外国籍市民のひとり親への支援も必要だ/よこすかひとり親サポーターズひまわりが「気になる家計のやりくり講座」を開催します。ぜひご参加下さいね

外国籍市民のひとり親への支援も必要だ

先日、市内で暮らす外国籍のシングルマザーの方からお話を伺いました。

彼女は、3人のおこさんを母国(フィリピン)に残して日本で働いています。

スカイプ(インターネットを使ったビデオ通話)で対話をするのが、何よりも毎日の楽しみだそうです。

それぞれのおこさんの父親は別々で、みんな日本人とのこと。

妊娠が分かった途端に、連絡が取れなくなったそうです。

公園に咲いていた大きなひまわり

公園に咲いていた大きなひまわり


これまでフジノは、いわゆる『ひとり親』(シングルマザー・シングルファーザー)の支援に取り組んできました。

けれども、その活動はずっと日本人の方だけを相手にしてきました。

というのも、今までは、外国籍の『ひとり親』の方に出会ったことが無かったからです。

横須賀市統計書「在住外国人の推移」より一部抜粋

横須賀市統計書「在住外国人の推移」より一部抜粋


ただ、41万人の横須賀市には、約5,000人の外国籍の方々が暮らしています(軍人は除きます)。

人口の1%にあたります。

その中には『ひとり親』の方がいらっしゃるのは、当然ありうることですよね。

このまちに暮らしている方であれば、誰もが守られるようにしなければなりませんよね。



市の人権課題にもとりあげられていません

横須賀市では、『外国籍市民の方々に対する取り組み』を人権課題として進めてきました。

昨年には4回の『人権施策推進会議』を開いて、今年2月12日には『報告書』もまとめたばかりです。

2012年度会議報告書(横須賀市人権施策に対する意見)の表紙

2012年度会議報告書(横須賀市人権施策に対する意見)の表紙

  • 外国籍市民のこどもたちの就学

  • 外国籍市民の相談・支援体制

  • 外国籍市民の医療

  • 外国籍市民の防災体制

改めて読み返してみたのですが、そこにも『外国籍市民のひとり親』への支援についてはありませんでした。

フジノが応援している市民団体『よこすかひとり親サポーターズひまわり』でも、外国人のパートナーと離婚した日本人の方々への取り組みは行なってきました。

でも、日本で暮らす外国籍市民の『ひとり親』への支援という形は無かったように思います。

フジノができることをもう1度しっかりと考えていきたいです。



ひとり親交流会のお知らせ

『よこすかひとり親サポーターズひまわり』『ひとり親交流会』を開きます。

『ひまわり』は、自らも『ひとり親』であるみなさんが『ピア』として一生懸命に活動を続けてきてくれました。

その実績が評価されて、これまで横須賀市が主催してきた『ひとり親交流会』を、『ひまわり』が委託を受けて開催することになりました。

今週末27日(土)の開催です。

ひとり親交流会「気になる家計のやりくり」

テーマは「気になる家計のやりくり」です。

実家同居や、正社員・パートなど境遇別のケースを参考にやりくりのコツなどを一緒に交流しましょう。

申込は締め切りましたが、まだ若干受付中。

【日時】7月27日(土)10:00〜12:00
【場所】ウエルシティ市民プラザ5F 第3学習室(JR横須賀駅及び京急逸見駅共に徒歩5分)
【定員】15組程度
【費用】無料
【その他】保育あり
【申込み】こちらからお申込みください。

ぜひご参加下さい!



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!