改正自殺対策基本法が成立しました!/成立から10年、大改正となりました

昨年すでに成立していたかもしれない『自殺対策基本法の一部を改正する法律案』

超党派の国会議員によって2005年から活動が続けられてきた『自殺対策を推進する議員の会』が、数年前から法改正に向けて取り組みを行なってきました。

昨年2015年6月には、参議院厚生労働委員会で『自殺総合対策の更なる推進を求める決議』を決議しました。

自殺対策に取り組むあらゆる団体へのヒアリング活動を行ない、さらに2015年9月には改正法案に関するパブリックコメントも行ないました。

議連によるパブリックコメント

議連によるパブリックコメント


議員提出議案(議員立法)としては極めて珍しい、丁寧で慎重な活動がじっくりと行なわれてきたおかげで、国会に提出する前の段階で、全会派の想いが一致する形にまとまっていました。

下の毎日新聞の記事のように、昨年10月30日の時点ですでに改正法案の成立が確実視される記事も出ていました。

2015年10月30日・毎日新聞より

2015年10月30日・毎日新聞より


フジノ自身も、改正法案の成立を前提とした一般質問を市議会でも行なっていました。

超党派の想いは一致していたので、国会さえ開かれれば、成立は目の前でした。

しかし、昨年11月。

野党からの国会召集要求に応じず、政府は臨時国会を開きませんでした。

これによって、自殺対策関係者が期待していたスケジュールがいったん白紙に戻ってしまいました。



自殺対策基本法の改正に向けた第2ラウンドがスタート

年が明けて国会が招集されて、第2ラウンドが始まりました。

ふつう、法案は衆議院から審議されます。

けれども10年前と同じく、改正自殺対策基本法案もまた『参議院先議』となりました。

2016年2月16日・朝日新聞より

2016年2月16日・朝日新聞より


2月18日、参議院厚生労働委員会委員長を提出者とする『委員会提出の議案』としてスタートしました。

全議員が賛成している場合、委員長を提出者としてこのように議員提出議案を出すことができるのです。

自殺対策基本法の一部を改正する法律案(参議院提出、参法第1号)概要

本案は、自殺対策の一層の推進を図るため、自殺対策が生きることの包括的な支援として実施されるべきこと等を基本理念に明記するとともに、都道府県自殺対策計画及び市町村自殺対策計画の策定等について定めるほか、基本的施策を拡充し、自殺対策の推進につき必要な組織の整備を図る等の措置を講じようとするもので、その主な内容は次のとおりである。

  1. 目的規定に「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていること」を加えること。

  2. 基本理念として、自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならないこと等を加えること。

  3. 国は、地方公共団体に対し、自殺対策に関する地方公共団体の責務が十分に果たされるように必要な助言その他の援助を行うものとすること。

  4. 国民の間に広く自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるとともに、自殺対策の総合的な推進に資するため、自殺予防週間及び自殺対策強化月間を設けること。

  5. 国、地方公共団体、医療機関、事業主、学校(学校教育法第一条に規定する学校をいい、幼稚園及び特別支援学校の幼稚部を除く。)、自殺対策に係る活動を行う民間の団体その他の関係者は、自殺対策の総合的かつ効果的な推進のため、相互に連携を図りながら協力するものとすること。

  6. 都道府県は、自殺総合対策大綱及び地域の実情を勘案して、都道府県自殺対策計画を定めるものとすること。また、市町村は、自殺総合対策大綱及び都道府県自殺対策計画並びに地域の実情を勘案して、市町村自殺対策計画を定めるものとすること。

  7. 国は、都道府県自殺対策計画又は市町村自殺対策計画に基づいて地域の状況に応じた自殺対策のために必要な事業等を実施する都道府県又は市町村に対し、当該事業等の実施に要する経費に充てるため、予算の範囲内で、交付金を交付することができること。

  8. 調査研究等の推進及び体制の整備、人材の確保等、心の健康の保持に係る教育及び啓発の推進等、医療提供体制の整備等の基本的施策をそれぞれ拡充すること。

  9. 政府は、自殺対策を推進するにつき、必要な組織の整備を図るものとすること。

  10. この法律は、平成二十八年四月一日から施行すること。

2月24日に開かれた参議院・本会議では、『全会一致』で可決されました。

参議院・本会議での改正自殺対策基本法案への採決結果

参議院・本会議での改正自殺対策基本法案への採決結果


続いて、衆議院へと議論の場が移りました。

2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会

2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会


衆議院の厚生労働委員会でも、3月18日に可決されました。

参議院厚生労働委員長より趣旨説明(2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会)

参議院厚生労働委員長より趣旨説明(2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会)


そして本日、ついに衆議院・本会議が開催されました。



ついに改正自殺対策基本法が成立しました

本会議場では厚生労働委員長が法案の説明を行ないました。

「採決いたします。

本案の委員長の報告は可決でございます。

本案は委員長報告のとおりに決するにご異議はありませんか?」

議長の呼びかけに対して、本会議場の国会議員のみなさんによる

「異議なし」

の声によって可決され、成立しました。

その瞬間、フジノは京浜急行の電車内に居ました。

午後2時半から内閣府で開かれる『自殺対策官民連携協働会議』を傍聴する為に、都内へ向かっていたのです。

iPhoneの小さな画面に映る衆議院中継を観ながら、たぶん世間の多くの方々とは違って、フジノはとてもドキドキしていました。

iPhoneで観た衆議院中継

iPhoneで観た衆議院中継


10年前と同じで、成立する最後の最後のその瞬間までどうなるか分からない、そんな気持ちでいました。

けれども、無事に可決されました。本当にホッとしました。

NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さん、本日まで本当におつかれさまでした。

尾辻秀久議員をはじめとする超党派の国会議員による自殺対策議連のみなさま、ご尽力いただいたことを心から感謝しております。ありがとうございました。

そして、自殺対策に関わる全ての関係者のみなさま、自死遺族のみなさま、支援に携わるみなさま、おつかれさまでした。

内閣府の12階会議室から観た国会議事堂

内閣府の12階会議室から観た国会議事堂


内閣府主催としては最終回となった『自殺対策官民連携協働会議』が16時半頃に終わり、会議室から国会を眺めました。

つい3時間前にあの国会で改正法案が成立したのだと思うと、不思議な気持ちになりました。

今日の改正法案の成立は、たいへんな大改正でした。

けれどもその一方で、現場で自殺対策に向き合っている僕たちにとっては、実は『新たな道具』がひとつ手に入ったに過ぎません。

この道具をどれだけ使い倒すか、使いこなせるか、それこそが大切なことです。

命を守るというそのたった1つの目的の為に、これからもみんなで力を合わせていきましょうね。



奄美市役所の禧久孝一さんとお会いしました!/自殺対策と多重債務問題に全身全霊をかけて取り組むスーパー公務員

奄美市役所の禧久孝一さん

自殺予防対策と多重債務問題にかかわる人間にとって、奄美市役所の禧久孝一さん(市民福祉部市民課)を知らない人はいません。

フジノも去年の予算議会では、禧久さんの奄美市役所での取り組みを紹介して、市長に生活再建を含めた多重債務対策の必要性を訴えました。

2007年3月5日・予算議会・市長へのフジノの質疑より

2.自殺予防総合対策をさらに進めるために。

(1)多重債務を抱える人々への総合的な支援の必要性について。

自殺で亡くなる方の約4分の1が経済苦、生活苦が原因で、特に多重債務を抱える人々が大半です。

問題の深刻化を受けて、政府も多重債務者対策本部を設置しましたが、
 
全国で多重債務者は230万人以上に上り、200万人以上に適切な支援が行き渡っていないことが明らかになりました。

借金は個人の責任と言われがちですが、リストラや病気などの生活苦から借金に手を出した社会経済環境の悪化による被害者が多いのです。

他人に打ち明けられず、相談先も知らず、自力で解決することは困難なことから、対策本部の提言では自治体による積極的な対応を求めています。

鹿児島県奄美市、滋賀県野洲市など、多重債務者の救済に高い効果を上げている先進的な自治体があります。

例えば、税金や国民健康保険の担当職員は、滞納をしている人々と接する機会がありますが、

多重債務に陥っているという状況を聞けば、複数の部署で連携して多重債務の整理と生活再建に向けた支援を行うのです。

行政と弁護士らが連携をとれば、多くの場合多重債務は解決できます。

消費者金融などに対して法定金利を超えた利息で支払いを続けている場合、支払った利息は法的に無効となります。

つまり、請求すれば過払金として全額戻ってくるケースがほとんどなのです。

この過払金を回収することで滞納されている国保・税のほぼ全額を納付できるため、行政の新しい滞納整理法としても注目されています。

したがって、多重債務に早期に対応することは、経済苦による自殺を予防する効果とともに滞納された税金などの納付や将来の生活保護を予防する効果もあるのです。

そこで市長に伺います。

本市でも市役所内外で連携体制をつくり、多重債務に追い込まれている人々の総合的な支援体制をとる必要があると思いますが、市長の考えをお聞かせください。

(質問はここまで)

さらに、2007年3月22日には教育経済常任委員会でも上下水道局長に対して

単なる滞納への催促ではダメで生活再建を視野に入れた取り組みをすべきだと、やはり禧久さんの奄美市役所での取り組みを紹介して提案しました。

彼の取り組みの素晴らしさは、徹底した『アウトリーチ』にあります。

『アウトリーチ』というのは、こちらから困っている方々の方へ打って出ていくことです。

そしてもう1つすごいのは、『徹底した同伴』です。

多重債務で追い込まれた末に自死に至る直前の方がなんとか市役所に相談に訪れた時に、窓口をたらいまわしするようなことはサイテーです。

「ああ、それは消費生活センターに相談して下さい」

消費生活センターに行くと

「それでは、法テラスをご紹介します」

法テラスに電話をすると

「では、弁護士を紹介しましょう」

ダメだよ!そんなのたらいまわしだよ。

だって、もはや1人で動ける気力も無くなっている方をたらいまわしにするのは、自死へ追い込んだ共犯といっても言い過ぎじゃないとフジノは考えています。

だから、禧久さん(と禧久さんのチーム)は徹底的に同伴して、最後に笑顔が取り戻されるまで付き添います。

これが奄美市役所方式なのですね。

禧久さんはフジノHPの読者でした!

なんと、その禧久さんがフジノHPの愛読者でいらっしゃるとのことで

昨夜の『有志の会』の懇談会をセッティングするにあたって

「フジノさんに会いたい」

と、おっしゃってくださったそうです。

結局、昨夜はお会いできなかったのですが、なんと今日、お会いすることができました。

フジノと禧久さん

フジノと禧久さん


フジノにとって禧久さんとは初めての対面だったのですが、すでに何回もお会いしたことがあるようなそんな懐かしさがしました。

禧久さんの強い願い、

「多重債務から必ず人は立ち直れる」

という想いは、フジノの信念でもあります。

アルコール依存症、ギャンブル依存症、様々な生活苦からの多重債務、たくさんあります。

でも、「人は必ず変われる」とフジノは信じています。

同時に

「絶対にお金が原因で人は死んではいけない」

とも信じています。

禧久さんに初対面の感じがしないのは、そんな想いがとても似ているからかもしれません。

禧久さん、お会いできて光栄です。
 
いつか奄美に必ずうかがいます。今日はありがとうございました。

お会いしたかった方々とやっとお会いできました

市民相談や市議会の時ですとかこのHPでは『強気モード』のフジノなのですが

この2年間くらいは、心身ともに良かった日がほとんど無くて、毎日、自分のふがいなさに悲しくなることがたくさんあります。

もともと「1期4年で引退だ」と決めていたからこそ、仕事中に死んでもいいと決めて持てるエネルギーの数倍をかけて働いてきたのですね。

だから、今は4年前と比べると本当に体が全く動かなくて、

お会いしたい方々がたくさんいらっしゃるのにアポイントメントをとる気力さえ出せなくて

「政治家としておれはこんなに情けない状態で良いのだろうか」

と、すぐにも辞任すべきではないかと考えてしまう瞬間が多くあります。

でも、今日だけは特別でした。

かねてからお会いしたかった方々がなんと一同に介していたおかげで一気にお会いすることができました。うれしかったです。

例えば...。

柳沢みつよしさん(民主党・参議院議員)。とてもお会いしたかった方です。

柳沢議員は、国会議員が作っている『自殺防止対策を考える議員有志の会』のメンバーで、国会審議の中でも自殺対策を何度も何度もとりあげて下さっています。

2006年に超党派の国会議員で作られた『自殺防止対策を考える議員有志の会』(会長・尾辻秀久参議院議員)というのがあるのですが、

2006年にライフリンクとフジノたちが立ち上げた『地域の自殺対策を推進する地方議員有志の会』は、この国会議員の有志の会と双子といっても良い存在なのですね。

でも、いろいろな事情(大人の事情ってヤツですね)があって、国会議員の『有志の会』と地方議員の『有志の会』とが交わることはありませんでした。

それが今日、初めて接点が生まれたのです。これから、もっと多くの接点ができていくはずです。

柳沢議員も約束して下さいました。ありがとうございます。

また、杉本脩子さん(全国自死遺族総合支援センター代表幹事)ともお話しする機会がありました。

また、弘中照美さん(多重債務による自死を無くす会・代表幹事)ともすごく久しぶりに再会することができて、うれしかったです。

その他にもまだここでご紹介していないものの多くの有意義な出会いがありました。

僕自身がどこまでがんばれるのか正直なところ、現時点では分からないのですけれど

こうした素晴らしい方々との出会いとつながりは横須賀の自殺予防総合対策をもっと充実させていくだけでなく

この国の自殺を減らし、ゼロへと向けての闘いを進める上できっと大きな意味があるとフジノは信じています。

今日は多くの方々に感謝しています。

ありがとうございました。

国は今すぐ自殺予防対策を実行してくれ!/参議院議員会館で尾辻厚生労働大臣に直談判

国は今すぐ自殺予防対策を実行してくれ!

行ってきました、参議院議員会館。

今日は、『NPO自殺対策支援センターライフリンク』が参議院議員会館第1会議室で『フォーラム』を開きました。

雨の参議院議員会館

雨の参議院議員会館


雨のせいで参加される一般の方の数は減るかと思いましたが、全くそんなことはありませんでした。

会場は100人を超える人々で、すさまじい熱気でした。

報道陣も壁一面にびっしり。

当初、僕らNPOのメンバーも座席に座れるかと思ったら、全くそんな余裕はありませんでした。

フジノはスーツのしたで汗が両手両足をつたるのを感じました。それぐらい熱気に満ちていました。

尾辻秀久厚生労働大臣をはじめ、山本孝史議員、ツルネン=マルテイ議員、その他にも何人もの国会議員の方々がフォーラムに来てくれました。

今回の目的は、特に国会議員の方々に対して

「国は自殺予防対策を早く実行してほしい」

と伝えたのです。

すでに2002年12月に『自殺予防にむけての提言』という報告が厚生労働省の自殺防止対策有識者懇談会によって発表されています。

それからもう1年半が過ぎました。

けれども、自死による犠牲者の数は、いっこうに減りません。

結局、厚生労働省はペーパーだけ作って、実効性のある対策を実行してこなかったのではないか。

やるべきことは分かっている。

だからやるべきことを早くやってほしい。

そう、伝えたのです。

厚生労働大臣に自死遺族の声が届けられました

16時から1時間の予定でしたが終わってみれば、17時半。

プログラムの第一部『体験談』の中で、南部節子さん(「自殺予防につながるなら」と実名も明かして体験談を語られました)のお話の際には、会場全体が同じ痛みに包まれました。

フジノも泣けてしかたがなかったです。
 
そして第二部の緊急提言がなされた後に、尾辻厚生労働大臣に発言をお願いしました。

「関係省庁と連絡をとりながら取り組みを進めたい」

との主旨の発言をされました。

発言された尾辻厚生労働大臣

発言された尾辻厚生労働大臣


その時、僕たちの代表である清水さんがキレました。
 
いや、むしろ冷静だったからこそ、厚生労働大臣の発言に納得がいかなかったのでしょう。

やるべきことはもう分かっている!
 
だから国は今すぐやるべきことをやってほしい!

そう、代表が伝えました。
 
その想いは僕たちの誰もが共感していました。

さらに、自殺総合対策の実現に向けて、5つの提言をしました(こちらです)。

20050530document

永田町からの帰り道、僕はいろいろなことを考えていました。

大臣である尾辻さんは、きっと悪い人では無いのだろう。

発言自体も決して間違ったことは言ってはいなかったと思う。

大臣がコロコロ変わってしまうようなそんな仕組みだから、いつまでも同じ問題が解決されず、ずるずると続いていってしまうのだ。

ごくまれに、例えば薬害エイズ問題の時に菅直人さんが厚生大臣として強力な指揮権を発揮したり、そういうことはむしろ珍しいのだろう。

自殺予防対策は、国なんかよりも地方自治体の方が全然進んでいるとつくづく思う。

秋田県を始めとする東北地方は、自殺率の高さを改善しようと必死にがんばっている。

国の意識は本当に低い。

 
僕は絶望なんて今さらこの国に対してしない。
 
けれども、この国はもっと変わらなければいけない。

今日も約100人もの方々が、この国では自殺によって亡くなっている。

そんな国はおかしい。

けれども、NPOやボランティアで、手弁当で必死に自殺対策に取り組んでいる人々が、全国にたくさんいる。本当にたくさんいてくれる。

僕もその1人だ。

自殺を無くしたくて政治家になった。

そんな民間の無償の行動があるからこそ、まだ救われている命がある。

僕たちは国にだけ「やれ」なんて言わない。

自らが必死に活動しているけれど、民間だけでは限界だから、だからこそ、国に一緒に活動してほしいと訴えているのだ。

その想いがどこまで伝わったろうか...。

尾辻厚生労働大臣は、17時で会場を中座されました。

理由は「首相官邸で会議があるから」とのことでした。

せめてその会議の数分を使って、今日のこのフォーラムについて閣僚の人々と総合的な自殺対策について語り合ってくれていることを願います。

明日は、一般質問。

フジノは横須賀市議として、自殺予防対策の為にできることをやります。

あきらめてなんかいられない。