横須賀市の自殺の犠牲者数、4ヶ月連続で前年よりも増加/国全体では前年比11.3%減少しているのに…

今月もまた犠牲者数が前年より増加しました

先月に続いて、今日も悲しいお知らせをしなければなりません。

警察庁による最新の統計が報告されて、横須賀市の2014年4月の自殺による犠牲者数(速報値)が判明しました。

過去5年間の比較からも明らかですが、2013年は例年に比べて犠牲者が少なかったのでした

過去5年間の比較からも明らかですが、2013年は例年に比べて犠牲者が少なかったのでした


上の表は、警察庁が内閣府自殺対策推進室に提供したデータ(市区町村別・自殺日別・住居地別)をフジノがまとめたものです。

今月も、自殺による犠牲者数が前年より増加してしまいました。

これで4ヶ月連続です。

一方、日本全体では4月の自殺による犠牲者数は2,203人(前年同月比180人減少)でした。1〜4月の累計は8,410人で、これは前年比1,068人の減少(▼11.3%)です。

国全体では犠牲者を減らすことができているのですが、横須賀市は逆に増加してしまっています。

自殺を減らし無くす為に政治家として活動しているフジノは、自殺へと追い込まれてしまった方々とそのご遺族のみなさまに、こころから申し訳ない気持ちでいっぱいです。

謹んで、哀悼の意を表します。



まず第1に、データ分析の「視点」を考え直すべきかもしれません

先月も記したとおりですが、昨年2013年は犠牲者数が減少した年でした。

2013年に犠牲者が減少した原因を見つけねばならない

2013年に犠牲者が減少した原因を見つけねばならない


上のグラフは過去5年間の4ヶ月間合計を比較したものですが、2013年だけ棒グラフが低いのがお分かり頂けると思います。

特に2013年1〜8月までの合計は、過去5年間で最も少なかったのです。

フジノは、考え方を変えねばならないのかもしれません。

これまでは、「何故2014年は昨年よりも犠牲者が増加し続けているのか?」に焦点をおいて分析に努めてきました。

けれども、むしろ逆に「何故2013年1〜8月は犠牲者が減少したのか?」に焦点をおいて分析を徹底すべきかもしれません。

そして、その要因を1つでも見つけて、政策に反映していかねばなりません。



第2に、やはり「心理学的剖検」を実施しなければならない!

4月25日の市長記者会見で、吉田市長は「県内初!消防団が『命の門番』として地域を見守ります」という発表をしました。

2014年4月26日・神奈川新聞より

2014年4月26日・神奈川新聞より


今年から5年間をかけて、市内全消防団員882名に自殺対策のゲートキーパー養成講習を受けて頂く、という取り組みです。

国が進めてきた『ゲートキーパー養成』を、今までは対象にしていなかった職種にも拡大していくというもので、一定の効果はあるかもしれません。

こうした万人向けに広く行なう取り組み=『ポピュレーションアプローチ』は、大切ではあります。

ただ、フジノはこれまでも訴えてきたとおり、『ポピュレーションアプローチ』だけでなく、並行して『ハイリスクアプローチ』も積極的に実施していかねばダメと考えています。

さらに特に今すぐやるべきことは、追い込まれた末に自殺の犠牲になった方のその原因を徹底的に追いかける『心理学的剖検』です!

現在の警察庁と厚生労働省が発表している統計データでは、横須賀市で亡くなられた方々が自殺へと追い込まれた原因は全く分かりません。

本当の原因は何も分からないままに、自殺対策に効果があると『一般論』として言われている『ゲートキーパー養成』などに取り組んできたのがわが国の自殺対策なのです。

今こそ『一般論』ではなく、亡くなられたおひとりおひとりのこころの井戸を深く深く掘っていく作業が必要だ、とフジノは強く主張します。つまり徹底的に『個別論』を突き詰めていくのです。

そして、個別・具体的な原因を調査していく中で、同じ状況に追い込まれている方々(ハイリスク者の方々)にアプローチをしていくのです。

ゲートキーパーを増やすような『ポピュレーション・アプローチ』は大切、でも同時に『ハイリスク・アプローチ』も徹底的に実施しなければ不十分です。



横須賀市は自殺対策をゼロベースで再構築すべき

日本全体の自殺による犠牲者が減っている中で、横須賀市では前年同月を上回る犠牲者数が4ヶ月連続という悲しい現実があります。

政治・行政が全力を尽くせば、自殺による犠牲は減らせるはずなのです。

横須賀の政治・行政は、もう1度、全力を尽くさねばなりません。

今後1人でも多くの犠牲者を減らすことだけが、自殺へと追い込まれた方々とご遺族への責任を果たすことだとフジノは信じています。

今年、横須賀市の自殺対策を深く担ってきた保健所健康づくり課の課長・係長2名が同時に異動となりました。

自殺の現状がこのように危機的状況にあるにもかかわらず、重責を担ってきた中心人物2人の同時異動という人事を行なった市長に対して、フジノは強い不快感を抱きました(市長はこの危機的状況を全く理解していないのではないか?)。

けれども、組織には異動はつきものです。それをいつまでも嘆いていても無意味です。

今はとにかく新メンバーで、もう1度わがまちの自殺対策をゼロベースで見直して、良い点は継続し、改善すべき点は徹底して改善する、そんな機会にしたいと今は考えています。

新しい体制のもとで、今年は徹底して自殺予防対策に取り組んでいきたいです。

そして、来月こそは良い報告ができるように現実を変えていきたいです。



4~6月に何が起こったのか?データが足りなすぎる…/横須賀の自殺による犠牲者数(8月末までの速報値)

8月末までの自殺による犠牲者数は、過去5年間で最少

毎月発表される統計データを見ながら、ずっと考え続けて、気がつくと深夜というよりも明け方になっていることがあります。

横須賀市の自殺による犠牲者数の最新のデータ(今年8月末までの速報値)をグラフにしました。

2013年8月末までの横須賀市の自殺による犠牲者数(速報値)自殺日ベース・住居地別/内閣府資料よりフジノ作成

2013年8月末までの横須賀市の自殺による犠牲者数(速報値)自殺日ベース・住居地別/内閣府資料よりフジノ作成


2013年1月から8月末までの自殺による犠牲者数、41人。

過去5年間のデータ(1~8月までの合計)では、今年が最も少ない犠牲者となりました。

もしかしたら今年は、横須賀市にとって、過去数年間でも最も少ない犠牲者にとどめることができるかもしれません。

11年前よりデータ開示は進んだけれど、まだ必要な情報は全く足りていない

グラフを見て、どんなことを感じましたか?

  • 4月、自殺の犠牲者数が3月の2倍に増えています。
  • 5月、さらに増えています。
  • 6月、少し減ったものの、まだ高いまま。
  • 7月、ようやく1~3月の水準に戻りました。
  • 8月、再び増加しています。

あらゆる原因が想定できる為、どんな対策を取れば良かったのかと毎日考えずにはいられません。

フジノは、3月いっぱいで期限が切れる『中小企業金融円滑化法』のダメージを少しでもやわらげる為の対策を提案してきました。その提案を横須賀市はかなり実行してくれました。

けれども4~6月の増加をみると、『中小企業金融円滑化法』のダメージが出たのかもしれないと考えずにはいられません。

他の可能性もいくらでも考えられるのですが、あまりにもデータが無いので対策の取りようがありません。

フジノの手元には、自殺によって亡くなった方々の、年齢層、同居人の有無、職業だけしかデータが与えられていないのです。

性別も分からない。遺書の有無も分からない。

もっと一人一人の生きてきた姿が感じられるようなデータを、僕に与えてほしい。

そうしたら僕は、もっと有効な政策を提案できるかもしれないのに。

政治家に転職する11年前に比べたら、少しだけデータ開示がマシになりました。

でも、対策をすぐに打てるだけの情報は全く足りていません。

もしも許されるならば、ご遺族の方々のもとに訪れて、その声を聴かせていただきたい。それが叶わないのであれば、せめてもう少しまともなデータ開示を認めてほしい。

毎月の統計データの発表のたびに、少ない情報から可能な限り耳を澄まして聴こえてくる声があるのではないかと努力をしています。

新しい研究が発表されれば必ず目を通して、文献が出れば読んで、そこに有効な手立てが見いだせないかといつも目を凝らしています。

自殺対策に取り組んできた政治家として、そして何よりもひとりの人間として毎日感じていること

客観的には、5年間で最も少ないのは事実ですが

個人的には、1人でも犠牲になった方がおられる限りは、つらくてたまりません。

自殺対策に取り組んできて10年間、今もこれだけ多くの悲しみを前に自分の力不足を感じて、申し訳なさで苦しくてたまりません。

世界中の研究において「自殺対策の効果が出るには10年間がかかる」と言われてきて、僕は、10年間というスパンを1つの単位として受け止めようと努力をしてきました。

1秒ずつ流れていく時の中に身をおいて生身で生きている人間ですから、目の前で苦しんでいる人々や今この瞬間に苦しんでいる人々の力になれなければ、10年間という単位で成果が出ることを信じるのはとても難しいです。

それでも、ひたすら政策を提案してその実現を重ねていくことで犠牲者を減らせると信じて、1時間ずつ1日ずつ過ぎていく時を積み重ねてきたのです。

この気持ちを言葉にすることはとても難しくて、そして言葉にすることはたぶんムリなのだとも感じています。

だから、とにかく仕事として自殺対策に全身全霊をかけて毎日生きるしか無いと考えています。