「自死遺族のささえあいの会」(第3回)が行なわれました/横須賀市の自死遺族支援の取り組み

自死遺族のささえあいの会(第3回)が行なわれました

本日、第3回目の『自死遺族のささえあいの会』が逸見の保健所(ウェルシティ3階)にて行なわれました。

「ささえあいの会は、どのような場なのでしょうか?」

と、市民の方からご質問を受けましたので、少し記してみたいと思います。雰囲気がうまく伝わるといいなあ。



分かちあいの場の様子をご紹介します

保健所の奥にある、中くらいの会議室を会場にしています。

太陽の光が気持ちよくあたる明るい部屋です。
 
4月の今日は、窓からのそよ風が気持ちよかったです。

20080407sakura


ロの字形に置かれたテーブルに、参加者は自由に席を選んで座ります。
 
1人1人はゆったりとスペースをとることができますので、隣の人のことを気にすることは特にありません。

テーブルに置かれた造花から香るアロマテラピー。
 
BGMが静かに流れていて、気持ちを落ち着かせてくれます。

お茶も入れて下さって、会のあいだは自由に飲んでいます。

保健所健康づくり課の2人の精神保健相談員が『ささえあいの会』を見守ってくれています。

語ることをムリに促すようなことは決して無くて、この場に参加した誰もが『自死』についてを安心して語れる場になっていると思います。

参加した方々はお名前を述べる必要もありません。
 
むろん、住所や電話番号を尋ねられることもありません。

『ささえあいの会』の約2時間は、あっという間に過ぎていってしまいます。

そして、自由に解散です。



初めて参加するのが不安なのは、当然ですからね

初めて参加しようという方は、いろいろな緊張や不安があるかと思いますが、どうか安心しておこしいただけたらと願っています。

いまだ自死へのタブー視や偏見があるこの社会の中では、大切な方を失った悲しみを言葉にすることや、衝撃の大きさのあまりに涙を流す機会さえ奪われているのが、残念ながら自死遺族の現実だと僕は感じています。

そんなみなさまに、どうかこの場に参加していただきたい、と僕はこころから願っています。

次回の開催は、2008年6月9日(月)10:00~12:00です。