国民健康保険料の値上げの具体的なイメージを持つことができる為に

具体的に知ってほしいのです

国民健康保険は、絶対に守らなければならない大切な社会保障の仕組みです。

けれども今、横須賀市の国民健康保険はきわめて厳しい財政危機にあります。

かねてからこの活動日記でフジノは「もはや国民健康保険料を値上げせざるをえない」と繰り返してお伝えしてきました。

そして『国民健康保険料』の値上げについて、教育福祉常任委員会での質疑は、3月7日で終わりました。

値上げを含めた予算案が実際に成立するかどうかは、予算議会の最終日(3月27日)に『採決』されます。

それまでは、決定事項ではありません。

けれども「少しでも早く市民のみなさまに、これから起こる可能性が高い現実を知ってほしい」とフジノは強く願っています。

今回の値上げで、いくら保険料が上がることになるのか。

その具体的なイメージを、少しでもより具体的に市民のみなさまにもっていただきたいとフジノは考えています。

やがて来るダメージについて、少しでも早く、より正確にイメージできれば、人はそのダメージを減らすことができるからです。

そこで今日は、具体的な金額をお示ししたいと思います。

ただ、国民健康保険料を算定する仕組みは、とても複雑です。

「均等割」「世帯割」「所得割」という3つの要素を、それぞれの世帯の人数などで組み合わせています。

ですから、ここで紹介する保険料はあくまでもイメージであることをご理解下さい。

2人世帯(1人は所得あり)というケースです。



現在の保険料と、値上げした保険料です

下の表の見方をご説明いたします。

左端は、あなたの世帯の年収です。

1番上の「30万円」というのは「1年間の所得が30万円」という意味です。

下の段にいくにつれて所得が高くなっていますが、1番下の「950万円」から上の所得は「1000万円」でも「1億円」でも同じで「950万円以上」という意味です。

真ん中が2012年度(現在)の国民健康保険料の1年間の支払額です。

横須賀市では、毎年6月から翌年3月までの10ヶ月間にわけて保険料を支払う仕組みになっています。ですから、1ヶ月の支払額は÷10です。「1年間の保険料」が77万円の人たちは「1ヶ月の保険料」は7万7,000円となります。

右端が、2013年度(新)の国民健康保険料の1年間の支払額です。

それではご覧下さい。



1年間で支払う保険料
所得 現・2012年度 新・2013年度
30万円 3万1,320円  3万4,308円
50万円 6万6,242円 7万3,517円
60万円 10万5,822円 11万7,435円
100万円 13万8,862円 15万5,875円
110万円 16万8,002円 18万8,357円
150万円 20万1,042円 22万6,797円
200万円 24万2,342円 27万4,847円
250万円 28万3,642円 32万2,897円
300万円 32万4,942円 37万947円
350万円 36万6,242円 41万8,997円
400万円 40万7,542円 46万7,047円
450万円 44万8,842円 51万5,097円
480万円 47万3,622円 54万2,775円
500万円 49万142円 55万7,675円
550万円 53万615円 59万4,925円
600万円 56万2,365円 63万2,175円
650万円 59万4,115円 66万9,425円
690万円 61万9,515円 69万8,171円
700万円 62万5,865円 70万3,801円
750万円 65万7,615円 73万1,951円
800万円 68万9,365円 76万101円
820万円 70万2,065円 77万円
850万円 72万1,115円 77万円
900万円 74万8,910円 77万円
950万円 77万円 77万円

以上です。



どうかご意見をお願いします

値上げ幅が大きくてショックを受けた方もおられることでしょう。

それから、1年間の所得950万円以上の世帯が今回は「値上げゼロ」であることに怒りをおぼえた方もおられることでしょう。

いろいろなご意見があると思います。

そうした想いについてもフジノはぜひお聞かせいただきたいと願っています。

昨年12月から今まで4ヶ月間、この値上げについて毎日ずっと考えてきました。

言葉のアヤではなく、ずっと考えてきました。

ですから、どんなご意見であってもそれを伺いたいと率直に願っています。

すでに申し上げてきたように、値上げは1回では足りず、2014年も2015年も再び値上げをしなければならないかもしれません。可能性としては高いとフジノは考えています。

どんなに厳しい現実であっても、これをしっかりと市民のみなさまにお伝えして、その現実への対応策をお伝えしていくことがフジノの使命だと考えています。

ご意見をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。