介護保険料の値下げ(市民税非課税世帯約3万5000人)を決定しました/消費税アップが実行されなくとも横須賀市は値下げを続けます

増税にともなうダメージを減らす為に介護保険料を値下げします

今日の招集議会では人事案件だけでなく、議案の審査も行なわれました。

その中から最も市民のみなさまに影響がある議案をご紹介します。

10月に予定されている消費税アップに備えて、横須賀市では介護保険料を市民税非課税世帯の方々(約3万5000人)を対象に値下げをすることを決定しました。

しかも10月から値下げではなく、4月にさかのぼって適用されます。

2019〜2020年度、介護保険料を値下げします

2019〜2020年度、介護保険料を値下げします


今回の値下げの対象は、市民税非課税世帯の方々(約3万5000人)に限定されています。

他の方々も増税のダメージを受ける訳で誠に申し訳ございませんが、より厳しい環境にある方々への負担軽減という趣旨をどうかご理解下さい。

さらに、もしも消費税増税が延期されることがあっても、横須賀市はこの値下げを2年間は取りやめません。



横須賀市なりの想いが強くこめられています

ところで今回の値下げは、横須賀市だけの独自の取り組みではありません。

全国の市町村で行なわれます。

『地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律』という法律があって、その中で低所得者への負担軽減をすることが決定されているからです。

けれども単なる横並びの値下げではありません。

国が定めている値下げのパーセンテージ(料率)には『幅』があります。例えば、「市町村は0.5%〜1.5%のあいだで任意に値下げできる」のように。

横須賀市は市民の方々の負担額が最も少なくなるようにあえてこの下げ幅を最大に設定しました。

もちろん値下げには財源が必要です。

値下げに必要な費用は、国が2分の1を負担し、県が4分の1を負担し、市が4分の1を負担します。

その為、横須賀市は新たに5900万円を介護保険に投入します。

これには

「増税にともなうダメージを少しでもやわらげたい」

そんな横須賀市の想いがこの議案には込められています。

もちろん消費税増税はのダメージは大きいので、この介護保険料の負担軽減だけでは全て吸収することはできません。

それでも、この値下げは絶対に必要です。

時々、市民の方々から

「上地市長に交代してから高齢者福祉に対して厳しい」

という声をいただきます。

福祉政策を専門に取り組んでいるフジノからすると、それは残念な誤解です。

今回の介護保険料の値下げも、上地市長の高齢者福祉に対する想いがあってこそ。

どうか正確な情報が伝わってほしいとフジノは願っています。



介護保険料のしくみをおさらいします

そもそも3年ごとに介護保険料の保険料(金額)は変更されます。

3年間の「介護保険事業計画」を作って、保険料も3年ごとに改定します

3年間の「介護保険事業計画」を作って、保険料も3年ごとに改定します


ものすごく単純化します。

3年間にどれだけ介護保険サービスが使われるかを推計します。

2019〜2021年度は、合計1104億6857万円にのぼると推計しました。

(推計の内訳)

  • 施設サービス:337億7282万円
  • 居宅サービス:506億8829万円
  • 地域密着型サービス:153億6749万円
  • その他保険給付:67億3296万円
  • 地域支援事業:39億702万円

この1104億6857万円のうち24.5%を、横須賀市の介護保険の第1号被保険者38万人で負担します。

単純に割り算をすると、1人あたり年額7万1530円、月額5961円となります。

けれども横須賀市としては「なんとか保険料を月額5500円に下げたい」という考えから、基金(貯金にあたります)を21億円取り崩して充当しました。

その結果、この3年間の介護保険料は年額6万6000円・月額5500円への引き下げを実現しました。

もう少し詳しく保険料のしくみをお伝えさせて下さい。

「所得ごとに介護保険料をいくらにするか?」

という『段階』ごとの『保険料』はそれぞれのまちが決定することができます。

そこで、所得が低い方から高い方まで、横須賀市では17段階に『段階』を分けています。

このように細かく『段階』を分けて保険料を設定していくことはとても大切で、フジノも3年ごとの料金改定のたびにずっと提案を続けてきました。

つまり、所得の低い方は保険料を低くし、所得の高い方には高い保険料を負担していただく。いわゆる累進課税の考え方と同じです(所得が再分配されるイメージです)。

先ほど記したとおりで、この3年間の介護保険料は年額6万6000円です。

けれども17段階に分かれていますので、所得の低い方の保険料は低く、所得の高い方の保険料は高く設定して、その合計金額を平均すると年額6万6000円になります。

民間の保険では発病や傷病のリスクの高い方ほど保険料が高く設定されるのがふつうです。

けれどもフジノは「公的な介護保険は強く再分配機能を意識すべきだ」と考えています。

保険料の段階については、フジノは17段階をさらに広げていくべきだと考えています。

介護は、社会全体で担っていくべきものです(『介護の社会化』と呼びます)。

今も実際には家族介護が続く実態がありますが、もはやかつてのように介護を家族が担って潰れていくようなことはあってはなりません。

その為にも「介護保険という保険制度は絶対に続けていきたい・維持していきたい」とフジノは願っています。

安定した保険運営の為にも、より多く負担が可能な高い所得の方からは保険料を多く、より生活が厳しい方々からは保険料をなるべく安く、という形で保険料設定をこれからもお願いさせていただきたいと思います。

どうかご理解ください。



新しい正副議長が選ばれました。フジノは正式に「生活環境常任委員会」に就任しました/2019年招集議会

ついに招集議会が開会しました

本日、招集議会が開会されました。

2019年招集議会ほかたくさんの会議が開催された1日でした

2019年招集議会ほかたくさんの会議が開催された1日でした


市議会議員選挙後から本日まで開催されてきた各種会議は、あくまでも先例に基づいた非公式な会議です。

例えば臨時議長を務めて下さった杉田さとる議員も、あくまでも『臨時』の議長なのです。

本日の本会議をもって新たな横須賀市議会の4年間が正式にスタートしました。

ちなみに横須賀市議会は『通年議会』を採用していますので、会期はまるまる1年間です。

つまり、他のまちの議会とは違い、ほぼ年中無休の議会なのです。いつでも委員会も本会議も開くことができます。

本日5月15日〜2020年4月30日までの352日間が会期となります。



正副議長が選挙によって正式に選ばれました

先日のブログ記事で、議長・副議長が内定したことを記しましたが、正式には本日の本会議で投票によって決定します。

  • 議長=板橋衛議員
  • 副議長=青木哲正議員

おふたりが正式な正副議長に選ばれて、就任の挨拶を壇上で行ないました。

議長は議会改革をさらに進めていくことを、副議長は議会による政策立案を積極的に進めていくことを、高らかに宣言しました。

過去の正副議長のお言葉はどうしても型通りの挨拶に留まるものばかりでしたが、率直に新たな正副議長おふたりのお言葉は全くこれまでとは異なりました。

期待どおり、おふたりの心の底から信念が言葉となって出てきたと感じられる、新しい横須賀市議会の風を強く感じさせる、そんな挨拶でした。

フジノは横須賀市議会のこれからの4年間は必ず良い方向へ向かっていく、その為に自分も全力を尽くそうと改めて感じました。



全議員の所属委員会が決まりました

先日のブログ記事でフジノは生活環境常任委員会に内定したと書きました。

あくまでもこれは内定で、やはり今日の本会議で正式に議長から指名を受けて所属決定となりました。

2019年度のフジノは生活環境常任委員会の委員として全力でがんばってまいります。

ここで、全ての委員会とその所属メンバーをご紹介します。

総務常任委員会
加藤ゆうすけ
加藤まさみち
木下義裕
小林伸行
竹岡力
はまのまさひろ
南まさみ
本石篤志
渡辺光一
生活環境常任委員会
井坂直
大貫次郎
大野忠之
小幡紗央里
田中洋次郎
土田弘之宣
角井基
永井真人
長谷川昇
藤野英明
教育福祉常任委員会
青木哲正
伊関功滋
大村洋子
嘉山淳平
小室卓重
関沢敏行
二見英一
堀りょういち
松岡和行
山本けんじゅ
都市整備常任委員会
青木秀介
石山満
川本伸
工藤昭四郎
西郷宗範
杉田さとる
高橋英昭
田辺昭人
ねぎしかずこ
葉山なおし

以上です。

2019年度も全力でがんばってまいります!



新たな議長・副議長が内定しました。素晴らしいおふたりです!/各会派代表者会議

実質的に「議会運営委員会」である「各会派代表者会議」が開かれました

今日は『各会派代表者会議』が開かれました。

各会派代表者会議の開催前に

各会派代表者会議の開催前に


選挙後に正式に議会が開会されるまでは『議会運営委員会』が開けないので、名称は『各会派代表者会議』と呼んでいます。

けれどもこれは実質的には『議会運営委員会』であり、議会内のあらゆる事柄を決めていく場です。

今日の協議事項(プログラム)は、下のとおりでした。

  1. 議会内役職者について
    (1)議長・副議長
    (2)神奈川県内広域水道企業団議会議員
    (3)神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員
    (4)監査委員(議会選出)
  2. 2019年定例会について
    (1)招集日:2019年5月15日(水)
    (2)会期:2019年5月15日~2020年4月30日まで352日間
  3. 招集議会について
    (1)議会期間:5月15日(水)
    (2)審議予定案件
    ・議長の選挙
    ・副議長の選挙
    ・神奈川県内広域水道企業団議会議員の選挙
    ・神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
    ・常任委員の選任
    ・議会運営委員の選任
    ・議案2件
    (3)審査日程案
    (4)議会期間中の委員会活動




議長は板橋衛議員、副議長は青木哲正議員に内定しました

そして、議会内役職者の名簿が報告されました。

横須賀市議会では事前に候補となる方の名簿を各会派が提出することになっています。

正式には本会議での選挙で決定となりますが、この名簿に掲載された方々の中から投票をすることになります。

複数の候補者が出ている場合には票が分かれますが、1名しか候補者が出ていない場合には実質的に内定したこととなります。

議長(1名選出)
板橋衛(公明党)
副議長(1名選出)
青木哲正(自民党)
神奈川県内広域水道企業団議会議員(1名選出)
田辺昭人(自民党)
神奈川県後期高齢者医療広域連合議会議員(1名選出)
南まさみ(自民党)
大村洋子(共産党)
監査委員(2名選出)
嘉山淳平(よこすか未来会議)
西郷宗則(自民党)



という訳で、神奈川県後期高齢者広域連合議会議員以外は内定したことになります。

つまり、

  • 議長は板橋衛議員
  • 副議長は青木哲正議員

に内定しました。

フジノにとってはこの正副議長はとても歓迎すべき人事です!

おふたりに共通しているのは、すさまじく『政策通』であるということです。

議長・副議長の姿勢によって、議会は大きく変わります。つまりこのおふたりが就任するということは、

  • 横須賀市議会が政策重視で進んでいく
  • 横須賀市議会は議会改革をさらに推進していく

という方向性が明確に打ち出されたことを意味しています。

まず、議長となる板橋衛議員。

板橋衛議員が初めて議長に選ばれた2013年のブログにフジノはこのように記しました。

「フジノにとって「『新しい横須賀市議会』がスタートする」というワクワク感を抱かずにはいられません。」



この期待は全く裏切られることなく、横須賀市議会は改革の第2ステージに突入しました。

板橋議員が議長となるこの先の2年間(議長は慣例で2年で交代することになっています。フジノはこの慣例に大反対です)は、議会改革がさらにスピードアップするはずです。

改めて「『新しい横須賀市議会』が深化していく」というワクワク感が今フジノの中に強くあります。

副議長となる青木哲正議員。

どこまでも論理的でデータと綿密な調査に基づいた質問内容、さらに阿修羅のような追及。まさに青木議員は『横須賀市議会で一番の質問の達人』だとフジノは尊敬しています。

そして、とても人情肌の方です(フジノは長期休職からの復職にあたって、青木議員から頂いたメールにどれほど励まされたか・・・)。

ふと今思い出したのですが、ともに『無会派』として、市長となる前の上地議員と青木哲正議員とフジノは数年間を過ごしました(みな初当選が2003年の同期組です)。

当時の無会派控室ではいつも政策や議員提出議案のことばかり熱く語りあっていました。

一般質問や委員会質問を行なった後には「こういう表現で質問すればさらに答弁が引き出せた」「あの質問は良かった」といったディスカッションが繰り広げられました。

この時の無会派控室から生まれた議員提出の条例も複数あります。

本会議終了後でも平気で数時間意見交換をしていた、なんてことがしばしばありました。

それから時は流れて、上地議員は横須賀市長となりました。青木哲正議員は無会派から自民党会派へ移籍しました(フジノは無会派のまま)。

3人とも立場は変わりましたが、心の中にある「横須賀を良くしていきたい」という強い想いは全く揺らぎないことをフジノは確信しています。

そういえば!

先日のウインドサーフィンワールドカップ初日でもまさにおふたりとフジノはツーショットを撮ったばかりでした。

開会式終了後の上地市長とフジノ

開会式終了後の上地市長とフジノ


フジノのおふたりへの信頼感の強さが伝わってくる写真ですよね。

W杯成功の為にいちボランティアとして尽力される青木哲正議員

W杯成功の為にいちボランティアとして尽力される青木哲正議員


フジノは政策に命をかけている人が大好きです。

例えばフジノならばイコール自殺対策、と市民のみなさまにもイメージがわくと思います。

フジノにとって、板橋衛議員は議会改革のリーダー、青木哲正議員は政策立案の鬼、というイメージを抱いています。

こんなおふたりが正副議長に選ばれるのならば、フジノは本当に横須賀市議会が楽しみです。

繰り返しになりますが、正式な選挙を経て就任となります。あくまでも今日は内定に過ぎません。

けれどもワクワク感が止まりません。

この4年間の横須賀市議会は(少なくともこの2年間は)さらに進化していきます!

フジノも進化していく横須賀市議会に必ず貢献していきたいです。