ヘイトスピーチ対策に実効性ある取り組みを横須賀市が行なう必要性について/市長への一般質問の発言通告書(その1)

まもなくスタートする6月議会のポスターが市内に貼り出されましたね

まもなく6月8日から、6月議会がスタートします。

市内に掲出されている「6月議会」のポスター

市内に掲出されている「6月議会」のポスター


開催される本会議や常任委員会・特別委員会などのスケジュールのポスターが、市内の掲示板に貼りだされていますね。

平成28年第2回市議会定例会提出議案

平成28年第2回市議会定例会提出議案


フジノたち議員にも、市長が提出する議案が配布されました。

ついに6月議会が始まります。



市長への質問の発言通告書を提出しました

今日は、6月議会に市長へ一般質問を行なう議員たちにとって『発言通告書』の提出締切日でした。

フジノも『発言通告書』を提出しました。

その内容を数回に分けてご紹介したいと思います。

1.ヘイトスピーチ対策の実効性ある取り組みを本市が行なう必要性について



2016年5月24日、『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取り組みの推進に関する法律』(以下『ヘイトスピーチ対策法』)が国会で成立した。

ヘイトスピーチ対策法

ヘイトスピーチ対策法


あくまでも理念法であるこの法律をきっかけとして、次は、全国の各自治体が地域の実情に応じた実効性のある対策を取っていくことが我々に与えられた責務である、と私は考えている。

(1) 国の『ヘイトスピーチ対策法』の成立を受けて、本市は法の理念を実効性ある対策にすべく、今後どのような検討を行なっていくのか。

(2) 私は以下の3点について、可能な限り早く取り組むべきだと考えるが、市長はどのようにお考えか。

  1. へイトスピーチに当たるおそれのあるデモや集会の申請があった時に、憲法が保障する『表現の自由』を最大限尊重すると同時に、市民の安全と尊厳を守る『ヘイトスピーチ対策法』の理念に照らして、公園使用の許可・不許可を速やかに審査し判断する新たな機関が必要ではないか。

    横須賀市HP「公園の使用・占用等の許可申請について」

    横須賀市HP「公園の使用・占用等の許可申請について」

  2. 公園使用の不許可処分に反して、デモや集会が強行された場合の対応等を検討すべきではないか。

    都市公園条例・第6章罰則・第45条(過料)

    都市公園条例・第6章罰則・第45条(過料)


    現在、本市の都市公園条例では『過料』こそ定めているが、目の前の事態に対応できる実効性ある規定(例えば、新たに「退去を命じる」等)を加えるように条例改正等を検討すべきではないか。
  3. 市内の公園等でヘイトスピーチに当たるおそれのあるデモや集会が申請された時は、神奈川県警と本市が連携して相互に情報交換を行い、神奈川県警と本市が足並みをそろえて対応できる体制づくりを検討すべきではないか。

メディアでの報道では、ヘイトスピーチは新大久保や川崎などの限られた地域の問題のように受け止められかねません。

実際に市民の方々とお話をしていると、「あれは川崎の話でしょ?」と言われてしまうこともあります。

けれども在日コリアンの知人・友人がいるフジノにとって、彼ら彼女らが

「すぐそばの川崎であんなひどいことが行なわれるたびに、自分たちも苦しくてたまらない」

と痛みや苦しみを感じておられるのを知っています。

だから、国の理念法を実効性あるものとする為に、横須賀市がしっかりと対策を取っていくことが大切だと強く感じています。

残りの質問は、次の記事に掲載しますね。



参加者みんなに「お正月休みは孤独だからカフェトークがあって嬉しい」と言われました/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

初めて「三が日に開催したカフェトーク」は大成功でした

カフェトークの会場としてお借りしてきたカフェ『RRROOM』は、昨年までは『年末年始(12月30日〜1月4日)』は『休暇』にしていました。

看板娘ムーちゃん

看板娘ムーちゃん


でも、今回、店長のコウジさんの英断で

「年末年始やお正月でも、里帰りしない人たちもいれば、自宅ですることが無くて退屈している人たちもいるでしょうから」

と、2014-15の年末年始(12月31日〜1月4日)は、オープンしてくれることになりました。

フジノもコウジさんのお考えに全く大賛成で、嬉しかったです。

まさにそうした想いからフジノは、年末年始に『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行なってきた訳です。

同じく、どなたでも気軽に集まれる『カフェトーク』という場もかねてから年末年始にも開きたいとずっと考えていました。

そこでさっそく今日(2015年1月3日)をカフェトーク開催日にさせていただきました。

RRROOMのお正月特別メニュー「おしるこ」

RRROOMのお正月特別メニュー「おしるこ」


三が日の開催。

市内外から7名の方々が参加して下さいました。

コーヒーにも蜜柑が添えられていました

コーヒーにも蜜柑が添えられていました


最後に感想をお聴きした所、みなさんが

「お正月に親戚が集まってもすごく疎外感を感じる。だからカフェトークがあって本当にうれしかった」

「カウントダウンも寝ていたし、初詣にも行っていない。テレビを付けても駅伝は観ないし、カフェトークに来れてうれしい」

「RRROOMが年末年始にオープンしてくれたおかげで、みんなでお正月からのんびり楽しく過ごせた」

とくちぐちにポジティブな感想を述べて下さいました。

カフェトークの2時間が終わった後も、なかなかみなさんお帰りにならずに1時間以上残っておられました。

やっぱりフジノがかねてから願ってきたことは、間違っていなかったのでした。

遠い家族や親戚よりも、ゆるやかな他人のつながり(社会学で言うところの『weak ties』です)が大切な時代です。

これからも会場である『RRROOM』が年末年始も開けて下さるならば、カフェトークも年末年始にも開催していきますね!



三が日も「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」を続けて、正解でした

さて、カフェトークを終えると大急ぎで『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に向かいました。

今日は、市内を北からひと駅ずつ下っていって、最後に横須賀中央ワイデッキに戻ってきました。

ワイデッキ下のエスカレーター脇での「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」

ワイデッキ下のエスカレーター脇での「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」


横須賀中央では、まず下の広場で30分間。その後、ワイデッキ上で30分間、『横須賀こころの電話』をはじめとするセーフティネットについてお伝えしました。

昨日もそうでしたが、フジノが一方的に話すだけでなく、いろいろな年代の市民の方々が話しかけてきてくださいました。

ご自分のつらい想いを話して下さる方も、毎年いらっしゃいます。フジノとしては、大変ありがたいことだと感じます。


市民の方からのご質問にお答えしているフジノ

市民の方からのご質問にお答えしているフジノ


実は、先日もたまたま通りがかった『よこすかひとり親サポーターズひまわり』で仲良しの男の子が、今日もフジノの写真を撮ってくれました。

手伝ってくれてありがとね!

手伝ってくれてありがとね!


さらに、写真を撮ってくれるだけでなく、フジノが持っているパネルを持って活動を一緒にしてくれました。

ものすごく心強いお手伝いさん登場でした

ものすごく心強いお手伝いさん登場でした


おかげで勇気100倍でした。

ありがとね!

市役所をはじめとする官公庁の御用納めによる9連休もやっと明日で終わります・

フジノの『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』も明日で一段落です。

同様に9日間にわたって実施されてきた全国での『越冬・越年』の活動も、いったん一区切りになります。

こうした活動はあくまでも民間団体による最後のセーフティネットでした。

けれども本来は、憲法25条に基いて、政治・行政こそ市民のみなさまのいのちを守る責任があります。

民間団体がギリギリの人手と資金でつないだいのちを、政治・行政がしっかりと支えていくことこそが本当に求められていることです。

つまり、これからが『本当のスタート』です。

フジノも市役所が開かないと対応しきれないたくさんのご相談を市民のみなさまから受けてきました。

1月5日から、どんどん市役所の各部局のみなさんと力をあわせて、セーフティネットを広く強くしていきたいと思います。



大雨の避難勧告のタイミング、自殺対策の再強化、同性カップルの婚姻届への横須賀の向き合い方/生活環境常任委員会としてのフジノの初質疑

11年間所属した「教育福祉常任委員会」から異動して、初めての本格的な質疑を行ないました

今日は『生活環境常任委員会』に出席しました。

生活環境常任委員会の「議事次第」より

生活環境常任委員会の「議事次第」より


この委員会はすでに何度か開催されているのですが、本格的な議論(議案・請願の審査、報告事項・所管事項への質疑)をするのは、今日が初めてです。

これまで11年間、フジノの主戦場はずっと『教育福祉常任委員会』(旧・民生常任委員会、旧・教育経済常任委員会)でした。

  • 政治家に転職した理由である、自殺対策・精神保健福祉・障がいに関する政策

  • 学生時代から専攻やボランティアとしてずっと取り組んできた、教育・こども家庭福祉などに関する政策

  • 自らの家族に降りかかったことをきっかけに全身全霊で取り組んできた、慢性期の医療・市民病院改革・高齢者福祉・地域包括ケアに関する政策

こうしたフジノが大切にしている政策のほぼ全てを扱うことができる委員会でした。

つまり、政治家としてのフジノの『存在理由』である政策を扱う部局がこの委員会ではほぼ網羅されていました。

とても恵まれていた仕事環境だったと思います。

例えて言えば、就職活動の結果『希望の職種』『希望の会社』に採用されて、さらに就職後に『希望の部署』に配属された、というような感覚です。

だから、フジノはいつも高いモチベーションで24時間寝食を忘れてフル稼働で働くことができたのだと思います。

しかし、12年目にして『異動』と相成った訳です。

フジノは会社員だった5年間で、4回もの異動を経験しています。

異動によるモチベーションの変化や新しい異動先のカルチャーへの順応など、気持ちの変化が起こることは体験しています。

でも、どの職場にも学ぶべきことはたくさんあったし、どこの部署でも最後には「まだここを離れたくない。やるべきことがたくさんあるのに」と感じるようになっていました。

だから、今回の生活環境常任委員会への異動に際しても

「教育福祉常任委員会を出たら、フジノは質問のレベルが下がった」

なんて、絶対に言われたくありません。

今まで行なってきたレベル以上の質疑を、生活環境常任委員会でも絶対に必ずやる。

そう固くこころに決めてきました。

こうして迎えたのが、今日の委員会でした。

委員会を終えてみて、自分自身では

「まだ知識量や情報量は全然ダメ。もっと学ばねばダメ。しかし、モチベーションは全く下がっていないで質疑に取り組めた」

と感じたのですが…。

果たして、いかがだったでしょうか?

傍聴して下さった方々・インターネット中継をご覧になった方々・質疑を受けた市職員の方々などのみなさま、生活環境常任委員会委員としてのフジノの質疑は、どうでしたか?

ぜひ感想をお聴かせ下さい。



所管事項として、フジノが今回行なった質疑は3つです

議案・請願・報告ともに、今回も大切なものがいろいろありました。これらは少しずつ報告していきたいと思います。

今日は『所管事項への質疑』について報告します。

これは、所管している部局(消防局・上下水道局・資源循環部・市民部・市民安全部)に対して、何を質疑しても良いというものです。

つまり、政治家個人個人の関心や大切にしている政策に沿って、質疑を行なうことができる重要なチャンスです。

その『所管事項への質疑』において、フジノは下の3つのテーマで質疑をしました。

1.避難勧告の発令の在り方と国への改善提案について

大雨の時、気象庁等が『土砂災害警戒情報』を発表したら地方自治体は『避難勧告』を出すべきだ、と内閣府が4月に指針を改定した。

しかし横須賀市は「この指針改定は現実的でない」との判断から、実際の大雨に際してもこの指針に基づいたタイミングでは『避難勧告等』を出していない。

  1. 現場の経験と勘に基づく横須賀市独自の『避難勧告』を出すタイミングがあるが、それを客観的な基準として明確化すべきではないか。

  2. そして、「これこそ現実的な基準である」と横須賀市の基準を示し、国に対して指針を再度改定するように求めるべきではないか。




2.前年比2倍に増加している横須賀市の自殺の犠牲者を減らす為の、自殺対策の再強化について

  1. 市民部窓口サービス課への提案
    →『死亡に伴う各種手続きの案内』に掲載している相談先の改訂、表現・内容のリニューアル

  2. 消防局消防・救急課への提案
    →自殺未遂による搬送をされた本人及びご家族、自殺による搬送と不搬送となった方のご遺族に対する相談先リーフレットの配布

  3. 消防局総務課への提案
    →消防団に対して5年間をかけて全団員にゲートキーパー養成研修を受けて頂く目的の明確化

  4. 市民部地域コミュニティ支援課への提案
    →地域運営協議会をはじめとする地域の自治組織の役員らを対象にしたゲートキーパー養成研修の実施

  5. 市民部人権・男女共同参画課への提案
    →性的マイノリティ当事者のご家族に対する相談機関の紹介や周知の徹底




3.「同性カップル」による婚姻届の申請が成された時の横須賀市の対応について

青森市において、『同性カップル』が婚姻届を出そうとしたものの青森市は憲法を理由に『不受理』とした。これは極めて重要な問題提起だと全ての自治体が受け止めねばならない。

わが国でもようやく多様な性の在り方への社会的な認知度が向上しつつあるが、同性婚は認めない現状がある。この現状に対する異議申立てとして、市役所に同性カップルが婚姻届を出すという取り組みは今後必ず全国的に起こっていくはずだ。

  1. そこで、「もし今日、『同性カップル』によって婚姻届が出されたら、横須賀市役所はどのような対応を取るべきなのか」という点について検討を始めるべきだ。

  2. また、フジノは昨年2013年予算議会において「法的な婚姻は認められなくとも、横須賀市役所を訪れた『同性カップル』に対してはシンボリックな意味で市長が『祝福』する取り組みをスタートすべきだ」と提案した


    現状では憲法や婚姻法による同性婚が認められなくとも、多様性を大切にするまちである横須賀市では市長の名のもとに婚姻を望む『同性カップル』に『祝福』をするという取り組みの実施を、『性的マイノリティ関係課長会議』での検討課題とすべきではないか。



以上3つのテーマについて質疑をしました。

具体的な質問と答弁の内容は、後日改めて掲載します。

ぜひみなさまの感想や意見をお願いします。



こどもの日の汐入駅前で「解釈改憲に反対・特定秘密保護法の廃止」を求める署名活動を行ないました/横須賀市民9条の会

こどもたちへの最高のプレゼントは?

今日5月5日は『こどもの日』。

「こどもたちへの最高のプレゼントは、戦争しない社会を手渡すこと」

との想いから、『横須賀市民9条の会』が署名活動を行ないました。

若い人もたくさん署名をしてくれました

若い人もたくさん署名をしてくれました


『横須賀市民9条の会』は、平和を守る為に憲法9条を守ることを目的とする市民団体です。

日本国憲法第9条

日本国憲法第9条


2005年5月に発足、会員は約1300人です。フジノも『呼びかけ人』の1人を勤めています。



特定秘密保護法の廃止・解釈改憲に反対

署名の内容は、次の2つです。

  1. 『特定秘密保護法』の廃止
  2. 『解釈改憲による集団的自衛権の行使容認』への反対

どちらもとても大切なことですよね。

外国人の方に英語で語りかける岸さん

外国人の方に英語で語りかける岸さん


『こどもの日』の汐入駅は、観光で横須賀を訪れた方々やダイエーに向かう方々でとても混みあっていました。

幼いこどもたちからご高齢の方まで、幅広い年代のみなさまが署名をして下さいました。

たくさんの方々が署名して下さいました。ありがとうございます。

たくさんの方々が署名して下さいました。ありがとうございます。


ご協力ありがとうございました!



全国に広がっていく「解釈改憲に反対」の動き

こうした動きは、今、全国へと広がっています。

『特定秘密保護法の廃止』と『解釈改憲への反対』を政府に求める意見書を出す地方議会が増えています。

フジノもマイクを持ちました

フジノもマイクを持ちました


秘密保護法の廃止・凍結を求める意見書は、4月10日現在で127議会にのぼります。

解釈改憲による集団的自衛権容認への反対・慎重な対応を求める意見書は、4月7日現在で59議会にのぼります。

横須賀市議会でもぜひ政府に意見書を出したい、とフジノは願っています。



日本は「専守防衛」を堅持していくべきです

憲法9条のもとで、日本はずっと1つの防衛政策を堅持してきました。

『専守防衛(=戦略守勢)』

です。

専守防衛(防衛省のホームページより)

専守防衛とは、相手から武力攻撃を受けたときにはじめて防衛力を行使し、その態様も自衛のための必要最小限にとどめ、また、保持する防衛力も自衛のための必要最小限のものに限るなど、憲法の精神にのっとった受動的な防衛戦略の姿勢をいいます。

つまり、自衛隊は

  1. 相手から
  2. 攻撃を受けた場合に
  3. 初めて武力を行使する

という大前提のルールを守ってきました。

しかし、今回、政府は『集団的自衛権の行使』へと勝手に変えてしまおうとしています。

それは

  1. 日本が
  2. 武力攻撃を受けていなくても
  3. 自衛隊が武力を行使する

ということです。

絶対に許してはなりません。