特定秘密保護法はアメリカも求めていない/モートン・ハルペリン氏講演会〜超党派議員と市民の秘密保護法学習会

特定秘密保護法を学ぶ超党派議員と市民の学習会へ

今日は、朝から衆議院議員会館へ向かいました。

『超党派の国会議員と市民の秘密保護法学習会』に参加する為です。

ハルペリンさんの講演

ハルペリンさんの講演


『ツワネ原則』を策定した、アメリカ政府の元高官であるモートン・ハルペリンさんの講演をメインに、学習会が開かれました。

『秘密保護法を批判した米国元政府高官モートン・ハルペリン氏講演会~超党派議員と市民の秘密保護法学習会~』

  • 基調講演:「秘密保護法と国際人権基準(ツワネ原則)」
  • 発言:国会議員、市民団体ほか

呼びかけ人[4/18 現在、順不同]
有田芳生(参)、真山勇一(参)、仁比聡平(参)、玉城デニー(衆)、主濱了(参)、小宮山泰子(衆)、照屋寛徳(衆)、福島みずほ(参)、糸数慶子(参)、山本太郎(参)、鈴木貴子(参)、川田龍平(参)、井上哲士(参) 立憲フォーラム(近藤昭一(衆)、江崎孝(参))

昨年12月6日、安倍政権は世論を無視し、秘密保護法の制定を強行しました。

成立からから3ヶ月たちましたが、秘密保護法反対の声は収まるどころか、強まってさえいます。この間、108の地方議会で同法の廃止を求める決議があがっています。

問題だらけの秘密保護法は一度廃止し、その必要性の是非も含めて根本から議論しなおすべきです。

ハルペリン氏は、ジョンソン政権・ニクソン政権・クリントン政権で国家安全保障会議メンバーなどを務めた元政府高官です。

アメリカは秘密保護制度が徹底している国です。その元政府高官が日本の秘密保護法は「国家安全保障と情報への権利」に関する国際人権基準(ツワネ原則)からみて、多くの問題があると指摘しているのです。

ハルペリン氏の講演を通して、秘密保護法の問題点を考えていきます。たくさんの議員、秘書、市民、メディアのみなさんの参加をお待ちしています。ぜひお集まりください。

当日の様子をぜひご覧下さい!

この会場の様子を、山本太郎参議院議員がYouTubeで動画をアップしてくれました。

ぜひあなたにもハルペリンさんの講演をご覧いただきたいです。

(前半)

(後半)

当然ながら「秘密」は存在する、しかし民主主義国家が守るべき「ルール」もある

特定秘密保護法の持つ『危険さ』は、とてもシンプルです。

(日弁連が『ツワネ原則』の翻訳をオープンにしていますのでこちらをご覧下さい)

超党派議員と市民の学習会にはたくさんの方々が集まりました

超党派議員と市民の学習会にはたくさんの方々が集まりました

(以下、とりいそぎ写真のみアップします。この後、横浜に移動して大切な会議がありまして。。。)

会場には、福島瑞穂参議院議員・山本太郎参議院議員の姿も。

会場には、福島瑞穂参議院議員・山本太郎参議院議員の姿も。

休憩時間、山本太郎参議院議員(新党ひとりひとり)と意見交換。

横須賀でも16もの市民団体が特定秘密保護法の撤回を求める署名活動を行なっていることなどをお伝えしました。

山本太郎参議院議員とフジノ

山本太郎参議院議員とフジノ

ハルペリンさんとの質疑も多数行なわれました

ハルペリンさんとの質疑も多数行なわれました

「原発事故子ども・被災者支援法」生みの親・川田龍平議員にお会いしました/AIDS文化フォーラムin横浜

20周年を迎えたAIDS文化フォーラムin横浜

参議院議員会館を出て、大急ぎで横浜へ向かいました。

『AIDS文化フォーラムin横浜〜これまでの20年、これからの20年〜』

に参加する為です。

20130802program


会場のかながわ県民センターにて

会場のかながわ県民センターにて


毎年8月、横浜で3日間にわたって開催される素晴らしいフォーラムで、全国からたくさんの人々が集まります。

今年はついに20周年となりました。

オープニング企画、初回を知る人たちのお話をすごくお聴きしたかったです!

オープニング企画、初回を知る人たちのお話をすごくお聴きしたかったです!


開会式と午前のプログラムには参加できませんでしたが、午後にも10分科会+ミニ講座が開催されます。

参加したい分科会プログラムがいくつもありました。



SHIP主催の分科会、「満員御礼」!

数あるプログラムの中でフジノの一番のお目当ては、横須賀での性的な多様性の保障の為にいつも力を貸して頂いている『NPO法人SHIP』と、神奈川県保健医療部による共同開催の分科会です。

テーマは『多様化する性と青少年との関わりについて』です。

SHIPと県による「多様化する性と青少年との関わりについて」

SHIPと県による「多様化する性と青少年との関わりについて」


しかし、会場に到着してみると…。

SHIPの講座は「満員御礼」で入場できませんでした

SHIPの講座は「満員御礼」で入場できませんでした


すでに『満員』の為、入場できなくなっていました!

SHIPの分科会はしばしば『満員』になってしまうので、今年は最も大きい90人定員の部屋に変更したにも関わらず、それでも定員を超えてしまったそうです!

参加できないことは残念でしたが、同時にとてもうれしかったです。関心を持ってくれる方々がたくさんいらっしゃることに大きな喜びを感じました。



川田龍平議員の分科会へ

でも、落ち込んでいるヒマは全くありません。

参加したい分科会は、同じ時間帯でいくつも重なっているので、さっそく第2希望の分科会場へ向かいました。

それは、川田龍平さん(参議院議員・みんなの党)による講演です!

川田龍平参議院議員は永田町から飛んできて講師を勤めて下さいました

川田龍平参議院議員は永田町から飛んできて講師を勤めて下さいました


テーマは『いのちが最優先される社会の実現のために』です。

【分科会の内容】
HIV/AIDSの歴史に学び、薬害、医療、環境、放射能の被害からいのちを守れる社会を創るにはどうすればいいかを考えます。

川田龍平議員は『原発事故子ども・被災者支援法』の生みの親の1人です。

全ての会派が共同提案して成立した法律ですが、そもそものスタートは川田龍平議員と阿部知子代議士が衆議院法制局に法案の策定を依頼したことだった、とフジノは認識しています。









さきの参議院選挙で『子ども・被災者支援議員連盟』メンバーが何人も落選してしまいました。

そんな厳しい国会状況の中で、「生みの親」である川田議員が2期目の当選を果たして下さったことは大変ありがたいことだとフジノは感じています。

ところで、川田議員はさっきまでフジノが居た『子ども被災者支援法推進自治体議員連盟結成集会』の冒頭で挨拶をして下さいました。

そのまま退出されて大急ぎで横浜に向かって、この分科会で講師を勤めておられたのです。

ですからフジノは、ちょうど川田議員を追いかけるような形で参議院→横浜へと戻ってきました。

川田議員の新著「この国はなぜ被害者を守らないのか〜子ども被災と薬害エイズ」はオススメです

川田議員の新著「この国はなぜ被害者を守らないのか〜子ども被災と薬害エイズ」はオススメです


1時間半の講演の後、質疑応答になりました。

一般の参加者の方々の質問がひと通り終わった後で、フォーラムにはそぐわないかもしれないとお断りをした上で、フジノも発言をさせて頂きました。

「『原発事故子ども・被災者支援法』を推進していく為に、地方議員と市民のみなさまにもたくさんできることがあるはずですが、川田議員としてはどんな行動が必要だとお考えですか」

というものです。

川田議員からは逆に、フジノの暮らす横須賀には母港として米海軍の原子力空母が存在している現状やモニタリングポストなどが他都市よりも早くから設置してあることを例に挙げて、

「横須賀の市民の方々の放射性物質への関心は他都市よりも高いですか?」

と尋ねられました。

先ほどまでフジノは『原発事故子ども・被災者支援法』推進の為に参議院会館に居たものの、来賓として参加して下さった国会議員の方々はみな忙しくて、現実的に、意見交換をすることは不可能でした。

それがこうして本当にわずかな時間ではあったものの、国会議員による議連の事務局長を勤める川田議員と意見交換をできたことはものすごく貴重な機会でした。

フジノの質疑が会場の他の参加者の方々の想いを損ねることにならないかと心配でしたが、分科会終了後に複数の参加者の方から『原発事故子ども・被災者支援法』について話しかけて頂きました。とてもありがたいことです。

こんな機会を持つことができたのも、『AIDS文化フォーラム』に参加したおかげです。

フォーラム主催者のみなさま、参加者のみなさま、そして川田龍平議員と秘書の大坊さん、本当にありがとうございました!

明日もあさってもフォーラムはかながわ県民センターで開催しております。

ぜひみなさまもいらして下さいね!



選挙が終わってからこそが、本当のはじまり/参議院選挙が終わりました

選挙が終わってからこそが、本当の始まりです

参議院選挙の前には、『選挙に行こうツアー』を勝手に1人でやりました。

けさは朝6時半から8時半まで、Yデッキで『選挙が終わってからが始まりですよツアー』をやりました。

いつもみなさんにお伝えしているのですが
 
政治家の仕事は『選挙で選ばれること』なんかでは全く無くて、

『選ばれた後、議会で何を発言し、どういう法律を作ったか』

という、このことだけが大切なんです。

『なること』よりも、『なってから何をするか』だけが大切なんです。

よくみなさんはフジノの職業を知ると

「へぇ~、政治家なんだ。すご~い」

と言いますけれども、それは間違っています!

「へぇ~、政治家なんだ。で、議会ではどんな発言してるの?」

ぐらいの言葉がかえてくると、うれしいな(笑)。


 
今回、横須賀から選ばれた3人の参議院議員はみなHPを持ってます。

彼らが国会でどんな仕事をしていくのか、6年間しつこくチェックしつづけてください。

政治家にとって大切なのは「何を実現したか」だけ、です。

マニフェストや選挙公報を捨てないで、時々見て、ちゃんとあなたとの契約を守っているかを厳しくチェックしつづけてください。