ついに「高齢化率」が28.42%へ!横須賀初のサテライト型小規模多機能型居宅介護が承認されました/介護保険運営協議会(2014年度第2回)

介護保険について議論する「介護保険運営協議会」が開かれました

今日は『介護保険運営協議会』(2014年度第2回)が開催されました。

介護保険運営協議会・会場にて

介護保険運営協議会・会場にて


フジノがものすごく大切にしている審議会の1つです。

議事次第

議事次第


さっそくですが、今日の審議会での決定や報告から2つの重大なことを記したいと思います。



ついに横須賀市の高齢化率が28%を超えました

まず、重大発表その1です。

昨年同じ時期に開かれた『介護保険運営協議会』をお伝えするブログ記事で「ついに横須賀市の『高齢化率』は27.35%になりました(2013年10月1日現在)」と書きました。

しかし、今日発表された最新の統計(2014年10月1日現在)によれば、

横須賀市の『高齢化率』は28.42%

になりました。

横須賀市の総人口41万8,783人のうち、65才以上は11万9,033人となりました。

より一層の高齢化が進んだ形になります。

横須賀市民の約3人に1人が65才以上、というのが現状になった訳です。



高齢化率はさらに高くなります。でも、みんなで超高齢社会を輝かせることも必ずできるはずです

けれども『高齢化率のアップ』は驚くべきことではありませんし、恐れることでも何でもありません。

長生きは喜ばしいことですし、何よりも今の65才以上(いちおう定義では65歳以上が高齢者なのです)は、昭和の頃の65才とはケタ違いにお元気です。

大切なことは『超高齢社会』に突入した今、そこで直面する課題をひとつずつしっかりと乗り越えていくこと。

例えば、先進諸国では認知症対策はとっくに『国家戦略』に位置づけられていました。

イギリスの認知症対策の国家戦略への経緯

イギリスの認知症対策の国家戦略への経緯


イギリス、アメリカ、フランス、オランダ、デンマーク、オーストラリアなど多くの国々が国家戦略として取り組んできました。

フランスの認知症対策の国家戦略への経緯

フランスの認知症対策の国家戦略への経緯


かたや日本では『認知症施策推進5カ年計画(通称オレンジプラン)』という計画はあるものの、『国家戦略』にまでは位置づけられていませんでした。

しかし、11月6日に開催された『認知症サミット日本後継イベント』(国際会議です)の場で、総理が「認知症対策を『国家戦略』に位置づけること」を明言しました。

社会保障や高齢者福祉の関係者はみんな「やっと日本も動き出した」とホッとしました。

でも、こうやって1つずつ1つずつ課題を解決に向けてみんなでがんばっていくことで、社会は変わるんです。

超高齢社会は決して暗いものにしない。

むしろ、元気で長生きできる素晴らしいまちにできる。

そうフジノは信じて毎日仕事をしています。



市内初!サテライト型小規模多機能型居宅介護が承認されました

そして、重大発表その2です。

12月1日から横須賀市内で初めての『サテライト型小規模多機能型居宅介護』がスタートします!

太陽の家 馬堀倶楽部
所在馬堀町1-1-7
開始平成26年12月1日
登録定員18人
定員通い:12人 宿泊4人
建物木造2階建て

大通り沿いで、フジノもよく前を通るところです。

良い場所ですね。

『地域包括ケア』を実現する上で、この『小規模多機能型居宅介護』は不可欠の存在です。

大切な『地域密着型サービス』の1つです。

現在、横須賀市内に小規模多機能型居宅介護事業所は3ヶ所しかありません。

  1. 小規模多機能ホームゆりの花 南武(武)
  2. 太陽の家 安浦倶楽部(安浦)
  3. 小規模多機能併設グループホーム 和の里(米が浜)

これでついに合計4ヶ所となります。



そもそも「小規模多機能型居宅介護」とはなにか?

そもそも『小規模多機能』って何でしょう?

小規模多機能型居宅介護のイメージ図その1

小規模多機能型居宅介護のイメージ図その1


『小規模多機能』という呼び名は省略形で、正式には『小規模多機能型居宅介護』のことです。

  • 小規模=特別養護老人ホームなどの大規模の施設と比べて小さいという意味です。
  • 多機能=「訪問サービス」プラス「通い」プラス「泊まり」と、複数の機能を1箇所で持っているという意味です。
  • 居宅介護=自宅(居宅)で暮らして行かれるように介護サービスを行なう、という意味です。

他市や他県からの人も利用できる特別養護老人ホームとは違って、『小規模多機能』はそのまちの人しか利用できません。

『泊まる』ことはできるけれど、特別養護老人ホームやグループホームと違って『暮らす』ことはできません。

農地などの『市街化調整区域』に建設を認められてきた特別養護老人ホームと違って、小規模多機能は住宅地など地域の中にしか立地できません。

つまり、全ては『自宅(=在宅)での暮らし』をサポートしていくのが目的だから、です。

小規模多機能型居宅介護のイメージ図2

小規模多機能型居宅介護のイメージ図2


さらに、『小規模多機能』には『サテライト型』という新しいバージョンがあります。

社会保障審議会介護給付費分科会資料より

社会保障審議会介護給付費分科会資料より


サテライトは、やや小さめ。

より柔軟な形でのサービス提供ができるようになります。

フジノ個人としては、国が『サテライト型』導入を決めた時には諸手を挙げて賛成はできませんでした。

けれども現実として今、特別養護老人ホームの待機者数も減らない中、こうした地域密着型サービスの存在はとても重要です。

どんなに介護度が高くても最期の時まで自宅で暮らせるように、横須賀市では一生懸命に在宅療養連携を進めています。

あらゆる保健医療福祉サービスを駆使して、ひとりでも多くの市民のみなさまにお元気に暮らしていただけることが大切だと考えています。

その意味において、今回の『サテライト型小規模多機能型居宅介護』である『太陽の家馬堀倶楽部』スタートは、こころからお祝いすべきことです。

12月1日にオープンした後は、ぜひ見学させていただきたいなぁと思っています。

もっともっとお伝えすべきことはあるのですが、ブログを書く時間が取れなくて、今日はここまで。

ではでは。



福祉サービスの多くに年齢制限があるが、要介護度の高い「若年性認知症」の方々も同等の支援を受けられるよう改善すべき/9月議会のフジノの一般質問(その3)

9月議会でフジノが行なう一般質問の要旨を紹介します

前の記事から続いています)

9月議会でフジノが市長・教育長に対して行なう一般質問の要旨を、少しずつ紹介していきます。

3問目は『若年性認知症』への支援についてです

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより


数年前から横須賀市は『若年性認知症』への支援に取り組んできました。

2013年には事業を初めて予算化し、『若年性認知症サポーター』の養成をスタート、これまでは『後援扱い』だった講演会を市が『主催』して行ないました。

さらに今年4月1日には『よこすか若年認知症の会タンポポ』が創立されて、定期的に『本人活動』『家族懇談会』が開かれています。



高齢者福祉サービスの多くには年齢制限が設けられているが、要介護度の高い「若年性認知症」の方々も同等の支援を受けられるようにすべきではないか

3.高齢者福祉サービスの多くには年齢制限が設けられているが、要介護度の高い「若年性認知症」の方々も同等の支援を受けられるようにすべきではないか

認知症は高齢者の疾患だと受けとめられがちだが、65歳未満で発症する認知症を『若年性認知症』と呼ぶ。

調査によれば、全国で3万8,000人、神奈川県内だけでも約2,700人に上る(平成23年1月現在)。

働き盛りの方が発症する為、ご本人の症状そのものの困難だけでなく、配偶者や子どもたちの心理や経済問題を始め、社会生活に与える影響も大きく、公的な支援もいまだ十分ではない現状がある。

国は、平成25年度に策定した『認知症施策推進5か年計画』において、『若年性認知症』への取り組みの必要性を明記した。

6.若年性認知症施策の強化

  • 若年性認知症支援のハンドブックの作成
    ・平成24年度~ ハンドブックの作成。医療機関、市町村窓口等で若年性認知症と診断された人とその家族に配付
  • 若年性認知症の人の意見交換会開催などの事業実施都道府県数
    ・平成24年度見込 17都道府県 → 平成29年度 47都道府県

一方、すでに本市は数年前から当事者・家族団体と連携しながら、様々な活動に取り組んできた。

そのような実績を持つ、『若年性認知症』への支援に積極的に取り組んできた本市だが、残念ながら『65才以上で要介護認定を受けている方々』が受けられる福祉サービスを『若年性認知症』の方々が受けられない『格差』がある。

多くのサービスに「65才以上が支給対象」との年齢制限が設けられているためだ。
  
要介護度が重い『若年性認知症』の方であっても、65才未満だからという理由で、本人・家族ともに受けられないサービスが、紙おむつ支給事業などを始め、多数ある。

これまで積極的に取り組んできた『若年性認知症』支援の本市の姿勢だからこそ、年齢制限ではなく要介護度の重さによって福祉サービスを受けられるよう、即刻改善すべきだ。

【質問】
(1)『65才以上で要介護認定を受けておられる方々』が受けられる福祉サービスのうち、『若年性認知症』の方々が現在は受けられないサービスはどのようなものがあるか?

【質問】
(2)こうした福祉サービスを『若年性認知症』の方々が受けられない合理的な理由はあるのか?

【質問】
(3)『65才以上』という区切りは、かつて『若年性認知症』の存在が知られていなかった頃に設定されたもので、『オレンジプラン』をはじめ『若年性認知症』支援の重要性が理解されるようになった今、本市は『若年性認知症』の方々も同様のサービスを受けられるよう改善すべきではないか?

4問目以降は、次の記事に続きます。



「認知症」を半年間全力で学びます!/高橋紘士先生「認知症ケアにおける地域連携最前線」

「認知症」を半年間、全力で学びます

今日は『カフェトーク』を終えると、大急ぎで東京・青山一丁目へ向かいました。国際医療福祉大学院で聴講する為です。

大学院の入り口にて

大学院の入り口にて


今日から半年間にわたって学ぶのは『認知症』とその支援策についてです。

高橋紘士先生の講義風景

高橋紘士先生の講義風景


もちろんフジノはこれまでも認知症全般への取り組みと、認知症の中でもマイノリティである『若年性認知症』の支援と周知啓発に力を注いできました。

多くの政治家の方々よりも『認知症』と『認知症への施策』について、理解はある方だと自負しています。

けれども、今後ますます爆発的なスピードで増加していく一方の『認知症』に対して、もっと先進事例を学んで横須賀市に取り組みを導入していかねばならない、という強い危機感があります。

この想いは、『危機感』としか言いようがありません。

横須賀市の認知症高齢者数(推計値)

  • 約1万1,000人(2013年現在)

  • 約1万2,200人(2015年)

  • 約1万3,700人(2025年)

(2013年2月27日本会議での吉田市長答弁より)

都道府県が主体的な取り組みをすることになっているが故に、現在まで横須賀市では『啓発事業』や『家族のつどい』などの限定された取り組みしかできていません。

フジノは「それでは間に合わない」と感じています。

そこで、現場で最先端の取り組みを実践している方々をはじめ、一流の講師陣からとにかく学べることを全て吸収してきます!



半年間のカリキュラムを紹介します

本日は「認知症とは何か」という概論を再度おさらいしました。

大熊由紀子先生の講義風景

大熊由紀子先生の講義風景


そして、残り14回の講義のイントロダクションが行なわれました。

講義内容講師
1認知症ケアの課題と展望国際医療福祉大学大学院
教授 高橋 紘士
教授 武藤 正樹
教授 大熊 由紀子
2認知症国家戦略の国際的動向東京都医学総合研究所
主席研究員 西田 淳志
3認知症ケア政策の方向岡山大学客員教授・前厚労省老健局長
宮島 俊彦
4認知症への医療的対応と地域連携東京都健康長寿医療センター研究所
部長 粟田 主一
5認知症ケアの手法~ユマニチュードをめぐって~国立病院機構東京医療センター
総合内科医長 本田 美和子
6地域で支える認知症ネットワーク大牟田市グループホームファミリエ
所長 大谷 るみ子
7認知症ケアの地域連携と医療機関の役割敦賀温泉病院
理事長 玉井 顕
8高齢者施設における認知症ケア社会福祉法人喜楽苑
理事長 市川 禮子
9単身生活困窮者への認知症ケアの課題東京都健康長寿医療センター・東京大学付属病院メモリークリニック
岡村 毅
10認知症サポーターキャラバンと地域での支援者育成地域ケア政策ネットワーク
事務局長 菅原 弘子
11認知症初期集中支援チームの活動と意義海上寮療養所・桜新町アーバンクリニック・障害者政策委員会委員
上野 秀樹
12認知症の医薬品ガイドラインについて日本薬剤師会会長
山本 信夫
13認知症の人の権利擁護と法律問題消費者庁消費者政策課担当官
14認知症高齢者の消費者被害消費者庁消費者政策課担当官
15認知症ケアと地域連携(まとめとふりかえり)国際医療福祉大学大学院
教授 高橋 紘士
教授 武藤 正樹
教授 大熊 由紀子

素晴らしい講師陣ばかりです。

パニック障がい持ちのフジノは、大学院の往復だけでも疲労困憊してしまいます。

それでも、半年間どんなに苦労してもこの大学院での成果を全て横須賀の社会福祉に役立てる為に、全て吸収してきます。

吸収し尽くす気概で必死に学んできます!



ぜひあなたも「若年性認知症サポーター」になって下さい!/認知症の中でもさらにマイノリティである働き盛りの認知症

若年性認知症への支援はようやくスタートしたばかりです

『認知症』は、高齢の方々だけが発症するのではありません。

本当に若い、働き盛りの方々でも『認知症』を発症します。

ご高齢の方々の認知症とは区別して、18〜64才と若くして発症した『認知症』のことを『若年性認知症』と呼んでいます。

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより


わが国で若年性認知症を発症しておられる方々の数は、約3万8,000人と推計されています(「若年性認知症の実態と対応の基礎基盤に関する研究」2009年)。

神奈川県内では2,750人と推計されています(2010年1月)。

若年性認知症には、ご高齢の方々の認知症とはまた異なるいくつもの課題があります。

  • 働き盛りで若くて体も元気な上に、まさかこの若さで認知症を発症するとは思いもしない。だから受診も遅れてしまう。
  • おこさんが思春期にさしかかった時期であることが多く、まだ若い親御さんの言動が急変したことを受け止められない。

けれども、若年性認知症への支援は、以前記したように、ようやくスタートしたばかりです。

(2013年3月4日の活動日記より)

まず、認知症そのものの支援が進んでいない為、国としては2013年度から新たに『認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)』がスタートします。

『オレンジプラン』の大きな7つの取組みの6番目に若年性認知症も取り上げられましたが、これだけしか記述もありません。

オレンジプラン

国としての取り組みもまだまだです。

東京都では、NPOに委託することで若年性認知症についてのワンストップでの相談窓口を開設しています。

東京都若年性認知症総合支援センター

東京都若年性認知症総合支援センター


ただ、神奈川県としての取り組みは、まだ進んでいません。

県の審議会での議論では「いち市町村にできることは限られている」という専門家の意見もありました。

しかし、「いち市町村からできることを積極的に取り組まねばならない」とフジノは考えています。

そこで、たびたび若年性認知症への支援を市議会の場で訴えてきました。

(例えば、こちらこちらなど)

さらに、家族会のみなさんが長年にわたって一生懸命に活動に取り組んできて下さいました。

そうした活動が実って、2012年度、横須賀市は『若年性認知症への支援』を初めて予算化しました。

そして今年度(2013年度)も、横須賀市は新たな取り組みをスタートします。

若年性認知症サポーターの養成講座を行ないます。

以下に、横須賀市からのお知らせを掲載します。

若年性認知症講座を開催します
〜一緒にサポーターになりませんか〜

18~65歳未満に発症する若年性認知症は働き盛りの方が多く、高齢期の認知症と異なる様々な問題を抱えます。現行の高齢者の認知症対策では対応できない多様な支援が求められており、若年性認知症の方の社会参加には周囲の配慮やサポートが必要です。

そこで横須賀市では、公益社団法人「認知症の人と家族の会神奈川県支部」の協力を得て、若年性認知症の支援者の人材育成として、若年性認知症のサポーターを養成する講座 を行います。

第1回第2回第3回
7月29日(月) 14:00~16:008月19日(月) 14:00~16:009月17日(火) 14:00~16:00
総合福祉会館5階視聴覚研修室ヴェルクよこすか6階第1会議室
川崎幸クリニック院長・公益社団法人認知症の人と家族の会代表 杉山孝博先生臨床心理士・稲富正治先生、若年性認知症ご本人と介護家族
若年性認知症の理解若年性認知症の対応と心理的理解若年性認知症の人と家族へのインタビュー
若年性認知症について医師がわかりやすくお話します。若年性認知症の介護家族がたどる4つの心理ステップについてお話します。若年性認知症の人の気持ちや介護されているご家族のご経験を伺います。

手話通訳あり。

対象:市内在住・在勤・在学で、第1~3回全て参加できる方

定員:先着60人

申込:7月11日(木)~7月25日(木)までに電話・FAX でコールセンターへ

要予約:同伴する若年性認知症の人のお世話を希望する人は、7月22日(月)までに担当課へ予約が必要です。定員は先着5人。



横須賀市からのお知らせは以上です。

どうかあなたもぜひご参加下さい。よろしくお願いします!



初めて「横須賀市の主催」で「若年性認知症講演会」が開かれました/今までは「民間団体の主催」でした

横須賀市、「若年性認知症」に対する初めての取り組み

今日は、午後からヴェルクよこすかへ向かいました。

『若年性認知症講演会』に参加しました。

04fujino


若年性認知症についての講演会は、横須賀市内では過去3回開かれてきました(昨年の様子はこちら)。

けれども、主催はずっと『公益社団法人・認知症の人と家族の会』のみなさまでした。

つまり、家族会のみなさまが手弁当で行なってきたのです。

04document1

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより


今日の講演会は初めて横須賀市が主催で開催しました。

昨年の委員会質疑の通りで、横須賀市が『若年性認知症』への支援を予算化したのは、今年度が初めてなのです。

この講演会こそ、横須賀市にとって、『若年性認知症』支援の「記念すべき第一歩」です。本当に良かったです。

満員でいっぱいの会場を見渡して、フジノは感慨無量でした。

最後尾までびっしりと客席は埋まっていました

最後尾までびっしりと客席は埋まっていました


『若年性認知症』は18~64才と若くして発症した『認知症』のことです。

まず、『認知症』そのものの支援が進んでいない為、国としては2013年度から新たに『認知症施策推進5か年計画(オレンジプラン)』がスタートします。

『オレンジプラン』の大きな7つの取組みの6番目に『若年性認知症』も取り上げられましたが、これだけしか記述もありません。

国としての取り組みもまだまだです。

オレンジプラン

オレンジプラン


世間のイメージでは「『認知症』はご高齢の方々が発症するもの」という印象が強いと思います。

その為に、『若年性の認知症』はさらに知られておらず、制度は全く追いついていません。

フジノたち政治家がもっと必死になって取り組まねばならない課題の1つです。

04document2

認知症介護研究・研修大府センターのパンフレットより



周りの理解が周辺症状を改善する

『若年性認知症』を発症した方々は、全国で約3万7800人(2009年3月)と推計されています。

発症する方の数はとても少ないのですが、社会的な支援がとても重要です。

その症状を知って、行動を理解して、周囲の人々が「対応の仕方」を変えるだけで、当事者の方にとってもご家族にとっても大きなサポートになるからです。

『認知症』には大きく2つの症状があります。

1.中核症状=脳の障がいが原因で、認知症の方には誰にでも起こる症状


脳の障がいが原因で起こる「中核症状」。認知症の方には誰にでも起こります。

脳の障がいが原因で起こる「中核症状」。認知症の方には誰にでも起こります。


この中核症状には、クスリ(例えばアリセプト)の使用などで対応していきます。現在のところ、完治をさせるクスリは開発されていません。

2.周辺症状=心理的な原因で起こる2次的な症状で、人によって表れ方が違い、誰にでもみられる訳ではない


周辺症状は周りの理解と対応によって大きく減らせる

周辺症状は周りの理解と対応によって大きく減らせる


周辺症状には抗精神病薬などのクスリも用いますが、何よりも周囲の人々の理解と対応が変わると、症状が改善されることもしばしばあります。

僕たちみんなでもっともっと知って理解して行動していくことで、ご本人・ご家族にも力になることができるのです。

だからこそ、啓発活動をもっと進めていかなければならないのですね。



講演会は成功でした

講師は、杉山孝博さん(川崎幸クリニック院長、公益社団法人「認知症の人と家族の会神奈川県支部」代表)です。

杉山先生の語り口はとても分かりやすくて、認知症を広く世間に知ってもらう啓発活動には最適な方だと思います。

テーマは「若年性認知症の理解~本人と家族をどのように支援するか~」でした。

杉山先生の講演はたくさんの笑いと知識、そして時々涙。

杉山先生の講演はたくさんの笑いと知識、そして時々涙。


5分に1度笑い声、10分に1度大笑い、そして時々ほろりと涙がこぼれてしまう...。

そんな杉山先生のお話に会場は引きこまれていました。講演会は大成功だったと思います。

次は、「啓発」に加えて、実際の「支援」を成功させたいです。

三浦半島全体で認知症疾患医療連携協議会を設置しています

三浦半島全体で認知症疾患医療連携協議会を設置しています


横須賀を含む三浦半島地域には、『認知症疾患医療センター』(久里浜医療センター)も『認知症専門病院』(福井記念病院)もあります。『物忘れ外来』を毎日開かれています。

「社会資源」には比較的恵まれている地域です。

だからこそ、人のこころである「啓発」と政治行政の努力で実現できる「支援」に力を入れて取り組んでいけば、認知症を発症してもご本人もご家族も追い込まれないようにできるはずなのです。

特に、若い親が若年性認知症を発症した時、幼少期や思春期にあるこどもたちは精神的にも経済的にも、もっと強い支援が必要です。

もっともっとがんばっていきますので、どうかみなさまも認知症についてぜひ知って下さいね。