参加者みんなに「お正月休みは孤独だからカフェトークがあって嬉しい」と言われました/ひとり自殺対策街頭キャンペーン2014-15

初めて「三が日に開催したカフェトーク」は大成功でした

カフェトークの会場としてお借りしてきたカフェ『RRROOM』は、昨年までは『年末年始(12月30日〜1月4日)』は『休暇』にしていました。

看板娘ムーちゃん

看板娘ムーちゃん


でも、今回、店長のコウジさんの英断で

「年末年始やお正月でも、里帰りしない人たちもいれば、自宅ですることが無くて退屈している人たちもいるでしょうから」

と、2014-15の年末年始(12月31日〜1月4日)は、オープンしてくれることになりました。

フジノもコウジさんのお考えに全く大賛成で、嬉しかったです。

まさにそうした想いからフジノは、年末年始に『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』を行なってきた訳です。

同じく、どなたでも気軽に集まれる『カフェトーク』という場もかねてから年末年始にも開きたいとずっと考えていました。

そこでさっそく今日(2015年1月3日)をカフェトーク開催日にさせていただきました。

RRROOMのお正月特別メニュー「おしるこ」

RRROOMのお正月特別メニュー「おしるこ」


三が日の開催。

市内外から7名の方々が参加して下さいました。

コーヒーにも蜜柑が添えられていました

コーヒーにも蜜柑が添えられていました


最後に感想をお聴きした所、みなさんが

「お正月に親戚が集まってもすごく疎外感を感じる。だからカフェトークがあって本当にうれしかった」

「カウントダウンも寝ていたし、初詣にも行っていない。テレビを付けても駅伝は観ないし、カフェトークに来れてうれしい」

「RRROOMが年末年始にオープンしてくれたおかげで、みんなでお正月からのんびり楽しく過ごせた」

とくちぐちにポジティブな感想を述べて下さいました。

カフェトークの2時間が終わった後も、なかなかみなさんお帰りにならずに1時間以上残っておられました。

やっぱりフジノがかねてから願ってきたことは、間違っていなかったのでした。

遠い家族や親戚よりも、ゆるやかな他人のつながり(社会学で言うところの『weak ties』です)が大切な時代です。

これからも会場である『RRROOM』が年末年始も開けて下さるならば、カフェトークも年末年始にも開催していきますね!



三が日も「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」を続けて、正解でした

さて、カフェトークを終えると大急ぎで『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』に向かいました。

今日は、市内を北からひと駅ずつ下っていって、最後に横須賀中央ワイデッキに戻ってきました。

ワイデッキ下のエスカレーター脇での「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」

ワイデッキ下のエスカレーター脇での「ひとり自殺対策街頭キャンペーン」


横須賀中央では、まず下の広場で30分間。その後、ワイデッキ上で30分間、『横須賀こころの電話』をはじめとするセーフティネットについてお伝えしました。

昨日もそうでしたが、フジノが一方的に話すだけでなく、いろいろな年代の市民の方々が話しかけてきてくださいました。

ご自分のつらい想いを話して下さる方も、毎年いらっしゃいます。フジノとしては、大変ありがたいことだと感じます。


市民の方からのご質問にお答えしているフジノ

市民の方からのご質問にお答えしているフジノ


実は、先日もたまたま通りがかった『よこすかひとり親サポーターズひまわり』で仲良しの男の子が、今日もフジノの写真を撮ってくれました。

手伝ってくれてありがとね!

手伝ってくれてありがとね!


さらに、写真を撮ってくれるだけでなく、フジノが持っているパネルを持って活動を一緒にしてくれました。

ものすごく心強いお手伝いさん登場でした

ものすごく心強いお手伝いさん登場でした


おかげで勇気100倍でした。

ありがとね!

市役所をはじめとする官公庁の御用納めによる9連休もやっと明日で終わります・

フジノの『ひとり自殺対策街頭キャンペーン』も明日で一段落です。

同様に9日間にわたって実施されてきた全国での『越冬・越年』の活動も、いったん一区切りになります。

こうした活動はあくまでも民間団体による最後のセーフティネットでした。

けれども本来は、憲法25条に基いて、政治・行政こそ市民のみなさまのいのちを守る責任があります。

民間団体がギリギリの人手と資金でつないだいのちを、政治・行政がしっかりと支えていくことこそが本当に求められていることです。

つまり、これからが『本当のスタート』です。

フジノも市役所が開かないと対応しきれないたくさんのご相談を市民のみなさまから受けてきました。

1月5日から、どんどん市役所の各部局のみなさんと力をあわせて、セーフティネットを広く強くしていきたいと思います。



おもちつき/RRROOM7周年おめでとうございます!

RRROOMが7周年を迎えました

1月4日は、カフェトークの会場としてお借りしているカフェ『RRROOM』の創立記念日(オープンした日)です。

RRROOMの全景

RRROOMの全景


毎年1月4日、『RRROOM』では開店と新年のお祝いを合わせて『〜周年記念おもちつき大会』を行なっています(去年の様子はこちらをご覧下さい)。

今年はさらに『おもちつき&卓球大会』へとバージョンアップしました。

出番を待つ杵と臼

出番を待つ杵と臼


今年もこどもたちから高齢の方までたくさんの方がいらしてました。他県から参加して下さった方もいらっしゃいました。

コミュニティカフェとしての『RRROOM』の持つ『引力』、いいですね!

おもち、おいしかったです

残念ながらフジノは用事があって、30分ほどで帰らなければなりませんでした。

4種類のおもちを食べるフジノ

4種類のおもちを食べるフジノ


おもちつきをしなかったのに、おもちだけ頂いてしまいました。ごめんなさい…。

とてもおいしかったです!

そして、コウジさん、クミコさん。7周年、おめでとうございます。早いものですね〜。

8年目もご活躍を期待しております。

今年もどうぞよろしくお願いします!

ぜひみなさまも『RRROOM』に遊びにいらして下さいね。

冬の寒い夜にみんなでお鍋を囲むのは楽しいですね!/カフェトーク特別版・鍋パーティー(2013年)

毎年恒例の鍋パーティー開催!

今夜は、カフェトークの特別編『鍋パーティー』でした!

今年は13名限定でした

今年は13名限定でした


これまでの『鍋パーティー』では、魚源の源さんの全面的なご協力のもと『お魚』がメインでした。

けれども今年は新たなメニューに挑戦してみることにしました。

牛肉!

牛肉!


『すき焼き』です!

お肉をどんどん追加

お肉をどんどん追加


考えてみたら、ここ数年間で1度も『すき焼き』をフジノは食べていませんでした。

みんなで囲んでつつく、お鍋の醍醐味ですよね〜。

すき焼き

すき焼き


しかも、国産黒毛和牛です!

お砂糖の、ちょっと甘い味付けのお肉を、溶いた卵につけて食べます。おいしいですね〜!

フジノ、食べてます

フジノ、食べてます


まいたけ、しいたけ、えのき。きのこ、おいしいです。

春菊、白菜、長ネギ。しらたき、お豆腐、そして極めつけは味のとても染み込んだ車麩(おふです)!

懐かしい家族の味の気がしました。

食べてます

おいしく食べてます


初対面同士の方々も何人もいらっしゃったのですが、一緒にごはんを食べるという行為は、人と人との敷居を低くしていってくれます。

みんなのうれしそうな笑顔をお見せできなくて残念!

みんなのうれしそうな笑顔をお見せできなくて残念!


こうしてお鍋をつつきながら、19時から23時頃までゆっくりと語らいながら過ごしました。

ビールを飲んだり、語ったり。

ビールを飲んだり、語ったり。


初参加の方も、1年ぶりの方も、いろいろな立場のいろいろな背景を持ついろいろな方々が、時間の流れとともに自然に打ち解けていました。鍋パワー、さすが。

お野菜

お野菜


フジノはすでにお腹がいっぱいになりつつありました。けれども今夜はもう1種類のお鍋があります。

レモン鍋

レモン鍋


なんと『みぞれ塩こうじレモン鍋』です!

『レモン鍋』は主に瀬戸内周辺でよく作られているそうです。

レモンのさわやかな味に、大根おろしがみぞれに見立ててお鍋の上にのせられていました。

フジノは今日だけで3キロも体重が増えてしまいました

フジノは今日だけで3キロも体重が増えてしまいました


いや〜、本当にたくさん食べました。

レモンの味がさわやか

レモンの味がさわやか


こうして、みんなでお鍋を囲んでみんなで食べるのって、本当に楽しいですね!

2008年にスタートして、毎年恒例となった冬の鍋パーティー。

来年もぜひやりたいです。

その時はぜひあなたも参加してくださいね!

おもちつき/RRROOM6周年おめでとうございます!

今日はとても寒かったのですが、晴天に恵まれて、みんなでおもちつきをしました。

04sky

1月4日は、カフェトークの会場としてお借りしているカフェ『RRROOM』の創立記念日(オープンした日)です。

2007年のRRROOM

2007年1月4日オープン当時のRRROOMの写真です!


毎年1月4日には、開店と新年のお祝いを合わせて『〜周年記念おもちつき大会』を行なっています。

フジノは今年も参加させてもらいました。楽しかったです!

04fujino

フジノは幼い頃におもちつきをした記憶がほとんどありません。

毎年おもちつきを行なってくれる『RRROOM』と『RICE/BEE-DOG』のおかげで、大人になってからやり方を知りました。

杵と臼

杵(きね)と臼(うす)にはお水を張っておきます。

04mochigome

セイロで蒸したもち米を、臼に入れます。

04omochitsuki

すぐにつきたくなりますが、まずはもち米をしっかりと潰します。

04omochitsuki5

杵に体重をのせて押し潰すというよりも、腰を入れて、杵と臼の間でもち米をこねる感じですね。

04omochitsuki1

さて、みんなでつきます!

04omochitsuki2

大人もこどもも、ぺったんぺったん。

04omochitsuki3

ここ『RRROOM』でのおもちつきが楽しいのは、こどもも大人も世代を超えて参加しているところです。

04omochitsuki4

コウジさんも親子でついてます。

04topping

もち米がすっかりおもちになったら、臼からおもちを取り出します。

おもちをちょうど良い大きさに親指とひとさし指で取り分けていく作業も楽しいですね。

04mikan

あんこ、きな粉、ごま、おしょうゆ、大根おろし、納豆。いろいろな味でおいしく頂きます。

04omochi2

真空パックの切りもちもおいしくて大好きですが、やっぱりつきたての方がさらにおいしいです。

今年もたくさんついてたくさん食べました!おいしかったです。

おもち

毎年こうしていろいろな人が集まって楽しく過ごすことができる場を提供し続ける『RRROOM』は、まさに『コミュニティ・カフェ』だと思います。

フジノは、かつて(戦前から高度経済成長期頃まで)存在していた『地域の絆』というものを知りません。

そもそも体験をしたことがありませんので、「『地域の絆』を取り戻す」といくら声高に叫ばれても実感が無いし、全くイメージできません。

けれども、フジノも実感として分かる『絆』があります。

それは、この活動日記で繰り返してきた、社会学で言うところの『weak ties(ウィークタイズ、ゆるやかな絆)』です。

フジノは、『カフェトーク』を通して、ご近所でも無い、同じまちでもない、今までしりあいでも何でもない、そんな方々と新しく『ゆるやかな絆』を育んできました。

今年もここ『RRROOM』を会場として使わせていただきながら、『カフェトーク』という機会をみなさまに提供し続けることで『ゆるやかな絆』をぜひあなたにも体感していただきたいと願っています。


『RRROOM』はオープン6周年ですね。

しめのあいさつ

コウジさん、クミコさん、6周年、おめでとうございます。そして、7年目もどうぞよろしくお願いします!