第16期生40名のみなさま、入学おめでとうございます。命と尊厳を守る為にともに保健医療福祉の世界で頑張っていきましょう!/横須賀市立看護専門学校の入学式へ

横須賀市立看護専門学校、第16期生の入学式へ

今日は、『横須賀市立看護専門学校』の入学式に参加しました。

市立看護専門学校の入学式会場にて

市立看護専門学校の入学式会場にて


『来賓』として招かれたことは1度も無いのですが、2004年4月の開校以来ずっと、フジノは看護専門学校のみなさんを見守り続けてきました。

何故なら、フジノにとって看護師を目指しているみなさまは大切な同志だからです。

第16回横須賀市立看護専門学校入学式の式次第より

第16回横須賀市立看護専門学校入学式の式次第より


これまでもずっとフジノは、2050年まで視野に入れた医療政策について語り続けてきました。

楽観できる未来はありません。

医療ニーズは増加を続ける一方で看護師の不足は続きますし、医療現場の労働環境はそう簡単には改善できないでしょう。

目の前には厳しい現実があり、そして険しい未来が待っている。

それが分かっていてもあえて『看護職』を目指してくれた看護専門学校のみなさんをフジノは同志だと感じています。

このまちの、この国の、保健・医療・福祉を一緒に守っていくみなさんは大切な『同志』です。

だから、その姿を入学から卒業までしっかりと見守っていくことは、政治家フジノの大切な仕事だと考えています。

40名の16期生に「入学許可」が出ました

40名の16期生に「入学許可」が出ました

この2ヶ月間の長い休職中にフジノは家族をひとり亡くしました。

そして、もうひとりの家族はずっと入院していました。

どちらの家族にも、市立看護専門学校の卒業生が看護師として関わってくれました。

患者が政治家の家族だから特に親切にしてくれたとは全く思いません。

長い時間を病棟で過ごしましたが、見る限り、全ての患者さんに対して同じように優しく親切に接して下さっていました。

純粋に『プロ』としての素晴らしい看護だったと心から感謝しています。

政治家として医療政策に取り組んできた政治家としても、患者家族のひとりとしても、市立看護専門学校の卒業生が診てくれているという心強さが確かにありました。

卒業生に心から感謝するとともに、この看護専門学校の存在意義を改めて強く感じたばかりです。



ご入学おめでとうございます。厳しい日々をどうか同期のみなさまとともに乗り越えて下さいね

命を預かる仕事はストレスフルで、その責任の重さはしばしば自らをむしばむことがあります。

学ばねばならない科目は多く、臨地実習が始まれば、座学とは異なる現実に圧倒される瞬間がたくさんあるでしょう。

それでも、その苦しさの何倍もの学びや体験があるはずです。

新たな生命の誕生の奇跡に心をうたれ、命の尊さに涙をすることや、人としての尊厳について迷い悩むこともあるでしょう。

血のつながった家族であってもお見舞いも無いままに何年間も見捨てられたままの方々の存在を療養病床で目にして、家族とは何なのかと憤ることもあるでしょう。

他の職業では決して体験できない、他の人生よりも何倍もの濃い人生を歩んでいくことになると思います。

僕は、そんなみなさまを全力で応援していきます。

上地市長による祝辞

上地市長による祝辞


脅かすようなことばかり書いてしまいましたが、新入生のみなさま、どうか1度きりの学生生活を楽しんで下さい。

素晴らしい先生方・先輩方・地域の保健医療福祉の方々とも、新たな出会いがたくさんあるはずです。

看護の世界に入ると覚悟を決めて今そこに居るのだとしても、こころが折れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、どうか同期のみなさまにどんどんグチって、相談して下さい。もちろんフジノも相談にのります。

そして、何とか乗り越えてほしいのです。

「職場が離れても同期のみんなとは卒業後も特別な『絆』がある」

と卒業生のみなさんはフジノに話してくれます。

「在校生歓迎のことば」と「新入生誓いのことば」

「在校生歓迎のことば」と「新入生誓いのことば」


16期生のみなさん、これから3年間フジノも見守り続けていきます。

『戴帽式』にも『卒業式』にもお邪魔します。

でも、いつでも困ったことがあれば本当にご連絡下さい。歴代の看護学生のみなさんとは、たくさんの機会に語り合ってきました。

そして、卒業して看護師として働きはじめてからも意見交換を続けています。

ぜひこれからみなさんとともに、人々の命と暮らしを守り、尊厳を守る為に、一緒に働いていきたいです。

今回も在校生よりも大声で歌ってきました。歌詞もメロも暗記してます

今回も在校生よりも大声で歌ってきました。歌詞もメロも暗記してます


本日は、16期生のみなさま、入学おめでとうございます。



逆境に打ち勝った逗子高校吹奏楽部の歴代メンバー、ずっと支え続けたOB・OGや保護者の方々、みなさんを誇りに感じます/逗子高校吹奏楽部の定期演奏会へ

今年も「逗子高校吹奏楽部の定期演奏会」に行ってきました

お昼から、逗子高校吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。

700名もの来場があり、今回も大成功でした。

第53回逗子高校吹奏楽部定期演奏会へ

第53回逗子高校吹奏楽部定期演奏会へ


フジノはどんなことがあっても(例えば自分の選挙期間中であっても)、逗子高校吹奏楽部の演奏会には必ず足を運ぶことにしています。

今日は毎年参加している『横須賀ひとり親サポーターズひまわり』のクリスマス会と重なってしまい、とても悩んだのですが、やはり定期演奏会を選びました。

政治家として、人として、ずっと見守っていくと約束したからです。

約束に、終わりはありません。僕が生きている限りは、ずっと見守っていくつもりです。

もう現役生たちは誰も知らないことですが、かつて逗子高校吹奏楽部はピンチに見舞われたことがありました。

2008年のことです。今の素晴らしい逗子高校吹奏楽部を築き上げた、顧問のA先生が異動によって他校に赴任することになったのです。

逗子高校吹奏楽部の素晴らしさは、単に演奏能力の高さだけではありません。

吹奏楽に親しんでもらう為に、三浦半島全域の小中学校の児童生徒たちと一緒に練習をしてあげたり、

社会貢献活動として、ご高齢の方々の施設に演奏に出張したり、東日本大震災で被災した方々の支援など様々な災害への募金やボランティア活動をしたり(その功績が認められて文部科学大臣賞を受賞しています)、

開演前のロビーの様子。今回も募金活動が積極的に行なわれていました

開演前のロビーの様子。今回も募金活動が積極的に行なわれていました


コンクールで常に上位に入賞する実力(県大会出場は当たり前。銀・銅では「残念な結果」と自ら言い切る!)を持ちながらも、演奏の練習以外にもとても多くの時間を費やしています。

ただ単に全国大会で優勝する為ならば、そんな演奏以外のあらゆる活動は時間のロスでしかないでしょう。

けれども、A先生の強い想いのもと、伝統的に歴代の逗子高校吹奏楽部は常にそうした様々な取り組みに励んできました。

こうした礎をつくりあげたA先生の異動は、当時の生徒たちやOB・OGには耐え難いことでした。

異動の撤回を求める署名や運動がすぐに起こりました。

もともと逗子高校吹奏楽部の演奏やショークワイアの素晴らしさに惹かれていたフジノは、その時、学生たちから助けを求められました。

けれどもフジノは期待に反して、あえて厳しい言葉をかけました。

大人の世界では人事異動は当たり前のことであって、それを撤回すれば、人事制度が根幹から崩れてしまう。

素晴らしい指導者を失ったとしても、決してくじけずにこれからも今のレベルを守り高めていくことで、A先生に恩返しをすべきだ、と。

政治家フジノに人事異動の撤回を求めて集まったたくさんの高校生たちやOG・OGからは、怒りの言葉や厳しい視線が投げつけられました。

それでもフジノは最後まで人事異動の撤回を認めることはできませんでした。

そのかわり、絶対に逗子高校吹奏楽部のことをずっと見守っていくと約束したのです。

開演前の様子

開演前の様子

今日の演奏を聴いても、あの時フジノが厳しい言葉をかけたのは正しかったと感じました。

A先生が異動された後、しばらくは大変な時期がありましたが、ここ数年は当時を上回るような勢いもあります。

伝統としてOB・OGや卒業後も保護者の方々が現役の部員たちをとてもバックアップしてくれているのですが、その良き伝統も続いています。

例えば、今年4月の定期演奏会では横須賀芸術劇場が会場でしたが、前売り券でほぼチケットは完売。

当日券を求めて足を運んだフジノは、売り切れで入場することができませんでした(来場者はなんと1600人!)。

当日券完売!フジノは入場できませんでした(涙)

当日券完売!フジノは入場できませんでした(涙)


聴衆からも愛されています。

プログラム

プログラム


実は今日、フジノが会場に入るとすぐに、卒業生の保護者の方が駆け寄ってきてくれました。

「フジノさん、今日はA先生がいらっしゃってるんです!あとでぜひお会いして下さい」

と。

嬉しかったです。

そして、第1部と第2部の合間の休憩時間に、まさにA先生と引き合わせていただけたのでした。

「先生の理念は、今も立派に引き継がれていますよ」

とフジノがお伝えすると

「ずっと見守っていてくれて、ありがとうございます」

とA先生に言われました。

とんでもありません。

素晴らしい伝統を守り続けてきた歴代の現役生たち、そしてOB・OGたち、保護者のみなさん、そのみんなの力が今の発展をもたらしたのだと思います。

フジノはただひたすら見守り続けただけなのです。

A先生との再会に、フジノは率直に感動してしまいました。まだ43才なのですが、最近はすっかり涙腺が弱くなってしまいました。

その後に始まった第2部・ショークワイア(逗子高校吹奏楽部の名物です!)はとても楽しい演目なのに、何だか泣けてきました。

僕は、市議として、ひとりの人間として、みなさんのことを誇りに感じています。

終演後、会場を後にする人々はみんな幸せそうでした

終演後、会場を後にする人々はみんな幸せそうでした


今回も、3部構成ながらあっという間に時間が過ぎていきました。

高いレベルの演奏だけじゃなく、歌も歌えなければならないし、踊りだってキレキレじゃなくちゃいけない。すごいエンターテイメントぶりに今回も心から楽しませていだきました。

演奏会、僕にとって本当に素敵なクリスマスプレゼントでしたよ。

現役生のみなさん、いつもいつも素晴らしい演奏を聴かせてくれて、ありがとうね。

いつもいつもOB・OGと保護者の方々がかいがいしく現役生のサポートをしている姿をみるにつけても、嬉しくてたまりません。ありがとうございます。

どうかこれからもこの素晴らしき良き伝統を受け継いでいって下さい。

僕はずっと見守り続けています。



次回の定期演奏会のおしらせ

次回の逗子高校吹奏楽部定期演奏会は、来年5月13日(日)です。

会場は横須賀芸術劇場、入場料は500円です。

ご関心のある方はぜひお越しくださいね。



「あまね」のみなさま、おめでとうございます。上地市長のあいさつも素晴らしかったです/「社会福祉法人あまね設立記念式典」へ

「あまね共同作業所」から35年、社会福祉法人格を取得へ

35年間にわたって活動を続けてこられた『あまね』さんが、今年、社会福祉法人格を取得されました。

すでに2002年にNPO法人格を取得しておられたのですが、その高い公益的な活動実績からは今回の社会福祉法人格の取得は当然のこととだとフジノは感じています。

『あまね』の存在、特に理事長の海原泰江さんの存在は、横須賀にとって障がい福祉の大きな推進力として不可欠です。

また横須賀市だけにとどまらず、わが国にとっても、共同作業所の発展に寄与して下さった大きな存在だとフジノは受け止めています。

特に、全国組織である『きょうされん』(旧・共同作業所全国連絡会)メンバーとして、わが国の障がい福祉の向上の為に、あまねのみなさんはともに闘って下さった貴重な同志だとフジノは感じています。

今日はその『あまね』のみなさまが新たに生まれ変わった『社会福祉法人あまね』としての、設立記念式典が開かれました。

横須賀の障がい福祉、そしてわが国の障がい福祉を守り、より良い方向へと変えていく仲間の新たな門出を心からお祝いしました。

本来でしたら、あまねの歴史を丁寧にご紹介して、今回の社会福祉法人格取得の意義などもご説明したいところなのですが、残念ながらブログをしっかりと書く時間が取れません。

取り急ぎ、当日の写真を掲載してブログ記事としてアップします。できれば後日、しっかりとした文章で更新し直したいと思います。申し訳ございません。

社会福祉法人あまね設立記念式典の会場前にて

社会福祉法人あまね設立記念式典の会場前にて

来賓席の上地克明市長(笑顔です)

来賓席の上地克明市長(笑顔です)

来賓席のフジノ。緑色のネクタイは伊藤ひろたかさんへの応援の気持ちからです

来賓席のフジノ。緑色のネクタイは伊藤ひろたかさんへの応援の気持ちからです

あいさつに立つ、海原泰江理事長

あいさつに立つ、海原泰江理事長

用意された原稿でなく自らの想いを語った上地克明市長。素晴らしいあいさつでした

用意された原稿でなく自らの想いを語った上地克明市長。素晴らしいあいさつでした


上地新市長のご挨拶は大きな拍手で迎えられました。

「私は、決して誰もひとりにしません」

「私は、どんな差別も許しません」

上地市長は、市職員が書いたであろう用意された原稿も完全に無視して、自らの言葉で語りました。

誰もが生きやすい社会を実現すること、それは当たり前のことだ、という強い想いを込めて、あまねへのお祝いの言葉を語られました。

これまでフジノは、歴代4人の横須賀市長のスピーチを聴いてきました。

今まさに語られた上地市長の言葉は、その誰よりも胸に響きました。

障がい福祉を専門にして取り組んできた政治家であるフジノが、心の底から温かい気持ちになった上地市長のあいさつでした。

祝賀会の冒頭、乾杯をする海原泰江理事長

祝賀会の冒頭、乾杯をする海原泰江理事長

「DANKE」さんによる演奏

「DANKE」さんによる演奏

「ホンキートンク」さんによる演奏、いつもながら素晴らしい!

「ホンキートンク」さんによる演奏、いつもながら素晴らしい!

井坂しんや県議とフジノ。県立高校のこどもの貧困などたくさんの意見交換をしました

井坂しんや県議とフジノ。県立高校のこどもの貧困などたくさんの意見交換をしました

第12期生40名のみなさま、入学おめでとうございます。保健医療福祉の世界で一緒に頑張っていきましょう!/横須賀市立看護専門学校の入学式へ

市立看護専門学校、第12期生の入学式へ

今日は、『横須賀市立看護専門学校』の入学式に参加しました。

市立看護専門学校の入学式会場にて

市立看護専門学校の入学式会場にて


『来賓』として招かれている訳でも何でも無いのですが、2004年4月の開校以来ずっと、フジノは看護専門学校のみなさんを見守り続けてきました。

看護専門学校の入学式の式次第より

看護専門学校の入学式の式次第より


何故なら、目の前には厳しい現実があり、そして険しい未来が待っている中で、あえて『看護職』を目指す方々をフジノは同志としてこころから歓迎したいからです。

保健・医療・福祉をこれから一緒に守っていく同志のみなさんを、入学から卒業までしっかりと見守っていくことは政治家としてフジノの大切な仕事だと考えています。

そうした想いから、学びやすい環境を作る為に市議会でも看護専門学校の環境改善をたびたび提案してきました。



今、そして将来にわたってこの国で最も必要な職業人は「保健・医療・福祉」に携わる人々です

すでに現在も、そして将来も、どれほど甘く推計をしても、保健・医療・福祉を取り巻く社会状況は極めて困難です。

2014年10月現在に28%を超えたこのまちの『高齢化率』。

5年後の2020年には30%を超えます。その時、このまちの人口は39万7700人まで減少します。

学校長から、第12期生40名に「入学許可」が出されました

学校長から、第12期生40名に「入学許可」が出されました


人口は減っていく一方で『高齢化率』が上昇し続ける。

つまり、高齢の方々の絶対数がすさまじく増えるという意味です。

亡くなる人の数も圧倒的に増加します。

2013年に約4,600人だった1年間の死亡者数は、20年後には約6,500人へと急速に増え続けていきます。

フジノはこれを『超高齢・多死社会』と呼んでいます。

このような横須賀では、保健・医療・福祉の人材が他のどの職業よりも求められています。

保健・医療・福祉の新たな人材を育てていくとともに、長く仕事を続けてもらえる労働環境を作り、退職された方々には復職していただける魅力ある研修システムと雇用労働環境を充実させることが必要です。

政治・行政は、その為に全力を尽くさねばなりません。

12年前、横須賀市があえて市立の看護専門学校を新たに立ち上げたのは、そうした社会に対応する為の取り組みの1つです。



中でも『看護師』は『地域包括ケア』の実現・障がいのある方々の地域生活の為に、超重要な職種です

市立看護専門学校の入学金・学費は、一般の看護専門学校や看護大学と比べて、とても低額です。

つまり、看護師を育成する為に、あえて市税を投入しているのです。

市長のあいさつは、健康部長が代読しました

市長のあいさつは、健康部長が代読しました


もはや、『病院の時代』ではありません。

国の政策として総合病院のベット数は削減されていき、足りなくなる一方です。

かわりに、『地域包括ケア』という新たなシステムを日本全体で実現させようと必死に取り組んできました。

横須賀市議会でもフジノは『地域包括ケア』実現に最も力を入れてきた1人です。

地域包括ケアとは、『誰もが住み慣れた地域で、亡くなるその瞬間まで元気に暮らし続けられる為の仕組みづくり』です。

この『地域包括ケア』を実現する為に、看護師のみなさんの役割は極めて大きいです。

病院の中での仕事も重要ですが、『訪問看護ステーション』や『在宅療養支援診療所』で働く看護師はまだまだ少なく、もっと増えていかねばなりません。

また、特別養護老人ホーム・老健・グループホームなどにも、もっともっと多くの看護師の方々が働いていただかねばなりません。

そして、障がいのある方々が誰でも地域で安心して暮らしていかれるようになる為にも、看護師のみなさんの存在が不可欠です。

障がいのある方々の入所施設には、看護師のみなさんがいなければそもそも運営できません。

保健・医療・福祉には、あらゆる職種が存在しています。

その中でも特にフジノは「『看護職』を最重要な職種だ」と受け止めています。

このような想いから、市立看護専門学校のみなさまの入学にはこころから感謝しています。お祝いの気持ちよりも先に、「戦友が増えてくれる」という感謝の気持ちがとても強いです。



ご入学おめでとうございます。厳しい日々をどうか同期のみなさまとともに乗り越えて下さいね

そんな政治家フジノの想いとはカンケーなく、新入生のみなさまには学生生活をぜひ楽しんでほしいと願っています。

学ばねばならない科目は多く、臨地実習が始まれば、座学とは異なる圧倒的な現実の前に毎日多くの学びがあるはずです。

先生方、先輩方、地域の保健医療福祉の方々とも、新たな出会いがたくさんあるはずです。

校歌を歌うみなさん。フジノも完璧に歌えます。

校歌を歌うみなさん。フジノも完璧に歌えます。


また、苦しいこともたくさん待ち受けていることでしょう。

看護の世界に入ると覚悟を決めていたとしても、その覚悟を上回る現実に直面した時、こころが折れてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、どうか同期のみなさまにどんどんグチって、相談して、何とか乗り越えてほしいのです。

同じ立場の同期生のみなさんは、卒業して就職しても特別な絆があると卒業生のみなさんはフジノに話してくれます。

これから3年間、フジノも見守り続けています。いつでも困ったことがあれば、ご連絡下さい。

これまでも看護学生のみなさんとは、たくさんの機会に語り合ってきました。

卒業をして仕事についた後も、意見交換を続けています。

ぜひこのまちの人々の為に、一緒に働いていきたいです。

本日は、入学おめでとうございました。



毎冬の楽しみ、逗子高校吹奏楽部のウィンターコンサート!フジノは超オススメです/定期演奏会#47

逗子高校吹奏楽部の定期演奏会へ

午前中の仕事が長引いて終わらずに、15時頃になってようやく文化会館へ向かいました。

会場の横須賀市文化会館にて

会場の横須賀市文化会館にて


今日は、神奈川県立逗子高校の吹奏楽部『定期演奏会#47 Winter Concert2014』に向かいました。

県立逗子高校吹奏楽部・定期演奏会(第47回)

県立逗子高校吹奏楽部・定期演奏会(第47回)


今年4月5日の定期演奏会以来、8ヶ月ぶりの演奏を聴きます。

なんと今年は新入部員が41名も入部したとのことで、総勢120名でここ数年間では最多部員数とのことでした。

ますます期待が高まります。

特にフジノは逗子高校吹奏楽部のショークワイアが大好きです。

Show Choirとは?

Show Choir (ショー・クワイアー)とは歌だけでなくダンスなども取り入れた、パフォーマンスとしての合唱です。

ジャンルを問わずジャズやポップスなど続々な曲を歌います。

アメリカではとても人気のあるジャンルで、アメリカの大ヒット・ドラマ『Glee/グリー 踊る♪合唱部』 で日本でも知られるようになりました。

日本でもフジテレビで日本初のShowChoir ドラマ『カエルの王女さま(出演:天海祐希、石田ゆり子、大島優子ほか)が放送されました。

また、NHK総合『こんにちはいっとろっけん』やJCOMチャンネルデジタル11ch『タなぴ』で逗子高校のショークワイヤーが取り上げられました。

Show Choirチームのホームページhttp://zushishowchoir.web.fc2.com/
(定期演奏会のパンフレットの説明より)




それに地域の活動にも熱心です。

つい10日前には、その取り組みが評価されて『文部科学大臣賞』(第5回青少年フィランソロピスト賞)を受賞したばかりです。

文部科学大臣賞を受賞した逗子高校吹奏楽部

文部科学大臣賞を受賞した逗子高校吹奏楽部


吹奏楽部のみなさんの活動は、日頃からフェイスブックページで発信して下さっているのである程度は知っています。

でも、演奏ばかりは実際に音を聴かなければ分かりません。

総勢120名の新たな逗子高校吹奏楽部がどんな演奏を聴かせてくれるのか、とても楽しみでした。



今回もエンターテイメント爆発の3部構成でした

毎年どんどんクオリティが高くなっていく逗子高校吹奏楽部の定期演奏会。

その特徴は、3つです。

  1. 3部構成で長丁場なのに、1つの曲自体は短めの選曲をしている
  2. 各部ともぐっと盛り上がった所で休憩を挟むので、観客は疲れない
  3. 3部とも「やりすぎくらいがちょうどいい」と言わんばかりのエンタメに溢れているので、飽きる瞬間が無い

もともとの演奏力がしっかりしている上にさらに『遊び心』が詰め込まれて(詰め込みすぎなくらいに!)いるので、毎回必ず楽しめるんです。

これが毎回なのだから本当にレベルが高いなぁ、と感心します。

今日のプログラムは下のとおりです。

プログラム

第1部:
吹嚢楽ステージ

  • 『A New Arrival~新しき人ヘ~』
  • バレエ音楽『青銅の騎士』より
  • オセロ
  • 森の贈り物

第2部:
Show Choirステージ

  • Happy
  • Japanese Tongue-Twistin’ Fugue
  • Linus and Lucy
  • 優しさに包まれたなら

第3部:
ポップスステージ~映画音楽~

  • スター・ウォーズコンサート・コレクション
  • 『風と共に去りぬ』より『タラのテーマ』
  • サウンド・オプ・ミュージツク
  • 『海猿』ハイライト
  • 『アナと雪の女王』よりシンフォニツク・ハイライト

そして、今日の演奏会もまさにあっという間に終わりました。楽しいと時間の感覚が変わってしまうのですよね、不思議。

特に素晴らしかったのは、やっぱりショークワイア。

第2部のショークワイア

第2部のショークワイア


あれだけの広い文化会館大ホールで、ひとりで歌い切った生徒さんの姿には感動しました。

さらに、「やりすぎくらいがちょうどいい」とばかりのエンタメ(しつこくてごめんなさい)が今日も炸裂しました。

スターウォーズの演奏をするのにわざわざダースベーダーの衣装を着て指揮するだけでなく、ニセダースベーダーが現れたり、レイア姫やらC-3POやR2-D2が出てきたり、全く盛り込み過ぎ(笑)

でもそういう1つ1つがお客さんに楽しんでほしくてやっているという気持ちが伝わってくるし、部員のみんなも楽しんでいるのも伝わってくるんです。

さらにしつこいのですが、そういうエンタメが許されるのは吹奏楽部全体の演奏レベルが高いから。

今回も文句なく楽しかったです!

しかも今回は休憩時間に、懐かしい方にお会いしてお話することができました。

そもそもフジノが何故、逗子高校吹奏楽部をここまで応援するようになったか、もはやその当時のきっかけを知っているOB・OGもほとんどいないと思います。

でも、こうした経緯を全て知っている方と再会し、「逗子高校吹奏楽部を見守るという約束をフジノさんがずっと守っていてくれて本当にうれしいです」とおっしゃっていただきました。

ありがとうございます。

今はもう、『見守る気持ち』は半分くらいで、残りの半分は『本当に聴きに来るのが好きになったから毎回来てるだけ』なんですよー。

お話できて、本当にうれしかったです。



みなさまもぜひ定期演奏会に足を運んで下さいね

昨晩フジノは徹夜だったのですが、それでも高校生のみなさんの演奏に元気をもらいました。

それにしても、本当にOB・OGのつながりも強いし、良き伝統が引き継がれているのをつくづく感じます。

逗子高校吹奏楽部のみなさん、バックステージの裏方のみなさん、OB・OGのみなさん、今日はおつかれさまでした。そして、ありがとうございました。

次回は春かな?

また演奏会を楽しみにしています。

これからもどうか練習に大会にがんばってくださいね。

フジノブログを御覧のみなさまも、ぜひ1度、定期演奏会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

こんなに盛りだくさんで音楽を楽しめるのに『無料』なんですよ(有料でいいのに)。

すっごく楽しい気持ちになれるし、オススメです!



「横須賀市民ミュージカルを作る会」(SUKAミュー)が新たなスタート!/ミュージカル「Here’s your world!〜横須賀美術館の夜〜」が上演されました

市民が創りだしたオリジナルのミュージカル

文化会館大ホールで開催された『横須賀市民ミュージカル(SUKAミュー)』を観てきました。

昨日2公演、本日1公演の2日間の為、今日がまさに千秋楽です!

文化会館前にて

文化会館前にて


『横須賀市民ミュージカル(通称SUKAミュー)』とは何か?

ホームページからこれまでの歴史を引用してみます。

2001年、横須賀在住の専門家たちが中心となり、「横須賀を舞台にした世界に1つしかないオリジナル作品を作ろう」という主旨で『横須賀市民ミュージカルを作る会』を立ち上げた。

2006年に活動休止となるが、2009年、『横須賀青年会議所(JC)』との共催公演(4年間の期限付)が決まり、活動を再開。

そして、2012年、横須賀青年会議所との共催公演が終了。

新体制で2013年公演を目指す。

現在はミュージカルという1つの舞台を幅広い世代で作り上げる事によって世代間の交流を生み、横須賀を題材とすることで、横須賀の歴史・文化を再認識し、横須賀を元気にして行こうという目的で活動をしている。

10年を超える活動の中で、活動休止が3年間あったり、『青年会議所(JC)』に力を借りて4年間限りの共催をしたりということもありました。

今年2013年度からは、新しい体制、つまり完全に市民の力でオリジナルのミュージカルを作ることになり、再スタートを切ったのです。

そんな『SUKAミュー』をとても応援したいとフジノは思いました。

今日を迎えるまでにも、いろいろな場でPR活動も行なってきたようです。




上の動画は5月のカレーフェスティバルでのパフォーマンス




上の動画は、7月の『衣笠夕涼み市』でのパフォーマンス。




上の動画は、ダイエーでのパフォーマンス。




最後の動画は、2013年度のキャスト募集の動画です。



「Here’s your world!〜横須賀美術館の夜〜」

今年のタイトルは

『Here’s your World!〜横須賀美術館の夜〜』

です。

物語のあらすじ

横須賀美術館で『世界のおとぎばなし展』を開催中。

誰も知らない真夜中の美術館では、夜ごとに絵の中の者たちが動き出し、いい絵になる為のレッスンに励む。

ある皆既月食の夜、そんな絵の中の世界に入り込んでしまった女子大生の美姫。

一方、あるきっかけから『月と地球の精』が現れ、彼らの出現により美術館の絵の中に新たな世界が生まれる・・・

パンフレット

「Here’s your world」のパンフレット


ステージの幕が開きました!

ミュージカルの開幕です!

ミュージカルの開幕です!


スタートからラストまで、役者のみなさんの演技はマックスでした。

そして、予想をはるかに上回る、素晴らしい作品に仕上がっていました!

客席の中にもメンバーが!

客席の中にもメンバーが!


2時間ものステージでしたが、ストーリーと出演者の歌と踊りに引きこまれてあっという間に感じました

『SUKAミュー』、とても楽しかったです!

「こうした活動が来年も再来年も続いてほしい」と感じました。

かねてからお伝えしてきたとおりで横須賀の中学校の演劇部の実力は、全国大会レベルなのです。

早い時期から下支えされた活動が根付いているからこそ、芸能界や映画・演劇興行界にいる横須賀出身者の数が(これは体感的なことなのですが)多いのだと思います。

どうか関心のある方は、ぜひとも来年は出演する側になってほしいです!