税金がもったいないので「選挙ハガキ」は出しません/横須賀市議会議員選挙(最終日・その1)

立候補者は「選挙ハガキ」2000枚をタダで送ることができます

実は、横須賀市議会議員選挙の立候補者は「選挙ハガキ」2000枚をタダで送ることができます。

「日本郵便株式会社横須賀郵便局が立候補者に渡す説明書」より

「日本郵便株式会社横須賀郵便局が立候補者に渡す説明書」より


公職選挙法と公職選挙郵便規則などの法令で、決められているのです。

なんとハガキ2000枚をタダで送れます

なんとハガキ2000枚をタダで送れます


ご存知でしたか?



フジノは「選挙ハガキ」を出しません

フジノは、『選挙ハガキ』を出しません。

もしもふつうの人が2000枚のハガキを送れば、10万円以上かかります。

横須賀市議会議員選挙の立候補者は50人以上です。

そのおカネ、500万円以上もかかります。

さらに郵便配達をしてくださる方々の人件費も含めたら、一体いくらになるのでしょうか?

もちろん、そのお金は『税金』から支払われています。

たったひとりだけでもフジノは『選挙ハガキ』を出さないことで、市民のみなさまからお預かりしている大切な税金を節約しました。

毎日フジノは歩いては演説をし、政策をお伝えしています。

『選挙公報』にも政策を記しました。

40万人市民のこのまちで、何故に限られた2000名だけにハガキを送る必要があるのでしょうか。



他にも選挙でフジノがやらないこと(12年間やらなかったこと)

ちなみに

フジノが選挙で絶対にやらないこと(過去もやったことがありません)

  • 『選挙カー』も12年間1度も使ったことがありません

    →名前を繰り返すばかりでうるさいし、これにも税金の補助が出ています。まさに『ムダ』です。


  • 投票をお願いする『電話』もやりません

    →いきなりかかってくる投票依頼の電話。どこから電話番号を知ったの?気持ち悪いからやりません。

です。

あまりにもフジノはガンコなので友達は怒ります。

「みんな使ってるんだから、フジノも使えるものは使ったらいいのに」

「フジノ、もっと票数が増えるかもしれないんだからやったらいいのに」

イヤです!

税金のムダ使いを必死に12年間そぎおとしてきました。

市役所の職員のみなさんは本当にがんばっています。それなのに政治家が『選挙カー』で税金を使っていたら、職員のみなさんは白い目で政治家を見るでしょう。「偉そうにムダを無くせ、なんて。まず自分がムダを無くせばいいのに」って。

市民のみなさんは、選挙期間中であろうとふつうの暮らしを送っています。そこにいきなり投票依頼の電話がかかってくるのは、やっぱり日常生活を乱す気がしてイヤなんです。

政治家は、税金のムダ使いを全て無くして、市民のみなさまのいのちと暮らしを守ることが仕事です。

選挙の時からしっかりと政治家が自らの姿勢を貫かなければ、当選してからも同じです。

フジノは選挙の時も当選した後もずっと同じ姿勢です。