全国から注目されている取り組みの成果を、市民のみなさまに実感してもらえるように/「在宅療養連携会議」(第4回)へ

在宅療養・地域包括ケアの実現に向けた、2013年度の取り組みの実績

今夜は、逸見のウェルシティにて『在宅療養連携会議』が開催されました。

5月7月10月に続いて、2013年度の第4回目です。

会場にて(フジノ、目をつむっています)

会場にて(フジノ、目をつむっています)


2013年度の最終回にあたるので、1年間の取り組みの『実績報告』が行なわれました。

2013年4月〜2014年1月末までに実施済

【市民向けの啓発】

【人材の育成】

  • 介護職の為の在宅療養セミナ一
  •  ケアマネージャー向け:3回
     ホームヘルパー向け:3回

【ネットワークづくり】

  • 多職種合同研修会

     ひとり暮らし高齢者の在宅療養をテーマに、25グループに分かれて、模擬カンファレンスを実施。

     参加者172名(居宅介護支援、訪問看護、訪問介護、病院、診療所、薬局、地域包括支援センター、搬送サービス、デイサービス、老健、特養、その他)。

【システムの構築】

県から補助をもらって行なう事業が多いのですが、特に今年度は県の補助決定スケジュールが大幅に遅れてしまいました。

その為、2013年度の事業には、まだ取り組みが行なわれていない事業もあります。

3月いっぱいかけて、多くの事業が実施されます。

2014年2月〜3月末に実施予定

【市民向け】

  • 市民便利帳に「在宅医(在宅医療を実施している医療機関)」を掲載

【人材の育成】

  • 病院医療職の為の在宅医療セミナー

    市民病院・うわまち病院・共済病院の3ヶ所で在宅療養出前セミナーを実施予定

  • 医師の為の在宅医療セミナー
  • 在宅医療推進の為の地域における多職種連携研修会

残り1ヶ月半もしっかりと取り組みを進めて、2014年度につなげたいです。

横須賀は全国から注目されるようになりました

それにしても、本当に充実した1年間でした。

あまりにも濃い取り組みを立て続けに行なってきたので、もう5年くらい経ったような気持ちがしています。振り返ると「実際はまだ1年間しか経っていないのか」と我ながら驚きです。

横須賀では、この2年ほど、本当に全国に誇る取り組みが行なわれてきました。

これまでの横須賀市の取り組み(2013年10月・厚生労働省での人材育成研修資料より)

これまでの横須賀市の取り組み(2013年10月・厚生労働省での人材育成研修資料より)


実際、地域医療の分野からだけではなく、介護・福祉の分野から、さらには一般のマスメディアからも注目されるようになりました。

まさに横須賀の取り組みは、全国のモデルケースになりつつあります。

フジノが初めて問題意識をもって関わり始めた数年前には、全国を見ても、20年以上もの長年にわたる取り組みを実践してきた地域が数カ所あるだけでした。

そうした地域は、産業の転換によって早くから過疎と高齢化が一気に進んだり(尾道市など)、巨大なニュータウンでの団地の老朽化に直面していたり(千葉県柏市豊四季台・横浜市公田町団地など)、という地域特有の課題に早くから直面していました。

かたや横須賀市は、そうした課題を持つ地域とは異なります。

高齢化率が急激にアップしていることを除けば、むしろ、全国的に見て『よくあるふつうのまち』でした。

そういう『よくあるふつうのまち』は、2025年問題の深刻さにはまだ向き合わないところがほとんどです。

それにもかかわらず、横須賀は『在宅療養・地域包括ケア』の実現に向けて、この数年間で一気に取り組んできたのです。

だからこそ、厚生労働省をはじめ、全国から注目されているのだとフジノは自覚しています。

「横須賀のように取り組めば、なんとか2025年問題を乗り越えられるかもしれない」

「横須賀をお手本に頑張れば、地域包括ケアを自分たちのまちでも実現できるかもしれない」

と多くのまちが感じているのだと思います。

まだまだ頑張らねばいけないことがたくさんある

ただ、横須賀にもまだまだ足りないことがたくさんあります。

その1つが、『見守りなどのサービス付きの高齢者向けの住まいが足りていないこと』です。

もう1つが、『横須賀の取り組みのすごさが、市民のみなさまには全く行き届いていないこと』です。

いくら全国から注目されている取り組みであっても、それは医療・介護・福祉の専門家と政治・行政の世界のお話なのです。

このまちに暮らしているほとんどのみなさまに、その成果がこころの奥までは全く届いていないと感じています。

生きること・老いていくこと・死ぬことへの想い、病気や障がいに対する感じ方、在宅での療養・在宅での看取りなど、市民のみなさまの想いにまでは、届いていません。

政策としてこのまちが進むべき方向は、正しいです。

次は、その政策の成果を、市民のみなさまのこころにまでしっかりと浸透していくことを目指すべきです。

つまり、実感してもらえるように取り組みを進めていくのです。

まだまだ頑張らなければいけない。

医療・介護・福祉・政治・行政のみなさん、これからも一緒に取り組みを進めていきましょうね。

ここまではバッチリです。

ここから先も、頑張っていきましょうね。

URが取り組む高齢者向け住まいとサービス連携/地域連携コーディネーター養成講座2013

エイジング・イン・プレイス

今夜は大学院へ向かいました。『地域連携コーディネーター養成講座2013』の聴講です。

大学院にて

大学院にて


それにしても、大学院のある『青山一丁目駅』の手前は『六本木駅』なのですが、ふだんの電車内はビジネスパーソンばかりなのに、今夜はカップルばかりでした。

URによる高齢者向け住宅の取り組みはすごい

今夜の講師は、加藤邦彦さん(独立行政法人都市再生機構)。

団地再生部次長と経営企画室担当部長と住宅経営部担当部長を兼務しておられるすごい人です。

今夜の講師の加藤邦彦さん(左)と、高橋紘士教授

今夜の講師の加藤邦彦さん(左)と、高橋紘士教授


実際、講義の内容もすごかったです。

URは、常に行政改革のターゲットにされているというイメージがあります。

例えば、フジノの手元にある行政改革推進会議の資料などをみると、集中砲火をずっと浴び続けている印象です。

行政改革推進会議・独立行政法人改革等に関する分科会の資料より

行政改革推進会議・独立行政法人改革等に関する分科会の資料より

同資料より、行政改革の流れを受けて成されたURに関する検討

同資料より、行政改革の流れを受けて成されたURに関する検討

さらに、今月のあたまにはこんなニュースも流れていました。

UR、高額賃貸のサブリースも/行政改革会議が年内に報告

政府が検討する都市再生機構(UR)改革の方向性が年末にも固まる見通しだ。高額賃貸住宅の転貸、国とURが費用を折半している家賃減額措置の見直しなどを通じて財務体質の改善を図る案が有力。URのあり方を話し合う行政改革推進会議のワーキンググループが今月開く次回会合で報告書をまとめる。

WGによる過去7回の議論では、12兆円を超す有利子負債の圧縮などURの財務構造健全化を中心に意見交換。賃貸住宅事業については、都心部にある高額賃貸住宅の改革▽住宅管理業務の効率化▽家賃設定方法の見直し▽ストック再生・再編の促進、などを具体的な改革メニューとして示した。

このうち、都心部に500戸ある高額賃貸に関しては「民間にサブリースし、将来的には売却すべきではないか」といった意見が出ている。また、現在は国とURが折半している家賃減額措置について、これを全額国費負担とすることなどを検討すべきだという声もあった。
 
このほか、都市再生事業をフィーサービスとして確立すること、関係会社の大幅な整理合理化などもテーマとなっている。 報告書の具体的な中身については「関係者のコンセンサスを得るのに時間がかかる」(事務局)として明らかにしていない。WGは今後、自民党など与党の意見も踏まえて報告書をまとめる。

(2013年12月02日・週刊住宅オンライン

けれども、今夜の講義を聴いて、改めてURの果たしている社会的意義の高い取り組みの数々を学び直して(知っていることも多数ありました)、URの改革はかなり進んでいることを感じました。

講義の様子

講義の様子

URの取り組みは素晴らしい

URの取り組みは素晴らしい

介護の日/24時間対応の訪問看護介護とまちづくりの先進2事例

「介護の日」イベント

2008年から、今日11月11日は『介護の日』と定められました。

介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日(厚生労働省サイトより)

という訳で、今日は全国で様々なイベントが行われています。

横須賀市内では神奈川県立保健福祉大学を会場にして『第1回かながわ介護感動大賞』の表彰式や介護ロボットのお披露目などが行なわれました。

フジノは横浜・桜木町の『はまぎんホールヴィアマーレ』へ向かいました。

桜木町駅前

横浜市開催の『介護の日記念フォーラム〜となりの介護〜』に参加しました。関心のあるプログラムが2つあったからです。

  1. 超高齢社会のまちづくりの先進的な取り組みとして知られる2つの事例(柏市豊四季台と横浜市公田町団地)によるパネルディスカッション
  2. 横浜市で10月からスタートした、24時間対応型の『定期巡回・随時対応型訪問看護介護』の事業所によるブース

会場入口のフジノ

 

まず、パネルディスカッションです。

1.コミュニティで創る新しい高齢社会

超高齢社会のまちづくりの『お手本』としてよく知られている2つの取り組みからパネリストが出演して、意見交換が行なわれました。

どちらの活動も、すでに何度かフジノはお話をうかがったことがあります。

ただ、2つの取り組みが1つの場に集って意見交換をする機会はフジノにとって初めてでしたので、強く関心を持ちました。

豊四季台団地は、東京大学と厚生労働省が主導しているまちづくりです。言うならば、『外側から与えられた改革』です。一方、公田町団地は、住民たち自らが立ち上がったまちづくりで、『内側から自発的に起こった改革』です。

これまでフジノはどちらの取り組みにも物足りなさを感じてきました。この2つが一体化すればもっと良い取り組みになるはずなのに、と。

ただ、今日のパネルディスカッションを通して、お互いの団地を訪れてお互いから学びあっていることが分かりました。それぞれから学びあったことが取り入れられて数年後にはより良い形に発展していってほしいと願っています。

 

「人口が増え続ける」「人口構成は若者が多い」という高度経済成長期の前提で作られたハードとソフトが、今もそのままの形で日本には存在しています。建物も、道路も、制度も、人々の慣習なども。

けれども、この前提はすでに破綻しています。「人口は減り続ける」「人口構成は高齢者が多い」という社会に日本は変わりました。十数年のうちには、圧倒的に後期高齢者が増加します。

現実の在り方にマッチしていないハードとソフトでは、人々は暮らしやすいはずは無く、あらゆる問題がどんどん噴出してきます(介護難民、買い物難民、孤独死などはそうした問題のひとつです)。

だから、この数年のうちに、現実の在り方に新たにマッチするハードとソフトへと日本社会を変えていかなければならないのです。

横須賀も一刻も早く変わらなければいけません。特に、ハードもソフトも横須賀は大きく変わらなければいけません。

豊四季台団地や公田町団地の取り組みから学ぶべきことを学んで取り入れながらも、横須賀市はそれぞれの日常生活圏域に合わせた独自の姿を考えていかなければいけません。

もっと強い危機感と圧倒的なスピード感を持って、可能な限り早く変えていかなければならないのです。

今日のもう1つの目的は、オープンイベント『これからの24時間在宅ケア』です。ロビーにブースが設置されています。

2.これからの24時間在宅ケア

今年4月から新しく介護保険制度に加わった24時間対応型サービスの『定期巡回・随時対応型訪問介護看護』。

残念ながら横須賀市ではまだ実現していません。横浜市では、この10月からすでにスタートしています。

まず8月から先行して3区でスタートして、10月からは18区全てに1事業所ずつ設置されました。

それらの事業所が『よこはま地域ネット24』という団体を作っています。本格スタートからまだ1ヶ月しか経っていませんが、その実績などを伺いました。

緊急通報システム

今年4月、全国で第5期の『介護保険事業計画』がスタートしました。

横浜市の第5期計画では、この『24時間対応型サービス』を2014年度までに各区2ヶ所、合計36事業所の整備することを目標としています。

一方、横須賀市では2014年度までに1事業所の整備が目標値ですが、「もっと増やしていかなければならない」というのがフジノの考えです。

横浜市の第5期計画

横須賀市でもついに事業者の募集が10月31日で締め切られて2事業所の応募がありました。

11月現在は、事業者から提出された申請書類についてのチェックが行なわれています。例えば、建築基準法に適合しているかを関係部署がチェックする、法人の財務が適正であるかを公認会計士にチェックしてもらう、などです。

その後、12月10日頃までには『整備審査会』が開かれる予定です。これは、福祉部長を委員長に、市役所の関係課長6名(総務課長、指導監査課長、障害福祉課長、生活福祉課長、介護保険課長、高齢福祉課長)によって構成されるものです。

審査会を経て、12月20日頃には『介護保険運営協議会』に報告される予定です。

このまま順調にチェックが終われば、2013年にはついに横須賀市でもこの24時間対応の取り組みがスタートします!

これまでずっと実現を目指してきた訳ですが、ここから先は実現した後の日常的な運営をしっかりチェックしていくことがフジノの仕事になります。市民のみなさまに利用していただけるように支援していくことが大切です。

今日はその意味でとても参考になりました。横須賀市の取り組みにしっかり活かしていきます!

その他に、樋口恵子さんの講演もありました。いつもながら切れ味するどくユーモアもある樋口さんのお話はとても勉強になりました。

樋口恵子さんの講演

シンポジウム「徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは」へ参加/政治家フジノの3期目の重要テーマは「いかにして医療計画を実行性あるものにすべきか」です

シンポジウム『徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは』へ

朝は激しい雷の音が鳴り響いて強い雨も降りましたが、1時間ほどですぐに快晴に、そして、すさまじい暑さになりましたね...。

連日の暑さに体は負けてしまいそうですが、こころは気合い十分です。

今日は、東京大学の本郷キャンパスへ向かいました。

東京大学の本郷キャンパス

東京大学の本郷キャンパス


こちらのシンポジウムに参加する為です。

東京大学公共政策大学院「医療政策教育・研究ユニット」(HPU)主催~医療政策実践コミュニティー(H-PAC)第2回公開シンポジウム~

『徹底研究:医療を動かす、医療計画作りとは』

2013年度から5年間の地域医療を方向づける、次期医療計画の検討が各都道府県で進められています。

『5疾病・5事業および在宅医療の連携体制の構築』を具現化する為に、今、どのような考えで、どのような作業を実践し、どのような内容を計画に盛り込むべきか。

昨年10月に開催した第1回公開シンポジウムでの議論からさらに踏み込みます。

11人の演者にご講演いただき、国と地域の状況を共有のうえ、実際に医療計画作りを行っている方々にも多数ご来場いただいて意見交換を行い、具体的アクションプランの導出につなげます。



*後日、HPUのホームページにシンポジウムの報告が掲載されました。配布資料など全てが掲載されていますので、ぜひこちらをご覧下さい。

いかに「第6次医療計画」を有効性あるものにするか、政治家3期目のフジノのテーマです

2013年からスタートする新しい『医療計画』(第6次医療計画)に、フジノはものすごく注目しています。

いかにして『医療計画』を実効性あるものにすべきか

会場である伊藤謝恩ホールにて

会場である伊藤謝恩ホールにて


これが3期目の政治家フジノの重要なテーマです。



「医療計画」は県が作りますが、地域包括ケア実現の主役は現場に最も近い市町村です

大きな方針は『国』
が定めて、計画そのものは『県』が作ります。

その為に『市町村』が関わる余地はほとんど無いように見えます。

しかし、『地域包括ケア』を実現する為には、現場に最も近い『市町村』こそが最も重要な存在なのです。

会場の様子。患者・医療・行政・メディアなど立場を超えてたくさんの人が集まりました

会場の様子。患者・医療・行政・メディアなど立場を超えてたくさんの人が集まりました


市が策定している保健・医療・福祉の様々な計画があります。

  • 『介護保険事業計画』
  • 『高齢者保健福祉計画』
  • 『障害福祉計画』
  • 『障害者計画』
  • 『子ども・子育て支援事業計画』
  • 『健康増進計画』
  • 『地域福祉計画』
  • 『都市計画マスタープラン』
  • 『住宅マスタープラン』



このような市町村が作ったいくつもの計画は、詳細な調査による具体的なデータに基づいて『数値目標』が立てられています。

市が作る、保健・福祉(高齢・障がい・こども・地域福祉)・住宅政策・都市政策などとの現実的な連携が無されなければ、県が作る『医療計画』は全く機能しません。

そうした想いからフジノは国・県の審議会を毎回傍聴してはその動向を追い続けてきました。そして市議会において、横須賀市として成すべきことを提案してきました。

市議会の他に講演や執筆の依頼をいただいた際には、必ずこの『市町村と県の実質的な連携』を強く訴えてきました。

これからもその実現に向けて、努力していきます。



奈良県、神奈川県、千葉県柏市の好事例

今日のシンポジウムはとてもプログラムが充実していたのですが、中でも『パート3・地域の立場から』に注目していました。

奈良県の医療計画

奈良県の「保健医療計画」


奈良県、神奈川県、千葉県柏市の政策担当者から、それぞれの医療計画について講演がありました。

神奈川県の保健医療計画

神奈川県の保健医療計画


特に、神奈川県の保健医療部長による講演は『横須賀・三浦二次保健医療圏』を含む、まさに神奈川県の保健医療計画のお話です。深い関心をもって講演を聴きました。

神奈川県内の二次保健医療圏の配置

神奈川県内の二次保健医療圏の配置


今回、県の発表が2つに対して、市の発表も1つありました。

それが千葉県柏市です。

全国から注目されている千葉県柏市の取り組み

全国から注目されている千葉県柏市の取り組み


豊四季台団地での実験的な取り組みは全国に知られており、視察に訪れる人々も大変多いです。フジノもずっと注目しています。

複合的な機能を持たせたサービス付き高齢者向け住宅

複合的な機能を持たせたサービス付き高齢者向け住宅


このように全国的に有名なケースは極めて特殊な事例ですので、全国の市町村が同じように取り組める訳ではありません。

けれども『医療計画=県』というような固定概念を崩す為にはこうしたレアケースの存在も大きな意味があります。

『医療計画』は県に権限がある政策ですが、現実的には市町村の地域医療・地域福祉による実践の積み重ねこそが必要です。

今日のシンポジウムでも、どうしても国や県からの視点での議論が大半を占めましたが、改めてフジノは自らの主張への確信を深めました。

9月には、神奈川県の『保健医療計画』の骨子案が作られ、12月にはさらにパブリックコメントの素案が作られます。

その計画が少しでも現実的な効果を発揮する為に、市の立場からどんどん積極的に関わっていくよう訴えていきます。