保坂展人さんに会えました!/Youth Talk「性的マイノリティと教育」へ(その3)

前の記事から続いています)       

保坂展人さん(教育ジャーナリスト・衆議院議員)に会えた!

あまりにも下の写真のフジノの顔、ひどすぎるのですが・・・

1枚しか写真を撮れる時間が無かったので、あえて掲載します(涙)

保坂展人さん

保坂展人さん


保坂展人さん。

衆議院議員、社会民主党。

『国会の質問王』です!
 
すでにいろいろな所で書いてきたとおり、僕は小学校も中学校も、学校にきちんと行けないこどもでした。

今では『不登校』という言葉を使いますが、僕が幼かった頃は『登校拒否』と呼ばれていました。

そんな時に、すごく励みになったのが保坂展人さんの書いた本でした。

当時の保坂さんは10代の味方でした。

保坂さんは自分の仕事場である東京のマンションの1室を『解放区』として誰でもいつでも訪れていい、自由に過ごしていい場所としてオープンにしている、ということでした。

いつかそこに行きたい、と小6のフジノはずっと願っていました。

今日のお話で知ったのですが、そこを訪れた人々の中にはブルーハーツや西原理絵子さんや辻仁成さんや尾崎豊さんもいたそうです。

大好きな本の著者というだけで顔も見たことが無い存在ですが、20年くらい前から『教育ジャーナリスト』しての保坂さんを尊敬してきました。

それが知らないうちに『政治家』なんかになってしまって(涙)。
 
早いものでもう10年も経つのですね...。

そんなことを書いているフジノも今は『政治家』だなんて(涙)。
 
しかも、もうすぐ転職丸5年(涙)。

・・・人生って分からないよなあ。

小5くらいから尊敬していた人に33才になってお会いすることができるなんて、なかなか無い。

今日のイベントに協力していた団体の名前が『保坂展人と元気印の会』だったので

「もしかしたら保坂さんに会えるのかな?」

と思っていたら、本当にお会いすることができました。

かなりうれしかったです。