教育長が7月末で辞職すると突然の発表がありました/新しい教育長にはどんな時もこどもたちを常に最も大切にする方の就任を期待します

昨日、突然「あいさつをしたい」との連絡を受けました

昨日、市役所から連絡を受けました。

「明日、藤野議員が教育委員会定例会の傍聴をされた後、少しお時間いただけませんか。教育長から藤野議員にご挨拶に伺いたいとのことです」

と言われたので、問い返しました。

「お会いする理由は何ですか?」

「今は申し上げることができません」

そこで改めて、問い返しました。

「その挨拶をする相手というのは僕だけですか。それとも市議会の全議員に対してですか?」

「藤野議員だけでなく、全議員を回るようです」

との返答でした。

このやりとりですでにフジノは、『教育長が挨拶をしたい理由』を察しました。

新しい市長へ交代して、そしてこのタイミングで「全議員を回って挨拶をしたい」となれば1つしか理由はありません。

『辞任』です。

フジノは教育委員会定例会の傍聴後にすぐに別の仕事があるので、ご挨拶を受けることは丁寧にお断りをしました。

「今日の教育委員会定例会が、青木教育長にとっては最後の晴れ舞台になるのだろうか」

と考えながら、けさの定例会を迎えました。



午後、全議員宛に報告がありました

教育委員会定例会が終わった後、フジノは仕事で東京都内へ向かいました。

15時過ぎに、全議員宛の連絡がありました。

以下の文書が報告されました。

市議会議員宛に報告された青木教育長の辞職

市議会議員宛に報告された青木教育長の辞職


何の理由も記されていない、1行だけの報告です。

平成29年(2017年)7月21日

市議会議員 様

教育委員会

青木教育長の辞職について

標記について、平成29年7月31日をもちまして、青木教育長が辞職いたしますのでお知らせいたします。

事務担当:教育委員会事務局 教育総務部 総務課

同じように、横須賀市のホームページにも1行だけの報告が掲載されました。

横須賀市のホームページにも辞職が掲載されました

横須賀市のホームページにも辞職が掲載されました


これだけの文章を読んで、市民のみなさまはどうお感じになったでしょうか。



前市長が誤った人事を行ない、ご本人も学校現場も混乱し苦しんだ3年半でした

そもそもフジノは、現教育長の就任に強い反対を示しました。

市議会では、人事案件については質疑をしないという不文律(文章でルール化されていない紳士協定)がありました。

しかし、あえてそれを破りました。

吉田前市長が人事議案を出した時に、市長に対して教育長の職責にふさわしい方では無いという立場で、厳しい質疑を行ないました。

フジノの強い反対にもかかわらず、2014年2月1日付けで就任することになりました。

それから3年6ヶ月。

前市長による誤った人事によって、横須賀の児童生徒たちは『学力テスト』も『体力テスト』も全国平均を下回り続けました。

そもそもこどもたちの『学力』も『体力』も、衣食住・生活習慣・家庭環境が安定していれば向上していくものです。

けれども、横須賀の生活困窮世帯の中学生たちはお昼ごはんを食べることもできませんでした。

こどもの貧困にしっかりと向き合おうとしてこなかった訳で、『学力』も『体力』もアップしないのは当然の結果です。

さらに、『いじめの被害』にあうこどもたちの多さ(2015年度、小学校240件、中学校160件)、『不登校』になってしまうこどもたちの多さ(2015年度、小学校127名、中学校480名)。

横須賀のこどもは危機に晒され続けてきました。

教職員による信じられないような体罰(体罰という名前は生ぬるく、『暴力』です)も無くなりませんでした。

さらに『体罰』を隠す傾向さえあるのです(中学校教職員が生徒を体罰で負傷させた上に不適切な発言を行なった為に県教育委員会が1月に懲戒処分を決定したが、本件を教育委員会定例会にも市議会にも報告さえしていない)。

また、放射性物質に汚染された高濃度の除染土を、学校の敷地内に埋めたままにし続けました。

「8000ベクレルを超える除染土は無い」という虚偽答弁をフジノに行ないながらも、測定した結果、1万数千ベクレルを超えた除染土の存在が明らかになった後も「虚偽答弁ではない」と言い張り続けました。

フジノは学校教職員の方々と勉強会を続けています。

残念ながら、こうした現場の先生方から教育長への信頼は最後まで得られませんでした。

ハッキリと申し上げます。

このような教育行政を進めてきた教育長は、全く不適格だったと申し上げざるをえません。

こどもたちと向き合う仕事には全く向いていない方を、前市長が自らのイエスマンを就任させたが故に、横須賀のこどもたちはより良い教育を受ける機会を逃しました。

前市長の責任は極めて重いと言わざるをえません。

今回の退職の理由は、知りません。

上地市長のお考えなのか、あるいは、前市長に任命されたので自らお辞めになることを決めたのか、知りません。

フジノはこれまでの教育長の発言の数々から、市民から罷免要求があってもおかしくないと感じてきました。

これで良かったのだ、とハッキリと申し上げます。



こどもたちがいつも一番大切にされる教育へ横須賀は生まれ変わらねばなりません

これから、横須賀の教育を大きく変えていかねばなりません。

こどもたちがもっともっと衣食住・生活習慣を安定してこのまちで成長していかれるような教育に変えていかねばなりません。

保護者のみなさんは教育委員会のことを全く身近に感じておらず、市民に開かれた教育委員会だと全く感じていない現状を変えていかねばなりません。

教職員のみなさんの過重労働は、もはや過労死ラインを超えています。教職員のみなさんがこどもたちと向き合える心理的・肉体的・時間的な余裕が持てる労働環境に変えていかねばなりません。

横須賀の教育は、危機的状況にあります。

大きく変えていかねばなりません。

教育行政のリーダーがこどもたちのことを常に一番大切に考える方でなければ、絶対に教育は変わりません。

前教育長おひとりに責任をおしつけるつもりはありません。

しかし、リーダーの姿勢をみて教育委員会事務局や学校現場は変わります。

もっとこどもたちが健やかにのびのびと暮らしていかれるように、

どのような家庭に生まれてもこの厳しい社会を生き延びられるように、

横須賀はこどもたちを守り育てていく教育行政を進めていく為に、

どんな時であろうとも絶対こどもたちを一番大切にする。

そんな方を新しい教育長に任命してほしい、と上地市長に強く期待します。



横須賀市長選挙の立候補予定者・広川さとみさんにお会いしました(その1)

フジノは、市長選挙では全ての候補者から政策をうかがい、意見交換をします

政治家は『政策』で選ぶものです。

だから、過去2回の横須賀市長選挙(2005年2009年)では、フジノは全ての候補者の方々にお会いしていただきました。

じかにお会いして、その政策をうかがい、意見交換をさせていただくのです。

これは、フジノが絶対に譲れないポリシー(信念)です。

その上で

「自らの想いを託したい」

と感じた方に対して、フジノは『勝手連』として応援してきました。

ですから、今年6月に行なわれる市長選挙でも、フジノは立候補予定者のみなさんにお会いしていただくつもりです。

こうして、先日は岸まきこさんにお会いしていただきました。

そして今日は、前副市長の広川さとみさんにお会いしていただきました。

広川さとみさんと意見交換を終えて

広川さとみさんと意見交換を終えて


ただ、3人の立候補予定者の中で、実は、広川さんに対してフジノはやや特別な想いがあります。

あらかじめ、それをご説明しなければ、不公平というか誤解をみなさまに与える気がしています。

まず、そのことをお話します。



広川さとみさんに「立候補してほしい」とフジノは期待していました

実は、フジノは「広川さんに立候補してほしい」と強く願っていました。

2012年12月14日〜2013年2月までの間、とても強く「立候補してほしい」と願っていました。

その理由を説明します。



対立候補がいない選挙は「民主主義が機能していない状態」だ

広川さんは、2012年12月に副市長を辞職しました。

そして、2013年2月に立候補を表明しました。

それから2ヶ月が経った今でこそ、吉田市長の対立候補として、少しずつ市民の方々に知られるようになってきました。

けれども昨年12月の段階では、誰も対立候補は名乗りをあげていませんでした。

(岸まきこさんが立候補表明をされたのは2013年3月25日のことです)

もともと市長選挙というのは、統計上、圧倒的に『現職』が有利とされています。

それこそ全国の選挙において『現職』の勝率は9割と言われています。

市長は仕事であらゆる団体に顔を出しては挨拶してまわります。

『市長としての公務』がイコール『選挙活動』のようなものです。つまり、何もしなくても吉田市長が圧倒的に有利なのです。

だから、

「吉田市長が無投票での再選か?」

「もしも共産党が対立候補を擁立しても吉田市長の圧勝か?」

という、『吉田市長の不戦勝もしくは圧勝』という空気が漂っていました。

フジノはそんな空気がとてもイヤでした。

とても重苦しい閉塞感を感じていました。

「対立候補がいない」ということは、「民主主義が機能していない」ということです。

このまちにとって、とても不健全な状態です。



ほぼ成果ゼロなのに、改革のイメージ戦略がうまく高い人気の市長

しかも、これまでフジノのブログを読んで頂いた方々であれば、吉田市長の『改革』はほとんど実現していない事実はご存知のはずです。

ハコモノ改革は、形だけ。大手広告代理店にうまく利用されて、法的な問題があっても進めてしまう。

自治基本条例が実現できないのは市議会の反対のせいにしていますが、実際には否決されてもそれを再度提案できる権能である『再議』も行なっていません。

マニフェストの中でも小さなことばかりを「達成した」「実現した」と言い、実現する努力をしなかったものは全て「市議会が反対したからできなかった」というのです。

こんな今の横須賀市政に、フジノは心底うんざりしています。

けれども、イメージ戦略が圧倒的に上手な吉田市長は、今も市民のみなさまにとても高い人気があります。

「若くて何かを変えてくれそう」という漠然としたイメージだけが、4年間が経った今も多くの市民の方々には浸透しています。

『改革派のイメージ』と『成果がほとんど無い現実』との間に圧倒的な断絶があることに、フジノは強い閉塞感を持っていました。

だって、市民のみなさまにお聴きしたいのです。

あなたの暮らしはこの4年間で良い方向に変わりましたか?

少なくともフジノは、良い方向に変わったとは全く考えていません。



吉田市長就任後、8人の部局長が定年を前に辞職して去っていった現実

現実の吉田市長は、組織のマネジメントが全くできておらず、破綻していました。

なんと吉田市長の就任後、8人もの部局長が定年を前に辞職していました。こうした事態は過去に1度も例がありません。

特に、8人目の辞職者である(市長が自ら連れてきた)上下水道局長にいたっては、市長の失敗をかばって辞任したという印象しかフジノにはありません。

3年半前の市長就任の演説では「職員の尻をぬぐえる市長になる」と宣言したのに、尻をぬぐうどころか、吉田市長によって8名もの貴重な人材(=人財)が損なわれてしまったことにフジノは強い怒りを感じていました。

市長の組織運営能力に疑問を持った上地克明議員(2010年9月2日)田辺昭人議員(2012年2月28日)がすでに一般質問で質していました。

それにも関わらず、2012年7月に民間団体が主催したイベントにパネリストとして出演した吉田市長は、

「退職した部長たちは変革について来ることができていなかった」

と発言しました。

自分の方針に従わずに辞職していった人間は『変革』についてこれなかったから仕方がない。

こんなパワーハラスメント的な発言は、自殺対策に取り組んできたフジノには許せませんでした。

そこで、12月議会での本会議における市長への一般質問で、フジノは市長に対して発言の撤回を求めました。

しかし、吉田市長は自らのパワハラ発言を反省することも撤回することもありませんでした。



なんと最後の「重し」であった広川副市長までもが義憤にかられて辞職へ!

フジノがそんな一般質問を行なった12月議会の最終日(12月14日)のことです。

本会議が終わり、議員研修会も終わった後、なんと「広川副市長が辞表を出した」という連絡が入りました。

その知らせを受けて、フジノの怒りは頂点に達しました。

これで、市役所は9人もの人材(=人財)を失なってしまったのです。

その日、フジノはこんなツイートをしました。

議員研修会終わりました。この後、広川副市長から全議員に話したいということで、今、控え室で待機しています。

広川副市長、本日付けで辞表を出したとのことです(涙)

吉田市長のマネジメント能力はゼロだ!怒りが消えない。広川副市長、素晴らしい行政マンだったのに。スーパー公務員として全国に知られた方を、吉田市長は全く人財として活用することができなかった。37年9ヶ月もの経験をムダにしてしまった。

それもまた吉田市長は外部の講演で「改革についてこれなかった」とかほざくのか!?あの広川さんが辞職するなんて、本当に大きなダメージだ。

僕はつい先日、神奈川県の副知事とお話した時に「横須賀は広川副市長が頑張っていますね」と会話したばかりだったのに。まさに内外どちらから見ても、広川副市長が『重し』となって市政をサポートしてくれていたのに。。。

吉田市長はマニフェストは総崩れ。7人もの部局長が定年前に退職していき、上下水道局長としてつれてきた人は辞職に追い込み、そして副市長も今日、辞めていってしまった。なんてことだ。

これで9人辞めてしまった

僕は吉田市長を選挙で応援してしまった戦犯なので、本当に広川副市長にはこころからお詫びを申し上げました。。。国とのパイプ役、アメリカ軍とのパイプ役としても、広川副市長は大きな存在感がありました。これからが心配です…>_<…

次の市長選挙、選挙が得意な吉田市長はまた再選されるのかもしれないけれど、選挙がうまいだけで全く市政の経営能力が無い吉田市政が8年も続くのにはうんざりだ。横須賀はこの3年半、失われた3年半だった。

正直なところ、パフォーマンスはもう心底うんざりなので、イタリアみたいに実務家内閣が良いと思います。パフォーマンスがウンザリなのでフジノ自身は街頭演説をやめて2年以上になります。吉田市長は次の選挙に向けて駅立ちばっかりやってて、予算編成時期なのに頭にきます。

むしろ広川副市長に、来年の市長選挙に出馬してほしいです。そしたらフジノは吉田市政を生んだ罪滅ぼしとして、広川さんを全力応援するのになぁ。。。

広川副市長は、神奈川県からも「若い市長の政権運営を広川副市長がサポートしてあげているから市政が回っている」と評価されていた存在です。

しかも、常に吉田市長の暴走を「重し」となってサポートしてくれていた大切な存在です。

その広川副市長が来年度予算案の策定の前に、辞職を決意したということは、どれほど重い決断だったことか…。

無会派の控え室に辞職のあいさつに来てくれた広川副市長は

「これ以上あの方にお仕えすることは、私自身の公務員人生を否定することになります」

と切々と訴えられました。

フジノはこころを打たれました。

僕自身、吉田市長当選後、必死に支えてきたのに何も市長ご自身は僕らの苦労なんて全く理解していなかったから。

広川副市長が義憤にかられた気持ちには、とても共感できました。

そこでフジノは広川副市長に

「どうか市長選挙に立候補して下さい。有力な対立候補が必要です。広川副市長ならば、即戦力ですし、必ず横須賀を良い方向にリードしていくことができます」

とお願いしました。

けれども、広川副市長は

「今はとにかく休みたいです。先のことは何も考えていません」

とだけお返事をされて、お帰りになりました。

これがフジノが「広川副市長に立候補してほしい」と強く願って経緯です。

2013年2月2日・神奈川新聞より

2013年2月2日・神奈川新聞より


ですから、2月に広川さんが立候補表明をした時にはすぐにお電話をして、

「広川さん、よくぞ決心して下さいました。対立候補がいない市長選挙なんて間違っています。横須賀の為に、本当にありがとうございます」

とこころから感謝の気持ちをお伝えしました。




(その2へ続く)



『市議の補欠選挙』は無い見込みです/議員定数を減らす・財政支出を減らす、2つの観点から

『市議の補欠選挙』は無い見込みです

『議会対応マニフェスト(案)』の発表と共に、雄人(吉田雄人市議)は「ぎりぎりまで辞職をしない」ことを発表しました。

これは、4年前に立候補した木村正孝さんと同じ方法を取った訳ですが、

「現実的に意味がある判断だ」

とフジノは2つの点で評価しています。

理由1、議員定数を減らすべきだから

第1に『議員定数を減らすべき』だという観点からです。

現在の『議会改革』の流れの中で「横須賀市議会に43人の議員定数は多いのではないか」という議論があります。

雄人が市長選挙に挑戦することになれば、43人の市議会議員が1名欠員となります。

仮に欠員となっても、市議会は問題なく回っていくでしょう。

そうなれば、この1名は減らしても問題が無いことが現実的に証明されます。

『定数削減』は1名以上で行われるはずです。

理由2、財政再建は待ったなしだから

第2に『財政再建』の観点からです。

仮に『補欠選挙』が行わることになれば、補正予算が組まれて、追加で4000万円も税金が必要になります。

現在でも厳しすぎる横須賀の財政に、あえて補欠選挙の為だけに4000万円をかける必要はありません。

欠員1名のままでいけば、その1名分の市議会議員の給与・ボーナス・政務調査費・委員会視察旅費など、本来在籍していたら支出される予定のものが残りの2年間分、支出されなくなります。

これだけでも大きな節約になります。

このように2点の意味で、補欠選挙をやるべきではない、とフジノも考えています。雄人の判断は正しいと評価します。

神奈川新聞が報じてくれました

神奈川新聞がこの点について報道してくれました。

2009年4月23日付・神奈川新聞より

2009年4月23日付・神奈川新聞より


以下に引用させていただきます。

’09横須賀市長選

吉田雄人市議 市長選直前、辞職の意向 市議補選ない見込み

6月28日投開票の横須賀市長選への立候補を表明している横須賀市議の吉田雄人氏(33)は22日、

市議の補欠選挙を避ける為、6月11日以降に市議を辞職することを明らかにした。

同市選挙管理委員会によると、公職選挙法に基づき市長選告示日(6月21日)の10日前にあたる6月11日より前に欠員が生じた場合、市長選と同時に市議補選が実施される。

市長選単独に比べて4000万円ほど費用がかさむという。

(佐藤 浩幸)

本日、フジノの師匠が市議会議員を辞任しました/自分のことよりもいつも他人のことを考えて下さる木村正孝さん

2人の市議が辞職しました

今日は2人の市議会議員が辞表を出して、そのまま受理をされて、正式に辞職をしました。

1人の方は、交通事故に遭ってしまった為に当選以来、ほとんど議会に出ないままの2年間でした。

車いす生活を余儀なくされている体であることには、深く同情します。

ただ、政治家としての仕事ができない状態のまま、市民のみなさまの税金をもらい続けていることはとても不健全な状態です。

自ら進退を決めることが選んでくれた有権者の方々へのけじめだと思っていましたが、今日、その方が辞表を提出し、引退しました。

フジノの師匠が、本日、市議を辞任しました

 
そして、もう1人の辞表を出した方がいます。

政治家フジノにとっての師匠である木村正孝さんでした。

木村さんとは、3年前の夏に初めて出会いました。

フジノがまさか政治家になるなんて考えてすらいなかった頃のことです。

障がいのあるお子さんを持つお母さんから相談を僕は受けて、そこで初めて政治家という存在にアプローチをしたのです。

当時、横須賀市議会議員でHPを持っていたのはわずか3名ほど。

その中で「最も福祉に熱心だ」との印象を受けたのが木村さんでした。

そこでお電話をして事情を話したところ、本当にすぐに会って下さり、しかも親身に相談にのってくれました。

いつも他人のことを考えて下さる木村さん

それから数ヵ月後、2年前の1月31日、フジノは政治家への立候補を決心しました。

木村さんは選挙期間中にもときどきお電話をくれて

「フジノくん、須軽谷にまだポスターを貼れていない掲示板があるよ」

なんて、教えてくれました。
 
木村さん自身だって選挙活動期間なのに。

自分のことよりも、いつも他人を心配してくれた木村さん。

木村さんの政治家としての遺伝子はフジノが引き継ぎます!

彼の選挙方法は、

  1. とにかくお金をかけないこと。
  2. 選挙カーを使わないこと。

フジノは木村さんをお手本にして、自分なりのやり方で選挙に取り組みました。

選挙カーを使わない理由は

  1. うるさくて名前ばかり繰り返していてバカバカしい!
  2. 選挙カーの費用は税金から補助が出ており、おかしい!

この2つの信念からでした。

だから、フジノの選挙費用はすごく少ないのです。
 
他都市の市議会議員と話をしていても、「安い費用だね!」といつも驚かれます。

けれども木村さんはもっと安いのです。

そんな木村さんの政治姿勢は、フジノにとって『師匠』でした。

本当にたくさんの市民の方からの電話相談に、朝から晩までずうっと親身になって答えてあげている木村さん。

同じ市議会控え室で2年間過ごしてきて、彼のそんな姿勢をフジノは見習ってきました。

さらに、政策に対しては徹底的にガンコで、例え45人の議員の中で1人きりになろうとも、自分が「正しい」と信じた想いの前には徹底的に闘うこころの強さを木村さんは持っていました。

フジノもしばしば市議会全体の中で、たった1人だけで賛成だったり反対だったりするのですが、絶対にびびらずに闘うようにしています。

信念に殉じたいんだ。
 
こころだって折れてたまるか。

今、そんな木村さんの『政治家としての遺伝子』をフジノは勝手に受け継がせてもらったと思っています。

もう市議会議員としては一緒に仕事ができないのが本当に残念です。

けれども木村さんから学んだことを、フジノは政治家として絶対にムダにしないでいきます。

  • 選挙には絶対にお金をかけない。
  • 政策に対してはどこまでもガンコに信念を貫く。
  • 困っている人々に対しては徹底的に思いやりをもって接する。

これが木村さんからフジノが学んだことです。

木村さんが市議会議員を辞めた今、勝手ながらフジノがその仕事を引き継ぎたいと思います。

市議を辞職された木村正孝さんと、フジノ

市議を辞職された木村正孝さんと、フジノ


木村さん、長い間、市議会議員として本当におつかれさまでした。

たくさんのことを教えていただいたことは、絶対にムダにしません。

これからも全力で活動していきますので、どうか見守っていて下さい。

お体に気をつけて。

そしてこのまちのためにこれからも木村さんらしく信念を貫いて下さい。

横須賀市議会の議員定数を2名削減するよう求めていきます

これで横須賀市議会は定数45名のところ、現在は43名になりました。

このまま残りの2年間、問題が無ければフジノは「横須賀市議会議員の定数を43名にすべきだ」という提案をします。

最低でも2人、議員定数を減らしたいと思うのです。


 
木村さん、これまでありがとうございました!