久しぶりに「学び」に集中できた1日/全国在宅療養支援診療所連絡会・第1回全国大会へ

全国在宅療養支援診療所連絡会の第1回全国大会へ

『1万メートルプロムナード・ウォーキング』の疲れも全く抜けないまま、朝6時半に起きて、東京駅へ向かいました。

JR東京駅にて

JR東京駅にて


『全国在宅療養支援診療所連絡会』による『第1回全国大会』に参加する為です。

学会告知チラシより

学会告知チラシより


『在宅療養支援診療所』を開業しておられるドクターをはじめとする医療関係者900名の団体で、5年前に設立されました。

今回、初の全国大会開催となりました。

ひたすら座学の1日

今日は、朝9時半から夕方5時まで、丸一日を座学で過ごしました。

会場にて

会場にて


最近はずっと忙しくて、学会に出席するような『まとまった時間を学ぶ機会にあてること』が全然できませんでした。

この学会も本来は2日間なのですが、フジノは1日だけの参加。

それでも、今日は全国の取り組みを学ぶことができて、とても充実した良い時間を過ごすことができました。

ランチョンセミナー「在宅医療が日本を変える〜キュアからケアヘのパラダイムチェンジ」

ランチョンセミナー「在宅医療が日本を変える〜キュアからケアヘのパラダイムチェンジ」


出席できなかった講座の資料も、お願いして予備を頂きました。同じ時間帯に開催された2つの『ランチョンセミナー』も、半分ずつかけもちしました。

とにかく1秒もムダにしないよう、貪欲に吸収に努めました。

在支連全国大会記念シンポジウム「今、なぜ在宅医療なのか?」

在支連全国大会記念シンポジウム「今、なぜ在宅医療なのか?」


先日の教育福祉常任委員会(最終日)にて、今年度末で定年退職される市の課長が退職の挨拶をされました。

とても尊敬していた方だったのですが、その方が「人一倍努力すること」の大切さを語られました。「人一倍努力すること」を大切にするその姿勢を、僕も絶対に貫いていこうとこころに誓いました。

政治家が必死に学べば学ぶほど、必ず市民のみなさまの利益になる

昨日のカフェトークに数カ月ぶりに参加して下さった方から

「フジノさんのブログを読んで『在宅』という選択肢があることを知って、『在宅療養連携シンポジウム』にも足を運んでいた。

親がガンになって入院をしていたけれど、先月末に退院するにあたって、在宅で過ごすことを選んだ。

スムーズに在宅に移ることができて『訪問看護』に来ていただいている」

というお話を伺いました。

とても感謝されて、フジノ自身も「情報発信をしてきて良かった」とうれしく感じました。

でも、その時にこんなお話が出ました。

「親の『訪問看護』は『介護保険』ではなくて、『医療保険』を利用している。

『訪問看護』といえば『介護保険』だと思っていたけれど、『医療保険』を使う『訪問介護』もあるのを初めて知った」

恥ずかしながらフジノには知識が足りなくて、どういう時に『医療保険』の適用となって、どういう時に『介護保険』の適用となるのか分からず、その方に説明することができませんでした。

座長の徳島往診クリニック院長・吉田大介氏(右)

座長の徳島往診クリニック院長・吉田大介氏(右)


永井康徳先生(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長)によるランチョンセミナーでは、ちょうどこのお話が出ました。

『かかりつけ医が知っておきたい在宅医療の制度の知識〜平成26年診療報酬改定をふまえて〜』

日本はすでに超高齢社会となり、2025年の多死社会を迎え、地域包括ケアシステムを推進していくことを見据えながら、平成26年度診療報酬改定が行われました。

このランチョンセミナーでは、この診療報酬改定を踏まえながら、かかりつけ医が知っておきたい在宅医療の制度の基礎知識についてお話ししたいと思います。

在宅医療に関わる制度は医療保険と介護保険、福祉制度、障害者自立支援法、生活保護法など各種の制度が複雑に絡み合っています。

それにもかかわらず、医学教育や看護教育の中にはまだまだ在宅医療の制度の知識は組み込まれておらず、介護保険の知識さえ、医療従事者が理解していないことも多々あります。

自分が関わる患者様に最大限の利益が与えられるマネージメントを行うためにも、制度の知識をしっかりと身につけておくことは大切な事だと思います。

また、当法人では在宅医療専門クリニックを開業して14年目となり、全国から見学者や研修者が多数訪れます。見学者や研修者にお話ししているノウハウについても、これから積極的に在宅医療を展開しようと考えている方々に、少しではありますが、お伝えできればと考えています。

全国各地域での在宅医療の普及のために、少しでも皆様のお役に立てば幸いと考え、このランチョンセミナーを企画しました。

これがランチョンセミナーの概要だったのですが、まさに「訪問看護が医療保険となるケース」についても解説がありました。

  1. 介護保険の認定を受けていない場合
  2. 厚生労働大臣が定める疾病等の場合
  3. 急性憎悪期

『訪問看護』は原則として『介護保険』が優先されるのですが、上の3つのケースでは『医療保険』になるのです。

(1)『医療保険』から『訪問看護』が入れば、『介護保険』はその他の介護サービスを主体に入れることができます。

(2)重心医療受給者証を持っていれば、『医療保険』の『訪問看護』は自己負担が公費負担になります。

こうして、在宅で暮らす方の生活をより良い形でサポートすることができるようになります。

ランチョンセミナー(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長・永井康徳氏)の様子

ランチョンセミナー(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長・永井康徳氏)の様子


制度を細かい内容まで全てをフジノには把握することはできませんが、それでも1つでも多くの知識があればそれで救われる方がいるかもしれません。

もっともっと勉強しなければ、と痛感させられました。

カフェトークで昨日抱いたばかりの疑問が、翌日の学会で解消できた。

これは偶然でも何でも無くて、自分から「学びの機会」を取りに行ったからこそ出会うことができたのだと思うのです。

これからも市民のみなさまの力になれるように、しっかり学び続けようと思います。

横倉医師会長、辻哲夫先生ら

横倉医師会長、辻哲夫先生ら

参加したプログラム

学会2日間のプログラムはこちらをご覧下さいね。

フジノは、午前はこちらに参加しました。

全圃在宅療養支援診療所連絡会 第1回全国大会記念シンポジウム

『今、なぜ在宅医療なのか?』

  1. 「今、なぜ在宅医療なのか?~在宅療養支援診療所連絡会の歩みとともに~」太田秀樹
  2. 日本医師会 横倉義武
  3. 厚生労働省医政局指導課在宅医療推進室 佐々木昌弘
  4. 東京大学高齢社会総合研究機構 辻哲夫
  5. 大会長講演 新田國夫

20140323seminor3

午後は、こちらに参加しました。

『在宅医療・介護連携拠点が地域包括ケアにおいて果たすべき役割』

  • 座長:
    医療法人財団千葉健愛会 川越正平
    ナカノ在宅医療クリニック 中野一司
  • 演者:
    岡山市保健福祉局 森真弘
    徳島市医師会 豊田健二
    佐久総合病院 小松裕和
    チームもりおか 板垣園子
  • 指定発言:
    厚生労働省老健局振興課 岡島さおり
徳島市医師会の豊田健二先生の講演

徳島市医師会の豊田健二先生の講演

佐久総合病院の小松裕和先生の講演

佐久総合病院の小松裕和先生の講演


そして、2つのランチョンセミナーに参加しました。

とても有意義な『学びの機会』でした。

東京大学の協力で「在宅医療推進のための多職種連携研修会」を開催/全国で実施できるシステムづくりをめざして

全国で6番目の開催、より良い「多職種連携の研修」を目指す取り組み

今日は、朝から夕方まで逸見の生涯学習センターで開かれた研修会に参加しました。

『在宅医療推進の為の多職種連携研修会』という研修です。

横須賀市・横須賀市医師会の主催、東京大学高齢社会総合研究機構の協力によって、開催されました。

会場のウェルシティ

会場のウェルシティ


全国では6番目の開催となるこの研修は、まさに全国から注目されています。

今日も近隣のまちをはじめ、遠くの県からも傍聴者が訪れて下さいました。

この「研修会」を行なう目的その1、わがまちの人材育成

実は、この研修会には2つの目的があります。

  1. 自分のまちの為(研修を行なう)
  2. 全国のまちの為(研修を作り上げる)

1番目の目的は、研修を行なうことで『自分のまちの多職種連携の力を高めていくこと』です。

これは当たり前の目的ですね。

会場にて

会場にて


国は、2012年から多職種連携の人材育成を3段階で取り組んできました。

国の構想における位置づけ

国の構想における位置づけ


第1段階:都道府県のリーダー育成

  • 2012年年10月、国が実施
  • 対象者:県行政職、在宅医療連携拠点担当医師等

第2段階:市区町村のリーダー養成

  • 2013年3月、県が実施。
  • 対象者:市町村職員、郡市医師会医師、その他

第3段階:地域の多職種への研修

  • 第2段階で養成されたリーダーが、地域の多職種への研修を実践する

横須賀は今、第3段階にあります。

今日の研修会は、第3段階の取り組みの1つとして開催されました。

この「研修会」を行なう目的その2、全国で利用できる研修モデルづくり

そして、もう1つの目的があります。

それは、国家レベルの目的です。

日本の国家的な課題である超高齢社会に対応する為の『システムづくり』が必要です。

今まで、ある特定の進んだ地域だけで『在宅療養』『地域包括ケア』が進められてきました。

でも、それではダメなのです。

日本の全てのまちが今すぐ走り始めなければ、2025年・2050年には対応できません。

そこで、全てのまちで取り組みがスタートできるような『プログラムの作成』が求められています。

「これをやれば、自分のまちでも『地域包括ケア』の実現に向けた取り組みをスタートできる!」

という、プログラムを作るのです。

そこで、こうして実施した研修の結果をもとに『全国のまちで活用できる研修を作り上げていく』のです。

2025年問題に直面する全国のあらゆるまちで対応できる研修モデルが必要

日本全国が『超高齢・多死社会』となる『2025年問題』に直面しています。

しかし、いくつかの先進的なまちで優れた取り組みがあるだけで、圧倒的多数のほとんどのまちでは「何からスタートすれば良いか分からない」という状況にあります。

そこで、全国のどのまちでも「この研修会を実践すれば最低限の取り組みはスタートできる」というプログラム化・システム化・パッケージ化された研修会の開発が進められています。

『豊四季台団地』での、千葉県柏市・東京大学・厚生労働省による実践をもとにして、東京大学高齢社会総合研究機構が開発した研修プログラムが、『在宅医療推進のための地域における多職種連携研修会』です。

在宅医療推進の為の多職種連携研修会ホームページより

在宅医療推進の為の多職種連携研修会ホームページより


さらに、これをもとに全国のあらゆるまちに応用できるように、人口規模や経済社会環境に応じたいくつかのバージョンを作る必要があります。

つまり、実際に全国各地で研修会を開催しながら、実践をもとにブラッシュアップしてより良いものにしていくのです。

試行錯誤を重ねて、柏市では現在5回の研修を実施しました。

柏市の取り組みを基に、それぞれに地域特性を持つ大阪市東淀川区・沖縄県浦添市・東京都大田区大森地区・千葉県松戸市の4ヶ所が各1回ずつ実施してきました。

そのような状況の中で、今回、横須賀市は先進的な取り組みを進めている『都市型のまち』の1つとして参加したのです。

いち市議会議員としてではなく、社会保障・社会福祉を守るべき政治家として、フジノはこの2番目の目的をとても重視しています。

「全国の同規模のまちや類似した経済社会環境にあるまちに活用してもらえる為の、モデルとなる『研修会』づくりに横須賀は貢献できる」

とフジノは考えています。

ですから、今日の研修会はわがまちの為であると同時に、全国のまちの為でもある、重要な取り組みなのです。

研修期間を1日に短縮し、495分に濃縮した横須賀方式

さっそく研修会の様子を報告します。

従来の研修期間は約2日(1.5日間)でしたが、横須賀市では1日に凝縮して行なうことにしました。

ただでさえ忙しい医療・看護・福祉の各分野の現場のみなさんを2日間にわたって拘束するのは難しいことや、同等の効果を生み出せる1日バージョンの研修にもトライすべきではないかといったことが理由です。

ということで、朝から夕方まで延べ495分の研修となりました。

時刻タイトル講師
9:30開会挨拶横須賀市長
9:35趣旨説明横須賀市
9:40アイスブレイク

アイスブレイクの様子

司会
9:45【講義1】
在宅医療が果たすべき役割

飯島先生の講義

飯島勝矢准教授(東京大学)
10:15【講義2】
在宅ケアにおいて何故 IPW(専門職の連携協働)が必要なのか?

春田先生の講義

春田明郎医師(横須賀中央診療所・院長)
10:35休憩
10:50【講義3】
認知症の基本的理解

阿瀬川先生の講義

阿瀬川孝治医師(汐入メンタルクリニック)
11:30【事例検討1】
行動心理兆候(BPSD)へのアプローチ

グループワークの光景

グループワークの光景

阿瀬川孝治医師(汐入メンタルクリニック)
12:30休憩
13:30【講義4】
がん疼痛緩和に必要な知識

講義の風景

大友宣医師
14:10【事例検討2】
事例検討:がんの症状緩和と多職種による在宅療養支援

グループワーク後の発表

大友宣医師
15:10【講義5】
在宅医が知っておくべき報酬や制度

講義の風景

土田医師
15:30休憩
15:45【DVD視聴】
訪問診療の実際と同行研修の意義

DVD視聴

DVD視聴
16:05【討論】
グループ討論:在宅医療を推進する上での課題とその解決策
目標設定:在宅医療の実践に向けて
千場純医師
17:35修了証書授与遠藤医師会会長
17:45閉会挨拶遠藤医師会会長
アンケート記入・集合写真撮影
18:15懇親会

(つづく)

大切な県の「医療計画骨子案」、深い議論には全く踏み込めず/神奈川県保健医療計画推進会議

大切な「医療計画骨子案」の議論はあまりにタイトなスケジュール

夕方から、横浜・日本大通駅のすぐそばにある横浜開港記念会館へ向かいました。

横浜開港記念会館

横浜開港記念会館


前回(6月11日)に続いて『神奈川県保健医療計画推進会議』を傍聴する為です。

神奈川県保健医療計画推進会議の会場前にて

神奈川県保健医療計画推進会議の会場前にて


プログラムの最初に、今後のスケジュールが説明されました。

あまりにもタイトなスケジュール設定でした。

この重要な『改定骨子(案)』を、たった2回の会議(今日と次回の合計3時間)で決定しなければなりません。

しかも、次回の会議はわずか2週間後に開かれます。

「こんなことでは実質的な中身を十分に議論するのはムリだ」と感じました。

そして、その予感は的中しました。



医療計画骨子案、大切な議論には全く踏み込めず

今日の1時間半の議論の大半は不毛でした。

神奈川県保健医療計画改定骨子案

神奈川県保健医療計画改定骨子案


黒岩知事の強い意向で策定した『医療のグランドデザイン』をこの『医療計画』に反映させるべく

『グランドデザイン』から抜き出されたフレーズが『骨子(案)』のあらゆる所に埋め込まれていることに対して、大半の委員メンバーから強い反対意見が出され続けました。

すでにマスメディアでも報道されているとおりですが、黒岩知事の政策のいくつかについて、医師会が強く反対をしています。

そして、フジノは

「神奈川県医師会の主張が正しい」

と考えています。

今夜の会議でも、口火を切ったのこそ医師会系の委員でしたが、最終的には委員の大半がその意見に同調していました。

事務局である県庁側も黒岩知事の意向だから「仕方がなく入れている/入れざるをえない」という感じで

納得できるような合理的な反論も無く、ただひたすら「グランドデザインで決められたことなので」の繰り返し。

このままでは『骨子(案)』をまとめることができないので

事務局(県庁側)は黒岩知事に、この『推進会議』での反対意見の多さを説明して、反対が続出した部分については、削除すべきです。

もっとやらなければならない大切な議論が完全に置き去りになっています。

新たに『精神疾患』『在宅医療』が『医療計画』に加えられて、やっと大きく前身することができるのです。

それなのに、これらが今後5年間でどう在るべきかといった本質的な議論には全くなりませんでした。

フジノはひどく失望しましたし、その原因は黒岩知事の『グランドデザイン』への固執にある、と考えています。

『医療計画』とは、この先5年間に成すべきことを実効性のある取り組みとして記すものであって

黒岩知事の願望が強く織り込まれた『グランドデザイン』をムリに『医療計画』に盛り込もうとするのは、そもそも間違っています。

推進会議の終了後

推進会議の終了後


黒岩知事をはじめとする事務局と委員のみなさんには

「本当に困っている人たちを救うことができる大切な計画を作っているのだ」

という責任感をもっと持ってほしいです。

フジノは『医療計画』改定の指針を作る為の国の審議会を1年間追い続けてきましたが

本来、『医療計画』とはもっと大きな成果を出せる重要なものなのです。

それを強く意識して、神奈川県の『医療計画』も作ってほしいです。

次回の会議では、本質的な議論を行なってほしいです。



シンポジウム「徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは」へ参加/政治家フジノの3期目の重要テーマは「いかにして医療計画を実行性あるものにすべきか」です

シンポジウム『徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは』へ

朝は激しい雷の音が鳴り響いて強い雨も降りましたが、1時間ほどですぐに快晴に、そして、すさまじい暑さになりましたね...。

連日の暑さに体は負けてしまいそうですが、こころは気合い十分です。

今日は、東京大学の本郷キャンパスへ向かいました。

東京大学の本郷キャンパス

東京大学の本郷キャンパス


こちらのシンポジウムに参加する為です。

東京大学公共政策大学院「医療政策教育・研究ユニット」(HPU)主催~医療政策実践コミュニティー(H-PAC)第2回公開シンポジウム~

『徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは』

2013年度から5年間の地域医療を方向づける、次期医療計画の検討が各都道府県で進められています。

『5疾病・5事業および在宅医療の連携体制の構築』を具現化する為に、今、どのような考えで、どのような作業を実践し、どのような内容を計画に盛り込むべきか。

昨年10月に開催した第1回公開シンポジウムでの議論からさらに踏み込みます。

11人の演者にご講演いただき、国と地域の状況を共有のうえ、実際に医療計画作りを行っている方々にも多数ご来場いただいて意見交換を行い、具体的アクションプランの導出につなげます。



*後日、HPUのホームページにシンポジウムの報告が掲載されました。配布資料など全てが掲載されていますので、ぜひこちらをご覧下さい。

いかに「第6次医療計画」を有効性あるものにするか、政治家3期目のフジノのテーマです

2013年からスタートする新しい『医療計画』(第6次医療計画)に、フジノはものすごく注目しています。

いかにして『医療計画』を実効性あるものにすべきか

会場である伊藤謝恩ホールにて

会場である伊藤謝恩ホールにて


これが3期目の政治家フジノの重要なテーマです。



「医療計画」は県が作りますが、地域包括ケア実現の主役は現場に最も近い市町村です

大きな方針は『国』
が定めて、計画そのものは『県』が作ります。

その為に『市町村』が関わる余地はほとんど無いように見えます。

しかし、『地域包括ケア』を実現する為には、現場に最も近い『市町村』こそが最も重要な存在なのです。

会場の様子。患者・医療・行政・メディアなど立場を超えてたくさんの人が集まりました

会場の様子。患者・医療・行政・メディアなど立場を超えてたくさんの人が集まりました


市が策定している保健・医療・福祉の様々な計画があります。

  • 『介護保険事業計画』
  • 『高齢者保健福祉計画』
  • 『障害福祉計画』
  • 『障害者計画』
  • 『子ども・子育て支援事業計画』
  • 『健康増進計画』
  • 『地域福祉計画』
  • 『都市計画マスタープラン』
  • 『住宅マスタープラン』



このような市町村が作ったいくつもの計画は、詳細な調査による具体的なデータに基づいて『数値目標』が立てられています。

市が作る、保健・福祉(高齢・障がい・こども・地域福祉)・住宅政策・都市政策などとの現実的な連携が無されなければ、県が作る『医療計画』は全く機能しません。

そうした想いからフジノは国・県の審議会を毎回傍聴してはその動向を追い続けてきました。そして市議会において、横須賀市として成すべきことを提案してきました。

市議会の他に講演や執筆の依頼をいただいた際には、必ずこの『市町村と県の実質的な連携』を強く訴えてきました。

これからもその実現に向けて、努力していきます。



奈良県、神奈川県、千葉県柏市の好事例

今日のシンポジウムはとてもプログラムが充実していたのですが、中でも『パート3・地域の立場から』に注目していました。

奈良県の医療計画

奈良県の「保健医療計画」


奈良県、神奈川県、千葉県柏市の政策担当者から、それぞれの医療計画について講演がありました。

神奈川県の保健医療計画

神奈川県の保健医療計画


特に、神奈川県の保健医療部長による講演は『横須賀・三浦二次保健医療圏』を含む、まさに神奈川県の保健医療計画のお話です。深い関心をもって講演を聴きました。

神奈川県内の二次保健医療圏の配置

神奈川県内の二次保健医療圏の配置


今回、県の発表が2つに対して、市の発表も1つありました。

それが千葉県柏市です。

全国から注目されている千葉県柏市の取り組み

全国から注目されている千葉県柏市の取り組み


豊四季台団地での実験的な取り組みは全国に知られており、視察に訪れる人々も大変多いです。フジノもずっと注目しています。

複合的な機能を持たせたサービス付き高齢者向け住宅

複合的な機能を持たせたサービス付き高齢者向け住宅


このように全国的に有名なケースは極めて特殊な事例ですので、全国の市町村が同じように取り組める訳ではありません。

けれども『医療計画=県』というような固定概念を崩す為にはこうしたレアケースの存在も大きな意味があります。

『医療計画』は県に権限がある政策ですが、現実的には市町村の地域医療・地域福祉による実践の積み重ねこそが必要です。

今日のシンポジウムでも、どうしても国や県からの視点での議論が大半を占めましたが、改めてフジノは自らの主張への確信を深めました。

9月には、神奈川県の『保健医療計画』の骨子案が作られ、12月にはさらにパブリックコメントの素案が作られます。

その計画が少しでも現実的な効果を発揮する為に、市の立場からどんどん積極的に関わっていくよう訴えていきます。