【速報】横須賀市で最初の新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されました/横須賀市の新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス感染症、横須賀市で初めての感染者が確認されました

先程ツイッターでお知らせしたとおり、本日3月15日、横須賀市内にお住まいの方が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。

19時から市長が記者会見を行ないました。

20時30分には横須賀市ホームページに正式に情報が掲載されました。

横須賀市の新型コロナウイルス感染症の感染者の確認について

横須賀市の新型コロナウイルス感染症の感染者の確認について


市民のみなさまは大変に大きなショックを受けられたかと思います。

ただ、WHOがパンデミックを宣言した今、日本だけ、横須賀市だけが感染症から免れることは決してできません。

フジノとしても「いつか来るべきものが今日やってきたのだ」と冷静に受け止めています。

横須賀市も本日に至るまで、感染者が出た時を想定してシミュレーションを行なってきました。さらなる感染の拡がりに備えた想定も行なってきました。

今後の対応についても上地市長は記者会見の場で

  • 横須賀市は感染した方と接触した全ての方にPCR検査を行なう
  • 横須賀市は感染した方の行動経路を徹底して調べる

との方針を明言しました。

施設に勤務しておられる方の陽性判明であることから、施設内での感染の拡がりを徹底して防ぐ必要があります。

さらに施設の外へ感染を拡大させない為に、行動歴・濃厚接触者の有無の調査も保健所を中心に徹底的に行なっていきます。

SARS-CoV-2がどのような症状を引き起こすのか、ウイルスが今後どのように変化していくのかは、まだ世界中の誰にも分かりません。

ご不安な気持ちは誰もが感じずにはいられないと思います。

けれども、どうか市民のみなさま、ともに乗り越えていきましょうね。

できるだけ落ち着いて、公による情報発信を受け止めて、感染対策の為に取れる行動を引き続きお願いしたいと思います。

19時から市長が開いた記者会見の様子はNHKがウェブで生中継をしてくれました。

市長記者会見の様子をNHKがウェブで生中継してくれました

市長記者会見の様子をNHKがウェブで生中継してくれました


すぐにフジノはSNSで生中継があることを発信したのですが、19時という時間帯もあって、リアルタイムで観れた方はごくわずかでした。

残念ながらNHKはアーカイブ(録画)を配信してくれなかったので、詳しい情報が市民のみなさまにはなかなか伝わりきらず、とてももどかしい想いでいます。

これから横須賀市は個人情報に配慮しつつも、市民のみなさまの安全・安心の為に情報発信を積極的に行なってまいります。

フジノも市民のみなさまからのご質問やご意見には可能な限り早くお答えをしていきます。

市民のみなさまにおかれましては、引き続き感染症予防の為に十分な睡眠と栄養と運動と、手洗い・15秒程度のうがいを続けて頂きたいです。

「そんなことしかできないの?」

とお感じになるかもしれませんが、まずは心身の健康はあらゆる病気に対して、とても大切です。

さらに、ウイルスを口や目から体内に入れないように手洗いとうがいはあらゆる感染症に有効な対応策です。

どうかよろしくお願い致します。

最後になりますが、ひとつ申し上げたいと思います。

いろいろなお考えがあるのは承知しておりますが、3.11の時と同じく

いまだ正体が解明されていない物に対して、より安全を望む声をフジノは支持したいと思います。

たとえそれが少数派であっても、です。

以上です。



【4月1日追記】当日の市長記者会見のやりとり

2020年4月1日、ようやく市長記者会見の議事録が公表されました。

さっそくこちらこ追記します。

案件:新型コロナウイルス感染症による市内の患者確認について
日時:2020年3月15日(日)19:00~19:30
場所:横須賀市役所1号館3階会議室

市長

急きょ、お集まりいただきましてありがとうございます。

本日(3月15日)16時に、検査の結果、新型コロナウイルス感染症に感染した患者さんが確認されました。

残念でありますが、横須賀市内に居住の方で、市内で感染が確認された初めての患者さんです。1日も早い回復を祈りたいと思います。

今後、濃厚接触者の把握と健康観察等を実施し、感染拡大の防止を図ります。

患者さんの概要を申し上げます。

年代は70代、性別は女性です。

職業は看護職で、勤務先は介護老人保健施設「ハートケア湘南・芦名」です。

濃厚接触者など詳細については、現在調査中です。

症状については、資料に記載のとおりです。3月3日から腹痛・軟便の症状がみられましたが、体温は36度台でした。8日に咳・倦怠感の症状が出現し、症状が続いた為、13日に市内の医療機関を受診しました。

その医療機関から『帰国者・接触者相談センター』に連絡があり、同センターが受診調整を行ないました。

14日に市内の別の医療機関を受診し、PCR検査を実施しました。

本日、15日に陽性が判明いたしました。

渡航歴は、2月23日から3月1日までエジプトに渡航し、2月24日から2月26日までナイル川クルーズに乗船されています。

行動歴については、現在、調査中です。

現在、患者さんの医療機関への入院については調整中です。

また、施設の今後の運営についても、保健所長と施設で調整中です。

市では、利用者の方々はもとより、市民の皆さんにも安心していただく為、繰り返しになりますが、施設と共に、濃厚接触者の把握と健康観察等を実施し、感染拡大の防止に全力で取り組んでまいります。

私からは以上です。

質疑応答

記者

患者さんの勤務先について、再度、教えていただけますか。

市長

介護老人保健施設「ハートケア湘南・芦名」です。

記者

患者さんは帰国後も勤務していたのでしょうか。

保健所長

はい。帰国後の数日間、勤務をされていたと聞いております。

また、その際、マスクを着用し、手洗いも行なっていたと聞いております。

記者

施設を利用する高齢者との接触はあったのでしょうか。

保健所長

そのような情報は把握しておりませんが、介護老人保健施設という性質上、接触した可能性はあると思います。

記者

通勤時には、公共交通機関を利用していたのでしょうか。

保健所長

自家用車で通勤していたと聞いております。

記者

患者さんの家族構成を教えていただけますか。

保健所長

お一人で暮らしていると聞いております。

記者

濃厚接触者の範囲について、どの程度が予測されるでしょうか。

保健所長

今後の調査により、濃厚接触者の範囲を決めていく予定です。

市長

現在、接触者や勤務状況を施設に確認中です。

患者さんは、施設内で様々な方と接していたと考えられます。

その為、可能であるならば、PCR検査を施設内の全員に実施していただきたいと私から指示をいたしました。

記者

その場合の検査対象者は何人程度でしょうか。

市長

調整をしている最中ですので、正確な数字は把握しておりません。

記者

「ハートケア湘南・芦名」のホームページには、入所150名、通所50名と利用定員が記載されていますが、患者さんが通所の方々と接触した可能性はあるのでしょうか。

保健所長

患者さんの勤務形態を調査中です。現状では、その可能性を否定できません。

記者

利用者の方々には、この件についてどのように周知を行なうのでしょうか。

保健所長

施設を通じて周知する予定です。

記者

これから行なうということでしょうか。

保健所長

はい。現在、その方向で作業を進めています。

市長

市が施設と連絡を取り合い、周知方法を検討中です。

市長室長

本日判明したことですが、可能な限り、早い段階で行ないたいと考えています。

保健所長

また、施設に対しては、明日(3月16日)からの休止を要請しております。

記者

どのような休止内容ですか。

保健所長

通所利用の休止です。

記者

これまで、土曜日・日曜日、祝日・休日も通所利用は可能だったのでしょうか。

保健所長

詳細は把握しておりません。

記者

通所利用の休止は、要請、指示のどちらでしょうか。

保健所長

要請です。

記者

それに対して、施設側はどのように回答したのでしょうか。

保健所長

まだ、お返事をいただいておりません。

記者

では、現状は、保健所として通所の休止を要請したという段階でしょうか。

保健所長

はい。おっしゃる通りです。

記者

この要請について、法律上の根拠はあるのでしょうか。

保健所長

新型コロナウイルス感染症対策に関する国の考え方に基づき、要請させていただきました。

市長

法的根拠はなく、強制はできませんので、要請という形です。

記者

患者さんの職業について伺います。

看護職と表記されていますが、看護師ととらえてよろしいのでしょうか。

保健所長

看護師と聞いております。

記者

では、准看護師等ではなく看護師ということですか。

保健所長

はい。おっしゃる通りです。

記者

今回の件は、横須賀市内で感染が確認された初めての患者さんということでよろしいのでしょうか。

市長

はい。おっしゃる通りです。

記者

症状としては軽症ととらえてよろしいのでしょうか。

保健所長

はい。症状は軽症で、現在も症状の悪化はみられません。

市長

体温が36度台でしたので、一般論では感染したとは考えにくい状況だったと思います。

記者

入院の調整をされているということですが、現在は自宅療養中なのでしょうか。

保健所長

はい。自宅にいると聞いております。

記者

帰国後の数日間、勤務をされていたということですが、具体的な日数を教えていただけますでしょうか。

保健所長

帰国後、数日間と聞いております。

記者

発症後も勤務していたということでしょうか。

保健所長

はい。発症後も勤務されていたと聞いております。

市長

「症状が出た」という意味で、軟便が確認された3月3日以降ということになりますので、4日、5日、10日、11日と聞いております。(※)

記者

では、帰国後の数日間というのは、4日間ということでしょうか。(※)

市長

はい。おっしゃる通りです。(※)

(※)会見実施後、上記4日間(3月4日、5日、10日、11日)のほか、15日にも勤務し、帰国後、5日間勤務していたことを確認済み(3月16日現在)。

記者

最高の体温も36度台だったのでしょうか。

保健所長

はい。36度7分と聞いております。

記者

ナイル川クルーズへは、お1人で参加されていたのでしょうか。

保健所長

現在、調査中です。

記者

患者さんは、現在もご自宅にお一人でお住まいなのでしょうか。

保健所長

はい。そのように考えています。

記者

受診した2つの医療機関は、いずれも市内ということですが、横須賀市からこの患者さんについての発表は、今回が初めてということでよろしいでしょうか。

保健所長

はい。おっしゃる通りです。

市長

今後の対策といたしましては、感染の拡大を防ぐ為に封じ込めを徹底し、できる限りのことを市として行なっていきます。

これまで、皆さんにご協力いただき、なんとか封じ込められていたのだと思います。

現在、患者さんの足取りを全てつかめていないという意味では、心配な部分はあります。

しかし、素人考えではありますが、36度台の体温で軽症でもあったことから、感染力は弱いのではないかと思っています。

初動が大切ですので、明日以降、施設とともに、調査等を行なってまいります。

記者

施設利用者の中に、症状がみられる方は現時点でいらっしゃらないと考えてよろしいのでしょうか。

保健所長

現時点では把握できておりません。

記者

利用者、特に通所の方々への周知は、すべて施設で行なえるのでしょうか。

市長室長

施設は、利用者一人ひとりの通所日を管理し、受け入れを行なっています。

その為、市としては、施設から利用者全員への周知が可能であると思っています。

市長

行政が立ち入ることのできる範囲は限られています。

個人情報の問題や、施設に対して、指示や命令ではなく、要請しか行えない点には、非常に歯がゆい思いです。

市は、後方支援に徹する為、何ができるのかを考えてまいります。

記者

濃厚接触者の人数や対応などの続報については、どのような形で発表するのでしょうか。

市長

状況については、逐一発表する予定です。

市長室長

基本的には、時期を失しないために「投げ込み」(報道発表資料による情報提供)で対応します。

市長

基本的には「投げ込み」ですが、重篤なケースが発生した場合などは、その都度、私から直接説明する必要があると思っています。

患者さんはもとより、不安を感じる市民の方々のことも気掛かりですので、さまざまな手段で対応していきます。

記者

今回の患者さんの話に戻りますが、参加したナイル川クルーズは、他自治体においても話題に挙がっていたクルーズのことでしょうか。

市長

はい。まさに同時期です。

記者

検査を実施することができる市内の病院数を教えていただけますか。

保健所長

市内3カ所の『帰国者・接触者外来』で検体を採取し、市保健所で検査を実施することができます。

市長室長

市内3カ所のうち、感染病棟のある病院はそのうち1カ所です。

市長

横須賀市民病院です。

記者

現在、市内で患者さんを受け入れるキャパシティはどの程度でしょうか。

保健所長

市民病院に6床あり、現在、6床すべてが空いています。

記者

市外から受け入れる予定はないのでしょうか。

保健所長

ございません。

市長室長

最後に、市からお知らせいたします。

この後、20時から本件の周知徹底と今後の対応について、全部局長が出席する本部員会議を実施いたします。

よろしくお願いいたします。



このみっともない市長記者会見は何なのだ?/在日米海軍司令官の戒告処分に対する市長コメント

横須賀の在日米海軍司令部の司令官ら3名が軍の倫理規則に抵触し、戒告処分となりました

すでに報道でみなさまがご存知のことと思いますが、米海軍の司令官ら3人が業者から贈り物を受け取っていた為に軍の倫理規則に抵触し、戒告処分になりました。

横須賀市にとっては、あらゆる意味でパートナー関係にある米海軍横須賀基地の関係者(特に司令官ら)が、大規模な汚職事件に関わっていたことはショッキングな事件でした。事実ならば、許されるべきではありません。

フジノとしては「贈収賄は許されるべきことではない」と思いますし、「軍を退役して臭いものに蓋をするのではなくて、贈収賄で起訴すべきだ」と感じています。

例えば、時事通信では以下のように報じました。

2015年2月11日(水) 15時16分掲載

在日米海軍司令官ら戒告=業者から贈り物、退役へ

【ワシントン時事】米海軍は10日、艦船への補給サービスなどを請け負う業者から贈り物を受け取ったなどとして、在日米海軍のクラフト司令官ら少将3人を戒告処分にしたと発表した。

3人とも訴追されていないが、メイバス海軍長官は、軍の倫理規則に抵触したと判断した。

3人とも退役願を提出している。
(時事通信)

朝日新聞ではこのように報じています。

在日米海軍司令官を戒告 不正に金品受け取り、交代へ

2015年2月13日05時00分

艦船への補給業務などを請け負う業者から不正に金品を受け取ったなどとして、米海軍は在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)のテリー・クラフト司令官ら少将3人を戒告処分とした。

10日付で発表した。3少将は既に退職願を出している。

司令官は在日米海軍のトップ。

クラフト司令官の後任は米海軍哨戒偵察群司令官のマシュー・カーター少将が就く予定という。

発表によると、3少将は原子力空母「ロナルド・レーガン」に乗務していた2006~07年、軍の倫理規定に違反し、シンガポールに本社がある業者から不正に金品を受け取ったり、要求したりした。クラフト司令官は当時、同空母の艦長だった。

処分を受け、米海軍のメイバス長官は

「3人の行動は判断能力、リーダーシップの欠如を実証するものだと判断した」

との談話を発表した。

業者については、米海軍犯罪捜査局が詐欺、贈収賄容疑で捜査している。

(前田基行)

神奈川新聞では以下のように報じました。

在日米海軍司令官ら戒告 企業から贈り物、退役へ

2015年2月12日(木)5時0分配信

米海軍は10日、在日米海軍司令部(横須賀市)のテリー・クラフト司令官ら少将3人を、米海軍に関連する企業から贈り物を受け取ったとして、戒告処分にしたと発表した。

クラフト司令官は退役願を提出しており、来月にも後任の司令官に交代する。

クラフト司令官は2013年8月に着任していた。

メイバス海軍長官は

「信用と責任を必要とするリーダーは、高い価値基準の振る舞いを求められる」

と非難した。

米海軍の発表によると、クラフト少将ら3人は06年から07年の間、原子力空母ロナルド・レーガンの乗員として第7艦隊管轄地域の西太平洋で任務に就いていた。

この間、米海軍から艦船への補給サービスなどを請け負う企業と問題のある関係を築き、米軍の倫理規則に抵触して贈り物を受け取った、とされる。

2人は営業宣伝を目的とした贈り物を受け取り、1人は贈り物を要求したという。

現時点で3人は訴追されていないが、それぞれ退役願を出した。

シンガポールに本拠地を置くこの企業と米海軍の関係をめぐってはこれまで、別の軍幹部らが売春のあっせんなどの見返りとして同企業に機密情報を漏えいするなどの便宜を図ったことが明るみに出ており、大規模な贈収賄スキャンダルに発展している。

この企業は贈収賄罪で既に起訴されている。軍当局は複数の米海軍人が関わったとみて、全容解明に向けた捜査を続けていた。

新聞・テレビ・ネットを問わず、メディアでは厳しい論調で報じられました。



米軍に媚びるあまり感想・コメントを発すれば米軍に嫌われるとでも市長は思っているのか?

繰り返しになりますが、この贈収賄事件に対するフジノの感想・コメントは

「一般論としても贈収賄は許されるべきことではない」と思いますし、「横須賀市とも深い関係のある司令官らの汚職には強いショックを感じました」し、「軍を退役して『臭いものに蓋をして終わり』ではなくて、捜査をきちんとすすめた上で、必要があれば贈収賄で起訴すべきだ」と感じています。

です。極めて当たり前のコメントですが、誰もがそう感じることだと思います。

けれども、横須賀市長の反応は全くふつうでは考えられないものでした。

2月25日に情報公開された、『横須賀市長記者会見(2月13日開催)』を読んだフジノは、吐き気がしました。

市長定例記者会見

市長定例記者会見

【在日米海軍司令官の戒告処分について】

記者の質問

先ほどクラフト司令官の件で、コメントは用意していないということでしたが、米海軍が発表している事案がありまして、この件に関して市長の感想をお聞きしたいのですが。

市長の答弁

感想も含めて特にコメントはございません。

記者の質問

その理由は何でしょうか。

市長の答弁

米海軍の中の人事の話だからです。

記者の質問

感想は無い、ということですか。

市長の答弁

はい。

記者の質問

無いのですか?

市長の答弁

「感想はない」というコメント、コメントすら無い、ということです。

記者の質問

コメントする、しないは別として、感想も無いのですか?

市長の答弁

無いです。

記者の質問

存在しない?

市長の答弁

はい。

…絶句しました。

この異常なやりとりに、ショックを受けました。

市民感覚で当たり前のことを質問している記者に対して、平然と「無い」「存在しない」と応え続ける吉田市長。

あなたはどうお感じになりましたか?

フジノからすると、吉田市長のこのような態度は「ふつう」ではありません。

あまりにも市民感覚からかけ離れすぎています。

横須賀市はアメリカ軍と観光で手を組んでいきたい、という姿勢を吉田市長はずっと打ち出しています。

だから、フジノが傍から見て気持ちが悪くなるくらい、吉田市長はアメリカ軍に対してふだんから媚びています。

「市民」には「媚びない政治」だが「米軍」には?

「市民」には「媚びない政治」だが「米軍」には?


けれども、このような在日米海軍司令官らによる大規模な汚職事件に対してまでも一切のコメントを拒否する、そこまで媚びなければならない市長の心情とは一体なんなのでしょうか?

市民のみなさまはどうお感じになりましたか?



「東京電力からPPSへの切り替え」から1ヶ月経過、全く問題なし!/次の目標は「市の全施設へのPPS導入」です

東京電力からPPSへの切り替えから1ヶ月経過、全く問題なし!

これまで横須賀市は、市役所をはじめとする市の全ての施設で使う電気を『東京電力』1社だけから買ってきました。

しかし今年度からついに『競争入札』を導入して、『東京電力』以外からも電気を買える仕組みをスタートしました。

まず今年度(2012年度)は、市立小中学校70校に先行して導入します。

この成果を検証して、市の施設全体へ拡大するかを検討します。

これはすでにお伝えしてきたとおりで、福島第一原発事故を受けてフジノら『脱原発議連』が繰り返し提案を行なって実現しました。

東京電力ではない、『PPS(=新電力)』から電気を買うことによって複数の大きなメリットがあります。

議会報告会の資料より。フジノが担当して作成したスライドです

議会報告会の資料より。フジノが担当して作成したスライドです

  • 東京電力以外=PPSから電気を買うと、より安く買うことができる
  • 原発ではないクリーンエネルギーで作った電気を買うことができる

「デメリットは無い」

と、言い切っても差し支えありません。



PPS導入へのスケジュール

さて、下のスケジュールの通りで、5月に入札が行なわれて無事に事業者が決定しました。

電力購入への一般競争入札導入のスケジュール

電力購入への一般競争入札導入のスケジュール


ここまでは新聞報道などでも広く報じられてきたのですが、その後について報告しますね。

  1. 7月1日から、まず28校をPPSに切り替えました。


    電気を買う相手を東京電力からPPSに切り替えるには、新たに『メーター』を取り付けること以外に、特別な手続きはありません。

    このメーターを交換する工事もPPSが行ないます。

    PPSへの切り替えから1ヶ月が経過しましたが、当然ながら、何の問題もありません。

    停電が起こったりするようなことは一切なく、今までどおりに電気は供給されています。

    契約先が『東京電力』からPPSに切り替わったおかげで『基本料金』が安くなりました。

    しかも、これまでの東京電力と大きく違うサービスがあります。

    各学校ごとにIDとパスワードが与えられて、PPSのホームページにログインすると

    30分単位・1時間単位・1日単位などの電気の使用量をリアルタイムで見ることができるようになりました。

    節電をすすめる上でも、また、コスト意識を持つ上でも、電気の使用量をデータで『見える化』することは、とても重要です。

  2. 9月1日から、残り42校もPPSに切り替えます。


    残りの学校については8月中にメーターの交換を行なって、予定通り、9月1日から完全移行します。




次の目標は「市の全施設へのPPS導入」です

9月1日の完全移行後も定期的に状況をお伝えしていきたい、とフジノは考えています。

そして、フジノの次の目標は『市の全施設へのPPS導入の拡大』です!

吉田市長は『東京電力』に対する遠慮があるのか、PPSの導入にずっと消極的でした。

つい最近も6月26日の市長記者会見で、記者に対してこのような答弁をしています。

2012年6月26日・市長記者会見より

記者の質問

電気料金について、先日、市立学校の電力調達入札を実施して契約がまとまりましたが、他の施設にも広げる考えはありますか?

市長の回答

他の自治体の例を見ると、必ずしも競争入札で成功しているとは限りません。

今回は試行として市立学校に導入しましたが、他都市の事例なども含めて判断したいと考えています。

これはひどい。

吉田市長が述べている

「他の自治体は(略)成功しているとは限りません」

についてですが、

確かに震災後に『一挙にPPS導入が普及して入札を行なってもPPSが参加しないような事態』も起こっています。

ですから、さも正しいことを言っているかのように見えます。

けれどもこうした事態が起こっている原因はハッキリしていて

『PPSが供給できる電気の量』に政府が縛りをかけているから

です。

この縛りがある限りは、今後も入札がうまくいかないのは目に見えています。

もしも吉田市長が本気で

  • 「電気を安く購入したい」=「市民の税金をムダにしたくない」

  • 「クリーンエネルギーで作った電気を購入したい」=「脱原発を進めたい」

と考えているならば

政府に対して現在の問題点について強く改善を求める行動を取っていくべきなのです。

フジノはこの点も吉田市長の姿勢をただしながら、よりいっそうの競争入札の拡大を求めていきます。



後日談:2013年度の効果額は約4000万円!

2014年9月議会での決算審査において、教育委員会の施設にPPSを導入した成果額が答弁されました。

「あくまでも東京電力と契約した場合と新電力(PPS)で契約した場合の比較なのですが、概算ではあるのですが、4000万円から4500万円程度は効果があったのではないか」

との答弁がなされました。

東京電力から電気を買うよりも4000万円も安く、かつクリーンエネルギー。

素晴らしい成果があがっています。