教育委員会定例会はやはりインターネット生中継・録画公開をすべきだ!/教育委員会定例会(2018年11月)

教育委員会定例会の傍聴は必須!だけど・・・

何年間にもわたって繰り返し記してきたことなので、具体的な内容の繰り返しはあえて書きません。

でも、教育委員会が毎月開催している定例会はとても重要です。

教育委員会定例会へ

教育委員会定例会へ


そこでフジノは意地になって

『「STOP!傍聴者ゼロ」キャンペーン』

をひとりで行なっています。

この教育委員会定例会は常に市民のみなさまがリアルタイムで内容を知るべきだと考えているからです。

傍聴に来てほしいのです。

とはいえ、市民のみなさまがお忙しい中で、平日の午前中に開かれる定例会はそもそも傍聴が難しいものです。

そこで、何とかして誰もがアクセスしやすいオープンな教育委員会定例会の在り方にしたいとフジノはいくつもの提案を議会で行なって、様々な形で実現をしてきました。

ただ、唯一、実現していないのが、インターネット生中継です。



「その他」で何が話されるのかは、事前には全く分からないから傍聴に行くけれど・・・

例えば、フジノの提案で実現した事柄のひとつが

  • 定例会の議事(プログラム)の事前公開

です。

これによって、次回の教育委員会定例会では何が話し合われるのか、何が報告されるのか、事前に分かるようになりました。

例えば、下の画像が今日開かれた委員会のプログラムです。

議事次第

議事次第


議事は1つだけで、あとは報告事項しかありません。

しかもその議事は、今後の予算についてのことなので非公開(=秘密会)で傍聴はできない性質のものです。

今回の場合、フジノたち傍聴者が聞くことができるのは『報告事項』についてだけなのです。

今回の報告事項は全て終わった行事についての報告ばかりですから、なにか大きな教育方針が動くようなことはありません。

だから、前もって「この議事は要注目だ!絶対に傍聴を!」と呼びかけるような内容ではそもそもありませんでした。

それでもフジノは今日、傍聴に来ました。

何故ならば、定例会の最後には必ず、事務局も委員メンバーも自由に何についても話すことができる『その他』という時間があるからです。

『その他』で何が話されるのかは事前に全く分かりません。

もしもこの『その他』で重要な問題提起がなされたら?

そう考えると、聞き逃すわけにはいかない。

したがって、事前に公表される議事の内容がいかに穏やかで問題も何も無いとしても、やっぱり『その他』で何が話されるのか分からない以上、フジノは傍聴に足を運ばざるを得ないのです。

今日は『その他』で誰も挙手もなく、あっけなく終わりました。

こういう日もあるとため息をついて退出しました。

でも、改めてインターネット生中継の必要性を感じました。

フジノは政治家ですから、日々の行政や教育委員会の動きを全てチェックし続ける必要があります。

そのフジノでさえ、足を運んだことに徒労感をおぼえる日があります。

何故、スマホで生中継で観られないのか。

議会はとっくにスマホでも観られるのに。

何故、録画で定例会の様子を観られないのか?

こんないち市議のフジノだって、毎回の教育委員会定例会を傍聴する為には必死にスケジュール調整をしています。

市民のみなさまに傍聴をお願いしたいとずっと考えてますが、やはりいちばん良いのはインターネット生中継をし、録画公開をすることの方が有効だと思います。

そんなフジノの問題意識に対して、現在の教育長は「このままで良いとは考えていない」と共感はしてくれています。

しかし、実際にはこの1年間で動きはありませんでした。

市民のみなさま、やっぱり教育委員会定例会はインターネット生中継が必要です。そして録画公開も必要です。

あなたのおこさんやお孫さんの学校教育、あなたやあなたの親御さんたちの社会教育、あらゆることがここで決められていきます。

何かが決まった後に反対運動をしても、ほとんどの事柄をくつがえすことができないのはみなさまご存知かと思います。だからこそ、常にチェックをしていなければならないのです。

でも、傍聴に毎回来ることの大変さはフジノが身をもって体験しています。

市民のみなさまに「来て下さい」とはとても言えません。

ならば、絶対にいつでもどこでも観られる体制づくりが必要です。

市民のみなさま、教育委員会定例会のインターネット生中継・録画公開の実現の為に、力を貸して下さい。

どうかお願いします。



明日2日から9月議会スタートです!本会議での市長への一般質問7名の順番が決まりました/2016年9月議会

一般質問の発言順が決まりました

けさ、『議会運営委員会』が開かれました。

議会運営委員会審査事項より

議会運営委員会審査事項より


ついに9月議会が明日からスタートします。

まず、明日2日(金)は、7名によって市長への一般質問が行なわれます。

その順番は以下の通りです。

2日(金)に一般質問を行なう議員

  1. 小室卓重
  2. 二見英一
  3. 加藤眞道
  4. ねぎしかずこ
  5. 大村洋子
  6. 永井真人
  7. 関沢敏行


介護保険制度の見直しに対する大切な意見書が出されます

フジノのライフワークとなってきた介護保険制度。

すでにお知らせしたとおり、国の財政制度等審議会によって介護保険制度がより厳しい方向(=利用者にとって悪い方向)へと変えられようとしています。

それに反対する意見書案が『議会運営員会』から提出されます。

意見書案第4号

次期介護保険制度改正における福祉用具、住宅改修に係る給付の見直しに関する意見書の提出

横須賀市議会のルールとして、『議会運営員会』から提出される意見書案とはそもそも全会派一致(無所属は議会運営員会に出られないので賛否は分からない)していないと出せません。

つまり、明日出される意見書案は、ほぼ確実に可決される見込みです。

絶対に反対だという横須賀市議会の強い意思を、政府に対して意見書として示したいです。



本会議はどなたでも傍聴できます

いつものお知らせです。

本会議は、どなたでも傍聴できます(詳しくはこちらのご説明をご覧ください)。

横須賀市議会HP「傍聴のご案内」より

横須賀市議会HP「傍聴のご案内」より


また、インターネットで生中継もご覧いただくことができます。

お時間が許せば、ご覧になってくださいね。



【これが実際の画面です】スマホ・タブレットでも「市議会中継」を観られるようになりました!(その2)

横須賀市議会がスマホ・タブレットからも観られるようになりました

前回もブログに書いてご紹介したことなのですが、

横須賀市議会ではスマホ・タブレットからも議会中継がご覧いただけるようになりました!

明日8月28日からスタートするのですが、実は今日の段階からもう観られるのです!

議会中継のはじめの画面

議会中継のはじめの画面

さっそくフジノ自身のスマホ(アイフォン)を使って、新しくなった横須賀市議会中継を観てみました。

スタート画面から、生中継を観れたり、会議名・議員名から過去の中継を選んで観ることができます。

「議員名から選ぶ」をクリックすると全議員の顔写真と名前が出てきます

「議員名から選ぶ」をクリックすると全議員の顔写真と名前が出てきます


上の画面は、『議員名から選ぶ』をクリックすると出てくる全議員の一覧ですね。

フジノを選ぶとこの画面に移ります

フジノを選ぶとこの画面に移ります


試しに『藤野英明』を選んでみました。

一番上の会議名をクリックすると、フジノの発言通告書の大項目が表示されました

一番上の会議名をクリックすると、フジノの発言通告書の大項目が表示されました


いくつもの会議が出てきますが、6月議会での一般質問を選んでクリックしてみました。

すると、このように実際の映像が流れます。

こうしてフジノの本会議での一般質問tがスマホでも観られるようになりました

こうしてフジノの本会議での一般質問tがスマホでも観られるようになりました


明日からは生中継もスマホ・タブレットからもご覧いただけます!

どうか横須賀市議会が少しでもみなさまにとって身近なものとなりますように。



スマホ・タブレットでも「市議会中継」を観られるようになりました!/お待たせしました、Macでもどのブラウザでもご覧いただけます

長らくお待たせしましたが、市議会中継をスマホでもタブレットでもご覧になれます

大変お待たせいたしました。

多くの市民の方々からご要望いただいていた

「市議会のインターネット中継をパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからも観られるようにしてほしい」

がついに実現します。

8月26日現在の横須賀市議会ウェブサイト

8月26日現在の横須賀市議会ウェブサイト


先日から横須賀市議会のホームページにもそのお知らせを告知いたしました。

「8月28日からスマホ・タブレットで視聴可能のおしらせ」

「8月28日からスマホ・タブレットで視聴可能のおしらせ」


まもなくスタートする9月議会(8月28日の本会議の中継)から、スマートフォン・タブレットなどのあらゆる機器、アップル社のMac、SafariやFirefoxやGoogle Chromeなどのあらゆるブラウザで、ご覧いただけます。



1年ほどお待たせした理由は、アーカイブとしての大切さを重視した為です

これまでは『Windowsパソコン』で『Internet Explorer』を使わなければ、横須賀市議会中継を観ることができませんでした。

「これではダメだ」

「どんなネット環境の方でも観られるようにしなければならない」

ということは、市議会のインターネットに関係するあらゆる物事を議論して決定する『議会IT化運営協議会』では、かなり早くから全委員が合意していました。

ただ単に迅速な改善を目指すのならば、他のまちの市議会が導入したようなUstreamやツイキャスによるサービスを使えば良かったかもしれません。

しかし、流行に飛びつくのは危険でもあります。

それらの民間サービスが終了してしまえば(この時代のITの盛衰はスピードが早いので今流行していてもすぐに廃れていくことがしばしばあります)後世に残すべきアーカイブとしての議会中継を守ることができません。

そこで、市議会として独自サーバーをレンタルすることに決めました(それには一定の予算が必要です)。

ただ、やはり予算が必要な事業である為、今までお待たせしてしまいました。ごめんなさいね、でもより良い方法を選んだ為に時間がかかったのです。



スマホで観た時のイメージはこのような感じです

さっそくですが、新しい議会中継の画面をパソコン上で観た場合と、スマートフォン・タブレット上で観た場合のイメージ図をご紹介します。

議員紹介画面をパソコンで観た場合

議員紹介画面をパソコンで観た場合


これまでのコンテンツのほとんどがスマホ・タブレットからもご覧になれます。

議会中継システム画面をパソコンで観た場合

議会中継システム画面をパソコンで観た場合


ただ、議会中継については2015年6月議会(選挙の後に新しい市議が選ばれた最初の横須賀市議会)からスマホ対応としました。

議員紹介外面をスマートフォンで観た場合

議員紹介外面をスマートフォンで観た場合


これも過去の全てのアーカイブ(過去の議会中継全て)をスマホ対応にすることも予算さえあれば実施できたのですが、それはやめました。

でも限られた予算の中で『議会IT化運営協議会』はベターな選択をしたとフジノは考えています。

トップ画面をスマートフォンで観た場合

トップ画面をスマートフォンで観た場合


WindowsかMacか、パソコンかスマホか、どのブラウザか、などを気にせずに済むようになりました。

フジノもMacユーザーなので、議会中継を観る為だけにWindows環境を立ち上げる時間が本当にもったいなかったです。ようやくスマホからも観られます。

テストでは議会中継はうまくいっています。

ただ、実際に8月28日にスタートしてから不具合などがあれば、ぜひみなさまからご指摘いただけるとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします!

改めて、本当に長らくお待たせいたしました。



スマートフォン・タブレットからも観られる「市議会中継」への切り替えに向けて、コストなどの比較検討中です/議会IT化運営協議会

議会IT化運営協議会でした

今日は『議会IT化運営協議会』でした。

今年度の検討テーマのメインは、インターネット議会中継をパソコンからだけでなくスマートフォンやタブレットPCからでも(つまり何であっても)観られるようにシステムを切り替えることです。

会議室前にて

会議室前にて


これを「実現する」という方針は、全メンバーが合意しております。

そして2015年度予算で実現する予定です。



スマホ・タブレット、Macなど誰でもアクセスできるようにしたいです

現在は、具体的な費用をはじめとするいくつかの案に基いて議論をしています。

お隣の『横浜市会』では『スマホでの視聴可能化』を一足先に実現しています。

2014年5月14日・神奈川新聞より

2014年5月14日・神奈川新聞より


ただ、横浜市会の仕様では、フジノのMacBook Airからは動画が観られません。

横須賀市議会ではスマホ・タブレットに限らず、一定のシェアを持つ『Mac』からも観られるようにしたいです。

そこでフジノは、議会事務局に「横浜市会の実施後の様子などをヒアリングして下さい」と提案しました。

使用しているものがパソコンやスマホが何であれ、市民のみなさまが議会中継にアクセスしやすいように改善したいです。

ただ、コストが高くならないことも大切です。

そしてICT技術の進化はスピードがとても早いので、新しい技術も翌年にはすぐに陳腐化していきます。

その時々の流行に安易にとらわれないように、注意深く取り組みを進めていきたいです。

もう少しお時間をくださいね。



市議会中継をスマホから観られるように今年度は検討します/議会IT化運営協議会のメンバーになりました

今年もフジノは「議会IT化運営協議会」メンバーになりました

2014年度としては第1回の『議会IT化運営協議会』が開催されました。

議会IT化運営協議会の議事次第より

議会IT化運営協議会の議事次第より


新たなメンバーが集い、正副委員長を選出して、前期からの課題を確認して、今日は解散しました。実質的な審議は次回から行ないます。

会議室前にて

会議室前にて


フジノは今年もこの協議会のメンバーに就きました。

横須賀市議会によるSNSでの情報発信は来年の改選後に先送り

昨年1年間、この協議会では『横須賀市議会の公式アカウントでのSNSによる情報発信』の実現に向けて検討を続けてきました。

検討の結果、残念ながら2014年度中のスタートは「見送り」と決定されました。

来年の統一地方選挙が終わって、新たに選出された来期の横須賀市議会において『SNSによる情報発信』は実施されることになると思います。

フジノは『SNSによる情報発信』の提案者ですので、この『先送り』という結論は残念でした。

議会SNS活用のメリットとデメリットについて

2013年6月19日の議会IT化運営協議会でフジノが配布した資料より


ただ、実施に向けては、ガイドラインの作成などの多くの作業が必要です。

単に早く実現することだけを優先して、そうした作業が不十分なままにスタートしても、形だけの発信にとどまりかねません。

例えば、本会議や委員会のスケジュールをツイートするだけ。

そんな発信ではむしろやらない方が良いとフジノは考えています。

市民のみなさまとのコミュニケーションをより良い形で進められるように、来期に新たに選出される市議のみなさんにこの課題をゆだねたいとフジノは考えています。

2014年度のテーマは、市議会中継をスマホで観られるようにすること

それでは2014年度は何を検討していくのか?

それは、『インターネット市議会中継をスマートフォンでも観られるようにすること』です。

2014年度はサーバー更新の時期でもあり、議会中継をスマホからも観られるようにできるはず

2014年度はサーバー更新の時期でもあり、議会中継をスマホからも観られるようにできるはず


現在、横須賀市議会のインターネット議会中継は、ウインドウズパソコンでインターネットエクスプローラーというソフトを使用しなければ、観ることができません。

そこで、アップルのMacであろうと、タブレットであろうと、スマートフォンであろうと、どれからでも観られるようにしたい。

その為にやらねばならないことは、もう分かっています。

  1. 現在の市議会中継に利用しているサーバーの仕様を変更する
  2. 新しいサーバーに変更する

このどちらかです。

あとは具体的な費用(予算)などを『議会IT化運営協議会』で検討していくことが必要です。

2014年度に検討をして、2015年度予算で実現することができると思います。

スケジュールはとてもゆっくりですから、市民のみなさまには亀の歩みのようでもどかしいことと思います。

それでも、必ず実現すべく議論を進めていきたいと思います。

どうかもう少し待っていて下さいね。

これからも『議会IT化運営協議会』の経過を報告していきます。

フジノの一般質問は24日(火)朝10時〜に決定/国の動きを受けて「市職員の給与カット」が提案へ/9月議会

議会運営委員会が開かれ、一般質問の順番が決まりました

けさは『議会運営委員会』が開かれました。

市長への一般質問の順番が決まりました。

フジノの一般質問は、24日(火)朝10時からです。

市役所玄関から見上げた太陽。今日はまた暑かったですね!

市役所玄関から見上げた太陽。今日はまた暑かったですね!


今回の一般質問(=本会議)は、24日と25日の2日間にわたって行なわれます。

登壇する順番は下の通りです。

  1. 藤野 英明
  2. 小林 信行
  3. 関沢 敏行
  4. はまの まさひろ
  5. 永井 真人
  6. 田辺 昭人
  7. 嘉山 淳平
  8. 一柳 洋

それぞれの質問者の質問内容はこちらをご覧下さいね。

お時間の許す方は、ぜひ横須賀市議会・本会議の傍聴にお越し下さい。また、インターネット生中継も行なわれますので、よろしければご覧下さいね。

市職員の給与カットが提案されます

さらに、市長からは追加で議案の提出が行なわれます。

国が地方交付税を減らしてきたことを受けて、横須賀市でも市職員の給与カットをすることになりました。総務部長から以下の報告がありました。

常勤特別職員及び一般職員の給与減額措置について

国は、地方公務員給与費の臨時特例として、平成25年7月から国家公務員と同様の給与削減が実施されることを前提とした地方交付税法の改正を行いました。

これにより、地方交付税が削減され、本市の財政にも影響を与えています。

こうした状況を踏まえ、市民サービスへの影響を勘案して、次のとおり常勤特別職員及 び一般職員の給与を減額することとし、開会中の9月議会に関係条例を追加提案します。

1.常勤特別職
給料・地域手当期末手当
市長▲15%▲10%
副市長▲10%
教育長▲8%
上下水道
事業管理者
代表監査委員

 

2.一般職
給料・地域手当期末手当
管理職▲5.5%▲3.2%
一般職▲3%

3.実施期間
2013年10月〜2014年6月まで(9か月間)

4.給与減額の総額
約6億3千万円

フジノは、国の押し付けによる市区町村の給与カットには反対です。

地方政府で働く職員の給与は、それぞれの地方政府が決めるべき事柄であって、国の号令で一斉に決めるべきものではありません。

フジノの反対の根拠は、過去に行なった討論(2008年6月13日の討論、他多数)でも述べておりますのでご覧下さい。

今から5年前のフジノ、まだ若いですね!

今から5年前のフジノ、まだ若いですね!


公務員の給与カットはなんとなく溜飲が下がる、という市民の方も多いと思います。

けれども、国から押し付けられた公務員の給与カットというのは、実は民間企業の給与ダウンと同じ構造で、どちらも良くないものだとフジノは考えています。

2012年決算議会が来週スタート!/前半の一般質問は6名が行ないます

決算議会が始まります!

来週月曜日からスタートする決算議会に向けて、けさは、議会運営委員会が開かれました。

会期は9月3日~10月5日です。

2012年9月議会のポスター

2012年9月議会のポスター


3日に行なわれる市長への一般質問は6名で、下の順番で行われます。

  1. 山城 保男議員
  2. 石山 満議員
  3. 井坂 新哉議員
  4. 永井 真人議員
  5. 一柳 洋議員
  6. 木下 憲司議員



それぞれの議員がどのような質問を行なうかについてはこちらの発言通告書をご覧ください(今回、フジノの一般質問は9月20日の予定です)。

フジノとしては、石山議員による『コミュニティ・バス』などの生活交通問題についての質疑、井坂議員による『震災がれき受け入れ問題』について芦名の処分場がそもそも建設されたことそのものへの評価など根本的な問題提起についての質疑、永井議員による『美術館』についての質疑、一柳議員による『上下水道局の新会社設立断念』に関わる市長・副市長の責任問題についての質疑に対して、市長がどのような答弁をするのか、とても関心があります。

お時間の許す方は、本会議場へ傍聴にいらして下さい。インターネットで生中継も観ることができます。

また、インターネットでは約2日後には録画中継も観られるようになります。

ぜひご覧ください。