12日間ありがとうございました/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2015-16

本日で「ひとり自殺対策街頭キャンペーン2015-16」を終えました

昨年12月23日にスタートして本日まで行なってきた『ひとり自殺対策街頭キャンペーン2015-16』。

本日をもって、終了いたしました。

ご協力いただいた周辺の店舗のみなさま・お住まいのみなさま、年末年始にマイクでお騒がせしたことをお詫び申し上げます。

また、お話を聴いて下さったみなさま、フジノにお声がけ下さったみなさま、ありがとうございました。

青空でした

青空でした


今日、嬉しかったことは、ついに『献血活動が再開したこと』です。

日本赤十字社の神奈川県赤十字血液センターさんがワイデッキ下広場に献血バスでいらして下さいました。

このバスがやってきたことをもって

「ようやく長かったあらゆる公的機関の年末年始休暇が終わる。公的な支援が再開する」

と実感することができました。

日本赤十字社さん、本当に毎日おつかれさまです。ありがとうございますm(_ _)m

12日間、寒くてつらい日(特に12月30日と31日の2日間は寒かった!)もありましたが、暖冬の為、カイロも全く使いませんでした。

苦情は今年度もやはりゼロ。

街頭での通行人の方からじかに受けた相談は多数。

横須賀こころの電話の存在をもっと早く知りたかった」「さっそく昨日かけてみた」といった声もたくさん頂きました。

もっと日頃からの周知に力を入れていきたいと改めて感じました。

『横須賀こころの電話』は2004年12月のスタートから現在まで11年間365日休むこと無くオープンし続けてきました。

唯一お休みをしたのは、2011年3月11日。東日本大震災で市内が深夜2時まで停電したあの日だけです。

そんな『横須賀こころの電話』を運営しているスタッフのみなさまに、心から感謝の気持ちを抱かずにいられません。

365日ずっと本当にありがとうございます。

これからもどうか力を貸して下さい。よろしくお願いいたします!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!