日高庸晴先生、プルスアルハさんにお会いしました!/アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会(2日目)に参加

アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会(2日目)に参加しました

浦郷学童クラブから今度は、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜へ向かいました。

昨日に続いて『アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会』に出席する為です。

アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会会場にて

アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会会場にて


今日のプログラムも受講したいものがたくさんあります。

それに加えて、日高庸晴さん(宝塚大学・教授)の講演があるのですが、その前に数分間ほどお会いできそうなのも楽しみです。

さらに、活動を応援している『プルスアルハ』のみなさんも、『読み聞かせ』で出演されるのです。

シンポジウム『当事者中心の依存症治療・回復支援の発展をめざして』

まず、シンポジウム『当事者中心の依存症治療・回復支援の発展をめざして』に参加しました。

『第2部・当事者からのメッセージ』では、6人の方々(当事者・ご家族)からお話を伺いました。

当事者ご家族のお話

当事者ご家族のお話


フジノはお話を聴きながら、途中、胸が苦しくなって部屋を出たくなるような衝動に襲われてしまいました。なんとかこらえたものの、やっぱり依存症の苦しみは、ご本人・ご家族ともに壮絶なものがあります。

読み聞かせ「ボクのことわすれちゃったの?〜お父さんはアルコール依存症〜」

『第3部・パフォーマンス』では、ついに『プルスアルハ』さんの登場です!

活動のご紹介の後、絵本の読み聞かせが行われました

活動のご紹介の後、絵本の読み聞かせが行われました

ボクのことわすれちゃったの?

ボクのことわすれちゃったの?


『ボクのことわすれちゃったの?〜お父さんはアルコール依存症〜』(家族のこころの病気を子どもに伝える絵本④)プルスアルハ著、ゆまに書房、2014年

お父さんの様子に苦しみ悩むハルくん

お父さんの様子に苦しみ悩むハルくん


フジノの父親は、お酒を飲まずにはいられない人でした。幼い頃、母も僕もとても悲しい想いをしました。

だから、ハルくんの絵本にフジノはとても深く共感しますし、強く胸を打ちます。

ハルくんの絵本を全国各地のことばにするプロジェクトが今広がっています

ハルくんの絵本を全国各地のことばにするプロジェクトが今広がっています


ハルくんは、お父さんのお酒のびんにこっそりと水を混ぜます。フジノも同じことをしたことがあります。ワンカップ酒を隠してみたり、ビールを流しに捨ててしまったこともあります。

お父さんはアルコール治療の専門病棟に入院しました

お父さんはアルコール治療の専門病棟に入院しました


『プルスアルハ』のみなさんは、現役の精神科ドクター・看護師の方々でした。そのみなさんがあえて退職をして、新たに立ちあげたプロジェクトです。

そのチャレンジを、フジノは強い共感を持って応援せずにはいられません。

『臨床の現場』に居る人間にしかできないことがあります。

でも、『臨床の現場』を知っている人間があえて現場を離れて『社会』に打って出て、やらなければならないことがたくさんあります。

会場全体が読み聞かせに聴き入っています

会場全体が読み聞かせに聴き入っています


どんな分野の学会でも、会場では文献の販売ブースが設置されています。もちろんこの3学会合同学術総会でもたくさんの文献が販売されていました。

その中でも、『ボクのことわすれちゃったの?』は完売でした。

嬉しいです。

本当にたくさんのこどもたちに手にとってほしいです。

そして、ハルちゃんやかつてのフジノと同じような状況にいるこどもたちに「大丈夫だよ」のメッセージが届いてほしいです。

まわりにいる大人の方々にも現実を知ってほしいです。こどもたちのチカラになってほしいです。

こちらは今日の読み聞かせの様子では無いのですが、『プルスアルハ』さんがYouTubeに動画としてアップしておられますのでぜひご覧下さい。

プログラムが終わった後、『プルスアルハ』さんとお話をする機会を頂くことができました。

プルスアルハさんとフジノ

プルスアルハさんとフジノ


すでにツイッターなどではしばらく前からやりとりをさせて頂いているのですが、じかにお会いしたのは初めてでしたので、改めてこの活動に取り組んで下さっていることに感謝の気持ちをお伝えしました。

これからもお互いにがんばりましょうね、とエールを送りあいました。

フジノが『プルスアルハ』さんのような取り組みの重要性を感じたのは、2012年7月の日本うつ病学会総会がきっかけでした。

日本には、こどもたちに向けた分かりやすい精神疾患の本がありません。

保護者(例えばお母さん)が精神疾患である場合、こどもはそれを自分のせいだと受け止めがちなのは様々な研究から知られていました。

「きみのせいじゃないよ」

と伝える『心理教育』の分かりやすい絵本が海外にはありました。

Can I catch it like a cold? Coping with a parent's depression

Can I catch it like a cold? Coping with a parent’s depression


「日本にもこうした活動が必要だ!」

と願っていたところに『プルスアルハ』さんたちがまさにその活動をスタートして下さいました。

これからどうか多くのこどもたちが救われてほしいと願ってやみません。



月乃光司さんも出演されました

続いて、以前、新宿のロフトプラスワンで共演させていただいた月乃光司さんも出演、『詩の朗読』を行ないました。

月乃光司さんによる「詩の朗読」

月乃光司さんによる「詩の朗読」


月乃光司さんもますます素晴らしいご活躍をされていて、嬉しいです。



書ききれなくてごめんなさい

和田清先生「薬物依存症者におけるC型肝炎・HIV感染の実態」

和田清先生「薬物依存症者におけるC型肝炎・HIV感染の実態」

日高庸晴先生の講演「ゲイ男性における薬物使用とHIV感染リスク行動」

日高庸晴先生の講演「ゲイ男性における薬物使用とHIV感染リスク行動」

福生泰久さんの講演「厚生労働省における薬物依存症に対する取り組み」

福生泰久さんの講演「厚生労働省における薬物依存症に対する取り組み」

小泉典章さんの講演「全国精神保健福祉センターの薬物依存症対策の現況」

小泉典章さんの講演「全国精神保健福祉センターの薬物依存症対策の現況」

長徹二先生の講演は素晴らしかったです!

長徹二先生の講演は素晴らしかったです!


(ブログ記事は続きます。途中までのアップでごめんなさい)

「第1回シルバーリボンデー」@ロフトプラスワンに出演しました(その2)/世界メンタルヘルスデー

その1から続いています)

パネルディスカッションで激論を繰り広げました

第1部はパネルディスカッションです。
 
テーマは『心の病への負のイメージをなくすためには』です。

20111010everyone


出演者は、フジノを加えた5名。

このイベントは、Ustreamでインターネット生中継されました。
 
さらに録画も中継されていますので、ぜひこちらをご覧ください。



Broadcast live streaming video on Ustream




いつものことながら、会場に来ることができない方々とつながりたくて、ステージの上からもフジノはツイッターでつぶやいてました。

20111010silverribbonday06


ステージ上でも写真を撮ってました。



月乃光司さんの朗読

休憩をはさんで、第2部はライブです。

月乃光司さん(『こわれ者の祭典』代表)の、まさに魂の叫びと呼ぶべきパフォーマンスを聴かせていただきました。

20111010silverribbonday07


2002年から月乃さんが開催してきた『こわれ者の祭典』ですが、つい先月には横須賀でも行なわれました。

これまでフジノは対談集や詩は読んだことがあっても、月乃さんのパフォーマンスを観る機会がありませんでした。

実際に目にした月乃さんのそれは、ラップやヒップホップに通じるものがあるな、と思いました。

また、フジノ自身の街頭演説ととても共通しているものを感じました。



Broadcast live streaming video on Ustream



堀川ひとみさんのライブ

続いて、堀川ひとみさん(うたの国のprincess)のライブです。

20111010silverribbonday08


彼女の歌もフジノは全く初めて聴いたのですが、完全に圧倒されました。素晴らしいです!

今日の会場は座席があったので座っても観られるのですが、フジノは最後まで立って観てました。

圧倒的なその歌のすごさに座って聴けるような音楽じゃなかった、というのが率直な想いです。

歌詞、音、立ち振る舞い、表情、存在感、そのいずれもすごかった。



Broadcast live streaming video on Ustream


僕は堀川さんの存在をリスペクトせずにはいられません。素晴らしかったです!



クロージング

ライブが終わり、最後のプログラムへ。

『NPOシルバーリボン』のみなさんがステージに上がって、その活動への理解と協力を訴えました。

20111010silverribbonday09


イベントは、まさに大成功でした!



Broadcast live streaming video on Ustream



「第1回シルバーリボンデー」@ロフトプラスワンに出演しました(その1)/世界メンタルヘルスデー

世界メンタルヘルスデー/シルバーリボンデーのイベントへ

今日は、秋晴れの良い天気でしたね。
 
朝からフジノは、東京・新宿へ向かいました。

『NPOシルバーリボン・キャンペーン』が主催して行なった『第1回シルバーリボンデー』に出演する為です。

画像は、新宿東口。スタジオアルタ前ですね。

20111010shinjuku


この駅前に来るといつもフジノは、あの東京都知事選挙の前日の夜を思い出します。

あれからすっかり時が流れたなあ。
 
今日10月10日は『世界メンタルヘルスデー』なのですが、それにちなんで「精神疾患への偏見を無くす為には?」という趣旨のイベントが開かれました。

そもそも「世界メンタルヘルスデーって何?」という説明はぜひこちらをご覧くださいませ)

これから毎年、開催されることをフジノは願っています。

20111010silverribbonday01


さて、今日の会場は『新宿ロフトプラスワン』です。

『サブカルチャーの殿堂』と言われるホールなのですが、ふだんは観客として入る場所ですよね~。

ということで、関係者や出演者以外はなかなか入ることができない『楽屋』をちょっと紹介します。

ホールの脇にある階段をあがると6畳ほどのスペースがあります。

壁の2面が鏡貼りになっていて、テーブルが置かれています。
 
病院の待合室にあるような簡易ソファと、イスが数個。5人も入ればぎゅうぎゅうな感じです。

もう1面にはトイレがあって、残りの壁側にホールを映しているモニターがあります。

パネルディスカッションでご一緒させていただく月乃光司さんにモデルになっていただいて、記念に1枚。

楽屋はこんな感じでした。
        ↓
20111010silverribbonday05


今回の企画を半年前に聴かされた時にフジノは
 
「ロフトプラスワンでやるなんてちょっと無謀じゃないか...」
 
と思いました。

でも、『NPOシルバーリボン』のみなさんの実力はすごかった!
 
会場は完全に満員でした!

熱気もすごかったです。

こうして、満員のお客さまを前に、久保さんのギター演奏からイベントはスタートしました。
          ↓
20111010silverribbonday02


久保さんは、この後のパネルディスカッションで司会も勤めてくれました。

昨日、都内で行なわれて大成功に終わった『第2回リカバリーパレード』でも、久保さんは大活躍だったのです。

「精神保健医療福祉の世界にも世代交代が絶対に必要だ」

と『旧世代』に属するフジノは痛感している中で

久保さんのような『新しい世代』の方々がどんどん現れてくれることをフジノはこころから願っています。

司会の松本さん

司会の松本さん


続いて、栃久保寿治さんからごあいさつがありました。

2002年、日本にシルバーリボンを紹介して下さったのは福島県にお住まいの栃久保さんご夫妻なのですね。

フジノが初めてシルバーリボンを胸に付けたのは2003年11月11日からですが、当時はまだ全くシルバーリボンは知られていない状況でした。

栃久保さんは、福島県で被災されて避難先で暮らしておられます。

厳しい状況に置かれながらも今も、精神保健福祉に関する相談を受け続けていらっしゃいます。

栃久保さんごあいさつ

栃久保さんごあいさつ


地道に活動を一生懸命に続けてこられた栃久保さんご夫妻の活動に、こころから敬意を表したいです。

その2へ続きます)