改正自殺対策基本法が成立しました!/成立から10年、大改正となりました

昨年すでに成立していたかもしれない『自殺対策基本法の一部を改正する法律案』

超党派の国会議員によって2005年から活動が続けられてきた『自殺対策を推進する議員の会』が、数年前から法改正に向けて取り組みを行なってきました。

昨年2015年6月には、参議院厚生労働委員会で『自殺総合対策の更なる推進を求める決議』を決議しました。

自殺対策に取り組むあらゆる団体へのヒアリング活動を行ない、さらに2015年9月には改正法案に関するパブリックコメントも行ないました。

議連によるパブリックコメント

議連によるパブリックコメント


議員提出議案(議員立法)としては極めて珍しい、丁寧で慎重な活動がじっくりと行なわれてきたおかげで、国会に提出する前の段階で、全会派の想いが一致する形にまとまっていました。

下の毎日新聞の記事のように、昨年10月30日の時点ですでに改正法案の成立が確実視される記事も出ていました。

2015年10月30日・毎日新聞より

2015年10月30日・毎日新聞より


フジノ自身も、改正法案の成立を前提とした一般質問を市議会でも行なっていました。

超党派の想いは一致していたので、国会さえ開かれれば、成立は目の前でした。

しかし、昨年11月。

野党からの国会召集要求に応じず、政府は臨時国会を開きませんでした。

これによって、自殺対策関係者が期待していたスケジュールがいったん白紙に戻ってしまいました。



自殺対策基本法の改正に向けた第2ラウンドがスタート

年が明けて国会が招集されて、第2ラウンドが始まりました。

ふつう、法案は衆議院から審議されます。

けれども10年前と同じく、改正自殺対策基本法案もまた『参議院先議』となりました。

2016年2月16日・朝日新聞より

2016年2月16日・朝日新聞より


2月18日、参議院厚生労働委員会委員長を提出者とする『委員会提出の議案』としてスタートしました。

全議員が賛成している場合、委員長を提出者としてこのように議員提出議案を出すことができるのです。

自殺対策基本法の一部を改正する法律案(参議院提出、参法第1号)概要

本案は、自殺対策の一層の推進を図るため、自殺対策が生きることの包括的な支援として実施されるべきこと等を基本理念に明記するとともに、都道府県自殺対策計画及び市町村自殺対策計画の策定等について定めるほか、基本的施策を拡充し、自殺対策の推進につき必要な組織の整備を図る等の措置を講じようとするもので、その主な内容は次のとおりである。

  1. 目的規定に「誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていること」を加えること。

  2. 基本理念として、自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならないこと等を加えること。

  3. 国は、地方公共団体に対し、自殺対策に関する地方公共団体の責務が十分に果たされるように必要な助言その他の援助を行うものとすること。

  4. 国民の間に広く自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるとともに、自殺対策の総合的な推進に資するため、自殺予防週間及び自殺対策強化月間を設けること。

  5. 国、地方公共団体、医療機関、事業主、学校(学校教育法第一条に規定する学校をいい、幼稚園及び特別支援学校の幼稚部を除く。)、自殺対策に係る活動を行う民間の団体その他の関係者は、自殺対策の総合的かつ効果的な推進のため、相互に連携を図りながら協力するものとすること。

  6. 都道府県は、自殺総合対策大綱及び地域の実情を勘案して、都道府県自殺対策計画を定めるものとすること。また、市町村は、自殺総合対策大綱及び都道府県自殺対策計画並びに地域の実情を勘案して、市町村自殺対策計画を定めるものとすること。

  7. 国は、都道府県自殺対策計画又は市町村自殺対策計画に基づいて地域の状況に応じた自殺対策のために必要な事業等を実施する都道府県又は市町村に対し、当該事業等の実施に要する経費に充てるため、予算の範囲内で、交付金を交付することができること。

  8. 調査研究等の推進及び体制の整備、人材の確保等、心の健康の保持に係る教育及び啓発の推進等、医療提供体制の整備等の基本的施策をそれぞれ拡充すること。

  9. 政府は、自殺対策を推進するにつき、必要な組織の整備を図るものとすること。

  10. この法律は、平成二十八年四月一日から施行すること。

2月24日に開かれた参議院・本会議では、『全会一致』で可決されました。

参議院・本会議での改正自殺対策基本法案への採決結果

参議院・本会議での改正自殺対策基本法案への採決結果


続いて、衆議院へと議論の場が移りました。

2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会

2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会


衆議院の厚生労働委員会でも、3月18日に可決されました。

参議院厚生労働委員長より趣旨説明(2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会)

参議院厚生労働委員長より趣旨説明(2016年3月18日・衆議院・厚生労働委員会)


そして本日、ついに衆議院・本会議が開催されました。



ついに改正自殺対策基本法が成立しました

本会議場では厚生労働委員長が法案の説明を行ないました。

「採決いたします。

本案の委員長の報告は可決でございます。

本案は委員長報告のとおりに決するにご異議はありませんか?」

議長の呼びかけに対して、本会議場の国会議員のみなさんによる

「異議なし」

の声によって可決され、成立しました。

その瞬間、フジノは京浜急行の電車内に居ました。

午後2時半から内閣府で開かれる『自殺対策官民連携協働会議』を傍聴する為に、都内へ向かっていたのです。

iPhoneの小さな画面に映る衆議院中継を観ながら、たぶん世間の多くの方々とは違って、フジノはとてもドキドキしていました。

iPhoneで観た衆議院中継

iPhoneで観た衆議院中継


10年前と同じで、成立する最後の最後のその瞬間までどうなるか分からない、そんな気持ちでいました。

けれども、無事に可決されました。本当にホッとしました。

NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表の清水康之さん、本日まで本当におつかれさまでした。

尾辻秀久議員をはじめとする超党派の国会議員による自殺対策議連のみなさま、ご尽力いただいたことを心から感謝しております。ありがとうございました。

そして、自殺対策に関わる全ての関係者のみなさま、自死遺族のみなさま、支援に携わるみなさま、おつかれさまでした。

内閣府の12階会議室から観た国会議事堂

内閣府の12階会議室から観た国会議事堂


内閣府主催としては最終回となった『自殺対策官民連携協働会議』が16時半頃に終わり、会議室から国会を眺めました。

つい3時間前にあの国会で改正法案が成立したのだと思うと、不思議な気持ちになりました。

今日の改正法案の成立は、たいへんな大改正でした。

けれどもその一方で、現場で自殺対策に向き合っている僕たちにとっては、実は『新たな道具』がひとつ手に入ったに過ぎません。

この道具をどれだけ使い倒すか、使いこなせるか、それこそが大切なことです。

命を守るというそのたった1つの目的の為に、これからもみんなで力を合わせていきましょうね。



衆議院議員選挙スタート/期日前投票ができますので、ぜひ投票に行って下さいね

総選挙がスタートしました

今日12月2日から、2014年12月14日執行の『第47回衆議員議員総選挙』がスタートしました。

『衆議院の選挙』の時には、地域ごとに『選挙区』に分けられて、『番号』が付けられています

フジノたちが暮らしている横須賀市と、おとなりの三浦市を合わせた地域を『神奈川県第11区』と呼んでいます。

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています

神奈川県内が地域ごとに「選挙区」に分けられて、番号が付けられています


神奈川11区では、こちらのお2人の立候補者がありました。

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板

2014年12月14日執行の衆議院議員選挙のポスター掲示板




「投票」イコール「こどもたちの為に果たす大人の義務」

フジノは、投票に対してとても厳しい考えを持っています。

『棄権』をする人は、『大人として最低限の責任さえ果たしていないダメな人』だと考えています。

「どうせ投票しても変わらない」

「どの政党もダメだ」

「忙しいから投票に行かれない」

とか、ごちゃごちゃ言い訳はたくさんです。

『棄権』をして、あとでお酒を飲みながらグチる、テレビのニュースを観ながら政治に文句を言う、そんな大人は恥だと感じます。

今まであなたが

グチって『会社』が変わりましたか?

グチって『学校』が変わりましたか?

グチって『家庭』が変わりましたか?

文句だけ行っててもグチをこぼしてても、絶対に変わらないんです。

全ての状況を変えるのは、『行動』だけです。

『行動』しても変わらないことの方が多いです。

『それでも行動すること』が、『変わるきっかけ』になるんです。

だから、この国のトップである有権者のみなさま(=あなた)は、絶対に投票に行って下さい。

投票という『行動』は、『こどもたち』に対して『大人』が果たす『最低限の責任』です。

でも、選挙だからって特に身構える必要はありません。

あなたが毎日の暮らしの中で一番気になることは何でしょうか?

どんなことに悩んでいますか?

そのことを解決できる政策を訴えている『候補者』『政党』を探して下さい。

これから『選挙公報』というものが新聞に折り込まれてきます。

また、お2人の立候補者の名前にはホームページのリンクを貼っておきました。

ぜひ読んでみてください。1分でいいんです。

自分の頭で考えて、自分のこころで感じて下さい。悩んで下さい。決めて下さい。

そして、その人に投票をして下さい。

これが政策をもとに選ぶ、ということなんです。カンタンでしょう?



忙しいあなたには「期日前投票」がオススメです

投票日は、日曜日です。

「ただでさえ12月は忙しいのに、日曜日に投票に行くのはなかなか難しい」

という人も多いと思います。

そこで『期日前投票』というしくみがあります。

仕事がある、デートや旅行の予定がある、病気・出産で土曜日には病院に行かなければならない、などなど

「とにかく土曜日にはムリ」な方々はみんな『期日前投票』に行って下さい

  • いつから期日前投票できるの?

    12月3日(水)〜13日(土)午前8時30分〜午後8時まで

  • どうやって?

    期日前投票所に出かけていって、そこで投票用紙に記入をして投票箱に入れます

  • 期日前投票所はどこにあるの?
    『ヴェルクよこすか』2階の『選挙管理委員会』か、市内9ヶ所の『行政センター』です。
  • 何を持って行けばいいの?
    投票案内のはがきをお持ちください。

    はがきは無くても投票できますので、係員にお申出ください。

    こちらのペーパーもあらかじめダウンロードして書いておくと手っ取り早いです(『請求書』兼『宣誓書』です)。

    あらかじめ書いて、はがきと一緒に持っていって下さい。すぐに『期日前投票』できます。

請求書(兼宣誓書)

請求書(兼宣誓書)





期日前投票所はどこに行ってもオッケーです

『期日前投票所』は、下の10ヶ所のどこでもオッケーです。

1.選挙管理委員会(ヴェルクよこすか2階)

2.追浜行政センター

3.田浦行政センター

4.逸見行政センター

5.衣笠行政センター

6.大津行政センター

7.浦賀行政センター

8.久里浜行政センター

9.北下浦行政センター

10.西行政センター





12月14日の投票所はこちらです

12月14日(日)の投票日にどうしても投票したい!

という方もいらっしゃると思います(フジノもそうです)。

選挙管理委員会のホームページの中に、投票所がどこかを「住所」を入力すると教えてくれるページがあります。

あなたの街の投票所案内(住所から検索)

あなたの街の投票所案内(住所から検索)


ぜひこちらをご利用下さいね!


あなたが投票に行ったからといって、すぐには政治や社会は変わりません。

けれども、あなたが行かなければ絶対に世の中は変わりません。

こどもたちの為に、孫たちの為に、投票に行って下さい。

カッコいい大人で居て下さい!



自殺対策基本法が成立しました!

自殺対策基本法が成立しました!

今日は国会に行きました。13時から衆議院の本会議を傍聴する為です。

国会

国会


国会。

32年の僕の人生で。2回目。

まさか僕がこんなところに来るようになるとは…。

人生って分からない。

さて、自殺対策基本法案はこんな流れで動いてきました。

参議院衆議院
内閣委員会(6月8日)→
本会議(6月9日)
内閣委員会(6月14日)
本会議(本日)→
成立!

ついに本日、自殺対策基本法案が可決されました!

自殺対策基本法、成立しました!

みなさま、本当にご協力ありがとうございました。

(NHKのニュース、毎日新聞、朝日新聞その1・その2など多数のメディアで報道されました)



あくまでもここからがスタートです

法制化はあくまでもマイナスがゼロになっただけのことで、法律ができただけでは自殺を減らすことはできません。

これからこの法律をもとにして、いくつもの自殺予防対策を総合的に実践していくことこそが本当に必要です。

そもそも自殺の原因となるような誤った社会的なことがらを正していくこと。

もしも自殺に追い込まれた時に、その人の隣に寄り添ってくれる人が必ずいる、そんな『人と人とがつながりを持てる社会』にしていくこと。

万が一、自殺が起こった時も遺族の方がさらに追い込まれるようなことは無い、きちんとケアをしっかりとできるような社会に変えていくこと。

さらに結果が統計としてあらわれるまでには少なくとも10年間はかかることでしょう。

けれどもあきらめずに取り組み続けること。

これらが、これから必要になることです。
 
1つずつ実践していくことが不可欠です。

現場に最も近い立場である地域の保健師さん、かかりつけ医の方々、学校関係者の方々、そして、広く一般の方々、みんなの意識が変わる必要があります。

みんなでネットワークをつくって、現場の情報を共有していくのです。セーフティネットを大きく細かくしていくのです。

政治の側面で言うならば、これからはまさに『地域の自殺対策を推進する地方議員有志の会』の出番です。

自殺の原因は、年齢ごとでも地域ごとでも全く異なります。

それぞれの地域ごとに合った対策をしっかりたてていくのは地方議員の仕事です。

10万1,055人の署名を一瞬も忘れることなく、僕たちは全力でがんばります。

今年からこの国はやっと自殺対策に本腰で取り組む体制がスタートすることになりました。

さあ、みんなでがんばっていこう!



自殺対策基本法案、衆議院の内閣委員会で可決されました!

自殺対策基本法案、衆議院の内閣委員会で可決されました!

今日は9時から始まった衆議院の内閣委員会をインターネット生中継で傍聴しました。

衆議院インターネット中継

衆議院インターネット中継


『自殺対策基本法案』はこんな流れで動いていきます。

参議院衆議院
内閣委員会(6月8日)
→本会議(6月9日)
内閣委員会(今日!)
→本会議
→成立!

こういう順番なんです。

そして今日、衆議院の内閣委員会で『自殺対策基本法案』が全員一致で賛成、可決されました!

ついに、明日15日が最後の関門、衆議院・本会議です。

お昼13時から始まります!

自殺対策基本法案成立まで、あと少しです!



自殺対策基本法の制定を後押しする神奈川新聞の社説に感激しました!/なんとフジノの名前も載っています

自殺対策基本法の制定を後押しする神奈川新聞の社説に感激!

けさの神奈川新聞の社説は『自殺者3万人~法制定で対策の実効性を~』というものでした。

2006年6月11日・神奈川新聞より

2006年6月11日・神奈川新聞より

  • 自殺対策基本法が必要であること
  • 実効性のある対策を進めていく必要があること

を訴えてくれています。



なんとフジノの名前が社説に載っています

さらに驚いたのは、なんとフジノの名前が載っています。

32年間生きてきたけれど、まさか自分の名前が新聞の社説に載るなんて信じられない!

さらにさらにうれしかったのは、5月30日の本会議でのフジノの一般質問の成果である『世界自殺予防デーにあわせて自死遺族への相談会を実施する』を、取りあげてくれていることです。

横須賀市の自殺予防は、政治家フジノが全力を尽くしてきただけでなく、現場の保健師さんも一緒にがんばってきてくれています。

そういう取り組みをすくいあげて社説で書いてくれることは、現場のみなさんにとっても、本当に励みになります。

フジノにとっても大きな励みになりました。

神奈川新聞の社説担当の方(論説委員さん?)、本当にありがとうございました!

自殺対策基本法案は、来週14日に衆議院内閣委員会で審議されます。

この委員会をのりこえれば、あとは本会議。

成立まであと1週間です!