横須賀の在り方を描く「FM戦略プラン」をより良いものとする為に特別委員会を設置しました/FM戦略プラン審査特別委員会(第1回)

初の「FM戦略プラン審査特別委員会」が開かれました

本会議が終了してすぐに委員会室へ移動しました。

第1回の『FM戦略プラン審査特別委員会』に出席する為です。

FM戦略プラン審査特別委員会の会場前にて

FM戦略プラン審査特別委員会の会場前にて


少しこれまでの経緯を説明しますね。



「FM戦略プラン」の策定が決まるまでの経緯

前市長は2015年1月に『横須賀市施設配置適正化計画〜公共施設の将来構想〜』を作り、公表しました。

しかしこの『計画』の評価は最低でした。

全国で開催される、施設配置適正化の議員向けのセミナーや研修会など様々な場において

「横須賀市の『施設配置適正化計画』は、失敗例、悪いお手本です」

と、講師の方から酷評されてきました。

そして、多くの市民の方々からも反対をされてきました。

上地市長は、昨年7月10日の就任と同時に、前市長の計画を白紙撤回することを宣言しました。とても良い判断だと思います。

同時に、全く新しい『FM戦略プラン』を策定をする方針を打ち出しました。

この『プラン』は、2019年度から10年間程度の期間を対象に、市内の公共施設の更新・再編する為の計画となる予定です。

※FMとは、ファシリティマネジメントの略です(『F=ファシリティ』と『M=マネジメント』)。

さらに上地市長は、昨年12月議会で市役所の組織改正を行ない、ファシリティマネジメント(FM)を担当する『FM推進課』を設置することとしました(今年4月からスタートです)。



重要なプラン策定に対して、議会側も動きました

この『FM戦略プラン』は、将来にわたる『横須賀の在り方』を描く重要なものとなる予定です。

議会側もこの『プラン』を重要視しています。

市民のみなさまの声をしっかり反映するとともに、より良い『プラン』にしていく為にも、集中審議を行なう必要があると判断しました。

また、『プラン』が描く『横須賀の在り方』という課題は、1つの常任委員会だけの問題ではなくて、全ての常任委員会にまたがる案件でもあります。

  • 財政部、政策推進部、総務部 (総務常任委員会)
  • 福祉部、こども育成部、教育委員会 (教育福祉常任委員会)
  • 市民部 (生活環境常任委員会)
  • 都市部 (都市整備常任委員会)

一元化して総合的な審議を行なう必要があると判断しました。

そこで新たに特別委員会を立ち上げることが決まりました。それが『FM戦略プラン審査特別委員会』なのです。



次回から議論は本格スタートします

今日は初回の為、正副委員長を決めて、委員メンバー間で今後のスケジュール感の共有をしました。

第1回FM戦略プラン審査特別委員会・議事次第

第1回FM戦略プラン審査特別委員会・議事次第


委員長に西郷宗範議員、副委員長に高橋英昭議員が選出されました。

FM戦略プラン審査特別委員就任者名簿

会派名等 委員名
自由民主党 青木 哲正
西郷 宗範
田中 洋次郎
無所属みらい 加藤ゆうすけ
矢島 真知子
公明党 板橋 衛
二見 英一
研政 小林 伸行
髙橋 英昭
市政同友会 伊東 雅之
日本共産党 井坂 直
無会派 藤野 英明

正式な議論は次回(第2回)からですが、実際に特別委員会メンバーはすでに始動しています。すでに関係部局からヒアリングを終えて、論点や意見をそれぞれにまとめて審議に備えているところです。

これからの横須賀の姿を大きく左右する『FM戦略プラン』です。

特別委員会メンバーの一人として、フジノもしっかりと市民のみなさまの声をお聞きして、より良いプランになるよう全力を尽くします。

審査状況も毎回みなさまにご報告しますので、ぜひご意見をいただけますよう、よろしくお願いいたします。