あの感動を再び!TVKで特集が放送されました/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀〜愛〜」

TVKで「2.14横須賀チャリティプロレス大会」の様子が特集されました!

今夜、TVKの『ニュース930α』で、あの2.14横須賀チャリティプロレス大会が再び特集として放送されました。

TVK「ニュース930α」ウェブサイトより

TVK「ニュース930α」ウェブサイトより


こちらです!








ネガティブなニュースばかりの世の中ですが、こういう頑張っている大人たちの姿をしっかりと伝えていきたいです。

放送より

放送より


「どんなに素晴らしい取り組みでも、それが行われていることが誰にも知られなければ、必要な人に届いていなければ、やっていないことと同じ」

日頃、そんなふうに政治家として感じているフジノです。

大会のスタート前に挨拶に立つ雫有希選手

大会のスタート前に挨拶に立つ雫有希選手


フジノはこの大会にのメディア関係の広報をお手伝いさせていただいたのですが、

「この大会の社会的な意義と雫有希選手の想いとその活動を、フジノは全力をかけて広く世間に向けてお伝えしなければならない」

と、感じました。

そうした雫有希選手とフジノの想いに、地元の新聞社、全国紙の横須賀支局、FMラジオ局地元メディアだけでなく東京のキー局、さらには海外・ドイツのメディアまで力を貸してくれました。

特集の中ではダンプ松本選手もコメントして下さいました

特集の中ではダンプ松本選手もコメントして下さいました


これで横須賀大会を報じて下さったのは、なんと合計10社にも増えました。

これまで報じて下さった雑誌・ネット・テレビ・新聞・タウン紙

上のリストにさらにドイツEPAが加わります!

まさに「素晴らしい活動が行われていることが、あらゆる媒体を通して、多くの人々に伝えられた」という達成感でフジノはいっぱいです。

今夜のTVKの放送も、まさに異例中の異例です。

あらゆるイベントは『大会の開催前に告知として放送されること』はあっても、『実際に開催された大会の当日も取材して、後日その様子が放送されること』はまずありません。

雫選手らの熱い想いに共感して下さった『TVK』の野口記者には、感謝してもしきれません。野口記者、本当にありがとうございました!

雫有希選手とフジノ、プロレスラー(尼僧)と政治家、立場は違えどこの想いは全く同じです

雫有希選手とフジノ、プロレスラー(尼僧)と政治家、立場は違えどこの想いは全く同じです


大会当日に足を運んで下さったみなさまも、ぜひあの感動を再び味わって下さいね!



読売新聞・神奈川新聞と、大会終了後も続く「雫有希」旋風/2.14横須賀チャリティプロレス大会「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~」

神奈川新聞が「きらきら太陽プロジェクト」を報じました!

昨日の読売新聞に続いて、けさの神奈川新聞でも『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀~愛~』が報じられました!

何かのイベントがある場合、マスメディアは『事前』か『事後』のどちらか1回しか報じないのが当たり前です。

それにもかかわらず、読売新聞も神奈川新聞も『事前』の報道だけでなく、当日も取材して下さいました。

『事前』『事後』の2回にわたって記事が出るのは、極めて異例中の異例のことなのです。

2015年2月16日・神奈川新聞より

2015年2月16日・神奈川新聞より


しかも前回に続いて記事を書いて下さったのは、岡部信康さん(現・神奈川新聞横須賀支社長、前・神奈川新聞スポーツ部長)です。

ふつう支社長は記事を書かないものです。

どちらかというと『社交的な役回り』がメインで、地域の名士との交流などでお茶を濁す仕事になります。つまりジャーナリストとしては『アガリ』で、『経営陣』になるのです。

でも、つい3月末まで前スポーツ部長だった岡部さん、今回も自ら取材に来て下さいました!

フジノは本当に感動しましたよ、嬉しかったです。

下に全文を引用してご紹介させて頂きます。

横須賀ゆかり女子プロレスラー
雫さんが慈善大会、試合も観客も熱気

横須賀市ゆかりの女子プロレスラー雫(しずく)有希(あき)さん(28)が代表を務める団体、きらきら太陽プロジェクトが14日、市総合体育会館(同市不入斗町)でチャリティー大会を開催し、約600人が集まった。

雫さんは慶応大レスリング部時代に防衛大で練習を積み、市内にも住んだことがある。

今回初めての横須賀大会は5試合が組まれ、ダンプ松本さんら有名選手も参戦。

子ども向けのプロレス教室も行われた。

2試合に出場した雫さんはともに敗れ、

「ぶざまな試合をしたが、これだけの人が入ってうれしい気持ちでいっぱい」

と喜んだ。

家族4人で来場した子ども=同市野比=は

「女子プロレスを観戦するのは初めて。倒れても起き上がって闘っているのがすごかった」

と話していた。

こんな岡部支社長の心意気を見せられるにつけても、やっぱり地元紙・神奈川新聞はすごいなぁとつくづく感じます。

ありがとうございました!



フジノが「雫有希選手」「きらきら太陽プロジェクト」を応援する理由(その2)/ひとり親ご家庭で育ち、現役の尼僧でもいらっしゃること

前の記事より続きます)



「知恩」に連載された雫選手の本音

前の記事に続いて月刊誌『知恩』の記事から引用させていただきます。

「知恩」2014年11月号

「知恩」2014年11月号


今回は、月刊誌『知恩』2014年11月号の連載記事からの引用です。

プロレスを通じ乳児院支援(2)

一瞬にして上り詰めた栄光も、誹謗中傷へと変わりました。

先月号で触れたように身に覚えのないこと、 全くの嘘のことを匿名性の掲示板に普かれたのです。

純粋に始めた『善光寺大本願乳児院』への寄付活動でさえ「大切なお布施でコスチュームを作らず裸で試合しろ」「寄付の金は収益ではなく住職の親からもらったものだ」などと普かれました。

●乳児院支援にも悪意

もちろん、私のコスチューム代や乳児院への募金はお布施から支払われていません。

が、これを見た人から誤解を受け、家族や友人にも被害が及び「加行に行くな」といった脅迫の電話やメールも来ました。

しかし、年に一度会う『善光寺大本願乳児院』の赤ちゃんの顔や職員の皆様の温かい励まし、そして何よりもこんなことで赤ちゃんへの命の源のミルク代を途絶えさせてはならない、という思いだけで、これまで活動を続けてきました。

また、子どもを持つ友人の女性からの「ミルクやおむつはすぐになくなる。あなたの寄付のありがたみは私が一番わかっている」といった励ましもありました。

●悪役で名を上げる

そんなある日、私はメキシコ人を中心としたプロレス団体に参戦し始め、メキシコ人との試合を繰り返す中で悪役レスラー (ヒール)へと変わっていきました。

メキシコ人と日本人が試合をする場合、必然的に日本人が悪役になるからです。

すると何かが湧き出てくるかのようにヒールとしての凶器は使わないスタイルながらも憎々しい笑顔を浮かべながら戦い、リング外でもふてぶてしく正統派レスラー達に強い言葉を浴びせては挑発を繰り返しました。

といっても、試合にはしっかり勝っていったのです。さらには1980年代に日本中を震憾させたダンプ松本選手とタツグを何回も組ませて頂き、ラフファイトを繰り広げるようになりました。

このころから、私に対し「いつもありがとう」という人がほんのひと握りですが現れるようになりました。

当時の私にはそれが何のことなのか、全くわかりませんでした

●人の苦しみに気づかされる

そして今年5月、私は2回目のREINA世界タッグ戴冠を果たしました。

その時私は観客に向かって「嫌われて上等、憎まれて上等。お前らが私を嫌って満足するなら、私だって満足なんだよ!」とマイクで叫びました。

内心では生卵や空き缶が飛んでくるかと心配でしたが待っていたのは観客の拍手、私を呼ぶ声、そして涙ぐんでいる人の姿でした。その時私は、ハッと気づかされました。

こんな私の暴言に、涙ぐんで拍手をするなんて、本当はみんなも私と同じことを世の中に叫びたいのではないかと思いました。

連載記事からの引用は以上です。



雫選手が「ヒール」に転向した訳が分かりました

プロレスには基本的に『ベビー(善玉)』と『ヒール(悪役)』の2種類があります。

雫有希選手はレスリング技術も正統派で、デビュー後もずっと『ベビー』でした。

右・ベビー時代の雫あき選手(2010年)

右・ベビー時代の雫あき選手(2010年)


それが最近は『ヒール』に転向してしまったのですが、その理由がこの連載記事でようやく分かりました。

ヒール転向後の雫有希選手(2015年現在)

ヒール転向後の雫有希選手(2015年現在)


政治家になって12年、フジノも雫選手のお気持ちはとても良くわかります。

当選した途端に、今までただのサラリーマンだったフジノに突然ちやほやして群がってきたたくさんの人々。

その一方で、いくら全身全霊をかけて働いても、心身を削って家族との時間を全て犠牲にしても、どれだけ市民のみなさまの為になる政策を実現させても、多くの人々は心の中では「しょせん政治家なんて…」とさげすんでいます。

困った時には「助けて下さい、フジノ先生!」みたいにすりよってきますが、何も無ければ「茶髪のチャラ男、死ね」と2ちゃんねるに書かれまくっているのが現実です。

12年が過ぎて、フジノは『ヒール』転向はしませんでしたが、かなりの『あまのじゃく』になりました。

フジノは選挙でも1度も「よろしくお願いします」と言ったことがありません。

「フジノの政策があなたにとって意味があるならば、その政策を支持してください」としか絶対に言いません。

名刺も持ちません。のぼりも使いません。まちなかに看板も出しません。

いわゆる『ベビー』のよくいる政治家とは全て違うことをやろうとフジノは決めました。

だから、雫選手が『ヒール』に転向して、まさに『ダークヒーロー』になったのも、とても共感できる気持ちがしました。

雫選手は、わが国の伝説的なトップヒール・ダンプ松本選手としばしばタッグを組んでいます。

日本のトップヒール・ダンプ松本選手

日本のトップヒール・ダンプ松本選手


トップ中のトップであるダンプ選手が、あえてタッグパートナーに雫選手をたびたび選んでいる。ダンプ選手ほどのレジェンドならば、誰でも選んで組めるのに、雫選手を選んでいる。

ダンプ松本選手とタッグを組む雫有希選手

ダンプ松本選手とタッグを組む雫有希選手


この事実からも、雫選手の実力をダンプ選手が高く評価しているのだなあと改めて感じました。



ポスター掲示にご協力いただいた心優しき店舗のご紹介「うわまち動物病院」さん

ところで、フジノは今、2.14横須賀チャリティープロレス大会のポスターを貼らせて頂く為に、いろいろなお店や個人宅にお願いをしはじめました。

第1号の協力店舗は、横須賀市上町にある『うわまち動物病院』さんです!

うわまち動物病院さんがポスターを貼りだして下さいました!

うわまち動物病院さんがポスターを貼りだして下さいました!


『うわまち動物病院』は、院長の加藤先生が英語がペラペラな為、外国人のお客さん(患畜さん)も多い人気の高い動物病院です。

うわまち動物病院ウェブサイト

うわまち動物病院ウェブサイト


しかも、かつて加藤院長はキックボクシングをしていたとのこと。

こうした経緯に加えて、今回のプロレス大会がこどもたちへのチャリティーであることにご賛同いただき、ポスターを貼りだして下さいました。

本当にありがとうございます!

2.14大会のポスター

2.14大会のポスター


まだまだ2月14日の試合まで、ポスターを貼りだして下さるご協力店舗や個人の方を大募集しています。

ぜひフジノまでご連絡ください。よろしくお願いします!

そして、試合もぜひ観に来て下さいね!



雫有希選手が藤野英明事務所を訪れてツイキャスで生告知してくれました/2月14日は横須賀でプロレスを観よう!

「チャリティープロレス2.14横須賀大会」の告知を雫有希選手の生の声で聴いて下さい!

なんとフジノ事務所に、現役のプロレスラーである雫有希(しずくあき)選手が来てくれました。感動(涙)

フジノ事務所を訪れて下さった雫有希選手

フジノ事務所を訪れて下さった雫有希選手


横須賀の小原台に暮らしていたこともある、地元出身の雫選手。

すでに5年間もチャリティープロレス興行に取り組んで下さっています。

そして今回、ついに横須賀で大会を開催します!やった!

来月2月14日(土)に開催される『きらきら太陽プロジェクト横須賀大会』です!

雫選手とチーフマネージャーのサルバトーレさんがフジノ事務所に来てくれたのですが、完全に意気投合。

リング上の雰囲気とは異なる、優しくてやわらかな雰囲気にも癒やされました。

ツイキャスで生告知もしていただいました。

ツイキャス中継をする雫有希さん

ツイキャス中継をする雫有希さん


ぜひご覧下さいね!


(*3分10秒くらい早送りしてご覧下さい)


雫選手ら『きらきら太陽プロジェクトfor横須賀』では、本大会に児童養護施設や障がい福祉施設をはじめ、たくさんのこどもたちをチャリティーとしてご招待しています。

さらに、当日はこどもたち先着100名には『カルビー』(協賛して下さっています)からお菓子のプレゼントもあります。



「うちの壁にポスターを貼っても良いよ」という方を募集しています

この2.14チャリティプロレス横須賀大会をフジノは全力で応援しています。

実は、横須賀市・横須賀市教育委員会も『後援』してくれそうです(現在、申請手続き中)。

フジノはポスター貼りもチラシ配りもガンガンやります!

大会をひとりでも多くの方に知ってもらいたいし、足を運んでほしいです。

フジノ事務所の窓は大通りに面しているから、ぜひ気づいてほしいです

フジノ事務所の窓は大通りに面しているから、ぜひ気づいてほしいです


さっそく事務所の窓にポスターを貼りだしました。

このブログをご覧のあなたにもお願いがあります。

「試合のポスターをうちの壁に貼り出してもいいよ」という方、どうかご協力お願いします。

2.14大会のポスター

2.14大会のポスター


フジノがポスターをお届けします。

どうかプロレスを愛するみなさま、こども家庭福祉にかかわりのあるみなさま、2月14日(土)は不入斗の総合体育館で一緒にプロレスを観ましょう!



2月14日、横須賀にプロレスがやってきます!ぜひ観戦にいらして下さい!/こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

うれしいおしらせ。横須賀にプロレスがやってきます!

『個人』としても公人としても、とてもうれしいお知らせがあります。

横須賀にプロレスが久しぶりにやってきます!

たぶん、2007年の『商店街プロレスinわかまつ』ぶりではないでしょうか。

『個人』として僕は、幼い頃から今もずっとプロレスが大好きです。

仕事がここまで忙しくなる前は、毎年1月4日(プロレスの日)には東京ドームの新日本プロレス大会に必ず行っていました。また、高校生くらいになると、横須賀でプロレス興行があれば、ほぼ必ず観に行っていました。

そんな僕にとって、本当に久しぶりの横須賀でプロレスが観られるチャンスがやってきました!

雫有希選手らによる『こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」』です。

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

こどものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」

  • 日時:2月14日(土)開場12:15、試合開始13:30

  • 場所 横須賀市総合体育館メインアリーナ


  • *この興行の収益は、横須賀市レスリング協会と長野県善光寺大本願乳児院に寄付されます

  • 特別リングアナ:
    府川唯未(横須賀出身、元アルシオン)

  • 参戦選手:
    雫有希
    ダンプ松本
    堀田祐美子
    唯我
    田村和宏
    タケシマケンヂ
    山田太郎
    勝村周一郎
    和田城功
    中島安里紗
    花月

  • チケット代:
    全席自由2000円(高校生以下無料)
    学割、障がい者割1000円

  • 協賛(順不同):
    コリラックス小金城趾
    ぽっかぽか整骨院
    ふれあいイベント財団
    アートスタジオ ヒカリ
    浄土宗 浄音寺
    大谷光
    柏木隆
    きらきら太陽プロジェクトサポートクラブ

  • 協力:
    株式会社カルビー

  • チケットお問い合わせは『きらきら太陽プロジェクト』
    kirakirataiyou@willcom.com
    07055661368までお願いします。


しかも興行の収益は「乳児院」へ寄附されます

さらに、『公人』=政治家としてうれしいことは、このプロレス興行(きらきら太陽プロジェクト)はこどもたちの為にチャリティーとして開催されるということです。

『こども家庭福祉』の中には、特に『社会的養護』と呼ばれる分野があります。

DVや児童虐待をはじめ、親御さんの精神疾患をはじめとする病気などによって、乳幼児の頃から親と離れて暮らさねばならないこどもたちがたくさんいます。

赤ちゃんの頃は『乳児院』、幼稚園くらいの年齢から18才までは『児童養護施設』にて生活を送ることが多いです。

18才を超えると『児童養護施設』を退所しなければならないことが多く、民間団体による『子どもセンター』が大切な役割を果たしています。

また、里親制度もありますが、フジノも一生懸命とりくんできましたが、まだまだ普及していません。

こうした状況に対して、今回のプロレス興行のリーダーである雫有希選手は、2010年からチャリティー興行を行なって乳児院に寄附をするという支援活動にずっと取り組んできてくださいました。

その取り組みを2013年に正式にプロジェクト化したのが『きらきらプロジェクト』です。

(そもそも雫さんはプロレスリング選手であると同時に、保育士であり、尼僧でもあるのです)

今回の横須賀興行も『きらきらプロジェクト』として実施し、収益は乳児院へと寄附されるのです。

本当にありがたいことで、フジノはこころから感謝の気持ちでいっぱいです。

今回、雫選手が横須賀を会場に選んだ理由は、彼女自身がレスリングの練習で総合体育館に通った経験があるから。つまりゆかりの深いまちだから、とのことです。



フジノはこの興行と雫選手を応援します

横須賀・三浦のみなさま、そして神奈川県内のみなさま、ぜひ2月14日バレンタインデーには、プロレスを観にいらして下さい!

フジノ自身も当然、観戦しにいきます。

往年の女子プロレスファンのみなさまはぜひダンプ松本選手にお会いしに来て下さい。

フジノと同世代のプロレスファンのみなさまは、田中稔選手の奥さまになられた府川唯未さん(元アルシオン)のお元気な姿を観にいらして下さい。

さらに、現在進行形のプロレスファンのみなさまは、雫選手をはじめ、中島安里紗選手らの激しい試合を観にいらして下さい!

プロレスを観て、思いっきり楽しみましょう。

そして、その売上は『こども家庭福祉』の為に活かされるのです。

こんな素晴らしいことはなかなかありません。

2月14日、ぜひみなさま、横須賀市総合体育館でプロレスを観にいらして下さいね!