「あなた、見所あるよ。市議会議員になったらどうだい?」と言われました(笑)/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

半日間「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」で市内各駅を回りました

1月2日の『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』は、半日かけて市内各駅を電車で回って行ないました。

京急久里浜駅前にて

京急久里浜駅前にて


『京急長沢駅』をスタートに、『YRP野比』〜『京急久里浜』〜『北久里浜』〜『堀之内』、そして『横須賀中央』がゴールでした。

フジノはいつも通りがかった方に写真撮影をお願いして撮ってもらっているのですが、写真がある駅は人通りがあった駅です。

各駅ごとに30分〜1時間半ほどお話をしました。

電車で移動中のフジノ

電車で移動中のフジノ

内容は、『横須賀こころの電話』の存在をアピールすることと、市役所をはじめとする官公庁が御用納めで9連休をとっている間であっても、民間団体が一生懸命にセーフティネットを守っていることをお伝えしました。



「あなた、見所があるよ。市議会議員に立候補したらいいよ」と言われました(笑)

これだけ多くの駅を回ると、里帰りしている幼い頃の同級生をはじめ、ずっとお会いしていなかった懐かしい方々との再会がありました。

その他にも今日は、お昼の時点ですでに酔っ払っている方が多くて、各駅で絡まれました(いつものことなので慣れています)。

北久里浜駅前にて

北久里浜駅前にて


京急久里浜駅前ではこんなことがありました。

久里浜駅は吉田市長の地元であることもあって、『若い市長というクリーンで改革派のイメージ』とは逆に『とても厳しい横須賀の現実があること』を丁寧にお話しました。

すると、それを聴いていたおじいさんがウイング久里浜からわざわざ渡って、フジノに向かって話しかけてきてくれました。

「あなた、要するに、吉田市長に反対なの?

 私も何度も直接話したことがあるけれど、彼は口ばっかりはその場を取り繕ってうまく返事するけれど、全然、結果が出ていない。

 あなたはいいね。しゃべるのは下手だけど、見所があるよ。

 市議会議員に立候補したらいいよ」

フジノはいつも『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の時には、自分の肩書や名前をメガフォンでほとんど名乗りません。

「いやー、政治家なんてなりたくありません。僕はしゃべるのが下手くそで、説明も回りくどいし。

 でも、ご意見ありがとうございました」

と苦笑いしながら、お答えしました。



京急の混んでいた車両もフジノのまわりはみんな避けてました

京急久里浜で電車に乗ると、偶然に友人と出会いました。

電車移動中のフジノを知人が撮影してくれました

電車移動中のフジノを知人が撮影してくれました


フジノは近場での移動は全てバイクなのですが、今日は電車での移動でした。

電車内でメガフォン・パネルを持ったフジノの姿は(いつものことながら)浮きまくりで、他の乗降客のみなさまはドン引きです。

混んでいた京急の車両の中でも、フジノの周りだけぽっかりと空いてます。

友人いわく

「政治家は黒塗りの車とかタクシーばっかり使っているイメージがあるから、フジノが電車を使って移動している姿を写真でブログに載せろよ」

と提案されました。ちゃんと載せたよー!

政治家フジノはいつもバイクで移動しています。

バイクでは厳しい距離の移動は、電車で移動しています(パニック障がいもちなので各駅停車を使っています)。

黒塗りの公用車も使っていませんし、タクシーも病気や倒れそうな時くらいしか使いません。



12年間経っても、吉田市長とフジノの区別もつかない市民の方々がいらっしゃるという「事実」

それから、フジノが最も残念なことが今日もありました。

フジノと吉田雄人市長がそれぞれ政治家に転職して12年が経つのですが、いまだに2人がごちゃまぜになっている市民の方々がいらっしゃいます。

フジノの感覚からすると「信じられないこと」なのですが、いまだに何度もフジノは吉田市長と間違われます。

広報よこすかに吉田市長の写真は毎月出ているでしょう?

よりによって今日はワイデッキで、フジノは「吉田さん!」と呼びかけられました。

そして、横須賀市政について厳しいご意見をたくさん頂きました。

同じ政治家ですので、ご意見は率直に受け止めました。

ただ、市民のみなさま、ご自分のまちの市長の顔と名前くらいはどうか憶えておいてくださいね。

横須賀中央ワイデッキにて

横須賀中央ワイデッキにて

ひとめでわかる、吉田市長とフジノの違い

  • 肩から『本人』と書いたタスキをつけているのが、吉田市長。自分の名前を名乗らず、のぼりもタスキも無いのがフジノ。

  • 黒い髪の毛にショートカットが、吉田市長。茶髪でパーマをかけているのが、フジノ。

  • 早稲田大学雄弁会出身で演説がうまいのが、吉田市長。もごもごと聴き取りづらい声でまわりくどい話し方なのが、フジノ。

  • 青いナイロンのチームジャケットを着込んだボランティア集団をたくさん引き連れているのが、吉田市長。いつもひとりきりで立っているのが、フジノ。

カンタンなので、どうか憶えて下さいね。

浦賀駅前

浦賀駅前


残念ながら、今日も渋谷での『のじれん』の活動に合流することはできませんでした。

明日は『カフェトーク』と『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』の為、やはり都内には行かれません。

せめて1月4日だけは、なんとか『越冬・越年』支援の現場に身を置きたい気持ちです。

ブログで全国のみなさまに「どうか『越冬・越年』支援にご参加ください」と呼びかけていながら、自分自身が参加できていないことに、すごくフラストレーションがたまっています。

1月5日には大学院で10分ほどのプレゼンテーションを頼まれているのですが、それもお断りしようと思います。

今はとても渋谷の宮下公園前に駆けつけたい気持ちでいっぱいです。



「脱被曝」のDELIさんをフジノは応援しています/PLANET ROCK@池袋Club BED

フジノは、DELIさんの松戸市政チャレンジを応援しています!

フジノは、『脱被曝&脱カスタマー』を政策に掲げるDELIさんを応援しています。

DELIさん

DELIさん@松戸市


DELIさんは、ご自身の地元・千葉県松戸市で市政にチャレンジします。

松戸市議会議員選挙のスケジュール

松戸市議会議員選挙のスケジュール


フジノの横須賀市とDELIさんの松戸市は離れていても、インターネット選挙の時代ですからどんどん応援できると思います。

そして、パニック障がいによる発作の様子をみながら、松戸にも勝手連で応援に行きたいと願っています。



地方議会で「脱原発」「脱被曝」を訴える新しい力がもっと必要です!

東日本大震災による東京電力福島第一原発事故以降、フジノは、山本太郎さん三宅洋平さんのお2人を応援してきました。

『脱原発』『脱被曝』を国政で訴えてくれる新しい力が必要だからと信じたからです。

そして今、DELIさんを応援する理由は、『脱原発』『脱被曝』を身近な地方議会で訴えてくれる新しい力が必要だからです。

3.11から3年が経過したにもかかわらず、『脱原発』が明確な国の方針にならないのは、やはり政治(国会・地方議会)のしくみの中に『脱原発』を訴える政治家が少ないからです。

もっとそうした想いを政治の場で訴える存在が必要です。

国政には、山本太郎参議院議員が存在してくれています。

地方議会には、もっともっと多くの同じ想いを持つ政治家が必要です。

フジノは地方議員の立場で、『脱被曝』の取り組みを行なってきました(例えば全国に知られた給食食材の事前事後の測定を行なう『横須賀方式』はフジノの提案で実現しました)。

フジノはただの無所属議員で、どんな政党も組織もカンケーありません。でもやればできるのです。

本気の政治家がもっと増えれば、必ず現実を変えることができます。

DELIさんは、必ず本気の政治家になってくれるはずです。




こうしたDELIさんの訴えに、フジノは強く共鳴しています。



DELIさんの提案する新しい政治団体、新しいファンディング

そのDELIさんは、政治団体『PLANET ROCK』を立ちあげました。

ロゴマーク(超かっこいい)

ロゴマーク(超かっこいい)


そして今夜、池袋で『PLANET ROCK』主催のファンディングバーティー(政治資金規正法に基づくパーティー)を開催しました。

政治活動の為に必要なお金を集める為の『政治資金規正法に基づくパーティー』と言えば…。

実際の政治資金規正法に基づくパーティーの画像より

実際に開かれた某政治家の政治資金規正法に基づくパーティーの画像より


豪華なホテルで開かれて、1枚2万円近いパーティー券を買わされるというネガティブなイメージしかフジノにはありません。

けれども、今夜のパーティーは、今までの政党や既存の組織とは全く異なります。会場もクラブです。

歴史的な新しい取り組みを、フジノは自分の目で観て体験してきたいと感じました。

そして、池袋に向かいました。



新しい時代のファンディングバーティーがそこにあった!

池袋に向かう電車の中でもフジノは、インターネットで生中継されている様子をiPhoneで全て観ることができました。

ツイキャスで全ての様子が生中継されていました

ツイキャスで全ての様子が生中継されていました


完全にオープン。

関係者だけがホテルの大広間でやるようなパーティーとはすでに大違いです。

そしてついに池袋に到着しました。

池袋の丸井

池袋の丸井


なんと、会場であるクラブの前には、ブログで紹介されている超かっこいい街宣カー(ピックアップトラック)が展示してありました。

ブログでおなじみDeliさんの街宣カー

ブログでおなじみDeliさんの街宣カー


カッコいい!

政治資金規正法に基づくパーティー(笑)の様子/みんな熱い想いを語りまくり

政治資金規正法に基づくパーティー(笑)の様子/みんな熱い想いを語りまくり


共感する仲間がどんどん集って、マイクを回してそれぞれの想いを言葉にしていきました。

座間宮ガレイさんと横川圭季さん

座間宮ガレイさんと横川圭季さん


座間宮ガレイさんのマイクも熱かったです!!

さらに、火炎瓶テツさんもステージ登場!

火炎瓶テツさん

火炎瓶テツさん

いっそフジノもステージにあがって、語りたかったです(マジで)。

さらに、K Dub Shineさんのライブも(!)

K DUB SHINEさん

K Dub Shineさん

もちろんDELIさんの歌も。




メッセージ性が強いけれど押し付けがましくなくて、カッコ良かったです。

DELIさんのこの歌、CDにならないかなあ

DELIさんのこの歌、CDにならないかなあ


こんなファンディングバーティーは初めてです!

9月4日にも開催されるのですが、われらが卍LINEくんも出演予定です。

お時間のある方はぜひ足を運んでみて下さいね。

サイコーですから。



ずっとじかにお会いしたかった方々とお話しできました

今までタイミングが合わずなかなかお会いできなかった方々とも、一気にリアルでお会いすることができました。

三宅洋平さん。

あの参議院選挙の時には立ち話をしてますし、ツイッターでは接点が多いのですが、フェイス・トゥ・フェイスでじっくりお話できたのは初めてでした。

三宅洋平さんとフジノ

三宅洋平さんとフジノ


横川圭希さん。

横川圭季さんとフジノ

横川圭季さんとフジノ


青木まりこさん。

宇都宮健児さんの都知事選挙の時には、まりこさんのツイキャスが頼りでした

宇都宮健児さんの都知事選挙の時には、まりこさんのツイキャスが頼りでした

みなさんと、またDELIさんの応援で再会したいです。

もしかしたら解散があるかもしれない今、総選挙がやってきたらもう1度、洋平さんにはぜひ立ってほしい!

そして、全国の同じ想いを持つみなさま、こういう機会にぜひつながっていきましょう。

脱原発・脱被曝、特定秘密保護法の撤回、集団的自衛権の解釈改憲による行使容認の撤回など、やらなければならないことはたくさんあります。

今すでに政治家になっている人間だけでは力が足りないのです。

ぜひDELIさんに続いて下さい!

みんなでがんばっていきましょう!



『市議の補欠選挙』は無い見込みです/議員定数を減らす・財政支出を減らす、2つの観点から

『市議の補欠選挙』は無い見込みです

『議会対応マニフェスト(案)』の発表と共に、雄人(吉田雄人市議)は「ぎりぎりまで辞職をしない」ことを発表しました。

これは、4年前に立候補した木村正孝さんと同じ方法を取った訳ですが、

「現実的に意味がある判断だ」

とフジノは2つの点で評価しています。

理由1、議員定数を減らすべきだから

第1に『議員定数を減らすべき』だという観点からです。

現在の『議会改革』の流れの中で「横須賀市議会に43人の議員定数は多いのではないか」という議論があります。

雄人が市長選挙に挑戦することになれば、43人の市議会議員が1名欠員となります。

仮に欠員となっても、市議会は問題なく回っていくでしょう。

そうなれば、この1名は減らしても問題が無いことが現実的に証明されます。

『定数削減』は1名以上で行われるはずです。

理由2、財政再建は待ったなしだから

第2に『財政再建』の観点からです。

仮に『補欠選挙』が行わることになれば、補正予算が組まれて、追加で4000万円も税金が必要になります。

現在でも厳しすぎる横須賀の財政に、あえて補欠選挙の為だけに4000万円をかける必要はありません。

欠員1名のままでいけば、その1名分の市議会議員の給与・ボーナス・政務調査費・委員会視察旅費など、本来在籍していたら支出される予定のものが残りの2年間分、支出されなくなります。

これだけでも大きな節約になります。

このように2点の意味で、補欠選挙をやるべきではない、とフジノも考えています。雄人の判断は正しいと評価します。

神奈川新聞が報じてくれました

神奈川新聞がこの点について報道してくれました。

2009年4月23日付・神奈川新聞より

2009年4月23日付・神奈川新聞より


以下に引用させていただきます。

’09横須賀市長選

吉田雄人市議 市長選直前、辞職の意向 市議補選ない見込み

6月28日投開票の横須賀市長選への立候補を表明している横須賀市議の吉田雄人氏(33)は22日、

市議の補欠選挙を避ける為、6月11日以降に市議を辞職することを明らかにした。

同市選挙管理委員会によると、公職選挙法に基づき市長選告示日(6月21日)の10日前にあたる6月11日より前に欠員が生じた場合、市長選と同時に市議補選が実施される。

市長選単独に比べて4000万円ほど費用がかさむという。

(佐藤 浩幸)

本日、フジノの師匠が市議会議員を辞任しました/自分のことよりもいつも他人のことを考えて下さる木村正孝さん

2人の市議が辞職しました

今日は2人の市議会議員が辞表を出して、そのまま受理をされて、正式に辞職をしました。

1人の方は、交通事故に遭ってしまった為に当選以来、ほとんど議会に出ないままの2年間でした。

車いす生活を余儀なくされている体であることには、深く同情します。

ただ、政治家としての仕事ができない状態のまま、市民のみなさまの税金をもらい続けていることはとても不健全な状態です。

自ら進退を決めることが選んでくれた有権者の方々へのけじめだと思っていましたが、今日、その方が辞表を提出し、引退しました。

フジノの師匠が、本日、市議を辞任しました

 
そして、もう1人の辞表を出した方がいます。

政治家フジノにとっての師匠である木村正孝さんでした。

木村さんとは、3年前の夏に初めて出会いました。

フジノがまさか政治家になるなんて考えてすらいなかった頃のことです。

障がいのあるお子さんを持つお母さんから相談を僕は受けて、そこで初めて政治家という存在にアプローチをしたのです。

当時、横須賀市議会議員でHPを持っていたのはわずか3名ほど。

その中で「最も福祉に熱心だ」との印象を受けたのが木村さんでした。

そこでお電話をして事情を話したところ、本当にすぐに会って下さり、しかも親身に相談にのってくれました。

いつも他人のことを考えて下さる木村さん

それから数ヵ月後、2年前の1月31日、フジノは政治家への立候補を決心しました。

木村さんは選挙期間中にもときどきお電話をくれて

「フジノくん、須軽谷にまだポスターを貼れていない掲示板があるよ」

なんて、教えてくれました。
 
木村さん自身だって選挙活動期間なのに。

自分のことよりも、いつも他人を心配してくれた木村さん。

木村さんの政治家としての遺伝子はフジノが引き継ぎます!

彼の選挙方法は、

  1. とにかくお金をかけないこと。
  2. 選挙カーを使わないこと。

フジノは木村さんをお手本にして、自分なりのやり方で選挙に取り組みました。

選挙カーを使わない理由は

  1. うるさくて名前ばかり繰り返していてバカバカしい!
  2. 選挙カーの費用は税金から補助が出ており、おかしい!

この2つの信念からでした。

だから、フジノの選挙費用はすごく少ないのです。
 
他都市の市議会議員と話をしていても、「安い費用だね!」といつも驚かれます。

けれども木村さんはもっと安いのです。

そんな木村さんの政治姿勢は、フジノにとって『師匠』でした。

本当にたくさんの市民の方からの電話相談に、朝から晩までずうっと親身になって答えてあげている木村さん。

同じ市議会控え室で2年間過ごしてきて、彼のそんな姿勢をフジノは見習ってきました。

さらに、政策に対しては徹底的にガンコで、例え45人の議員の中で1人きりになろうとも、自分が「正しい」と信じた想いの前には徹底的に闘うこころの強さを木村さんは持っていました。

フジノもしばしば市議会全体の中で、たった1人だけで賛成だったり反対だったりするのですが、絶対にびびらずに闘うようにしています。

信念に殉じたいんだ。
 
こころだって折れてたまるか。

今、そんな木村さんの『政治家としての遺伝子』をフジノは勝手に受け継がせてもらったと思っています。

もう市議会議員としては一緒に仕事ができないのが本当に残念です。

けれども木村さんから学んだことを、フジノは政治家として絶対にムダにしないでいきます。

  • 選挙には絶対にお金をかけない。
  • 政策に対してはどこまでもガンコに信念を貫く。
  • 困っている人々に対しては徹底的に思いやりをもって接する。

これが木村さんからフジノが学んだことです。

木村さんが市議会議員を辞めた今、勝手ながらフジノがその仕事を引き継ぎたいと思います。

市議を辞職された木村正孝さんと、フジノ

市議を辞職された木村正孝さんと、フジノ


木村さん、長い間、市議会議員として本当におつかれさまでした。

たくさんのことを教えていただいたことは、絶対にムダにしません。

これからも全力で活動していきますので、どうか見守っていて下さい。

お体に気をつけて。

そしてこのまちのためにこれからも木村さんらしく信念を貫いて下さい。

横須賀市議会の議員定数を2名削減するよう求めていきます

これで横須賀市議会は定数45名のところ、現在は43名になりました。

このまま残りの2年間、問題が無ければフジノは「横須賀市議会議員の定数を43名にすべきだ」という提案をします。

最低でも2人、議員定数を減らしたいと思うのです。


 
木村さん、これまでありがとうございました!