久しぶりに「学び」に集中できた1日/全国在宅療養支援診療所連絡会・第1回全国大会へ

全国在宅療養支援診療所連絡会の第1回全国大会へ

『1万メートルプロムナード・ウォーキング』の疲れも全く抜けないまま、朝6時半に起きて、東京駅へ向かいました。

JR東京駅にて

JR東京駅にて


『全国在宅療養支援診療所連絡会』による『第1回全国大会』に参加する為です。

学会告知チラシより

学会告知チラシより


『在宅療養支援診療所』を開業しておられるドクターをはじめとする医療関係者900名の団体で、5年前に設立されました。

今回、初の全国大会開催となりました。

ひたすら座学の1日

今日は、朝9時半から夕方5時まで、丸一日を座学で過ごしました。

会場にて

会場にて


最近はずっと忙しくて、学会に出席するような『まとまった時間を学ぶ機会にあてること』が全然できませんでした。

この学会も本来は2日間なのですが、フジノは1日だけの参加。

それでも、今日は全国の取り組みを学ぶことができて、とても充実した良い時間を過ごすことができました。

ランチョンセミナー「在宅医療が日本を変える〜キュアからケアヘのパラダイムチェンジ」

ランチョンセミナー「在宅医療が日本を変える〜キュアからケアヘのパラダイムチェンジ」


出席できなかった講座の資料も、お願いして予備を頂きました。同じ時間帯に開催された2つの『ランチョンセミナー』も、半分ずつかけもちしました。

とにかく1秒もムダにしないよう、貪欲に吸収に努めました。

在支連全国大会記念シンポジウム「今、なぜ在宅医療なのか?」

在支連全国大会記念シンポジウム「今、なぜ在宅医療なのか?」


先日の教育福祉常任委員会(最終日)にて、今年度末で定年退職される市の課長が退職の挨拶をされました。

とても尊敬していた方だったのですが、その方が「人一倍努力すること」の大切さを語られました。「人一倍努力すること」を大切にするその姿勢を、僕も絶対に貫いていこうとこころに誓いました。

政治家が必死に学べば学ぶほど、必ず市民のみなさまの利益になる

昨日のカフェトークに数カ月ぶりに参加して下さった方から

「フジノさんのブログを読んで『在宅』という選択肢があることを知って、『在宅療養連携シンポジウム』にも足を運んでいた。

親がガンになって入院をしていたけれど、先月末に退院するにあたって、在宅で過ごすことを選んだ。

スムーズに在宅に移ることができて『訪問看護』に来ていただいている」

というお話を伺いました。

とても感謝されて、フジノ自身も「情報発信をしてきて良かった」とうれしく感じました。

でも、その時にこんなお話が出ました。

「親の『訪問看護』は『介護保険』ではなくて、『医療保険』を利用している。

『訪問看護』といえば『介護保険』だと思っていたけれど、『医療保険』を使う『訪問介護』もあるのを初めて知った」

恥ずかしながらフジノには知識が足りなくて、どういう時に『医療保険』の適用となって、どういう時に『介護保険』の適用となるのか分からず、その方に説明することができませんでした。

座長の徳島往診クリニック院長・吉田大介氏(右)

座長の徳島往診クリニック院長・吉田大介氏(右)


永井康徳先生(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長)によるランチョンセミナーでは、ちょうどこのお話が出ました。

『かかりつけ医が知っておきたい在宅医療の制度の知識〜平成26年診療報酬改定をふまえて〜』

日本はすでに超高齢社会となり、2025年の多死社会を迎え、地域包括ケアシステムを推進していくことを見据えながら、平成26年度診療報酬改定が行われました。

このランチョンセミナーでは、この診療報酬改定を踏まえながら、かかりつけ医が知っておきたい在宅医療の制度の基礎知識についてお話ししたいと思います。

在宅医療に関わる制度は医療保険と介護保険、福祉制度、障害者自立支援法、生活保護法など各種の制度が複雑に絡み合っています。

それにもかかわらず、医学教育や看護教育の中にはまだまだ在宅医療の制度の知識は組み込まれておらず、介護保険の知識さえ、医療従事者が理解していないことも多々あります。

自分が関わる患者様に最大限の利益が与えられるマネージメントを行うためにも、制度の知識をしっかりと身につけておくことは大切な事だと思います。

また、当法人では在宅医療専門クリニックを開業して14年目となり、全国から見学者や研修者が多数訪れます。見学者や研修者にお話ししているノウハウについても、これから積極的に在宅医療を展開しようと考えている方々に、少しではありますが、お伝えできればと考えています。

全国各地域での在宅医療の普及のために、少しでも皆様のお役に立てば幸いと考え、このランチョンセミナーを企画しました。

これがランチョンセミナーの概要だったのですが、まさに「訪問看護が医療保険となるケース」についても解説がありました。

  1. 介護保険の認定を受けていない場合
  2. 厚生労働大臣が定める疾病等の場合
  3. 急性憎悪期

『訪問看護』は原則として『介護保険』が優先されるのですが、上の3つのケースでは『医療保険』になるのです。

(1)『医療保険』から『訪問看護』が入れば、『介護保険』はその他の介護サービスを主体に入れることができます。

(2)重心医療受給者証を持っていれば、『医療保険』の『訪問看護』は自己負担が公費負担になります。

こうして、在宅で暮らす方の生活をより良い形でサポートすることができるようになります。

ランチョンセミナー(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長・永井康徳氏)の様子

ランチョンセミナー(医療法人ゆうの森たんぽぽクリニック理事長・永井康徳氏)の様子


制度を細かい内容まで全てをフジノには把握することはできませんが、それでも1つでも多くの知識があればそれで救われる方がいるかもしれません。

もっともっと勉強しなければ、と痛感させられました。

カフェトークで昨日抱いたばかりの疑問が、翌日の学会で解消できた。

これは偶然でも何でも無くて、自分から「学びの機会」を取りに行ったからこそ出会うことができたのだと思うのです。

これからも市民のみなさまの力になれるように、しっかり学び続けようと思います。

横倉医師会長、辻哲夫先生ら

横倉医師会長、辻哲夫先生ら

参加したプログラム

学会2日間のプログラムはこちらをご覧下さいね。

フジノは、午前はこちらに参加しました。

全圃在宅療養支援診療所連絡会 第1回全国大会記念シンポジウム

『今、なぜ在宅医療なのか?』

  1. 「今、なぜ在宅医療なのか?~在宅療養支援診療所連絡会の歩みとともに~」太田秀樹
  2. 日本医師会 横倉義武
  3. 厚生労働省医政局指導課在宅医療推進室 佐々木昌弘
  4. 東京大学高齢社会総合研究機構 辻哲夫
  5. 大会長講演 新田國夫

20140323seminor3

午後は、こちらに参加しました。

『在宅医療・介護連携拠点が地域包括ケアにおいて果たすべき役割』

  • 座長:
    医療法人財団千葉健愛会 川越正平
    ナカノ在宅医療クリニック 中野一司
  • 演者:
    岡山市保健福祉局 森真弘
    徳島市医師会 豊田健二
    佐久総合病院 小松裕和
    チームもりおか 板垣園子
  • 指定発言:
    厚生労働省老健局振興課 岡島さおり
徳島市医師会の豊田健二先生の講演

徳島市医師会の豊田健二先生の講演

佐久総合病院の小松裕和先生の講演

佐久総合病院の小松裕和先生の講演


そして、2つのランチョンセミナーに参加しました。

とても有意義な『学びの機会』でした。

都営戸山ハイツ「暮らしの保健室」室長の秋山正子さん/地域連携コーディネーター養成講座2013

地域連携コーディネーター養成講座へ

都内へ移動して、大学院にて『地域連携コーディネーター養成講座』の聴講です。

大学院にて

大学院にて


今夜の講師は、秋山正子さんです。

フジノがちょうど今読み終えたばかりの本に秋山さんのことが紹介されていました。

財政破綻した夕張市の医療再生に取り組んできた村上智彦さんの著書『医療にたかるな』(新潮社、2013年)の『おわりに』で、秋山さんについてこのように記されています。

NPO法人「白十字在宅ボランティアの会」理事長の秋山正子さんには、夕張で訪問看護ステーションを立ち上げる際に、多大なお力添えを賜りました。

「市ヶ谷のマザーテレサ」と呼ばれる秋山さんの存在が、若い看護師たちにとってどれほど心強いものであったか、言葉では言い表せません。

Wikipediaでも秋山さんは「市ヶ谷のマザーテレサ」として記されています。

在宅ケアのつながる力

在宅ケアのつながる力


秋山さんは、新宿区の都営戸山ハイツの空き店舗に新たに設立された『暮らしの保健室』の室長をしておられます。

高齢化率48%の戸山ハイツに「暮らしの保健室」設立

『暮らしの保健室』は、毎日の暮らしの中で困りごとなどあらゆる相談を受け付ける相談支援の場です。

学校の保健室のように、ちょっと具合が悪い時、悩みや心配ごとがある時、何もなくても誰かと話したい時に、気軽に立ち寄れる場があればいいのに。

20年以上にわたって訪問看護を行なってきた秋山さんのこんな想いから、『暮らしの保健室』はスタートしました。

「暮らしの保健室」の位置

「暮らしの保健室」の位置


この戸山ハイツは、高齢化率が48%を超えています。

戸山ハイツの高齢化率

戸山ハイツの高齢化率


高齢化率45%というとものすごいイメージかもしれませんが、横須賀にはそれを上回る高齢化率60%超の『県営かもめ団地』があります。

『かもめ団地』では『ホットタイムなごみ』という団地カフェを行なっています。

2013年4月10日付・神奈川新聞より

2013年4月10日付・神奈川新聞より


戸山ハイツにおける『暮らしの保健室』は、ちょうど似たような位置づけです。

多職種が無料で何でも相談にのってくれるワンストップの場

保健室ですから、誰でも気軽に訪れることができます。

暮らしの保健室・活動実績

暮らしの保健室・活動実績


相談は無料。

看護師・保健師・薬剤師・栄養士などの専門職が対応、医療・介護・生活の困りごとを何でもワンストップで受け止めてくれます。

カンファレンス

カンファレンス


地域の病院やクリニック、訪問看護や介護事業所、保健所や区役所の福祉課、地域包括支援センター、社会福祉協議会などの、多くの機関と連携しています。

さらに、いつもたくさんのボランティアの方々が常駐しています。

この取り組みは、『在宅医療連携拠点事業』のモデル事業に2011〜2013年に選ばれました。

厚生労働省「在宅医療連携拠点事業」説明資料

厚生労働省「在宅医療連携拠点事業」説明資料


(*横須賀では翌2012年、105事業の中の2つとして横須賀市医師会チーム衣笠が選ばれています)

「地域での保健」こそ、今後は最重要!

こうした取り組みは、現在フジノが横須賀で進めている『保健施策の強化の取り組み』(例えばこちらこちら)とたくさんの共通点があります。

講義風景

講義風景


こどもから中高年までの、生涯を一貫した『保健』の取り組み。

それは「生活習慣病にならない」「介護を予防する」ことにもなります。

看取り

看取り


さらに、『病院での看取り』ではなく、『在宅での看取り』にもつながっていきます。

訪問看護の利用人数と自宅死亡の割合

訪問看護の利用人数と自宅死亡の割合


今夜の講義は、フジノ自身が横須賀での取り組みをさらに進めていく上でとても励まされる内容だった気がします。

参考資料

『暮らしの保健室』について、さらに詳しい内容を知りたい方はぜひこちらもご参照下さい。


後日追記(2014年9月7日)

秋山正子さんと『暮らしの相談室』の取り組みが、2014年9月7日(日)のNHKスペシャルで放送されました。

『新宿”人情”保健室〜追いの日々によりそって〜』

NHKスペシャルのサイトより

NHKスペシャルのサイトより


50分間の短い番組でしたが、とてもよくまとめられていました。

この番組を通して、全国に取り組みが広まることをこころから願っています。

浜家連のフォーラム「こころの病の方に訪問支援します!」へ

浜家連の市民精神保健福祉フォーラムへ

今日は、横浜市の戸塚公会堂へ向かいました。

戸塚公会堂にて

戸塚公会堂にて


『NPO法人横浜市精神障害者家族会(通称・浜家連)』が開催した『市民精神保健福祉フォーラム「こころの病の方に訪問支援します!」』に参加しました。

浜家連のチラシより

浜家連のチラシより


入院ではなく、地域での生活支援を進めていく

精神科病院を廃止したイタリアのことを記しましたが、『精神科病院を無くすこと』とイコールなのが『地域での暮らしを支援すること』です。

日本では『精神科病院を減らすこと』は進んでいませんが、『地域での暮らしを支援すること』は少しずつ進み始めています。

グループホーム・自宅などの地域での暮らしの場に、保健・医療・福祉サービスや就労支援などが受けられる体制を広げていくことがとても重要です。

今日のフォーラムでは、横須賀北部〜横浜南部における地域での訪問支援の実践活動について伺いました。

講師は、藤原修一郎さん(金沢文庫エールクリニック院長)と野々上武司さん(訪問看護ステーションleaf)です。

金沢文庫エールクリニックは、京浜急行金沢文庫駅から徒歩数分のメンタルクリニックです。地域への『精神科訪問診療』『精神科訪問看護』を行なっています。

さらに、2012年2月から新たに『訪問看護ステーションleaf』をスタートさせました。横浜市金沢区を中心に、栄区、磯子区、港南区、逗子市、横須賀市などに『精神科訪問看護』を行なっています。

訪問支援の流れ

訪問支援の流れ

チームアプローチ

チームアプローチ

質疑応答

質疑応答

戸塚駅へ向かう道のり

戸塚駅へ向かう道のり

横須賀の精神科訪問看護

横須賀市HP(2011年に掲載)によると、訪問看護を行なっているステーションは以下の通りです。


名前電話番号
よこすか訪問看護ステーション824-3065
湘南訪問看護ステーション865-9784
衣病訪問看護ステーション852-1471
衣病訪問看護ステーション長瀬843-3172
聖ヨゼフ訪問看護ステーション822-2187
せいれい訪問看護ステーション横須賀857-8840
福井記念病院 外来訪問看護室888-2145
かしこ839-2424

神奈川県の『訪問看護ステーション連絡協議会』のHPの情報では、さらに数カ所が増えています(訪問看護ステーション一覧はこちらをご覧下さい)。

参考:訪問支援について

訪問支援については、こちらのサイトや下の動画などをご覧下さい。


医療・福祉・行政の「多職種合同研修会」へ

今日は、逸見のウェルシティへ向かいました。『在宅療養を支えるみなさんのための多職種合同研修会(第2回)』へ参加しました。

この研修会はフジノにとって、今年度の重要施策のひとつで、とても注目しています。

今年度は4回開催します。

第1回は9月に開かれたのですが、定員いっぱいの参加で、熱気にあふれていたそうです(その様子はチーム衣笠のブログをご覧下さい)。

多職種合同研修会へ

今回も申し込みスタートから数日で定員を超える応募があって、多くの方々をお断りせざるをえない状況でした。

会場は、19時のスタート前から満員でした。医療・福祉・行政など様々な立場の方々200名が集合してくれました。

満員の会場

現場でお忙しいみなさんがこうして一同に会して下さったことは、大変ありがたいことです。深く感謝しております。

この取り組みについて、少し説明します。

横須賀市にとっては、健康部地域医療推進課の『地域医療連携推進事業』(予算72万円)の1つです。

平成24年度当初予算説明資料・健康部より

2012年度当初予算説明資料・健康部より

同時に、国のモデル事業でもあります。

『地域包括ケア』を実現する為に、2012年度の厚生労働省が行なっている、大きな2つの取り組みがあります。

このうち、医政局が中心になってすすめているのが『在宅医療連携拠点事業』です。下の図では右側の枠にあたります。

地域包括ケア体制について

このモデル事業に手を挙げた全国の取り組みの中から105の事業者が選ばれました。そのうち、神奈川県から選ばれた3つの事業がありました。

3つのうち2つが『横須賀市医師会』チーム衣笠『社会福祉法人日本医療伝道会』、いわゆる衣笠病院グループです)でした。

横須賀市の目指す『地域包括ケア』の方向性と、モデル事業として選ばれた『横須賀市医師会』『チーム衣笠』が目指している方向性は同じでした。

そこで、それぞれがバラバラに取り組むよりも、より高い効果が得られるように3者が合同して取り組みを行なうことにしました。

その1つがこの『多職種合同研修会』なのです。

さて、今夜の様子に戻ります。

まず、衣笠病院の鈴木博院長先生から『主催者あいさつ』がありました。

続いて、ショートプレゼンテーションとして、『退院時の在宅医療連携』のタイトルで5人の方々から発表が行なわれました。

ショートプレゼンテーション

続いて、ここからが今夜の本番です。会場のみなさんが6〜8人ずつ26のグループに分かれて、グループディスカッションを行ないました。

退院時の在宅医療連携の課題をそれぞれにあげてもらい、続いてその課題をどうやって具体的に解決していかれるかを話し合いました。

グループディスカッション

参加しているメンバーは、実際に病棟で働いているドクターや看護師、医療相談室のMSW(メディカルソーシャルワーカー)、ケアプランをたてるケアマネージャー、地域包括支援センターの方々、高齢者福祉施設の方々、地域で診療をしておられるドクター、訪問看護をしている看護師、訪問介護をしているホームヘルパー、薬剤師、歯科医など、まさに『地域包括ケア』を担うプレーヤーのみなさんです。

高い問題意識でかなり突っ込んだ議論が熱心に繰り広げられていました。

そして、ディスカッションの時間が終わると、26グループがそれぞれ30秒ずつ議論の結果を発表していきました。

最後に、毎回恒例の『名刺交換会』でした。

今回はゲーム感覚を取り入れて楽しんで知りあいを増やしてほしい、ということで、「一番多く名刺交換をした方に賞品がでます」とアナウンスされました。

そして、なんとトップに立ったのは、先日意見交換をさせて頂いた横須賀市薬剤師会理事の塚本久美さんでした!

さすが!

地域包括ケアを実現するには、もちろんシステムを構築する必要があります。

けれどもシステム構築以前に、やはりあらゆる職種の方々がお互いを知り、お互いを信頼しあうことが不可欠です。

さんは、それをまさに実践して頂いたなぁと感嘆。名刺を持たないフジノの所にもあいさつに来て下さって、「フジノさんもちゃんと名刺持った方がいいよ」と言われてしまいました。本当そうですね!

今回の『多職種合同研修会』で痛感させられたことは、「やっぱり『尾道方式』の退院前カンファレンスはすごいのだ」ということでした。

ディスカッション後の発表では、26グループのほとんどが『退院前カンファレンス』の必要性を述べていました。そして、現状ではみんな「やらなければならない」と感じているのに、実際には日々の業務に忙殺されて実現できていないということでした。

横須賀では、やりたいと誰もが考えていながらやれていない。尾道では、やるべきだと誰もが理解していて1994年からずっと退院前カンファレンスを続けてきている。

この差は、とんでもなく大きな事なのだと改めて痛感させられました。

11月10日の活動日記では、フジノはこんなことを書きました。

だから『当たり前のこと』であるはずの『尾道方式』が特別にすごい取り組みとして評価されるのです。

しかも1994年に『尾道方式』がスタートしてから20年も経つのに、自分の暮らす地域ではそんなケアカンファレンスなんて、ほとんど行なわれていないのです。

だから、『尾道方式』がすごいすごいと全国で評価されている...。

2012年に生きている僕たちは、もはや『尾道方式』がすごいなんて言わない世の中にいなければいけないはず。それができていない。

『当たり前のこと』が当たり前として成されていない社会だから、『当たり前のこと』が20年経っても『特別なすごいこと』として評価されている。

早くこんな現実を変えなければ。早くこんな社会を変えなければ。

それが今日、フジノが最も強く学んだことでした。

今夜の研修会でも、このことを再び学びました。

何とかして「やらねばならないと分かっているけどできない」を変えて、実際にできるようにしなければ!

横須賀のみなさん、一緒にがんばっていきましょうね!
今夜はおつかれさまでした!

今夜の様子を『チーム衣笠』のブログでも紹介して下さっています。こちらもあわせてご覧下さい。