今年も「民生委員・児童委員大会」に参加しました/地域福祉の最後のとりで

今日は、ずっと雨でしたね。

フジノはお昼から、汐入駅前のベイサイドポケットへ向かいました。

横須賀芸術劇場の建物の中にベイサイドポケットはあります

横須賀芸術劇場の建物の中にベイサイドポケットはあります

昨年に続いて『民生委員・児童委員大会』に来賓としてお招きいただきました。

今年もお招きいただきました

今年もお招きいただきました


横須賀の民生委員・児童委員のみなさまが一堂に会する、大切な機会です。

板橋衛・市議会議長による来賓あいさつ

板橋衛・市議会議長による来賓あいさつ


毎年5月12日の『民生委員・児童委員の日』にあわせて、全国でいろいろな活動が開かれています。

横須賀市での取り組みの1つがこの『民生委員・児童委員大会』です。

民生委員・児童委員、本当に素晴らしい仕事です。

シンボルマーク

シンボルマーク

東日本大震災では、たくさんの民生委員の方々が命を落としました。

地震発生後、本来であれば高台に避難することができた民生委員の多くの方々が、担当地域のご高齢の方々の避難を助ける為に地域へと戻っていって、津波へ飲み込まれてしまいました。

民生委員の仕事は、まさに命を賭して命を守るものなのだということを痛切に感じさせられました。

民生委員の任期は3年間です。

今期のみなさまは東日本大震災の直後に就任された方々で、今年いっぱいで任期が終わります。

特に今期のみなさまに対して、2011年3月11日以降の厳しい日々を、ともに地域福祉を守る為に全力を尽くした同志なのだという想いをフジノは持っています。

昨年(2012年)度、フジノは『民生委員推薦会』委員も勤め、任期中の欠員を推薦する役割も担わせて頂きました。

みなさまには、ただひたすらに感謝の想いでいっぱいです。

任期は12月まであと半年ですが、どうか最後の引き継ぎが終わるその時まで、地域で暮らす市民のみなさまの為に、一緒にがんばっていってください。

どうぞよろしくお願いします。

また、今年は鈴木達也会長が定年を迎えて、引退しなければなりません。

挨拶に立つ鈴木達也会長

挨拶に立つ鈴木達也会長


鈴木会長は、民生委員・児童委員の横須賀市の会長であると同時に、神奈川県全体の会長も勤めて下さっています。

フジノが政治家に転職して以来、地域福祉の重要性に初めてリアリティーを持って教えて下さったのが、鈴木達也会長です。

鈴木会長とフジノ

鈴木会長とフジノ


地域福祉を担って下さった先輩方が相次いで引退していくことが、フジノにはさみしくてたまりません。

けれども、そうした良き先輩方の築いて下さったこのまちの福祉を、僕たちの世代がしっかりと受け継いで守っていかねばならない、という決意は常に持ってきました。

東日本大震災のような大災害は、必ず再びやってくるでしょう。

また、災害が起こらなくとも、貧困や低所得、病気や障がい、十分な教育を受けられないこどもたち、劣悪な環境での暮らし、雇用の悪化や失業など、向きあわねばならないことは常にあります。

民生委員・児童委員のみなさまとともに、政治家として全力を尽くして地域福祉を守っていきたいです。

自殺対策街頭キャンペーン@横須賀中央駅前/自殺対策強化月間(2013)

3月は自殺対策強化月間です

毎年3月は『自殺対策強化月間』です。

内閣府の自殺対策強化月間のホームページ

内閣府の自殺対策強化月間のホームページ


先週の汐入駅前おとといの北久里浜駅前に引き続いて、今日も自殺対策街頭キャンペーンを行ないました。



トップの参加は本気度を示すバロメーター

最終回の今日は、京浜急行の横須賀中央駅前Yデッキで行ないました。

市の担当部署をはじめ、自殺対策連絡協議会に所属する様々な関係機関、NPO、ボランティアの方々にご協力を頂いて、リーフレットなどの配布を行ないました。

横須賀中央駅東口改札

横須賀中央駅東口改札


今日は吉田市長も参加してくれました。

市が自殺対策に全力をあげて取り組んでいること、市民のみなさまにいつでもご相談をしていただきたいと願っていることを、メガフォンで語りかけていただきました。

吉田市長がマイクで呼びかけつづけました

吉田市長がマイクで呼びかけつづけました


自殺対策の専門家の間では「まちのトップ(首長)が自殺対策に本気だという姿勢を示すことがとても有効である」というのが定説になっています。

そうしたことから、かつては職員任せで街頭キャンペーンを行なっていた他のまちでも、今では首長(県知事・市長)が街頭キャンペーンに参加するようになりました。

しかし、横須賀市では初年度(2008年)から蒲谷前市長が参加して下さいました。

もちろん吉田市長も、必ず街頭キャンペーンに参加し続けて下さっています。

自殺対策への横須賀市の本気度は、こうしたトップの姿勢にも表れているとフジノは感じています。



『数』を重視したキャンペーンはひと区切り

これまで横須賀市では、年数を重ねるごとに街頭キャンペーンの開催場所(駅数)をどんどん増やしてきました。

2010年度には、市内全21駅にて行なってきました。

それには理由があります。

「自殺」という単語を使うことさえはばかられていた日本の風土もあって、横須賀市として、まず最初の数年間は『対象』を1人でも多くの市民の方々と設定して、広く啓発することに力を入れてきました。

つまり、広く全ての人々へ関わっていく『ポピュレーション・アプローチ』という手段をとってきたのです。

『ポピュレーション・アプローチ』とは、対象を一部に限定しないで集団全体へアプローチをし、全体としてリスクを下げていこうという考え方や取り組み

5年間にわたって『ポピュレーション・アプローチ』を行なってきた結果、「一定の成果を得ることができた」とフジノは考えています。

そこで、2012年度をもって、横須賀市の自殺対策街頭キャンペーンは、この方式を「ひと区切り」とすることになりました。

キャンペーンの開催回数を増やすことや、1人でも多くの市民のみなさまに広くお伝えすることから、2013年度から新たな方法に取り組み始めることになりました。

つまり、『ハイリスク・アプローチ』への方針転換です。



『ハイリスク・アプローチ』への新たな挑戦

横須賀市の自殺による犠牲者を年齢別にみると、ご高齢の方々が多いのが特徴です。

全国的な傾向としては若年層の死因ワースト1位が自殺です)

つまり、横須賀市においては自殺のハイリスク者は、ご高齢の方々なのです。

『ハイリスク・アプローチ』とは、集団のうち、危険度がより高い者(ハイリスク者)に対して、その危険度を下げるよう働きかけをして病気を予防する考え方や取り組み

そこで、新たな取り組みをスタートします。

横須賀市では『モデル地区』を定めて、ご高齢の方々のお宅を全戸訪問して、『よこすか心のホットライン』の利用方法をご高齢の方々に直接にお伝えしていくのです。

昨日3月14日の教育福祉常任委員会において、フジノはこの点について質疑を行ないました。

これを読んで頂ければ、『ハイリスク・アプローチ』のイメージがわかりやすいと思います。

2013年3月14日・教育福祉常任委員会
question (フジノ)
健康づくり課に『自殺対策街頭キャンペーン』の新しい展開についてうかがいます。

まず、先日も本当におつかれさまでした。

さて、これまで横須賀市では『自殺対策街頭キャンペーン』を3月と9月に行なってきました。

新年度から、今後、新しい展開に歩み出すことになると思います。

それは具体的には『モデル地区』への『全戸配布』や、直接ご訪問して使い方をより詳細に説明していく、という在り方も検討しておられるとうかがっています。

これは具体的にどのように行なっていく予定でしょうか。

answer (保健所健康づくり課長)
まず『街頭キャンペーン』ですが、9月と3月に3駅ずつ合計6駅キャンペーンを行なって参りました。

3年ほど続けた中で、ずっとそれを続けるというのもいかがか、ということになりました。

『街頭キャンペーン』につきましては、今後も自殺予防月間の9月に1駅、3月の自殺対策強化月間に1駅は継続して行なってまいります。

これは『ポピュレーション・アプローチ』という意味合いから、各1回ずつはやりたいと思います。

そして今、自殺者で増える傾向にありますのが、高齢者でございます。

高齢者の方には、なかなかこういった『よこすか心のホットライン』などの冊子が届かないといった現状がございます。

そこで、全世帯というのはいちどきにはできませんので、毎年少しずつ、民生委員さんのご協力をいただきながら、高齢者世帯のお宅に実際に訪問して、「よこすか心のホットライン」をお渡しするような個別訪問のキャンペーンを考えております。

question (フジノ)
『よこすか心のホットライン』は非常に良く相談窓口が網羅されている一方で、適切な使い方をご高齢の方々にわかっていただくというのはなかなか大変だと思うのです。

それは、どんなふうにやっていかれるのでしょうか。

answer (保健所健康づくり課長)
訪問について今考えておりますのは、日頃おつきあいのある地域の民生委員さんとともに健康づくり課の職員がお邪魔して、一番は「何かあったら保健所健康づくり課の方にご相談ください」「なんでもけっこうです」というようなことをお伝えするのが簡便かと思います。

一方『よこすか心のホットライン』などの冊子もございますので、お悩みの原因がハッキリしているのでしたら「こちらにどうぞ」と言うような、訪問と会話によって、孤立してないということをお伝えしたいと考えています。

question (フジノ)
ご自身のお困り感・悩み事と、具体的な相談窓口の名称が一致しないというようなこともよくあります。

じっくりとお話をしながら具体的に分かりやすくご説明していっていただけたらと思います。

フジノはこの方針転換を強く支持しています。2つの意味で重要だからです。

第1に、全国的に、ご高齢の方々は相対的に自殺のリスクが高い存在です。

第2に、日本人は誰かに助けを求める『援助希求』がとてもヘタだと言われています。

そんな中、横須賀市では『ハイリスク・アプローチ』を新たにスタートさせます。

地域の民生委員の方々とプロの保健師の方々が、ハイリスクである高齢者の方々に、援助希求の力を高める1つとして、お困りごとの相談窓口へつながっていくことを分かりやすくサポートしていくのです。

この2つへのアプローチはとても重要です。

その効果(高齢者による自殺の減少)がデータで具体的に表れるまでには、数年間はかかるでしょう。

けれども、『援助希求』の力を高めていくことは、ご本人だけでなく、まわりに暮らすご高齢の方々のサポートにもいずれ役立っていくことが期待されます。

さらに、今後も年2回は『自殺対策街頭キャンペーン』を継続していくことで『ポピュレーション・アプローチ』をも継続していくのです。

この2つのアプローチを進めていくことで、10年後の目標を必ず実現できるとフジノは信じています。

今夜も『街頭キャンペーン』を一緒にがんばって下さった参加者のみなさんと、記念撮影です。

参加者のみなさまと

参加者のみなさまと


みなさま、本当におつかれさまでした。

そして、リーフレットを受け取って下さったみなさま、本当にありがとうございました。

これからも、自殺による犠牲者を1人でも減らしていく為に、フジノは全力を尽くしていきます。

どうか市民のみなさまもご協力をお願いします。



横須賀市の「自殺対策シンボルマーク」がピンバッジになりました/自殺対策に取り組む有志の目印ですね

横須賀市の『自殺対策シンボルマーク』である『カタバミ』がピンバッジになりました

横須賀市は、自殺対策シンボルマークとして『カタバミ』のデザインを制定しています。

横須賀市自殺対策シンボルマーク

横須賀市自殺対策シンボルマーク


これまでにもこのマークがついた帽子&Tシャツはありました。でも、あくまでも街頭キャンペーン用の特別のものでした。

それに対して、ピンバッジは毎日付けることができますから、想いをこころに抱いているということをピンバッジに託していつも発信することができますね。

自殺対策シンボルマークのピンバッジををスーツに付けた様子

自殺対策シンボルマークのピンバッジををスーツに付けた様子





シンボルマークの由来について

今回の作成にあたっての横須賀市からの説明は下のとおりです。

横須賀市自殺対策シンボルマークについて

  1. シンボルマーク制定の経緯
    自殺予防対策を実施するに当たり、横須賀市が自殺対策を推進しているということ、専門職や市民の意識啓発のため、シンボルマークを平成20年7月に横須賀市自殺対策連絡協議会の賛同を得て制定しました。

  2. シンボルマークを「カタバミ」にした根拠
    モチーフである「カタバミ」は、カタバミ科の植物で、多年草で、花言葉は「輝く心・心の輝き」です。

    「カタバミ」は雑草として、至るところに生えています。春から秋にかけ黄色の花を咲かせます。葉は、ハート型の3枚が尖った先端傭を寄せ合わせた形で、地下に球根を持ち、さらにその下に大根のような根を下ろします。葉は球根の先端から束に出て、地表に広がります。

    よくクローバーと間違われますが、クローバーは葉の形状が丸いところに違いがあり、まったく異なる植物です。

    この「カタバミ」は、繁殖力が強く、一度根付くと絶やすことが困難であるともいいます。人もこのたくましさと、輝く心を持っていただきたいとの思いを込めて、この「カタバミ」を選択しました。


  3. シンボルマークのデザインについて
    デザインは、自殺対策のキーワードである「孤立させない」、「寄り添う」ということから、2枚の「カタバミ」を寄り添わせたデザインにしました。

  4. シンボルマークの色について
    色については、ピンク色に近い藤色としました。

    自殺対策ということから落ち着きのある色、また、自死遺族への配慮などから部内で決定し、『自殺対策連絡協議会』に図りました。藤色は心を癒す色とされております。


  5. ピンバッチの使用について
    ピンバッチを作成した理由は、自殺対策に理解を示していただいている方を対象に、配布していきたいと考えております。

    特に、22〜23年度に相談機関、民生委員、消防、警察、介護支援事業者等の方を対象に積極的に自殺対策に係る研修を実施していく中で、研修をとおして自殺対策の必要性について理解し、今後の相談業務等をとおして、辛い悩み等を抱えている人に対し、話を聴いて必要な援助機関に繋げていくことの大事さや相談の裏には自殺の問題が内在していることを認識していただき、常にそのような視点の必要性に気付いていただくため、このピンバッチを配布していきたいと考えております。

研修を受けてくれた方々を中心にこのピンバッジをお配りするみたいですね。

みなさまも、まちでこのピンバッジを付けている方を見かけたら「一緒にがんばっていきましょうね!」と声をかけてくださいね。

自殺対策は、顔と顔が見える関係をどんどん増やしていって、セーフティネットが細かく大きく広がっていくことが必要です。ピンバッジを付けている方々同士が顔の見える関係になっていってどんどんつながっていくことができたならばこのまちの自殺対策はさらに進んでいくはずです。

ぜひこのピンバッジをその為の『目印』にしてくださいね!