来週から2016年予算議会が始まります。日程案(会期38日間)が示されました/理事会が開かれました

市長から議案44本と報告3本が提出される予定です

本日、『予算決算常任委員会理事会』が開かれました。

「予算決算常任委員会理事会審査事項」より

「予算決算常任委員会理事会審査事項」より

これは新たに開会される定例会の前に、議案や請願・陳情をどの委員会で審査するかなどの扱いをあらかじめ決める為の会議です。

現時点では、市長からこの予算議会に議案44本・報告3本が提出される予定です。

このうち議案14本が2015年度中の補正予算案など、残りの議案30本が新年度予算案などの予定です。



会期は38日間の予定です

予算議会の日程(案)も示されました。

日付会議名
2月17日議会運営委員会
本会議(市長の所信表明演説が行なわれます)
2月18日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
2月19日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
2月22日予備日
2月23日予算決算常任委員会・理事会
予算決算常任委員会
吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会(100条委員会)
2月24日議会運営委員会
議会制度検討会
2月25日本会議(代表質問が行なわれます)
2月26日本会議(代表質問が行なわれます)
2月29日本会議(代表質問・個人質問が行なわれます)
3月1日予備日
3月2日横須賀市観光立市推進特別委員会
吉田市長の不透明な市政運営に関する調査特別委員会(100条委員会)
3月3日予備日
3月4日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月7日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月8日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月9日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月10日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月11日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月15日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月16日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月17日予備日
3月18日予備日
3月23日予算決算常任委員会・理事会
予算決算常任委員会
3月24日予備日
3月25日議会運営委員会
本会議(採決が行なわれます)

来週水曜日からスタートです。

フジノはいつもどおり全力で取り組んでいきます。

市民のみなさまにもしっかり情報をお伝えしてまいりますので、どうかあなたの税金の使いみちについて一緒に考えていって下さいね。

すでに副市長・部長から全体の新年度予算案の概要については事前説明(といっても1時間だけなのでさらりとした本当に概要だけ)を受けました。

現時点のそのさわりだけでも、市民のみなさまに対してとても良いニュースとともに、大変残念なニュースがあります。

良いニュースは政策の実現についてなので良いのですが、大切なのは残念なニュースについてです。

何故そのような事態になったのかきちんとみなさまにご説明をいたしますので、どうかご意見を頂けるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。



まもなくスタートする9月議会の日程案(会期40日間)が出ました/理事会が開かれました

「理事会」が開かれました

本日、『予算決算常任委員会・理事会』が開かれました。

「予算決算常任委員会理事会・審査事項」より

「予算決算常任委員会理事会・審査事項」より


ここでは「9月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するか」などをあらかじめ決めておきます。



会期は40日間の予定です

9月議会の日程(案)も示されました。

予算議会日程(案)会期37日間

日付会議名
8月27日議会運営委員会
8月28日本会議(一般質問が行なわれます)
9月2日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
9月4日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
9月8日観光立市推進特別委員会
まち・ひと・しごと創生総合戦略検討特別委員会
9月10日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
9月14日議会運営委員会
議員研修会
9月15日本会議(一般質問)
9月16日本会議(一般質問)
予算決算常任委員会
9月18日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
9月24日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
9月25日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
9月28日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
10月2日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
10月6日議会運営委員会
10月6日本会議(最終日)

会期は40日間の予定です。



合計10本の市長提出議案を審査する予定です

一般会計の補正予算案をはじめとする10議案が市長から提出される予定です。

「予算決算常任委員会・理事会」配布資料より

「予算決算常任委員会・理事会」配布資料より


加えて、合計10本の報告事項があります(画像の他に5本の損害賠償専決処分の報告があります)。

この他に5本の損害賠償専決処分の報告があります

この他に5本の損害賠償専決処分の報告があります


また、9月議会は決算がメインですので、後日改めて2014年度決算議案が市長から提出される予定です。

来週から、2015年9月議会がスタートします。

決算審査はとても重要です。

いつもどおり、フジノは全身全霊を賭けて議論をしていきます!



まもなくスタートする予算議会の日程案(会期37日間)が出ました/理事会が開かれました

「理事会」が開かれました

本日、『予算決算常任委員会・理事会』が開かれました。

市役所1階のパネル

市役所1階のパネル


ここでは、「予算月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するか」などをあらかじめ決めておきます。



会期は37日間の予定です

予算議会の日程(案)も示されました。

予算議会日程(案)会期37日間

日付会議名
2月17日議会運営委員会
2月17日本会議(2015年度の補正予算案が提出されます)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
2月18日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
2月19日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
2月20日予備日
2月23日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
2月24日議会運営委員会
2月25日本会議(代表質問1日目)
2月26日本会議(代表質問2日目)
2月27日本会議(代表質問3日目)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
3月2日予備日
3月4日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月5日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月6日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月9日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月10日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月11日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月12日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
3月13日予備日
3月16日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
3月17日予備日
3月18日予備日
3月19日予備日
3月23日予算決算常任委員会理事会
予算決算常任委員会
3月24日予備日
3月25日議会運営委員会
3月25日本会議(最終日)

この他にも、もしも特別委員会などが設置されれば、新たに日程が追加される予定です。



合計59本の市長提出議案を審査する予定です

まず、一般会計・特別会計(介護保険)の2015年度補正予算案や条例改正案などが18議案が、市長から提出される予定です。

理事会・配布資料

理事会・配布資料


さらに、2016年度当初予算案をはじめ条例改正案などが41議案が、市長から提出される予定です。



フジノは「介護保険料」の値上げに注目しています

年4回開かれる議会はどれも大切ですが、予算議会は特に重要です。

社会保障政策・社会福祉政策がメインテーマであるフジノは、3年に1度改定される『介護保険事業計画』と連動して改定される『介護保険料』に注目しています。

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)

介護保険の事業計画と年次(フジノ作成)


先日ついに『第6期介護保険事業計画』が完成しました。

これにあわせて、介護保険料も値上げすることになります。

もはやこの時代において、値下げはありえません

高齢の方々の数は増え続けていき、どれだけお元気な方が増えても、ほとんどの方々はいつか要支援・要介護の状態になる時が来ます。

高齢の方々の数が増えて、要支援・要介護の方々が増えれば、介護保険への支出も当然増えていきます(市民のみなさまが介護サービスを使うということは、介護保険にとっては支出です)。

その支出を、ざっくり分けて3つの財源で賄っています。

保険料40~64才の第2号被保険者のみなさまが支払う保険料
65才~の第1号被保険者のみなさまが支払う保険料
公費負担国・県・市のそれぞれが税金で負担

この中で、市民のみなさまがじかに大きな影響を受けるのが、『介護保険料(1号・2号とも)』です。

2012~2014年度の3年間は、下の図のように、所得に応じて12段階の支払い金額に保険料は分かれていました(介護保険料は全員同じ金額ではありません)。

横須賀市の介護保険料

横須賀市の介護保険料


これが2015~2017年度の新たな3年間については

  1. 一人あたりの介護保険料の値上げの金額がどれだけ増えるのか
  2. 所得に応じた負担額の段階がどれだけ広がるか

に注目しています。

というのも、この2点は、フジノの永遠のテーマなのです。

3年ごとの計画改定(=介護保険料改定)のたびに、様々な形で提案を市議会で繰り返してきました。

低所得の高齢者世帯は増えていく一方です。しっかりとした支援が必要です。

そこで、フジノは「もっと所得に応じた負担額を増やしていくべきだ」「12段階ではなくさらに段階をこまやかに増やしていくべきだ」という2つの提案をしてきました。

その提案が『第6期計画』ではどのように反映されるのか、とても注目しています。

まもなく2015年予算議会スタートします。

いつもどおり、フジノは全身全霊をかけて議論をしていきます!



中学校給食の実現を求める請願と署名3万筆が市議会に提出されました/署名を集めたみなさま、おつかれさまでした

3万筆の署名とともに、中学校給食の実現を求める請願が出されました

けさの神奈川新聞で大きくこのような記事が掲載されました。

2014年11月18日付・神奈川新聞記事より

2014年11月18日付・神奈川新聞記事より


以下に全文を引用させていただきます。

中学校で完全給食を 横須賀の市民団体が請願書と署名3万筆提出

中学校の完全給食を求め、横須賀市内で署名活動を展開してきた「横須賀でも中学校給食を実現する会」は17日、市議会事務局に請願書と署名を提出した。

子どもを持つ親を中心に関心が広まり、3万856筆が集まった。

市は、市内中学校のスクールランチ(学校内弁当注文販売制度)の充実を図る事業を、2014年度の試行を経て15年度から全校で実施することを目指している。

現状は、昼食は家庭からの弁当持参が基本。持参できない場合に、学校でパンや弁当の「スクールランチ」を注文できる。

 
同会はこれまで、中学校給食に関するアンケートを独自に実施したり、識者を招いたシンポジウムなどを開いたりし、自校式やセンター方式などがある完全給食を求めてきた。

8月から4万筆を目標に署名活動を行った。

 
同会代表の河野明美さん(45)は「目標には届かなかったが、たくさんの人が関わって集まった数字」と手応えを口にする。

活動の輪は仲間から仲間へと広まり、市民からは「父子家庭で給食がなければ困る」「夫婦共働きで、祖母の私が孫の弁当を作っている。いつまで続くのか」といった声があった。

 
スクールランチは計19校を対象に2回試行。

生徒らの平均注文率は、物珍しさもあった1回目の14.7%に対し、2回目は6.4%と大幅に減った。

事前注文の煩雑さや価格などの課題に直面し、完全給食を希望する保護者の意見も多かった。

市は、ご飯の量に応じた別価格の設定、当日注文、食材情報の明示などを検討事項に挙げ、来年度中の実施につなげていく構えだ。

 
河野さんは「たとえ栄養バランスが取れていても、子どもが自分の好き嫌いで弁当を選べば意味がない。アレルギーの問題も自校式で栄養士がいればある程度対応できるが、民間業者では難しいと思う」と指摘している。

請願書は27日の第4回定例会本会議で正式受理された後、委員会で審議する予定。

(織田匠)

一生懸命に署名を集めてこられたみなさんの集会に、毎回フジノは参加させてもらってきました。

全国では中学校でも給食が当たり前。

全国では中学校でも給食が当たり前。


全国では当たり前の中学校給食が、横須賀では実現していません。

そのかわりに、お弁当を持っていかねばなりません。お弁当をもっていけない時は、中学校を通して民間業者にパンやお弁当を注文したりします(これを横須賀独自の呼び方でスクールランチと呼んでいます)。

このような現状を変えたいと市内のこどもを持つ親御さんたちを中心とする市民の方々が署名集めをして下さったのです。



今日、フジノたち市議にも請願の写しが配布されました

その3万856筆の署名とともに、請願が市議会事務局に昨日提出されました。

「横須賀市でも中学校完全給食を求める請願」より

「横須賀市でも中学校完全給食を求める請願」より


そして、フジノたち全市議会議員にも、市議会事務局から『請願』のコピーが配布されました。



フジノは請願の趣旨に賛同するので「紹介議員」になります

これから各会派のみなさんは、請願についてどのような対応を取るか協議することになると思います。

フジノは会派には所属していない無所属なので、フジノが決めたらそれで決定です。

この請願の紹介議員になることを決めて、署名をさせていただきます。

中学校給食を実現することは、必要です。

だからこそ、さきの市長選挙では『中学校給食の実現』を選挙公約に掲げた広川候補をフジノは応援したのです。

広川さんの政策集より

広川さんの政策集より


あの市長選挙では、3人の立候補者のうち、広川候補・岸候補ともに『中学校給食の導入』を訴えました。

ですから、ぜひ広川・岸両候補を応援した市議会議員のみなさまは、この請願に賛同していただきたいとこころから願っています。

全ては、こどもたちの為です。

どうかこの請願が採択されますように!



12月議会の日程案(会期19日間)が示されました/理事会が開かれました

12月議会のスケジュール(案)などが示されました

本日、予算決算常任委員会・理事会が開かれました。

理事会・配布資料

理事会・配布資料


ここでは、12月議会に市長から提出される(予定)の議案をどの常任委員会が審査するかをあらかじめ決めておきます。

そして、12月議会の日程(案)も示されました。

12月議会日程(案)会期19日間

日付会議名
11月26日議会運営委員会
11月27日本会議(一般質問が行なわれます)
予算決算常任委員会(本会議終了後)
11月28日予備日(フジノの予想では、本会議あり)
12月2日教育福祉常任委員会(予決分科会)
都市整備常任委員会(予決分科会)
12月3日予備日
12月4日総務常任委員会(予決算分科会)
生活環境常任委員会(予決算分科会)
12月5日予備日
12月8日(仮称)軍港資料館等検討委員会
12月9日予備日
12月11日予算決算常任委員会・理事会
予算決算常任委員会
市議会だより編集委員会
12月15日議会運営委員会
本会議




22本の市長提案と、2本の議員提出の議案を審査する予定です

一般会計・特別会計(介護保険)の補正予算などをはじめ、22本の議案が市長から提出される予定です。

そのうちの1つは、

『長井海の手公園ほか1箇所の指定管理者の指定について』

です。

フジノとしては重大な関心を持って追いかけてきたハコモノ3兄弟の三男坊がついに新しい指定管理者に変更になります。

また、議員提出で2本の議案も提出予定です。2本ともフジノも賛同議員として署名をしています。

2014年12月議会もいつもどおり気合いを入れて臨みます!



まもなく9月議会スタート/補正予算と決算を審査します

「理事会」が開催されました

まもなく9月議会がスタートします。

そこで、今日は『予算決算常任委員会』の『理事会』が開かれました。

理事会では、市長から提出される議案を4つの常任委員会(=予算決算常任委員会の分科会でもあります)のどこで審査するかなどについて、話し合われました。

市内の掲示板にも「市議会定例会」日程をお知らせするポスターが掲出されました

市内の掲示板にも「市議会定例会」日程をお知らせするポスターが掲出されましたね


毎年、約1ヶ月にわたる9月議会ですが、前半と後半で審査する内容が分かれています。

前半は『補正予算案』を中心とする議案を審査します。これらはスタートの本会議で市長から提案されて、会期のなかばに開かれる本会議で採決をします。

そして会期の後半は、『決算』の審査を行ないます。



議案16本と報告14本が審査される予定です

今日の理事会で取り上げられたのは、この前半部分についてです。

補正予算案については、議案89号〜103号までの15本が提出される予定です(これに継続審査1議案を加えて16本となります)。

手元にはまだ実際の議案書は届いていないので、具体的な細かい内容はまだ分かりません。ただ、議案のタイトルだけは分かりますので、こちらに載せますね。

  • 89号 一般会計補正予算(第2号)
  • 90号 施設配置適正化計画検討委員会条例の制定
  • 91号 市税条例の改正
  • 92号 債権管理条例の改正
  • 93号 企業などの立地・設備投資促進条例の改正
  • 94号 下水道事業受益者負担金条例の改正
  • 95号 国民健康保険条例の改正
  • 96号 都市公園条例の改正
  • 97号 損害賠償の金額の決定
  • 98号 物品の買入れ
  • 99号 物品の買入れ
  • 100号 物品の買入れ
  • 101号 物品の買入れ
  • 102号 訴えの提起
  • 103号 市道路線の認定・廃止

また、報告事項は、報告18号〜31号までの14本が報告される予定です。

これらの審査が終わると、本格的な『決算審査』に入ることになります。

今日の理事会での決定は、改めて『議会運営委員会』『本会議』の場で正式に決定となります。

次回の議会運営委員会は9月2日10時からです。本会議は9月5日10時からです。

『傍聴』はどなたでも簡単にすることができます。横須賀市議会HPの『傍聴のご案内』をぜひご覧下さい。

また、本会議はインターネット生中継も行なわれます。

さらに約2日後には『録画中継』としても配信されますので、お時間のある時にご覧いただけるようになっています。

まもなくスタートする9月議会にご注目ください!



予算決算常任委員会・理事会でした

「理事会」が開かれました

けさ10時から『予算決算常任委員会』の理事会がひらかれて、フジノは傍聴しました。

予算決算常任委員会理事会

審査事項などは予算決算常任委員会理事会・審査事項をご覧ください。まもなく決算審議がスタートするのですが、審議スケジュールも決まりました。

さて、まもなく11時からは『予算決算常任委員会』です。

予算にかかわる議案の「採決」をします。行ってきます!