須賀への誘致など、様々な機会に横須賀の為に尽力して頂きました。

「小泉進次郎代議士は、これからも横須賀の為に必要な国会議員だ」とフジノは考えています。

フジノは地元選出の国会議員の国会質疑は全てネット中継で観ることにしているのですが、小泉代議士の国会での質疑・政府に入ってからは政務官としての答弁、その全てを観てきました。

社会保障政策をはじめ、人口減少社会における様々な政策で一致することがあることを感じました。

個人としては、さきの市長選挙において広川さとみさんを応援する為に全身全霊をかけて走り続けた小泉代議士と一緒に、毎晩のようにいろいろなお話をしました。

お父上である小泉純一郎さんについてはフジノはこの先も永遠に許せないと思います。

わが国の自殺が増えたのは、小泉純一郎政権の5年間の政策のせいだと考えています。また、障害者自立支援法などの政策も絶対に許せない気持ちは変わりません。

しかし、ご本人とじかに接してみて分かったのは「小泉進次郎代議士は父親とは全く別の存在だ」ということです。

また、昨晩19時40分頃、横須賀中央ワイデッキでの演説を観ました。

率直に、こころを打たれました。

以上のことから、小泉進次郎候補に投票を決めました。

「比例区」では「日本共産党」に投票しました

比例区で日本共産党に投票した理由は、ものすごくシンプルです。

政治家として、フジノにとってあらゆる政策が最も一致するのは日本共産党だからです。

日本共産党の南関東ブロックの名簿順位

日本共産党の南関東ブロックの名簿順位


フジノの暮らす横須賀市は、比例区では『南関東ブロック』というエリアになります。

『南関東ブロック』での日本共産党の得票数が増えると、まず志位和夫さん(名簿順位1位)が当選します。

志位和夫委員長とフジノ

志位和夫委員長とフジノ


さらに得票数が増えると、はたの君枝さん(名簿順位2位)が当選します。

これまで参議院議員であった時も落選中も、はたの君枝さんとは様々な政策でフジノは連携させていただきました。

参議院議員議員選挙でフジノは、はたの君枝さんに毎回投票してきました。

志位委員長に当選して欲しいのは当然のことですが、はたのさんに代議士として絶対に国会で働いてほしいとフジノは強く願っています。

はたの君枝さんウェブサイトより

はたの君枝さんウェブサイトより


以上のことから、日本共産党に投票を決めました。

あなたは投票に行きましたか?

大切なことは、投票に行くにあたって悩みに悩みぬくことだと信じています。

さらに大切なことは、投票後です。

投票した候補者や政党が当選しようが落選しようが、その活動をずっと厳しくチェックしていくことです。

フジノはもちろんのこと、有権者である方々はみんなこの国のトップです。

有権者の代わりに国会で議論をしていくのが国会議員です。

その国会議員の働きぶりをいつもしっかり見つめていくのが、有権者の責任です。

まもなく選挙結果が出ると思います。

どのような結果になろうと、僕たちあなたたちの毎日の暮らしは続いていきます。

その暮らしが今よりも少しでも良いものになるように、国会の活動をいつもチェックしていきたいです。