こどもがいないフジノは、全てのこどもたちをフジノの実の子だと思って働いています。

うれしいお手紙をいただきました

ある市民相談を受けた方のお子さんから、今日、フジノ事務所にとても可愛いお礼状が届きました。

頂いたお手紙その1

頂いたお手紙その1


1月3日にフジノが行なった『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の時に、パネルを持ってくれた子です。

頂いたお手紙その2

頂いたお手紙その2


イエローハッピー。

きっとこのブログを読んでくれたのかな?

政治家になって12年間、幼いこどもたちの笑顔に励まされてきました。

やがて幼かったこどもたちは大人になって、『新成人の集い』では振り袖やスーツ姿で挨拶をしてくれたりします。

そんな時、フジノは

「僕自身にはこどもがいないけれども、全てのこどもたちをみんな自分の実の子だと信じて、ずっと働いてきて良かった」

と感じます。

ありがとう。

ふじさんはこどもたちの笑顔の為に、もう少しの間、全力でがんばるからね!