記者クラブの立候補予定者調査票の「性別欄」に抗議して空白で提出し、今後の改善を求めました/神奈川新聞と読売新聞は丁寧に説明を聴いてくれました

記者クラブによる立候補予定者調査票

選挙への立候補予定者になると、必ず記者クラブから調査票への記入が求められます。

記者クラブからの立候補予定者調査票への記入のお願い

記者クラブからの立候補予定者調査票への記入のお願い


写真の撮影も行なわれます。

これは、選挙初日の新聞にどかーんと顔写真と経歴が載る、あの紙面の為のアンケートです。



意識の高いメディアが「性別欄」を求めることに強い違和感

戸籍名、生年月日、住所、職歴などを書く欄に加えて『性別欄』がありました。

これまで必死にフジノたちが行政・教育などあらゆる分野において性別欄の廃止を進めてきたのに、何故この欄があるのか理解できませんでした。

もちろん今の世論の流れとして「『女性議員』を増やさねばならない」という動きがあるのは理解しています。

でも、安易な男女二元論では絶対にダメです。

「これまでメディアのみなさんとともに無意味な性別欄の廃止を一生懸命に進めてきたのに」

という強い違和感しかありませんでした。

横須賀市ではすでに沢田市長の時代から積極的に取り組みを進めてきました。

2003年、市役所の扱う申請書など総数1800件のうち、性別記載欄があった約200件を精査しました。

2004年から約100件の性別記載欄が削除されました。

さらにフジノはこの数年間男女二元論にもとづいた『男女共同参画推進条例』の改正を求めてきたのです。

前市長との質疑を繰り返しゼロ回答、上地市長に交代して改正に前向きな答弁が出て、市長が男女共同参画審議会に諮問、1年間の議論を経て、ついに3月の予算議会に改正案が提出されました。

そして新たに名前も変わり『男女共同参画と多様な性を尊重する社会を推進する条例』が成立したのです。

こうした取り組みを進めてきたフジノにとって、今回の調査票は『自分が在りたい性別(性自認)』を書く為の性別欄とは感じられませんでした。

単に『生まれた時に割り当てられた性別』を書く為の性別欄としか受け止められませんでした。

それは間違っています。

問いそのものが間違っている以上、回答すればフジノは自分自身が取り組んできたことへの裏切りになります。



回答を拒否して今後は「性別欄の削除」を求めました

そこで、調査票の性別欄の回答を拒否するとともに、下の文章を記しました。

性別欄への回答を拒否して削除を求める文章を記しました

性別欄への回答を拒否して削除を求める文章を記しました

*地方議員への女性参画を進めたいメディアのお立場は理解いたしますが、性的な多様性の保障に関する取り組みを続けてきた立場から、本調査票に性別欄の必要性が感じらず、回答はいたしません。市政記者クラブにおかれましては今後はどうか本欄の削除をご検討下さいますようぜひお願い致します。

これを提出しました。



神奈川新聞と読売新聞は丁寧に説明を聞いてくれました

提出後、すぐに神奈川新聞が反応してくれました。

結論からいうと、担当の記者の方は日頃から『性的な多様性の保障』に関する記事を多数書いて下さっており、真意をすぐに理解して下さいました。

政治・行政だけでなく、メディアも変わってほしいという願いも共有させていただいたと思います。

続いて、読売新聞が反応してくれました。

まず、横須賀支局。続いて横浜支局。

ともにお話を聞いて下さった上で、

「住民票に記載されている性別をデータとしては入力せざるをえませんが、ご意見はとてもよく分かりました」

とおっしゃっていただきました。

他社の方々は、反応するまでもなく、問題意識を共有して下さったのでしょうか?

それとも、またフジノが細かいことで吠えているなあとお感じになってのでしょうか?

あるいは、市民のみなさまが投票する基準は性別だとお考えなのでしょうか?

どうかこの調査票から性別欄が無くなることを願っています。

政治・行政・教育をはじめ、医療の世界でも可能な限り、性別欄を廃止していく動きを一生懸命に進めてきました。

繰り返しますが、それはメディアのみなさまのご協力が無ければ前進させられなかったことです。

1つ1つ細かいことを変えていかなかったら、社会なんて変わる訳がありません。だからフジノは細かくてもこだわり続けます。

どうかメディアのみなさまも改めてこの点についてお考えいただきたいです。



市政記者クラブで「新聞掲載用の写真撮影」を行ないました/残り時間あと17日(その1)

立候補予定者にはメディア各社から「履歴書」「アンケート」がたくさん送られてきます

立候補を予定している方々には、あらかじめ記者クラブなどから『履歴書』や『写真撮影の依頼』がなされます。

選挙の告示日になると、新聞にドーンと立候補者の『顔写真』とか『経歴』が掲載されますよね?

その準備がメディア各社のみなさまにとってはめちゃくちゃ大変なので、とにかく早く集めてしまいたいのだそうです。

一番早く送られてきたのは、昨年2014年9月29日付けでタウンニュース社からでした。

タウンニュース社が2014年9月に送りつけてきた「統一地方選挙前アンケート」

タウンニュース社が2014年9月に送りつけてきた「統一地方選挙前アンケート」


フジノは、かなりムッとしました。

政治家の本来の仕事は、『市議会』での全力の活動です。『選挙』ではありません。

決算議会のまっただなかですさまじい量の決算資料を毎日読み込んで質疑を作成している時期に、こんなアンケートを送りつけてくるなんて不愉快でした。

上の画像は実際にフジノが答えたものなのですが

「Q1.来春の市議会議員選挙に出馬を予定されていますか?」には「c.決めていない」と答えました。

「Q2.進退はいつごろ決定する予定ですか?」には「c.3月議会終了後」と答えました。

任期がまだ残っているのに『次の選挙』のアンケートに答えるなんて、フジノには馬鹿げていると感じられてなりません。

先のことを考えるヒマがあるなら、今この瞬間に目の前に苦しんでいる人々がたくさんいるのですから、政治家として仕事に全力を尽くすべきだからです。

次に、昨年2014年12月に『市政記者クラブ』の幹事社から「こちらに書いて下さい」と依頼されました。

立候補予定者共通調査表

立候補予定者共通調査表


また、議会シーズン中なので、登庁している市議会議員はまとめて撮影する、という連絡を受けました。

フジノはやはり「任期が半年も残っているのに、こうした『次の選挙』の為の活動をするのはおかしい」という考えから、書類の記入も写真の撮影もお断りしました。

(記者クラブのみなさま、お手数をおかけしてすみません。頑固なんです)



決意をしてまず最初に「調査票」を市政記者クラブとタウンニュース社に提出しました

そんな頑固でメディアを困らせるフジノですが、先日ようやく進退について決心をしました。

昨年12月からずっと待たせてしまっていた市政記者クラブ&タウンニュース社に申し訳なく感じていましたので、すぐ『調査票』をお送りしました。

決意をした3月30日、都内での仕事を終えて横須賀に戻るとすぐに病院に向かわねばならず、23時半頃に少しだけ時間が取れました。

まだ病院に居たのですが、病院の玄関の外に出てパソコンで『調査表』を作成して、メールで送付させてもらいました。



「性別欄」を無くす活動をしてきたので、この「調査票」でも廃止を求めます

ただ、そのまま素直に出せないのがフジノなのですよね…。

下が実物です。

実際にフジノが市政記者クラブにお送りした調査票(選挙を特定しない為に一部画像を修正してあります)

実際にフジノが市政記者クラブにお送りした調査票(選挙を特定しない為に一部画像を修正してあります)


分かりますか?

『性別欄』というコーナーがあるのです!

フジノは『性的な多様性を保障する政策』にずっと取り組んできました。

公的な文書をはじめ、あらゆる書類から『性別欄』を廃止すべきだとずっと訴えてきました。

そこでこの『調査票』でも『性別欄への記述』を拒否し、かつ欄外にもその意志を明確に記しました。

*政治家として「性的な多様性の保障」政策を進めてきた中で「性別欄の記載廃止」に取り組んできました。従いまして、御社の「性別欄」にも記載することはできません。



市政記者クラブの各社のみなさまは、日頃、性的マイノリティに関する記事もたくさん書いて下さっています。

だから、きっと『性別欄』がいかに無意味でくだらないものなのか、そして、人によっては深く傷つけられるものなのかを知っているはずです。

それが全国共通フォーマット(たぶん)になってしまうと、個々の記者の方々の問題意識をすっとばしてしまう。

本社の人が作ったのかもしれませんが、当たり前のように『性別欄』が書いてあって、それがどういう意味を持つのかを作成した方々はきっと考えもしないのだと思います。

とても残念です。

日頃はセクシャリティに関するあらゆる問題に理解の深い横須賀の市政記者クラブだからこそ、こうした点についてもお考えいただきたかったです。



写真の撮影をしてきました

さて、『調査票』について長々と書いてしまいましたが、今日は市政記者クラブを訪れて『写真撮影』をしました。

市政記者クラブにて

市政記者クラブにて


こんなふうに、名前とかが書かれた紙を持たされて、撮影が行なわれます。

これを持って撮影されます(特定の選挙名を明示しない為に、画像は一部加工してあります)

これを持って撮影されます(特定の選挙名を明示しない為に、画像は一部加工してあります)


選挙告示日の新聞に掲載する時、各社が使用する写真です。

しかも当選したら、その写真はいろいろな機会に4年間ずっと使われ続けます(例.下の記事とか)。

これは選挙告示日の新聞ではありませんが、こんなふうに「撮影された写真」は新聞記事で使用されます

これは選挙告示日の新聞ではありませんが、こんなふうに「撮影された写真」は新聞記事で使用されます


だからもう少しマシに写りたかったのですが、撮影の間、フジノは何度も目を閉じてしまいました。

しかも昨晩ほとんど寝ていなくて、自宅に帰ったのが4時半頃でした。

予算議会のあいだ待っていただいていた市民相談への対応に追われて、とにかく仕事が忙しくて、最近は全く休めていません。

顔で政治家を選ぶわけでは無いのですが、どうせ写るならもう少しマシに写りたいというのもまた本音なのですが、どうも写真撮影はニガテです。

みなさまが選挙の時に新聞でドカーンと載っている候補者の写真が、こんなふうに撮影されているなんて知らなかったでしょう?

フジノも12年前までは全く知りませんでした(笑)

ささやかな裏話でした。



精神障害者手帳から来年度、性別欄を削除へ/厚生労働省が自治体担当者会議で説明

4月から精神障害者保健福祉手帳の性別欄が削除されます

昨日、厚生労働省が開催した『障害保健福祉関係主管課長会議』の場で、とても良い報告が発表されたようです。

フジノも傍聴予定だったこの会議ですが、今回は傍聴希望者が多数にのぼった為、行政関係者の傍聴は見合わせてほしいと連絡を頂いて(これはとても珍しいことです)参加できませんでした。

傍聴の見送りを求める厚生労働省からのメール

傍聴の見送りを求める厚生労働省からのメール


どんな報告だったかを報じた、毎日新聞の記事はこちらです。

2014年3月8日・毎日新聞より

2014年3月8日・毎日新聞より

精神障害者手帳:来年度、性別欄を削除

厚生労働省は4月から『精神障害者保健福祉手帳』の性別欄を削除することを決め、7日に自治体担当者を集めた会合で説明した。精神疾患の一つで、心と体の性が一致しない性同一性障害の当事者も一定程度、手帳を所持していることに配慮した。当事者らでつくる『日本性同一性障害と共に生きる人々の会』(山本蘭代表)によると、こうした配慮で公的な書類・証明書の性別欄が削除されるのは国レベルで初めて。

厚労省は2012年、国民健康保険証の性別欄を裏面に記載することを認めたが、治療への影響を懸念し、削除には至らなかった。

手帳は精神保健福祉法に基づいて都道府県知事が交付、2年ごとに更新し、税金の控除・減免や公共料金の割引が受けられる。所持者は2013年3月時点で約70万人。新年度から性別欄のない手帳を交付する。希望者には更新に先立って交換に応じる方針だ。
【遠藤拓】

厚生労働省がこうした方針を固めたことは、すでに昨年8月には報じられていました。

でも、実際に運用がスタートとなるという説明がなされて、ホッとしました。

ナイス厚生労働省。

国が動き始めると、地方政府も動きやすくなります。

一歩前進です。