ついにポスターが完成しました!/ムリだと言われまくったけれど、できました

ポスター完成

ついにポスターが完成しました。

あらゆる人々から
 
「今から作るの!?」
 
「時間的に絶対にムリだよ、作れない!」
 
と言われてきましたけど、でも、できたんですよね~。

いやあ、しろうとって何も知らないから、強い、強い(笑)

強力な友達ネットワークをつかって、不可能を可能にしました。

デザインを担当したのも、印刷を担当したのも、会社を辞めて独立した若手の人たち。

とは言っても、実績のある若手が集まりました。

デザイナーは、某大企業のパンフを作成した人。
 
印刷は、ポスターにノウハウがある人。
 
両者と僕らの間で指揮をとったのも僕と同い年の友達。

この3人と、僕と、あと友達2名の計6人で徹夜をしたりしながら、完成させました。

すごくない!?

常識のスケジュールではムリだムリだと言われたことも、若手のネットワークを使えばできちゃうんです。

PCの前に座って、携帯電話とメールでデータをやりとりして、そして不可能を可能にしていく。

僕たちの世代は、ムリだと言われてることだって、努力と新しいスキルでのりこえていけるんです。



カメラをニラみきれなかった

でも、問題は僕の顔です(笑)
 
こればっかりはどうすることもできません...。

世の中には『つくり笑顔』のうさんくさいポスターばかりで僕たちはそれが絶対にイヤだったので、ニラんでる表情にすることに決めていました。

だけど、僕はニラミきれなかった~。

だって、写真を撮った下さった方のことが大好きだったんですもの。

今回のポスターの件で初めて出会った写真家のNさんは本当に良い方で、僕や仲間たちはみんなこの方のことが大好き。
 
40代のお母さんなのですけれど、ほんと大好き。
 
今ではその写真館の近くを通ったら、用事が無くてもその方に会いに行きたいくらい。

さらに、僕の行きつけの美容院のスタイリストIさんがわざわざヘアメイクにかけつけてくれました。

さらにさらに、2人の友達が会社に半休をとったりして立ち会ってくれたのです。

こんなに素敵な仲間たちに囲まれていて、カメラをニラみつけることはできません。
 
どうしても瞳が優しくなってしまって、ニラめていないんです。

そんなわけで、ニラもうとしてるけどニラみきれてない
 
大好きな仲間たちが目の前にいて、その気持ちが瞳に反映されている写真になっちゃいました。

うーむ。まあ、しかたないですね。

キャッチコピーは僕が考えました。
 
僕の正直な気持ちをコピーにしてあります。

いつの日か、ポスターが貼られた時にはこのみんなの力作を、どうぞ見てくださいね!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!