逆境に打ち勝った逗子高校吹奏楽部の歴代メンバー、ずっと支え続けたOB・OGや保護者の方々、みなさんを誇りに感じます/逗子高校吹奏楽部の定期演奏会へ

今年も「逗子高校吹奏楽部の定期演奏会」に行ってきました

お昼から、逗子高校吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。

700名もの来場があり、今回も大成功でした。

第53回逗子高校吹奏楽部定期演奏会へ

第53回逗子高校吹奏楽部定期演奏会へ


フジノはどんなことがあっても(例えば自分の選挙期間中であっても)、逗子高校吹奏楽部の演奏会には必ず足を運ぶことにしています。

今日は毎年参加している『横須賀ひとり親サポーターズひまわり』のクリスマス会と重なってしまい、とても悩んだのですが、やはり定期演奏会を選びました。

政治家として、人として、ずっと見守っていくと約束したからです。

約束に、終わりはありません。僕が生きている限りは、ずっと見守っていくつもりです。

もう現役生たちは誰も知らないことですが、かつて逗子高校吹奏楽部はピンチに見舞われたことがありました。

2008年のことです。今の素晴らしい逗子高校吹奏楽部を築き上げた、顧問のA先生が異動によって他校に赴任することになったのです。

逗子高校吹奏楽部の素晴らしさは、単に演奏能力の高さだけではありません。

吹奏楽に親しんでもらう為に、三浦半島全域の小中学校の児童生徒たちと一緒に練習をしてあげたり、

社会貢献活動として、ご高齢の方々の施設に演奏に出張したり、東日本大震災で被災した方々の支援など様々な災害への募金やボランティア活動をしたり(その功績が認められて文部科学大臣賞を受賞しています)、

開演前のロビーの様子。今回も募金活動が積極的に行なわれていました

開演前のロビーの様子。今回も募金活動が積極的に行なわれていました


コンクールで常に上位に入賞する実力(県大会出場は当たり前。銀・銅では「残念な結果」と自ら言い切る!)を持ちながらも、演奏の練習以外にもとても多くの時間を費やしています。

ただ単に全国大会で優勝する為ならば、そんな演奏以外のあらゆる活動は時間のロスでしかないでしょう。

けれども、A先生の強い想いのもと、伝統的に歴代の逗子高校吹奏楽部は常にそうした様々な取り組みに励んできました。

こうした礎をつくりあげたA先生の異動は、当時の生徒たちやOB・OGには耐え難いことでした。

異動の撤回を求める署名や運動がすぐに起こりました。

もともと逗子高校吹奏楽部の演奏やショークワイアの素晴らしさに惹かれていたフジノは、その時、学生たちから助けを求められました。

けれどもフジノは期待に反して、あえて厳しい言葉をかけました。

大人の世界では人事異動は当たり前のことであって、それを撤回すれば、人事制度が根幹から崩れてしまう。

素晴らしい指導者を失ったとしても、決してくじけずにこれからも今のレベルを守り高めていくことで、A先生に恩返しをすべきだ、と。

政治家フジノに人事異動の撤回を求めて集まったたくさんの高校生たちやOG・OGからは、怒りの言葉や厳しい視線が投げつけられました。

それでもフジノは最後まで人事異動の撤回を認めることはできませんでした。

そのかわり、絶対に逗子高校吹奏楽部のことをずっと見守っていくと約束したのです。

開演前の様子

開演前の様子

今日の演奏を聴いても、あの時フジノが厳しい言葉をかけたのは正しかったと感じました。

A先生が異動された後、しばらくは大変な時期がありましたが、ここ数年は当時を上回るような勢いもあります。

伝統としてOB・OGや卒業後も保護者の方々が現役の部員たちをとてもバックアップしてくれているのですが、その良き伝統も続いています。

例えば、今年4月の定期演奏会では横須賀芸術劇場が会場でしたが、前売り券でほぼチケットは完売。

当日券を求めて足を運んだフジノは、売り切れで入場することができませんでした(来場者はなんと1600人!)。

当日券完売!フジノは入場できませんでした(涙)

当日券完売!フジノは入場できませんでした(涙)


聴衆からも愛されています。

プログラム

プログラム


実は今日、フジノが会場に入るとすぐに、卒業生の保護者の方が駆け寄ってきてくれました。

「フジノさん、今日はA先生がいらっしゃってるんです!あとでぜひお会いして下さい」

と。

嬉しかったです。

そして、第1部と第2部の合間の休憩時間に、まさにA先生と引き合わせていただけたのでした。

「先生の理念は、今も立派に引き継がれていますよ」

とフジノがお伝えすると

「ずっと見守っていてくれて、ありがとうございます」

とA先生に言われました。

とんでもありません。

素晴らしい伝統を守り続けてきた歴代の現役生たち、そしてOB・OGたち、保護者のみなさん、そのみんなの力が今の発展をもたらしたのだと思います。

フジノはただひたすら見守り続けただけなのです。

A先生との再会に、フジノは率直に感動してしまいました。まだ43才なのですが、最近はすっかり涙腺が弱くなってしまいました。

その後に始まった第2部・ショークワイア(逗子高校吹奏楽部の名物です!)はとても楽しい演目なのに、何だか泣けてきました。

僕は、市議として、ひとりの人間として、みなさんのことを誇りに感じています。

終演後、会場を後にする人々はみんな幸せそうでした

終演後、会場を後にする人々はみんな幸せそうでした


今回も、3部構成ながらあっという間に時間が過ぎていきました。

高いレベルの演奏だけじゃなく、歌も歌えなければならないし、踊りだってキレキレじゃなくちゃいけない。すごいエンターテイメントぶりに今回も心から楽しませていだきました。

演奏会、僕にとって本当に素敵なクリスマスプレゼントでしたよ。

現役生のみなさん、いつもいつも素晴らしい演奏を聴かせてくれて、ありがとうね。

いつもいつもOB・OGと保護者の方々がかいがいしく現役生のサポートをしている姿をみるにつけても、嬉しくてたまりません。ありがとうございます。

どうかこれからもこの素晴らしき良き伝統を受け継いでいって下さい。

僕はずっと見守り続けています。



次回の定期演奏会のおしらせ

次回の逗子高校吹奏楽部定期演奏会は、来年5月13日(日)です。

会場は横須賀芸術劇場、入場料は500円です。

ご関心のある方はぜひお越しくださいね。



「選挙」は民主主義のプロセスとして大切だけど「人としての約束」の方がもっと大切だから/逗子高校吹奏楽部の定期演奏会(第48回)へ

県立逗子高校吹奏楽部の演奏は、今年もとても楽しかったです

今日は、選挙の最終日でした。

候補者は落選してしまえば政策を全く実現できない訳です。

だから、選挙カーから大音量で「最後のお願いです」と悲壮な大声をあげているのをあなたも聴いたことがあるはずです。

逗子高校吹奏楽部・第48回定期演奏会チケット

逗子高校吹奏楽部・第48回定期演奏会チケット


でも、そんな日でもフジノはいつもどおり県立逗子高校吹奏楽部の定期演奏会にやってきました。

当選する自信満々だとか、そんな傲慢な気持ちでは決してありません。

選挙期間中であっても、守るべき『人としての約束』を優先したかったからです。

会場の横須賀芸術劇場にて

会場の横須賀芸術劇場にて


県立逗子高校吹奏楽部のみなさんがどれだけ世代交代を重ねたとしても、僕はかつて約束をしたのです。

ずっと見守っていく、と。

緑色のブレザー、逗子高校吹奏楽部のみなさんがステージに現れました

緑色のブレザー、逗子高校吹奏楽部のみなさんがステージに現れました


昨年12月の『Winter concert』から4ヶ月ぶりです!

第48回逗子高校吹奏楽部定期演奏会のパンフレット

第48回逗子高校吹奏楽部定期演奏会のパンフレット


さすが創立53年の伝統ある吹奏楽部です。

演奏は今回もとてもレベルが高く、かつ、とてもエンターテイメント性の高い、素晴らしいものでした。

第1部は『いわゆる吹奏楽』、というプログラム。

第2部はフジノの大好きな『ショークワイヤー』と、逗子高校吹奏楽部の恒例『山緑対決』!

第3部は、誰もが楽しめる明るいポップス。

いつもながら、これだけジャンルの幅が広い音楽を(さらにはダンスもショークワイヤーも)よくぞ練習して仕上げてくるなあと感嘆させられます。

ああ、本当はじっくりと腰を据えて感想を記したいのですが...

さすがに選挙最終日なのでゴメンナサイ(笑)

ところで今年4月現在の部員数はなんと100人を超えるとのこと、うれしい限りです。

3年生のみなさま、最後の定期演奏会を悔いなく楽しめましたか?

これだけ部員が居てくれたら、悔いなく部活を卒業できますね。

それからひとつお願いなのですが、部活は卒業しても、ぜひ楽器の演奏は続けて下さいね。

みなさまの先輩方のようにプロになった方もおられますが、僕の高校時代の吹奏楽部の友人は、大学に入っても、働いてからも、ずうっと楽器を続けている人が何人もいます。

一生涯の友人として、楽器はあなたのそばにいてくれるはず。

1,2年生のみなさま、これからもずっと吹奏楽部の活動を応援していきますからね。

ですから、これからもどうか素敵な演奏を聴かせて下さいね!

OB・OGのみなさま、保護者のみなさま、指導にあたっておられるみなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました!



毎冬の楽しみ、逗子高校吹奏楽部のウィンターコンサート!フジノは超オススメです/定期演奏会#47

逗子高校吹奏楽部の定期演奏会へ

午前中の仕事が長引いて終わらずに、15時頃になってようやく文化会館へ向かいました。

会場の横須賀市文化会館にて

会場の横須賀市文化会館にて


今日は、神奈川県立逗子高校の吹奏楽部『定期演奏会#47 Winter Concert2014』に向かいました。

県立逗子高校吹奏楽部・定期演奏会(第47回)

県立逗子高校吹奏楽部・定期演奏会(第47回)


今年4月5日の定期演奏会以来、8ヶ月ぶりの演奏を聴きます。

なんと今年は新入部員が41名も入部したとのことで、総勢120名でここ数年間では最多部員数とのことでした。

ますます期待が高まります。

特にフジノは逗子高校吹奏楽部のショークワイアが大好きです。

Show Choirとは?

Show Choir (ショー・クワイアー)とは歌だけでなくダンスなども取り入れた、パフォーマンスとしての合唱です。

ジャンルを問わずジャズやポップスなど続々な曲を歌います。

アメリカではとても人気のあるジャンルで、アメリカの大ヒット・ドラマ『Glee/グリー 踊る♪合唱部』 で日本でも知られるようになりました。

日本でもフジテレビで日本初のShowChoir ドラマ『カエルの王女さま(出演:天海祐希、石田ゆり子、大島優子ほか)が放送されました。

また、NHK総合『こんにちはいっとろっけん』やJCOMチャンネルデジタル11ch『タなぴ』で逗子高校のショークワイヤーが取り上げられました。

Show Choirチームのホームページhttp://zushishowchoir.web.fc2.com/
(定期演奏会のパンフレットの説明より)




それに地域の活動にも熱心です。

つい10日前には、その取り組みが評価されて『文部科学大臣賞』(第5回青少年フィランソロピスト賞)を受賞したばかりです。

文部科学大臣賞を受賞した逗子高校吹奏楽部

文部科学大臣賞を受賞した逗子高校吹奏楽部


吹奏楽部のみなさんの活動は、日頃からフェイスブックページで発信して下さっているのである程度は知っています。

でも、演奏ばかりは実際に音を聴かなければ分かりません。

総勢120名の新たな逗子高校吹奏楽部がどんな演奏を聴かせてくれるのか、とても楽しみでした。



今回もエンターテイメント爆発の3部構成でした

毎年どんどんクオリティが高くなっていく逗子高校吹奏楽部の定期演奏会。

その特徴は、3つです。

  1. 3部構成で長丁場なのに、1つの曲自体は短めの選曲をしている
  2. 各部ともぐっと盛り上がった所で休憩を挟むので、観客は疲れない
  3. 3部とも「やりすぎくらいがちょうどいい」と言わんばかりのエンタメに溢れているので、飽きる瞬間が無い

もともとの演奏力がしっかりしている上にさらに『遊び心』が詰め込まれて(詰め込みすぎなくらいに!)いるので、毎回必ず楽しめるんです。

これが毎回なのだから本当にレベルが高いなぁ、と感心します。

今日のプログラムは下のとおりです。

プログラム

第1部:
吹嚢楽ステージ

  • 『A New Arrival~新しき人ヘ~』
  • バレエ音楽『青銅の騎士』より
  • オセロ
  • 森の贈り物

第2部:
Show Choirステージ

  • Happy
  • Japanese Tongue-Twistin’ Fugue
  • Linus and Lucy
  • 優しさに包まれたなら

第3部:
ポップスステージ~映画音楽~

  • スター・ウォーズコンサート・コレクション
  • 『風と共に去りぬ』より『タラのテーマ』
  • サウンド・オプ・ミュージツク
  • 『海猿』ハイライト
  • 『アナと雪の女王』よりシンフォニツク・ハイライト

そして、今日の演奏会もまさにあっという間に終わりました。楽しいと時間の感覚が変わってしまうのですよね、不思議。

特に素晴らしかったのは、やっぱりショークワイア。

第2部のショークワイア

第2部のショークワイア


あれだけの広い文化会館大ホールで、ひとりで歌い切った生徒さんの姿には感動しました。

さらに、「やりすぎくらいがちょうどいい」とばかりのエンタメ(しつこくてごめんなさい)が今日も炸裂しました。

スターウォーズの演奏をするのにわざわざダースベーダーの衣装を着て指揮するだけでなく、ニセダースベーダーが現れたり、レイア姫やらC-3POやR2-D2が出てきたり、全く盛り込み過ぎ(笑)

でもそういう1つ1つがお客さんに楽しんでほしくてやっているという気持ちが伝わってくるし、部員のみんなも楽しんでいるのも伝わってくるんです。

さらにしつこいのですが、そういうエンタメが許されるのは吹奏楽部全体の演奏レベルが高いから。

今回も文句なく楽しかったです!

しかも今回は休憩時間に、懐かしい方にお会いしてお話することができました。

そもそもフジノが何故、逗子高校吹奏楽部をここまで応援するようになったか、もはやその当時のきっかけを知っているOB・OGもほとんどいないと思います。

でも、こうした経緯を全て知っている方と再会し、「逗子高校吹奏楽部を見守るという約束をフジノさんがずっと守っていてくれて本当にうれしいです」とおっしゃっていただきました。

ありがとうございます。

今はもう、『見守る気持ち』は半分くらいで、残りの半分は『本当に聴きに来るのが好きになったから毎回来てるだけ』なんですよー。

お話できて、本当にうれしかったです。



みなさまもぜひ定期演奏会に足を運んで下さいね

昨晩フジノは徹夜だったのですが、それでも高校生のみなさんの演奏に元気をもらいました。

それにしても、本当にOB・OGのつながりも強いし、良き伝統が引き継がれているのをつくづく感じます。

逗子高校吹奏楽部のみなさん、バックステージの裏方のみなさん、OB・OGのみなさん、今日はおつかれさまでした。そして、ありがとうございました。

次回は春かな?

また演奏会を楽しみにしています。

これからもどうか練習に大会にがんばってくださいね。

フジノブログを御覧のみなさまも、ぜひ1度、定期演奏会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

こんなに盛りだくさんで音楽を楽しめるのに『無料』なんですよ(有料でいいのに)。

すっごく楽しい気持ちになれるし、オススメです!



「チケット代を払っても再び観たい」と感じたので、実際に観に来ました!/逗子高校吹奏楽部の定期演奏会

「チケットを買っても観たい」と望んだ、逗子高校の吹奏楽部の定期演奏会に行きました!

今日は、神奈川県立逗子高校の吹奏楽部による『第33回定期演奏会』におじゃましました。

県立逗子高校の吹奏楽部との出会いは、今年2月3日に行なわれた『国際ユースフォーラム』の場でした。

外国語スピーチ、パネルディスカッション、交流会、と3部構成で行なわれたこの『フォーラム』で、県立逗子高校はショークワイアー(Show Choir)を見せてくれました。

その日の活動日記に

「チケット代を払っても再び観たくなるような素晴らしいものでした」

と、フジノは書きました。

そうしたら、それを読んだ関係者の方が今日の『定期演奏会』の日程を教えて下さったのです。ありがとうございます。

言葉のとおり、会場である横須賀芸術劇場に500円のチケット代を払って、入場しました。



横須賀芸術劇場が超満員!

仕事のつごうで上演開始には遅れてしまい、第2部からフジノは会場に入ったのですが、すでに超満員。大人気です。

横須賀芸術劇場の5階から下を見下ろしたところ

横須賀芸術劇場の5階から下を見下ろしたところ


そこで、フジノは5階の立見席から演奏を聴きました。

でも、それだけ満員になるような人気の理由もすぐに分かりました。



あらゆる世代・いろんな学校のブラスバンドと共演していました!

それにしても、県立逗子高校の定期演奏会の素晴らしいところは『ショークワイアー』だけではありませんでした。

それは、演奏会のタイトルが『フレンドシップ』と名づけられているとおり、あらゆる世代を超えた方々によって演奏・合唱がなされているからです。

ふつうのブラスバンドの演奏といえば、その学校だけの演奏会ですよね?

でも、逗子高校は違うのです。
 
世代を超えているのです。

例えば、フジノが入場した第2部の演奏を行なったのは、逗子高校と、以下の学校のみなさんなのですね。

沼間中学校、逗子中学校、南郷中学校、南下浦中学校、鎌倉第二中学校、大津中学校、深沢中学校、大道中学校、大楠中学校、葉山中学校、西柴中学校、常葉中学校、 初声中学校、金沢中学校、御成中学校、久木中学校。(プラス逗子高校OB/OG)

16の中学校から中学生も参加して一緒に演奏をしているのですね。

すごい。



世代を超えたつながりはやがて大きな力を生み出します

今、このまちでは、いくつかの学校(小中学校)と幼稚園が連携をしています。

例えば、岩戸では学校が隣接しているので幼稚園と小中学校の結びつきが強い。とてもいいです。

先生同士、生徒同士、様々なつながりが行事や日常生活を通じてあるのです。

こういう公式・非公式な連携が強いと、いじめや不登校のきっかけになる「小1ショック」「中1ショック」が起こりにくくなるのですね。

進学によって激しく環境が変わることになかなかついていけないことを防ぐのです。

世代を超えたつながりが。かつては当たり前のものとして地域社会(コミュニティ)には存在しましたが、今はなかなか意図的に作らなければありえないわけです。

横須賀市にもいくつもの学校が積極的にこの世代間交流にがんばってくれていますが、もっと広げていかなければいけません。


 
まさにこれを、1つの部活動である逗子高校の吹奏楽部が行なってくれているのです。

中学校とのコラボレーションだけではなく、地域のサークルや教室ともコラボしています。

第2部のパート2では、

池子音楽愛好会、池子の森少年少女合唱団、セシリアピアノ教室、逗子高校演劇部

とも共演を果たしています。

素晴らしいですね~。

『ショークワイアー』が観たくて足を運んだのですが、さらに素晴らしいところを見つけて、とてもうれしく感じました。

本番の演奏・合唱に至るまでには長い練習の日々があったと思います。

こうした練習の日々を通じて、いろいろな世代の方々が交流していくことは『人としての大きな成長』をもたらすはずです。

本当に素晴らしいことだと思いました。

残念ながら1時間ほどですぐ仕事に戻らなければならなくて、フジノのお目当てであるショークワイアー(第3部でした)は観られませんでした。

けれども、きっとまたチャンスはあるはず。

その時にはぜひ楽しませていただこうと思いました。
 
逗子高校吹奏楽部のみなさん、素敵な演奏をありがとうございました。



もしもこうした取り組みを知っていたらぜひ教えて下さい

横須賀の学校にもこういう素晴らしい取り組みをしている学校はきっとたくさんあるはずなのです。

若手の先生方との異業種交流会に参加させてもらったり、昨年1年間にわたって教育委員会を担当したおかげで、市内の小中学校&高校が少しだけ見えてきました。

でも、もっともっとあるはずなのです。

ぜひ「うちはこんなことやってるよ!」という声を政治家フジノに聞かせてください。

そして、ぜひ見学させてくださいね。