神奈川新聞の特集「2013横須賀市長選」、吉田雄人市長

神奈川新聞が「2013横須賀市長選挙」特集

神奈川新聞が3回連続で『横須賀市長選挙』の特集記事を掲載しました。

21kanagawa2

第1回目は、吉田雄人市長でした。

2013年5月21日・神奈川新聞より

2013年5月21日・神奈川新聞より

以下、引用です。

吉田雄人氏、「変革の浸透」道半ば

任期満了に伴う横須賀市長選は6月23日の告示まで約1カ月となった。

現在、表明順に現職1期目の吉田雄人(37)、前副市長の広川さとみ(61)市民団体元代表の岸牧子(56)の3氏が名乗りを上げている。

それぞれの現在の活動を報告する。

5月3日。横須宣市長、吉田雄人の政策公約(マニフェスト)の検証会が、市内で開かれていた。

2009年の初当選時に吉田が掲げた公約の外部評価は、3カ年度で「75.7点」。

『評価委員会』は「ぎりぎり及第点」と評価した。

だが壇上の吉田は、自らの任期に対する市民アンケート結果に思わずつぶやいた。

「...厳しい結論ですね」

「吉田市長が横須賀のリーダーになって市政の変化はあったか」との問いには「あった」「多少あった」が過半数。

横須賀青年会議所が行なった市民アンケート結果

横須賀青年会議所が行なった市民アンケート結果


だが「この4年、市政に満足しているか」には、「どちらでもない」「いいえ」が半数を超えた。

横須賀青年会議所が行なった市民アンケート結果

横須賀青年会議所が行なった市民アンケート結果


『評価委員会』は講評した。

「市民にとっては期待が大きかっただけに、今の結果には納得していないということだろう」

吉田は市議会議員を経て「チェンジ」をスローガンに前回の市長選に出馬。

大きな支持組織を持たずに、議会主要会派の推す前市長を破った。就任後の今も、公務の合間に駅頭に立つ。

「1期目では変化がなかなか実感できないかもしれないが、課題解決の土壌づくりは進んだ。これから芽が出る」。

18日、交流のある小田原市長の加藤憲一が吉田のわきに立ち、声を張り上げた。

吉田自身は1期目の実績の筆頭に、財政健全化への政策を挙げることが多い。

『財政基本計画』(3カ年)を策定して経費節減や債務返済の目標を設け、全会計の債務残高を就任時から100億円あまり減らしたとしている。

任期中には4件の企業誘致が実現。児童養護施設なども整備された。

だが一方で吉田は、ささくれだった議会との関係を1期目で改善することができなかった。

任期中に編成された計4力年度の当初予算案も、議会の修正を受けなかったの東日本大震災発生と重なった11年度分だけだ。

13年度予算では横須賀美術館(同市鴨居)の新企画や谷戸地域の居住促進といった目玉事業の投資が、政策効果への疑念などを理由に削られた。

市議時代にも任期の多くを無会派で過ごした吉田に対し、議会からは「重要な政策実現に向けた各会派への働きかけを市長自身でやろうとしない」(保守系会派)との不満の声が上がる。

吉田は17日、記者団との会見で「市長の場合、反対意見が意見が必ずある中で物事を進めなければならない」と、組織運営を重視する考えを示した。

「1期目では細かく”吉田カラー”を出せるようにしたが、今回は職員の考えを引き出せるものをつくる」。

今回の市長選では、政策集を示す方針だが、数値目標や財源、達成時期を盛り込むマニフェストは掲げない方針だ。

=敬称略

【略歴】
1975年生まれ。早大卒。コンサルティング会社、市議を経て市長。

【市長選で掲げる主な政策】

  • 中心市街地の再生と財政再建
  • 小児医療費無料の対象拡大、全小学校区での学童クラブ開設
  • 自治基本条例の制定

(高橋融生)

議案の否決は当然。否決されたのは、吉田市長のマニフェスト違反が原因

ところで、この記事では、市議会が予算案や議案を否決したことが重視されています。

記者の方はきっと「吉田市長と横須賀市議会の『対立』の構図を描きたい」のだと思います。

でも、それは違います。

否決したのは『対立』しているからではありません。

否決したのは『当然のこと』だからです。

もともと議会の役割とは、提案された予算案や議案をしっかりと議論して、問題があれば修正したり否決することです。

市議会はこの『正しい行動』を取っただけです。

例えば、吉田市長の提案が初めて否決されたのは、2009年12月14日のことです。

2009年12月8日・朝日新聞より

2009年12月8日・朝日新聞より


吉田市長は「市立看護専門学校の授業料を『値上げ』する」という議案を出してきました。

これを、市議会は否決しました。

フジノも反対票を投じました。

この詳しい経緯は、過去のフジノの活動日記(2009年12月7日分、2009年12月9日分)をご覧下さい。

看護師が圧倒的に不足している現状で、1人でも多くの看護師を育成する為に創立されました。

そして、市立看護専門学校では、優秀な学生さんたちが経済的なことで悩むことがないように、より安い授業料で運営されてきました。

自らマニフェストで「看護師の人材不足を解消する」ことを訴えておきながら、吉田市長は市立看護専門学校の授業料を「値上げ」する議案を出してきたのです。

これを横須賀市議会が否決したのは、全く正しい判断です。

吉田市長と市議会の『不毛な対立』などとはカンケーありません。

このまちの看護師は今も圧倒的に不足しています。

病院の現場だけでなく、訪問看護ステーションにも、特別養護老人ホームにも看護師は必要で、ますます人材が必要になります。

フジノはずっと市立看護専門学校の『学生の定員数』を増やしたり、『夜間部を設置』したり、『一度退職された看護師の方々の現場復帰の為の研修』を実施すべきだと提案しています。

それにも関わらず、吉田市長はこうした提案を拒否しています。

授業料を値上げし、かつ、看護師育成の提案を拒否しているのが吉田市長です。

2025年問題に直面する市民のみなさまのことを考えれば、横須賀市議会が反対するのは、当然の『合理的な判断』でした。

そして、この議案の他にもいくつも否決や修正されたものがありますが、その全てにおいて否決・修正の理由は、市民のみなさまの暮らしを守る為でした。

吉田市長の思いつきのアイディアや、広告代理店の口車に乗せられて、効果も見込めないことが分かっているのに大切な税金が浪費されてしまうのを、市議会が拒否したのです。

「感情論」では反対しない。全ては「政策」で判断しています

小泉純一郎元総理が総理になった頃から、政治家はなにかにつけて『敵』を仕立てあげて、自分のことを『抵抗勢力』と闘う『正義の味方』に見せる、という手法が取られてきました。

多くの市民のみなさまはそれを鵜呑みにしてしまい、『正義の市長VS悪の政治屋=市議会』だと思い込まされています。

けれども、現実は違います。

市議会は『抵抗勢力』ではないし、吉田市長は『正義の味方』ではありません。

そんな対立構造に仕立てあげられることがフジノは大キライです。

いつもいつだって、フジノはどの1つの議案に対しても、何日も徹夜して調べて、血尿が出るほど悩み抜いた末に、市民のみなさまにとって「賛成」「反対」「修正」などのどの結論を取ることが最も良いことなのかを判断しています。

【報告】藤野英明が政治倫理基準に違反するか問われた『政治倫理審査会』の結果は「全く問題なし」/「市報」でも正式に報じられました

フジノは『政治倫理基準』に違反している、との調査請求がありました

横須賀市議会は、2000年に『横須賀市議会議員政治倫理条例』を策定しました。

その第3条で、5つの『政治倫理基準』を示して、遵守しなければならないと定めています。

(政治倫理基準の遵守)

第3条 議員は、次に掲げる『政治倫理基準』を遵守しなければならない。

(1) 市が行う許可、認可又は請負その他の契約に関し、特定の企業等のために有利な取り計らいをしないこと。

(2) 政治活動に関し、政治的又は道義的批判を受けるおそれのある寄附等を受けないこと。

(3) 市職員の公正な職務執行を妨げ、その権限又は地位による影響力を不正に行使するよう働きかけないこと。

(4) 市職員の採用、昇任又は人事異動に関与しないこと。

(5) 常に市民全体の利益の追求をその指針として行動し、その地位を利用して金品を授受しないこと。



2月19日、ある市民の方が

「この『政治倫理基準』にフジノは違反しているので調査をしてほしい」

と市議会議長に調査を請求しました。

具体的には、第3条(5)の

常に市民全体の利益の追求をその指針として行動し、その地位を利用して金品を授受しないこと。

に違反している行為がある、とのことでした。

つまり、フジノは『政治家』の地位を利用して『金品を授受』しているというのです。



横須賀市議会では初の『政治倫理審査会』が設置されました

『政治倫理条例』では、このように定めています。

(市民の調査請求権)

第4条 
市民のうち地方自治法第18条に定める選挙権を有する者は、議員が政治倫理基準に違反していると認めるときは、当該議員が政治倫理基準に違反していると疑うに足る事実を証する資料を添えて、議長に対し、政治倫理基準に違反する行為の存否について調査の請求をすることができる。

(審査会の設置等)

第5条 
議長は、調査請求を受けたときは、『横須賀市議会議員政治倫理審査会』を設置する。

つまり、有権者である横須賀市民の方であれば、書類さえ整えれば、誰でも議長に『調査』を請求することができます(第4条)。

そして、その請求書類に不備がなければ、議長は必ず『政治倫理審査会』を設置しなければなりません(第5条)。

こうして、フジノが『政治家』としての地位を利用して『金品を授受』しているのか否かを調査する為の『政治倫理審査会』が設置されました。

横須賀市議会では初めての『政治倫理審査会』だそうです。

3月4日と18日の2日間にわたって開催されました。



ご心配の声をたくさんいただきましたが、政策・議論こそフジノの本業である為、一切のコメントを控えてきました

請求をした方々はブログやツイッターなど様々な手段を使って『キャンペーン』を繰り広げました(現在も多くの手段を使って、拡散しています)。

その為、市内外の多くの方々に、この出来事が知られるようになりました。

一連の出来事を知った市民の方々から、メールや電話でたくさんのお問い合わせやご心配の声をいただきました。

けれども、フジノはそれらに全くお返事できずにきました。

3月は予算議会のまっただ中の1年間で最も忙しい時期であり、その後も、会期中の為に対応できなかった市民の方々からの相談が多数あり、それらへの対応を現在に至るまで優先してきたからです。

そこで、このブログ記事をもって、市民のみなさまへのお返事とさせていただきます。

市議会議長名で出された公式な書類です

市議会議長名で出された公式な書類です


全く問題ありません。



『横須賀市報』で政治倫理審査会の結果が報告されました

4月1日、横須賀市報(号外第9号)が発行されて、政治倫理審査会の結果が報告されましたのでお伝えします。

横須賀市報・号外第9号より

横須賀市報・号外第9号より

(以下、『横須賀市報』から全文を引用します)

  1. 審査会の設置
    本審査会は、平成25年2月19日付けで市内在住の市民から横須賀市議会議員政治倫理条例第4条の規定に基づく審査請求があり、同年3月4日に審査会が設置され、議長に指名された8名が委員に委嘱された。

  2. 審査の経過
    本審査会は、審査に付された事件が横須賀市議会議員政治倫理条例第3条第1項第5号に規定されている、「常に市民全体の利益の追求をその指針として行動し、その地位を利用して金品を授受しないこと。」の政治倫理基準の規定に違反する行為が存在したか否かについて慎重に審査を行った。

    第1回審査会は3月4日に開催し、本審査会の委員長に山下蕪委員、副委員長に伊関功滋委員を互選したのち、審査請求書及び同時に提出された証拠書類の内容をはじめ、審査の目的、藤野議員の意見陳述、次回の開催日程について確認した。

    第2回審査会は3月18日に開催し、第1回審査会において、委員長を選出した会派から1名、新たに追加で委員が指名された。

    続いて、審査対象となった藤野英明議員から資料の提出とともに、審査請求書に記載された政治倫理基準に対する違反を証する資料との関わり及びその事実関係について弁明と聞き取りを行った。

    藤野議員退出後、審査会は、条例第6条第2項に基づく「その他の者」に対し、事情聴取等の調査は行わないことと決定し、続いて、審査請求書に記載されている政治倫理基準違反の存否について意見のとりまとめを行い、付託された事件の審査結果を決した。


  3. 審査の結果
    以上のとおり付託事件について慎重に審査した結果、次の結論を得た。

    横須賀市議会議員政治倫理条例第3条第1項第5号に規定されている、「常に市民全体の利益の追求をその指針として行動し、その地位を利用して金品を授受しないこと。」の政治倫理基準の規定に違反する行為は存在しない

ということで、

フジノは『政治家』の地位を利用して『金品を授受』している行為は無い

という結論に至りました。

横須賀市報より

横須賀市報より


以上で報告を終わります。