4月1日、市内初の24時間対応の訪問介護&看護がスタート!/さくらんぼ武山

*3月29日追記*

本日、コバヤシ・ファシリティーズから急遽「人員確保が実現できなくなってしまった為、申請を取り下げたい」との連絡を受けました。

それを受けて、横須賀市としては「4月1日からの指定を行ないわないこと」を決定しました。

人員確保のめどがつきしだい、再度の申請・再度の指定が行なわれるはずです。

4月1日からのスタートは延期となりました。フジノとしては改めて看護・介護人材の確保の難しさを痛感しました。

下の文章は、今後の再度の申請に向けてそのまま掲載をしておきたいと思います。



素晴らしいお知らせ

とても良いお知らせがあります。

4月1日から24時間対応型のホームヘルプ&訪問看護がスタートします!

事業所の名前は『さくらんぼ武山』

対象地域は『衣笠』『久里浜』『北下浦』『西』の4行政センター管轄区域です。

介護保険運営協議会で「指定の申請」が承認されました

介護保険運営協議会で「指定の申請」が承認されました


今日開催された『介護保険運営協議会』で、『指定の申請』が無事に承認されました。

これによって、ついに横須賀でも24時間365日の訪問介護・看護がスタートします。

本当に良かったです!

介護保険運営協議会を傍聴するフジノ

介護保険運営協議会を傍聴するフジノ


昨年12月の活動日記でフジノがお知らせした2事業所(ジャパンケアサービス、聖隷福祉事業団)は2013年の夏以降のスタートです。

『さくらんぼ武山』は一足早いサービス開始です。つまり、横須賀市で初めてのスタートになります。

先ほどの2事業所は、国の補助金を利用してスタートさせるものです。

かたや『さくらんぼ武山』は、補助金を利用せずに、民間事業者が自己資金のみでスタートさせるものです。

補助金を活用する/しないを問わず、24時間のサービスをスタートするには『市の指定』を受ける必要があります。

今日の『介護保険運営協議会』では、『さくらんぼ武山』の申請について審議されました。その結果、『市の指定』が決定となりました。



住み慣れた自宅で安心して暮らせるサービス

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、何か?

自宅で24時間365日の訪問サービスを受けられる画期的なサービスです。

具体的な内容を『さくらんぼ武山』の実際の写真からご紹介してみますね。

まず、介護認定を受けている方々(利用者)が『さくらんぼ武山』に申し込みをします。

このサービスが利用者に必要なサービスだとされたら、ケアプランが作られます。

白黒写真でごめんなさい。訪問する車たち

白黒写真でごめんなさい。訪問する車たち


ケアプランに基づいて、1日に数回、ホームヘルパー・看護師等が「定期的」に自宅を訪問してくれます(定期巡回サービス)。

市内には車の入れない所も多いので電動自転車も活躍するでしょうね

市内には車の入れない所も多いので電動自転車も活躍するでしょうね


今回の場合、『さくらんぼ武山』のある武1丁目から、ホームヘルパーさん・看護師さんらが利用者の方々のご自宅へと向かいます。

事業所は武1丁目。ここから利用者の方の自宅へと訪問します

事業所は武1丁目。ここから利用者の方の自宅へと訪問します


利用者のみなさまには、必ず『ケアコール端末』が渡されます。

簡単なスイッチだけのスマートフォンで、これがいざという時に役立ちます。

ケアコール端末。ソフトバンクの「みまもりケータイ」です

ケアコール端末。ソフトバンクの「みまもりケータイ」です


もしも体調が悪くなったり不安が押し寄せてきた時には、手元のケアコール端末で「SOS!」を出すと、24時間対応のオペレーターにつながります。

オペレーターが24時間応答してくれます

オペレーターが24時間応答してくれます


オペレーターと言っても、実際に自宅まで来てくれる看護師・介護福祉士の方につながります。

毎回見ず知らずの方が出るコールセンターとは違って、ふだんからケアを受けている顔見知りの方が返事をしてくれます。

そして必要があれば、ご自宅へと急行して来てくれます(随時対応サービス)。

住み慣れた自宅で安心して暮らしていくことができるようになります!

これが24時間対応型の訪問介護看護です。

これこそ、『地域包括ケア』の切り札なのです。



もっと数を増やさねばいけない

『さくらんぼ武山』は4月1日スタートで、まずは5名の方々の利用を予定しているとのことでした。

順調にいけば、2013年中に60名の方々のご利用を見込んでいるそうです。

こんな素晴らしいサービス、誰もが受けたいですよね?

でも、まだまだ数が足りません...。

横須賀市内の要介護認定を受けている高齢者の方々は、1万8,274名です(2011年11月現在)。

そのうち、このサービスを利用できるのは、今のところわずか60名。

もっともっと増やしていかなければなりません。

この24時間対応型の訪問介護看護サービスを市内全域に広めていくことは、フジノの夢です。

2025年を前に「絶対に実現させなければならない」と強く願っています。

絶対に必要なサービスなのです。

これはフジノの夢であるとともに、社会福祉を守る政治家としての使命です。

どうか市民のみなさまの力を貸して下さい。

介護保険課・指導監査課・高齢福祉課、そして、スタートは赤字になるのが確実であるにも関わらず手を挙げて下さった『コバヤシ・ファシリティーズ』のみなさん、ありがとうございます!



鞆の浦さくらホームの実践/地域包括ケアの切り札、小規模多機能型居宅介護

大学院で聴講、今夜のテーマは「小規模多機能」!

総合福祉会館を出て、事務所で1時間半ほど作業をして、次は東京・青山一丁目駅へ向かいました。

地域包括ケア・地域連携を学ぶ為国際医療福祉大学院で聴講です。

12fujino

今夜のテーマは『小規模多機能型居宅介護拠点が取り組む地域連携』です。

講師は、小規模多機能居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働く石川裕子さんです。

12MsIshikawa

石川先生が働く『鞆の浦さくらホーム』は、広島県福山市の鞆町にあります。万葉集にも登場するほどの長い歴史を持つ古いまちです。

12map

お寺をはじめとする古い町並みがそのままにとどめられている為、映画のロケにもしばしば使われています。

2008年に公開されたスタジオジブリの映画『崖の上のポニョ』の舞台として、有名になりました。

鞆の浦

かつては港町として栄えましたが、戦後に入り、少子高齢化と人口減少の傾向にあります。

2012年現在で人口はわずか4568人ほど、なんと高齢化率は43.4%となっています。

鞆町の人口構成

しかしその一方で、そんな古いまちだからこそ、良い意味での『人と人との絆』も『地域社会としての連帯感』も強く残っています。

本人が望めば、『施設』だけではなく、住み慣れた『地域』や『自宅』で最期の日まで暮らせるようにすること=地域包括ケアを実現することが、日本の目指している姿です。

12net

けれども、政治・行政による公的なサービスだけでは、地域包括ケアは実現できません。

上の図でも示してある通りで、

  1. 隣近所・友人・家族・親族などのパーソナルサポートネット
  2. 地域のセーフティネット機能
  3. 介護保険制度などのセーフティネット

この3つの層の網が張られていることで、人は地域で暮らしていかれるのだと思います。

12personcenterdcare

まさに今も鞆町に強く存在しているつながりこそ、地域包括ケアの実現には不可欠であることを石川先生の講義から感じました。

小規模多機能ってなあに?

今夜のテーマであった『小規模多機能』について、フジノから少し記したいと思います。

2015年に団塊世代が高齢者(65才以上)になることへ対応する1つの取組みとして、2006年の介護保険法改正から新たに導入されたサービスです。

今までは精神科病院に入院させられていたような、重い認知症の状態になっても地域で暮らしていかれるように、より対応していくことができるサービスです。

小規模多機能型居宅介護イメージ

『小規模多機能』という呼び名は省略形で、正式には『小規模多機能型居宅介護』のことです。

  • 小規模=特別養護老人ホームなどの大規模の施設と比べて小さいという意味です。
  • 多機能=「訪問サービス」プラス「通い」プラス「泊まり」と、複数の機能を1箇所で持っているという意味です。
  • 居宅介護=自宅(居宅)で暮らして行かれるように介護サービスを行なう、という意味です。

他市や他県からの人も利用できる特別養護老人ホームとは違って、小規模多機能はそのまちの人しか利用できません。

『泊まる』ことはできるけれど、特別養護老人ホームやグループホームと違って『暮らす』ことはできません。

農地などの『市街化調整区域』に建設を認められてきた特別養護老人ホームと違って、小規模多機能は住宅地など地域の中にしか立地できません。

つまり、全ては『自宅(=在宅)での暮らし』をサポートしていくのが目的だから、です。

小規模多機能型居宅介護のイメージ

地域包括ケアを実現する上で、この小規模多機能型居宅介護は不可欠です。大切な地域密着型サービスの1つです。

横須賀市内の小規模多機能はわずか3ヶ所

現在、横須賀市内に小規模多機能型居宅介護支援事業所は3ヶ所しかありません。

『第5期介護保険事業計画』では、給付額(サービスを使うことで介護保険から支払われるお金)は2013年1億9400万円、2014年2億6100万円、2015年3億3000万円、と伸びていくと見込んでいます。

その為には今の3事業所に加えて、新たな事業者の参入が必要です。

そこで横須賀市では、2015年までの3年間で新たに2事業者の参入を見込んでいます。

12plan

すでに昨年2012年7月に小規模多機能については、募集をかけました。手を挙げてくれた事業者はいたのですが、残念ながら12月に辞退となり、流れてしまいました。

そこで、2013年中に新たに事業者を募集します。今度こそ、実現することを願っています。

大学院の聴講も来週で最終回となりました

ついに大学院での聴講も、後期の講義が来週で最終回になりました。

医療についての知識が弱かったフジノは、スタート当初は「何がわからないのかもわからない状態」でした。

けれども、医療と福祉の連携・統合を進めていく為には医療の知識も不可欠なので、前期・後期と約1年間にわたって全力で学んできました。文献を毎日読み漁り、必死に学んで、今では何とか基礎的な知識を身に付けることができたと思います。

とにかくさらにスピードアップしてフジノ自身の知識と情報量を徹底的に増やして、そして政策的な判断力を高めていきます。

全ては、2025年までの『地域包括ケア』の実現の為です。

もっともっとがんばっていきます!

定期巡回・随時対応型訪問介護看護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護、複合型サービスの事業所を募集しています!/「地域密着型サービスの開設希望者募集説明会」を開きました

「地域密着型サービス」に新たに取り組む事業者を募集する為に説明会を開きました

去る2012年7月13日、横須賀市は『地域密着型サービスの開設希望者への募集説明会』を開きました。

今年から新たにスタートした第5期の『介護保険事業計画』(2012~2014年度)に基いて、横須賀市は『地域密着型サービス』の整備を行なっていきます。

今回の募集は、下の4つについてです。

  1. 定期巡回・随時対応型 訪問介護 看護 事業所

  2. 認知症対応型 通所介護 事業所
    →本庁圏域と西圏域はすでに開設済みの為、今回は除外。

  3. 小規模 多機能型 居宅介護 事業所

  4. 複合型サービス 事業所

第5期の計画では(1)は1事業所、(2)は3事業所、(3)は2事業所、(4)は1事業所を見込んでいます。



地域密着型サービスとは?

ところで、介護保険のサービスの名前は、漢字が多すぎてひと目では何がなんだか分からないですよね...。

あえて一言で説明するとこんなイメージです。

  1. 24時間、自宅まで来てくれるのホームヘルパー&看護師。困ったことがあればオペレーターに電話すれば、対応してくれる。

  2. 認知症の方も対応できるデイサービス(通い)

  3. デイサービス(通い)を中心とした、ショートスティ(泊り)やホームヘルプ(訪問)などのセットメニュー

  4. 自宅まで来てくれる看護プラス上の3のサービス




24時間対応してくれる訪問サービス

この4つのうち、特に(1)の「24時間365日対応できる訪問介護・訪問看護」を実現することは、フジノにとって『悲願』です。

「絶対に実現しなければならない」と執念を持っています。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスのイメージ図

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスのイメージ図


自宅で24時間365日のサービスを受けられる画期的な取り組みです。

「定期巡回」というのは、1日の中で複数回にわたって決まった時間帯に「定期的」にホームヘルパー・看護師等が自宅を訪問してくれるサービスです。

「随時対応」というのは、決まった時間帯に定期的に来てくれるのとは別に、いざという時のサービスです。体調が悪くなったり不安が押し寄せてきた時に、手元のケアコール端末で「SOS」を出すことができます。

事業所には24時間オペレーターがいて「SOS」をすぐにキャッチしてくれます。

加齢や障がいによって介護を受けなければならなくなっても、それがどんなに重度であっても、医療的なケアが必要であっても、ずっと暮らしてきたこのまちで最期の看取りの瞬間まで暮らしていかれるようにしたい。

その為には、このサービスが普及していくことが不可欠です。

政治家としても個人としてもフジノにとって、絶対に実現しなければならない義務があります。



このまちには「夜間対応型訪問介護」が存在しない

実は、フジノには大きな挫折が1つあります。

数年前に先行して創設されたサービスとして『夜間対応型訪問介護』があります。夜の時間帯にもホームヘルパーが対応してくれる、という当時としては画期的なサービスでした(今回の新サービスではこれに加えて看護師=医療も対応)。

けれども、横須賀市では導入することができませんでした。

フジノは絶対に横須賀で実現させたいと考え、取り組みました。

このサービスを横須賀に実現する為に「夜間対応型訪問介護のニーズはある。絶対に導入を!」とずっと訴えてきたのです。マスメディアもその訴えを報じ続けてくれました。

...しかし、手を挙げてくれる事業所はありませんでした。

そして横須賀市では現在に至るまで、このサービスを導入できていません。

第26回横須賀市社会福祉審議会・資料3−2


上の実績を見てもお分かりいただけますが、計画では年間の利用件数として1200~3600件も想定していたのに、実績は3年間を通してゼロでした。

サービスを行える事業所が、横須賀にはゼロだったからです。



絶対に24時間対応型の訪問サービスを実現しなければいけない!

今度こそ、絶対に実現しなければなりません。『地域包括ケア』を実現する第一歩なのです。

そこで、まず7月に開催されたこの募集説明会にどれだけの事業者が参加して下さるか、とても関心がありました。その結果ですが、20事業所から41人が参加してくれました!

募集の詳しい内容などはこちらの説明会資料をご覧下さい。今回は『補助金を活用して整備を行なう事業』で10月31日が応募しめきりです。

どれだけ事業者が手を挙げてくれるか。そして、質の高いサービスを提供できる事業者が居てくれるか。とても強く期待しています。

全国を見てみると、24時間対応の『定期巡回・随時対応サービス』の事業所数は、新たにサービスがスタートしたばかりの4月末ではわずかに34事業所でしたが、6月末現在では47事業所へと増えています(厚生労働省老健局振興課の調べ)。これから来年にかけてさらに増えていく見込みです。

横須賀市でも絶対に実現したいです!

誰もがどんな障がいを持とうとも高齢になろうとも、住み慣れた地域で暮らし続けられるまちにするのです。



新しい福祉計画づくりがスタートしました!/第5期介護保険事業計画と第3期障がい者福祉計画

新しい福祉計画づくりがスタートしました!

今日はお昼から夕方まで、ずっと会議へ。

マスメディアも来なければ、傍聴もフジノの他にはいない、全く注目されていない場なのですが

横須賀市の福祉の在り方を議論する実は本当に重要な場である『社会福祉審議会』です。

社会福祉審議会のしくみ

社会福祉審議会のしくみ


まず、14時半から2つの『分科会』が開かれました。

  1. 高齢の方々の福祉を担当する『福祉専門分科会』
  2. 障がいのある方々の福祉を担当する『障がい者福祉専門分科会』

です。

この2つの会議が同じ時間帯に重なった場合に、3~4年前までのフジノなら迷うことなく『障がい者福祉専門分科会』に出ていました。

でも、政治家としてフジノは今、高齢の方々の福祉をとても重要な課題だと感じています。

(個人としてのライフワークはずっと永遠に変わることなく『自殺対策』と『精神保健医療福祉』です)

そこで、フジノが選んだ分科会は高齢の方々の福祉を担当する『福祉専門分科会』でした。

社会福祉審議会福祉専門分科会

社会福祉審議会福祉専門分科会

分科会が終わって30分の休憩をはさんでより広い会議室へと移って、2つの分科会メンバーが全員参加して『全体会』が行なわれました。

今回は、特に「とても重要な場」でした。

何故ならば、2つの新しい福祉計画づくりがスタートするからです!

会場である汐入の総合福祉会館の会議室へわざわざ横須賀市長がやってきました。

そして、社会福祉審議会の委員長である篠崎英夫さんに吉田市長みずから『諮問状』を読みあげて、手渡しました。

この2つの計画をつくるにあたって社会福祉審議会で議論して、答申を出してほしい、そういうお願いを『諮問』というのですね。

市長からの諮問状

市長からの諮問状


2つの新しい福祉計画とは

  • 介護保険事業計画(第5期目です)
  • 障がい者福祉計画(第3期目です)

です。



介護保険事業計画づくりに注目して下さいね!

ここでは『介護保険事業計画(第5期)』だけを紹介します。

高齢の方々の保健医療福祉政策の専門家では無かったフジノが、この数年間ずっと強い関心を持って取り組んでいるのは何故か、その説明でもあります。

介護保険事業計画というのは3年ごとの計画です。

下の図のようなイメージになります。

H18年H19年H20年H21年H22年H23年H24年H25年H26年
第3期
第4期
第5期

H22年度の現在は『第4期・介護保険事業計画』の実行中です。

『第4期計画』がまもなく終わりますので、その前に、H23年度いっぱいを使って、新たに『第5期計画』を作ります。

この第5期は、すさまじく重要になります。

ものすごく単純化してカンタンに説明しますと...

65才以上の方々の人口数が最も多くなる大きな山がこれから2回やってきます。

日本全体の統計データで見ると、まず第1回目のピークは平成27年(2015年)です。

高齢者人口のうち、65~74歳(いわゆる前期高齢者)人口は『団塊の世代』が高齢期に入る平成27(2015)年に1744万人でピークを迎えます。

(このデータは『平成22年度版高齢社会白書』より)

やがてさらに第2回目のピークもやってきますが、まずはわずか6年後にこうした深刻な状況が訪れるのです。

その時、もしも横須賀市が最悪のシナリオへと進んでしまっていたならば

財政破たんによって介護保険料を支払ったとしても施設にも全く入れない、在宅でも介護サービスを受けられない、といった介護難民があふれてしまう事態にもなりうるのです。

(これはあくまでもすごく単純化した説明ですからね!でもフジノが日頃から財政危機を訴えているのはこうした状況を避ける為です)

政治家として、絶対にそんな事態を回避しなければいけません。

ピークを迎える前であるにもかかわらず、すでに現在でも施設入所を待機しておられる方々がたくさんいます。

例えば、特別養護老人ホームについて言えば約2000人もの待機者がいます。

だからこそ、蒲谷前市長に対して吉田市長に対しても「今の第4期の計画は甘すぎる」とフジノは厳しく批判をしてきました。

新たな『第5期計画』では、いくつもの課題を解決しなければなりません。

まず何よりも、介護サービスは、施設か在宅かを問わず量の側面でも大幅に増加させる必要がありますし、質の側面もさらに向上させる必要があります。

必要な介護を受けられない方々がたくさんいる現実を変えなければいけません。

その為には、介護サービスを職業として働いている方々の労働環境の改善も不可欠です。

そして何よりも、こうした取り組みを実現する為の『財源の裏付け』が不可欠です。

フジノは、2006年までは介護保険料の値上げに反対してきました。

けれども、これからの本当に必要な介護が守られる為ならば、市民のみなさまにも介護保険料の値上げもお願いするつもりです。

まずこれから3年間の『第5期計画』がうまくいかなければ、高齢者人口の第1回目のピークにあたる『第6期』を迎えることすら難しくなるのは言うまでもありません。

問題は目の前に迫っています。



9つの検討項目

今日の分科会ではこれから検討される項目案は9つとされました。

(1)計画の基本理念

(2)高齢者へのサービスの現状の評価・課題分析

(3)高齢者福祉のための施策の評価・課題分析

(4)地域包括ケアの内容

(5)要介護認定者数等及びサービス見込量の推計

(6)地域支援事業(介護予防事業等)の内容

(7)特別給付の内容

(8)地域密着型サービスの計画

(9)施設整備の計画

この9つの項目のどれをとっても大切なことばかりです。

議会でもとりあげてきたことですが、『第5期の計画』に向けて、フジノが特に強い関心があるのは、次のようなことです。

(これは事務局=市の意見でなくてあくまでもフジノ個人の問題意識です)

  1. 医療的ケア(気管切開・胃ろうなど)が必要な方々のサポート体制を充実できるのか?

      →改めて、医療と福祉の連携が必要です。

  2. 施設への入所を待機している方々をどれだけ減らせるのか?

     →家族のつながりがもっと薄くなる傾向に向かう中で老老介護や認認介護の現実を変えるには施設を減らすのは難しいです。

  3. 横須賀には未だゼロのままの夜間訪問介護は実現するのか?

      →在宅(自宅)介護を実現するには24時間のフォロー体制が無ければ不可能です。コムスン事件後、横須賀には夜間の訪問介護が無くなりました。これを復活させなければいけません。

  4. 介護保険制度を使わずに家族で介護をしている方々に対して現金を給付する家族介護慰労金制度はもっと受けやすくなるのか?

      →介護サービスではなく家族で介護している方々へ現金を支給するのは、介護を労働として捉える観点からも重要です。国レベルでの結論も必要ですが、横須賀市独自の介護手当の創設が必要です。

  5. 新たな介護保険料をいくらにするのか?

      →くりかえしになりますが、本当に必要なサービスを守る為には保険料を値上げする必要もあります。また、ピークとなる第6期に備える意味でも保険料の見直しは避けられません。

  6. 安心して長生きできる横須賀に本当に変えられるのか?

いずれにしても、そんな重要なことがらを決めるのが『第5期の介護保険事業計画』なのですね。

こうした最重要の計画づくりが始まったことをどうか市民のみなさまに知っていただきたいと願っています。

まもなく、約3000名の市民の方々に横須賀市から高齢者保健福祉についてのアンケートが送られます。

(抽出で3000名ですので、全ての方には届きません)

ぜひこのアンケートにみなさまの本音の意見を記して下さい。どうかご協力をお願いします。

そして、アンケートが届かない方のほうが圧倒的に多い訳ですが、フジノ宛てにどうかみなさまの意見をぶつけて下さい。お願いします!

(アンケートの後日談を2011年1月28日の活動日記に記しました)