「婦人会館」1階の様子をご紹介します/「婦人会館」が2016年3月31日をもって閉館されました(その2)

前の記事から続いています)

館内の様子を写真で紹介します

では、続いて『館内』の様子を写真でご紹介いたします。

館内の配置図

館内の配置図

玄関

玄関


菊池寛さんの小説『不壊の愛』の中に、『婦人会館』の過去の様子が記されています。

菊池寛「不壊の愛」より

菊池寛「不壊の愛」より


(このボードは市民の方が寄贈して下さったものです)

不壊の愛

菊池 寛

「私は、数年来毎夏、湘南大津に避暑してゐる。

毎年定まって、同じ家を借りてゐる。

その家は庭が少しもないのだが、その家の二階から見下ろす隣家の庭が、芝生を一杯に植ゑた、西洋風の美しい庭園なので私はいつも、

『この家は、庭はちっともないが、お隣の庭を自分の家の庭だと思ってゐたら、それで間に合ふ。』

と、云ってゐる。

隣の邸は、三百坪ばかりの広い庭だのに、建物はごく小さく、わづかに四間か五間かの平屋が、庭の一隅に、小ぢんまりと建ってゐる丈だった。

しかし、それはそこに住んでゐる老人夫婦には、充分な広さであった。

夫婦は子無しであるらしく、夏海に行っても子や孫らしい家族は見かけなかった。

老人の姓は、松波謙介と云った。

もうすっかり白髪になってゐたが、雄偉と云ってもよい堂々たる体格であった。

老妻の方は小柄な上品なお婆さんで、目鼻の整った、若い時はどんなに可愛かったであろうと思はれる老女であった。」

こうして菊池寛さんにも愛されたのが、ここ『婦人会館』なのです。

玄関に貼られている「利用者のみなさまへ」の文書

玄関に貼られている「利用者のみなさまへ」の文書


横須賀市の所管になってからは、地域コミュニティの拠点として貸し館をしてきました。

囲碁や将棋をするグループ、裁縫やお花の教室など、いろいろな方々がここに集い、交流し、生きがいを見つけてきました。



まずは1階の様子です

それでは1階の様子です。

玄関から左側を観たところ

玄関から左側を観たところ


玄関から左側は、後年になって増築されたものです。

玄関から右側へ

玄関から右側へ


明治四十年からのオリジナルの建物は、玄関から右側の部分になります。

明治四十年の建築当時のまま

明治四十年の建築当時のまま


関東大震災、東日本大震災を乗り越えてきました。

学習室1と2のあいだにある「欄間」

学習室1と2のあいだにある「欄間」


最終日ということで職員のみなさんも片付けに忙しかったのですが、フジノがお邪魔すると手を休めていろいろなお話を聴かせて下さいました

所管として管理運営をして下さった教育委員会職員のみなさん

所管として管理運営をして下さった教育委員会職員のみなさん


毎日の出来事、東日本大震災の日、大吹雪の日など、様々な出来事を聴かせていただきました。いかに『婦人会館』が愛されてきたのかを改めて感じさせられました。

110年、風雪に耐えてきた


これまでずっと『婦人会館』を守って来て下さった職員のみなさまに対しても、「閉館・廃止を止められなくて申し訳ございませんでした」と深くお詫びをしてまいりました。

学習室1の廊下

学習室1の廊下

学習室7の廊下

学習室7の廊下

廊下を照らす電灯


学習室7と8の様子

学習室7と8の様子

廊下でふと立ち止まっても見とれてしまう光景

廊下でふと立ち止まっても見とれてしまう光景

趣のある廊下

趣のある廊下

柔らかな陽射しと長い月日を経た木材

柔らかな陽射しと長い月日を経た木材

和室


廊下の木目も美しい

廊下の木目も美しい




(次の記事へ続きます)



長年にわたって「婦人会館」を愛してこられたみなさまに心からお詫びを申し上げます/「婦人会館」が2016年3月31日をもって閉館されました(その1)

本日2016年3月31日をもって「婦人会館」が閉館します

吉田市長によって定められた『施設配置適正化計画』。

吉田市長が定めた「横須賀市施設配置適正化計画」

吉田市長が定めた「横須賀市施設配置適正化計画」


この中で、『廃止』が明記されていました。

「施設配置適正化計画」P29より

「施設配置適正化計画」P29より


ここに至るまで、『婦人会館』を愛してこられた方々は多く、たくさんの閉館反対の声がありました。

市議会にも反対を求める『陳情』が出されました。

しかし、残念ながら結論は覆りませんでした。

2016年3月24日・神奈川新聞より

2016年3月24日・神奈川新聞より


すでにメディアの報道でもご存知の方も多いと思いますが、本日2016年3月31日をもちまして『婦人会館』が閉館されます。



その美しい建物と庭園をせめて写真に残したいと思いました

最終日の今日。

政治家としては『婦人会館』を守れなかったお詫びに、個人としては素晴らしき歴史的文化財を目に焼き付ける為に、『婦人会館』へと向かいました。

なるべくたくさんの写真を撮って、画像だけでも遺しておきたいと思います。

京急大津駅を降りて歩くこと三分ほどで、印象的な生け垣が見えてきます。

馬堀町1丁目に婦人会館はあります

馬堀町1丁目に婦人会館はあります


ココです!

「婦人会館」の門です

「婦人会館」の門です


懐かしい。

「門」をくぐると建物が見えてきます

「門」をくぐると建物が見えてきます


門を入ると、美しい庭が広がっています。

旧佐賀藩士が別荘としたそうですが、この美しい庭を愛でたのでしょうね。

でも、まずは建物の外側をじっくりと眺めましょう。

「婦人会館」の建物(玄関から左側は後年に増築されたものです)

「婦人会館」の建物(玄関から左側は後年に増築されたものです)


この建物は、大きく2つに分かれています。

明治40年に建設された最も古い部分が右側です。

「婦人会館」と言えば「松」です

「婦人会館」と言えば「松」です


『婦人会館』の松はどれも本当に印象的ですね。

玄関とその右側はまさに明治40年に建築されたまま

玄関とその右側はまさに明治40年に建築されたまま


玄関から左側と2階は、昭和14年に『浦賀船渠』の保養所にかわってから建て増しされました。

ぐるりと裏側へ

ぐるりと裏側へ


建物の裏側にも行ってみます。

右側の裏側へ

右側の裏側へ


そういえば、裏側に回ったのは今回が初めてでした。

同じ側面を少し離れたところから(松が印象的ですね)

同じ側面を少し離れたところから(松が印象的ですね)


市は「耐震化工事をしていない」ことも廃止の原因の1つに挙げていましたが、そもそも建築後に関東大震災を乗り越えて、さらに2011年には東日本大震災も乗り越えて、建物の損壊はありませんでした。

再び正面玄関に戻ってきました

再び正面玄関に戻ってきました


さて、正面玄関に戻ってきました。

それでは建物の中に入ります!

それでは建物の中に入ります!


次の記事では建物の中をご紹介しますね!

次の記事へ続きます)