1年の会期をスタートさせる「召集議会」に向けて「議会運営委員会」が開かれました/会派構成の変更もありました

「召集議会」の開会に向けた「議会運営委員会」が開かれました

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

議会運営委員会が開かれました

議会運営委員会が開かれました


『通年議会』を採用している横須賀市議会では、1年間の会期(5月17~翌年4月30日まで)がまもなくスタートします。

年度のスタートとなる議会のことを『召集議会』と呼んでいます。

この『召集議会』の開会に備えての下準備を行なうのが、今日の『議会運営委員会』の主な役割です。



「会派」構成が変わり、無会派が4名になりました

例年とは異なり、会派構成の変更に伴ういくつかの対応についてをまず決めました。

議会運営員会・審査事項より一部抜粋

議会運営員会・審査事項より一部抜粋


会派『無所属みらい』から2名(はまのまさひろ議員・山本けんじゅ議員)が離団したのです。

そこで、会派の構成が下の図の通りに変わりました。

新しい会派構成

新しい会派構成


会派構成が変わると、議会ではいろいろな変更をしなければなりません。

軽微な変更で言えば、例えば『本会議での座席の位置』です。

変更前の本会議の座席表

変更前の本会議の座席表


これが下のように変わる予定です(正式な決定は5月17日の本会議です)。

変更後の本会議の座席表(5月17日に決定の予定)

変更後の本会議の座席表(5月17日に決定の予定)


あと、控え室の面積や配置も変わります。

これまで小室たかえ議員とフジノの2人だけだった無会派の部屋は、新たに4名に増えることになりました。

ひと部屋ではおさまらないので、応接室を無会派の控室に転用することになりました(改装費用をかけない為の対応です)。

大きな変更では、『がん対策検討協議会』委員の変更(すでに変更済)、『議会ICT化運営協議会』の委員1名欠員(5月17日に新たな委員が決まります)などがありました。



「通年議会」へ変更して2年目がスタートします

はじめにも書いたとおり、今日の『議会運営委員会』の目的は、会期1年の通年議会のスタートとなる『召集議会』の準備の為です。

横須賀市議会は議会改革の1つとして『通年議会』をスタートさせました。

「図解地方議会改革実践100のポイント」江藤俊明著、学陽書房。2008年より

「図解地方議会改革実践100のポイント」江藤俊明著、学陽書房。2008年より


おととしまでは、会期は3月・6月・9月・12月にそれぞれ1か月ほどしかありませんでした。

それを昨年から会期は5月~翌年4月末までのまるまる1年間に変更したのです。

1年間まるごと会期の「通年議会」

1年間まるごと会期の「通年議会」


この『通年議会』は今年が2年目となります。

1年を終えてみて、率直な感想を言えば

「10年間も望んできた改革が実現してすごく嬉しかったけれど、体力的にはものすごく厳しい1年間だった」

というものです。

『通年議会』のもとでは、市長の判断だけで物事を決めてしまえる『専決処分』を無くして、議会が徹底的に関与していきます。

議会は毎月のように開かれますし、本会議は無くとも特別委員会や様々な会議が常に開かれています。

今まで通りに本会議と委員会での質問もガンガンやっていますし、市民相談の時間も勉強の時間も今まで通りなので、とにかく時間が足りません。

体がきつくて休みが取れない、というのが率直な本音です。

それでも「この改革は正しい」とハッキリと感じています。

『通年議会』2年目も、この制度の良い側面を積極的に活用して、市民のみなさまにとって身近で不可欠な存在としての横須賀市議会になっていきたいです。




議会運営委員会で決まったその他のことは次の記事に続きます)



新しい副議長が選ばれました。フジノは正式に「教育福祉常任委員会」に就任しました/2016年臨時議会

臨時議会が開かれて「議会人事」が決まりました

今日は『臨時議会』が開かれました。

市議会にて

市議会にて


かねてからお伝えしてきた通りで、この『臨時議会』では『議会の人事』だけが決められます。

本日のプログラム

本日のプログラム


市長からの議案の提出も無く、本会議・委員会での審議もありません。

  • 副議長(青木秀介副議長が辞任された為)
  • 議会運営委員会(任期満了の為)
  • 4つの常任委員会(任期満了の為)

上のそれぞれの役職について、新たなメンバーが選ばれました。

新たな議会運営委員会のメンバーのみなさん

新たな議会運営委員会のメンバーのみなさん


フジノは正式に本会議の場で、再び『教育福祉常任委員会』に所属することが決定しました。

4つの常任委員会の新たなメンバーのみなさん

4つの常任委員会の新たなメンバーのみなさん


2016年度の1年間(2016年6月〜2017年5月)は、このように新たなメンバーで構成された委員会等で議会は進んでいきます。



新副議長にはまのまさひろ議員が選ばれました

本日、青木秀介副議長が一身上の都合により、副議長を辞任されました。

青木秀介議員(4期でフジノと同期当選なのです!)

青木秀介議員(4期でフジノと同期当選なのです!)


残念ながら、わずか1年間だけで交代。

そして新副議長の選挙が行なわれました。

はまのまさひろ新副議長(はまのさんも4期生です!)

はまのまさひろ新副議長(はまのさんも4期生です!)


はまのまさひろ議員が新しい副議長に選ばれました。



「副議長を『慣例』で1年交代にしてはならない」とフジノは考えます

実はこれ、横須賀市議会では『慣例』として『副議長は1年で交代する』ことがずっと繰り返されてきました。

フジノはこのシステムに反対しています。

二元代表制における『市議会』のリーダーである議長・副議長は、市長と同等もしくはそれ以上に重要な存在です。

横須賀市が進むべき方向を指し示すリーダーが市議会においては正副議長であり、行政においては市長なのです。

それが1年ぽっちで交代してしまうならば、リーダーに必要な『権威』が失われてしまいます。

はじめから1年で交代することが分かっている役職者に対して、どれだけ市民のみなさまは『権威』を感じることができるでしょうか。

また、『地方自治法』においても、第103条第2項で以下のように定めています。

第4節 議長及び副議長 (議長及び副議長)

第103条 普通地方公共団体の議会は、議員の中から議長及び副議長一人を選挙しなければならない。

2 議長及び副議長の任期は、議員の任期による。

本来、正副議長の任期は4年間なのです。

フジノは、議長も副議長も4年間の任期を同じ方が続けるべきだと考えています。

ですから、青木副議長の辞任に反対しました。

そして、新しい副議長の選挙においては、「そのまま続けてほしい」との考えから、あえて青木前副議長のお名前を書いて投票をしました。

実は、フジノは毎年同じ投票行動を取っています。

青木秀介副議長が選ばれた2015年の副議長選挙では、フジノは「伊東雅之副議長は辞任すべきではない」との考えから伊東議員にあえて投票しました。

伊東雅之副議長が選ばれた2014年の副議長選挙では、フジノは「矢島真智子副議長は辞任すべきではない」との信念から、矢島議員にあえて投票しました。

ずっとこの投票行動を取り続けてきました。

何故ならば、「議長も4年間、副議長も4年間、同じ方が続けて務めるべきだ」とフジノは考えているからです。

毎年どなたにフジノは投票をしたかをブログで明らかにしていますので、今回選挙で選ばれた他の役職についても明記します。

フジノが投票した方 実際に選ばれた方
神奈川県内
広域水道企業団
議会議員
山口道夫議員 山口道夫議員
神奈川県
後期高齢者医療
広域連合議会議員
石山満議員 石山満議員

以上です。

こうして、2016年度の臨時議会の『本会議』は終わりました。

明日以降も、新年度の体制を固める為に各委員会が協議会を開いたり、議会IT化運営協議会や議会報告会等準備会ほか全ての会議が開かれていきます。

本格始動は6月議会からです。



後日談:翌日の神奈川新聞が報じて下さいました

翌日の神奈川新聞が、副議長の交代を報じて下さいました。

2016年5月17日・神奈川新聞より

2016年5月17日・神奈川新聞より


上の繰り返しになってしまうのですが、二元代表制の片方である市議会のリーダーのひとりが交代したのですから、本来であればそれは一大事です。

イメージとすれば、『副市長の交代』以上の重みがあることですから、「地元紙だけでなく各紙が大きく報じてほしい」と『議会人』としてフジノは願っています。



9月議会で市長へ一般質問を行なうメンバーが決まりました/事前議運が開催

9月議会での市長への一般質問は、総勢17名

今日は『議会運営委員会』が開かれました。

今回の9月議会での一般質問は、2期目の市長にとって最初の一般質問の機会となります。

締め切りまでに『質問を行なう意思表示』を議会事務局に示したのは17名です。

議会運営委員会で示されたリスト

議会運営委員会で示されたリスト


9月議会は2回に分けて一般質問を行なうことになっていますので、17名の議員はあらかじめ自分が前期/後期を選ぶことができます。

その結果が下の通りです。

9月5〜6日の登壇者(9名)

  • ねぎし かずこ
  • 大村 洋子
  • 井坂 新哉
  • 山城 保男
  • 土田 弘之宣
  • 上地 克明
  • 芳賀 親男
  • 青木 哲正
  • 木下 憲司

9月24〜25日の登壇者(8名)

  • 一柳 洋
  • 嘉山 淳平
  • 小林 伸行
  • 藤野 英明
  • 関沢 敏行
  • 永井 真人
  • はまの まさひろ
  • 田辺 昭人

具体的な日付ごとの質問者の順番は、4日に開催される次回の『議会運営委員会』にて抽選で決まります。

ちなみにフジノの一般質問は、9月24日か25日です。

17名の市議会議員がどのような問題意識をもって議論をしていくのか、とても注目です。



なんと浜野雅浩さんが「勝手連」の新たな仲間に加わってくれました!/自民党を離団して、雄人の応援へ

勝手連に新たな仲間、まさかの浜野雅浩さん!

人事を決める為の『臨時議会』の準備をしています。

無所属の5名(瀧川さん、田辺さん、浜野さん、フジノ、雄人)について、「誰がどの常任委員会になるか」のとりまとめ役をフジノが行なうことになりました。

みなさんの希望を尋ねる為に電話をかけていたのですが、浜野雅浩議員にも17時過ぎに電話をかけました。

「おー、フジノ!元気か?」

という、いつもの明るくてまわりを元気にしてくれる浜野さんの大きな声が聞こえてきました。

もともと人づきあいが苦手なフジノは、人の好き嫌いが激しいです。

でも浜野さんの人柄が僕は大好きで、当選同期組(いちご会と言います)で当選直後の2003年5月に初めて飲み会に行った時からすでに仲良しになってしまいました。

2003年5月の同期会での浜野さんとフジノ

2003年5月の同期会での浜野さんとフジノ



証拠写真ですね!過去の日記を見ていて発見しました!
 
それ以来、政策について意見交換をさせていただいたり、県外視察などのいろいろな機会に、『会派』を超えて浜野さんにはお世話になってきました。

当選同期会『いちご会』の行事でも(年4回の飲み会です)、浜野さんはいつも僕の父ことを心配して声をかけてくれました。
 
すごく優しい方です。

そんな経緯もあって、

どうして浜野さんが会派を辞めてしまったのか、個人的に僕は気になってしかたなくて思い切って尋ねてみることにしました。

「失礼を承知でお聞きしたいのですが、浜野さん、一体どうして会派をお辞めになったのですか?」

「フジノ、筋を通したんだよ。

『自民党』は議論は自由にできる場所だけれど、『会派』のみんなに迷惑をかけちゃいけないからさ。
 
それで離団させてもらったんだよ。

これから一緒に勝手連やろうな」

「え...?」

思わず、絶句してしまいました。

うれしい衝撃の波が襲ってきたのは、数秒間が経ってからでした。

おお、なんてことだ。
 
自民党のニューリーダーが!すごい!

「浜野さんとご一緒させていただけるのはものすごくうれしいです。こちらこそ、どうかよろしくお願いします!」

「おお、がんばろうぜ!」

いやあ、うれしい!

浜野さんの声を聴いていると元気が出てくるんだよなあ。

市民のみなさま、僕が個人としても政治家としても大好きな浜野雅浩さんが『勝手連』の仲間になってくれましたよ~!

きっとすごいことになります。
 
ワクワクしてきました。

『新しい横須賀』が近づいてきました!



後日談

翌日の神奈川新聞に、浜野さんのコメントと共に離団について報じられました。

2009年4月29日・神奈川新聞より

’09横須賀市長選
浜野横須賀市議
吉田氏応援で、自民党を離団

横須賀市議会の浜野雅浩市議は28日までに、所属会派の自民党を離団し、無会派となった。

浜野氏は取材に対し、6月28日投開票の横須賀市長選に出馬を表明している吉田雄人氏を応援する意向を表明。

「(現職の蒲谷亮一市長を支援するという)会派の運営に今後支障を来たすと判断して、離団を申し入れた」

と説明した。自民党員は継続する。

浜野氏の離団に伴う会派構成は次の通り。
 
▽新政会=10人
▽自民党=7人
▽研政よこすか市民連合=7人
▽公明党=7人
▽ニューウィング横須賀=4人
▽共産党=3人
▽無会派=5人

(佐藤 浩幸)

無会派の人数は5人と大きくなり、共産党とニューウイング横須賀を上回って、第5会派になりましたね(笑)