性的な多様性を保障する為のさらなる取り組みの必要性について/2015年予算議会でのフジノの質疑(その5)

予算議会で市長・教育長に対して行なう質問を紹介します

前の記事から続いています)

2.性的な多様性を保障するためのさらなる取り組みの必要性について


(3) 2015年度における、全教職員に対する「性的な多様性への理解を深める研修」実施予定の有無について

 宝塚大学の日高康晴教授や『NPO法人SHIP』の星野慎二代表とともに『性的マイノリティ研修』を全教員に実施してほしいと重ねて要望してきた(その時の様子を報じた神奈川新聞読売新聞)。

2014年5月31日・読売新聞より

2014年5月31日・読売新聞より


前問のような取り組みを学校で周知するためには、前提としてそもそも全教職員の正しい理解が必要だ。

【質問】
ア.2015年度は『教育研究所』による研修や、新たな機会を設けて実施する予定はあるのか。


【質問】
イ.全教職員に対する研修実施の必要性について、教育長はどうお考えか。



(4) 「同性パートナー(同性カップル)が現在こうむっている実質的な不利益や人権侵害をなくすための対応策」に関するこれまでの検討状況と具体的な取り組みの有無について

 渋谷区が同性パートナーを「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例案を区議会に提出する見込みとなり、いわゆる性的マイノリティとされる方々からは全国で賞賛の声が上がっている。

2015年2月12日・毎日新聞より

2015年2月12日・毎日新聞より


また世田谷区も同様の取り組みの検討を開始、豊島区でも何らかの動きが見られること、東京都知事がこうした動きを歓迎していると記者会見で述べたことなどが連日にわたって報道されている。今後も追随する動きが全国で起こるだろう。

 本市では、これまで私が複数回にわたって市長にこうした取り組みの必要性を訴えてきた(2013年予算議会・2014年6月議会など多数)。

 ただし、多くの当事者の方々の声を聞いてきた私の立場を述べれば、「証明書の発行」そのものよりも、「今この瞬間に受けている実質的な社会的不利や差別的な待遇を即刻解消すること」が最優先で求められていると考えている。

 実際に生活をともにし、実質的には婚姻関係にある同性カップルは、法的婚姻関係にある異性愛カップルと比べて明らかに制度的な差別的待遇(公営住宅に家族として入居できない、遺産相続を受けられない、病院での家族としての面会が拒否されることがある等)を受けており、人権問題としても極めて深刻な状態にある。

 現実的な困難が解消されるための取り組みでなければ、渋谷区のような何の拘束力も持たない証明書の発行が最善策だとは私は考えていない。

「課長職向けの性的マイノリティに関する研修会」にて

「課長職向けの性的マイノリティに関する研修会」にて


 先日、本市が開催した『課長職向けの性的マイノリティに関する研修会』においても講師からこうした実質的な不利益や人権侵害を市の取り組みとして改善するようにとお話があった。


【質問】
ア これまで市長は、『同性パートナー(同性カップル)』がこうむっている実質的な不利益や人権侵害をなくすための対応策をどのように検討してきたのか。


【質問】
イ そうした検討の結果、2015年度に具体的に実現する見込みの施策や事業はあるのか。



(5) 本市における「同性パートナーシップ制度の導入」や「結婚に相当する関係を認める証明書の発行」に関する現時点での市長の考え方及び「人権施策推進会議」や「性的マイノリティ関係課長会議と当事者の意見交換会」などの場で検討する必要性について

 過去に私が市議会で提案した「横須賀市役所を訪れた同性パートナーを市長の名において祝福してはどうか」に対する市長の答弁は、他自治体や企業での取り組みなどを研究したいとのことであった。

 私の提案は、あくまでも現行の憲法と民法の枠の中においてすぐに実現可能な取り組みであったが、提案から2年が経過しても何ら動きが見られない。


【質問】
ア 現在に至るまで本市はどのような研究及び検討を行って きたのか。


【質問】
イ 現在の憲法及び婚姻制度のもとであっても、同性パートナーの方々の人権が異性パートナーと同程度に尊重されるために検討が行われるのは当然のことだと私は考えているが、市長はどうお考えか。


【質問】
ウ 本市における「同性パートナーシップ制度の導入」や、「結 婚に相当する関係と認める証明書の発行」の検討の必要性について、現段階では市長はどのようにお考えか。


【質問】
エ 「人権施策推進会議」や本市が設置している「性的マイノリティ関係課長会議」において、渋谷区・世田谷区などの先行事例を研究するとともに、定期的に開催している「当事者との意見交換会」で実際に本件に関するご意見を伺う機会を設けるべきではないか。



次の記事に続きます)



教育委員会の定例会へ/誰でも傍聴できます。ぜひみなさまも!

月1回の教育委員会の定例会へ

今日は、市役所で開かれた『教育委員会』の定例会を傍聴しました。

教育委員会は、毎月1回の会議を行なっています。

教育委員会の定例会の会場にて

教育委員会の定例会の会場にて


横須賀市の教育委員会は、5名です。

  1. 委員長 三浦溥太郎
  2. 委員 齋藤道子(委員長職務代理者)
  3. 委員 森武洋
  4. 委員 三塚勉
  5. 委員 永妻和子(教育長)

この5人だけが『教育委員』です。

『教育委員』に毎日の仕事はありません。

時々の研修や学校訪問を除けば、毎月1回の会議がメインの仕事です。

ほとんどの市民の方々は誤解しておられると思うのですが(フジノも政治家になるまで誤解していました)

市役所の中で、毎日働いている数百名の職員は『教育委員』ではありません。

この職員たちは『教育委員会事務局』のメンバーです。

教育委員と事務局の関係

教育委員と事務局の関係


あくまでもこの5人の『教育委員』の決定に基いて、その『事務を処理させる為』に『事務局』が置かれているのですね。

『教育委員会事務局』は、2つの部に分かれています。

1.学校教育部

教育指導課学校教育に関する指導・助言
支援教育課児童・生徒の就学・転入学、就学援助
学校保健課学校保健、学校給食の指導・助言
スポーツ課体育・スポーツの振興
教育研究所教育相談、教育問題の調査・研究
総合体育会館
(横須賀アリーナ)
会館の使用許可
北体育会館
南体育会館
くりはま花の国プール
西体育会館
佐島の丘温水プール

2.教育総務部

総務課事務局職員の人事・給与、調査・統計、経理
生涯学習課生涯学習の振興、文化財の調査保護
生涯学習センター市民の文化活動、生涯学習活動の振興
教職員課学校職員の任免、服務
学校管理課学校施設の管理・整備計画
中央図書館読書指導、図書の貸し出し
児童図書館
北図書館
南図書館
自然・人文博物館資料の展示、収集・調査・研究
馬堀自然教育園
天神島臨海自然教育園
天神島ビジターセンター
ヴェルニー記念館
横須賀美術館美術品の展示、収集、調査、研究
万代会館会館の使用許可
婦人会館

市民のみなさまと「顔の見える関係」の教育委員会を実現したい

2007年まで、フジノは『教育委員会廃止論者』でした。

何故なら、児童生徒と毎日向き合うこともせず、保護者の声も聴く機会も無く、教職員のみなさまの悩みに耳を傾けることもなく、毎月1回の会議でも発言や質問もほとんどせず、実質的には何の意味もない『名誉職』としか考えられなかったからです。

フジノは当選から3年間の日々の中で、市役所の中で最も変わろうとできない組織が『教育委員会』だと感じてきました。

また、法律のしくみや制度の限界などもハッキリと見えてきたからです。

例えば、2006年2月1日の活動日記には、こう記しています。

 
田中・新教育長の就任への期待

約3年間の市議会議員経験から

「市役所で最も古い体質を変えられない部署が教育委員会だ」

とフジノは感じています。

横須賀市の新機軸を打ち出してきた企画調整部長(=田中さん)として、守旧的な風土を持つ教育委員会を刷新してほしい、そんな期待を田中さんに抱いています。

田中・新教育長とお話をした際に

「学校も経営の時代だと僕は考えています。古い体質の教育委員会を教育長の力でぜひ変えてください」

とフジノは伝えました。とても期待しています。

そもそもフジノは『教育委員会廃止論者』です。

ですから、田中・新教育長による教育委員会改革に強く期待します。

それでもダメな時は、廃止へ向けて積極的に動きたいと考えています。

その後、教育委員会事務局で働くみなさんのまっすぐな姿にこころを打たれて、フジノは『単なる廃止論』は取り下げ、方針転換をしました。

あくまでも『教育委員制度』の限界や欠点を『改革』していこうと決心しました。

市長や時の権力者の考え方に左右されない独立した存在としての『教育委員会制度』の良さを、改革によって引き出していくことができるはずだと現在フジノは考えています。

その為には、教育委員の5名がもっと現場に出ていくべきです。

全ての児童生徒・保護者のみなさん・地域住民のみなさんや福祉関係者のみなさんと、顔の見える関係となるべきです。

フジノはその為の提案を市議会で繰り返し行なってきました。

まだまだ成果は出ていませんが、3.11後の教育委員は少し良い方向に変わってきたのをフジノは実感しています。

*教育委員ではなく、教育委員会事務局のみなさんについては、いつも本当に良く頑張って下さっているとフジノは評価しています。

もっと市民のみなさまも「教育委員」をこき使って下さい

横須賀市のホームページの中に『教育委員会』のコーナーがあります。

横須賀市教育委員会のホームページ

横須賀市教育委員会のホームページ

このホームページを

『教育委員会』→『教育委員会会議』→『教育委員会会議の日程』

とたどっていくと、毎月の教育委員の定例会議のスケジュールが載っています。

教育委員会会議の日程

教育委員会会議の日程


市民のみなさま、どなたでも傍聴できます。

ぜひ教育委員の5名の仕事ぶりをチェックしにいらして下さい。

さらに、会議が終わった後にじかに話しかけていただくこともできます。

また、これまでの教育委員会の会議の議事録も、ホームページにて公開していますので、読むことができます。

かつて日本で教育委員制度がスタートした頃は、選挙によって教育委員が選ばれていたこともあったとのことです。

いじめ、不登校、家庭に問題を抱えるこどもなどの課題を専門とする方や、PTAなどの保護者向けの活動を長年行なってきた方々や、スポーツ、こどもの発達、栄養などのこどもに関わる専門分野の方々が、こどもに対する強い想いを持って立候補してもらい、選挙で選ばれるのはとても良いことだと思います。

でも、現在では市長が提案して、市議会が議決しておしまいです。

市民のみなさまが直接に選ぶことができない以上は、選ばれた人にしっかり働いてもらう為にその仕事ぶりをチェックしていくことが必要だとフジノは考えています。

どうか市民のみなさま、ぜひ教育委員会を傍聴にいらして下さいね。