ペッペ・デラックァさん鼎談の会のおしらせ/映画「むかしMattoの町があった」をご覧になった方はぜひ!

ペッペ・デラックァさんが来日します

先日、映画『むかしMattoの町があった』について記しました。

イタリアの精神医療改革について、もっと知りたい方にぜひおすすめのイベントが開催されますのでご紹介します。

精神科医フランコ・バザーリアとともに働き、その改革の精神を受け継ぎ広めてきたペッペさんことジョゼッペ・デラックァさんが来日し、大熊一夫さん・伊藤順一郎さんと鼎談の会を行ないます。

ペッペ・デラックァさん鼎談の会チラシより

ペッペ・デラックァさん鼎談の会チラシより

『むかしMattoの町があった』自主上映会特別企画
鼎談 イタリア精神保健改革をもっと深く知りたい!

こんにちは。私たちは,「バザーリア映画を自主上映する180人のMattoの会」と申します。

イタリア全土の精神病院の完全閉鎖という,世界的にも類をみない精神保健改革の最初の20年を描いた映画『むかしMattoの町があった』を,全国の同志とともに自主上映しております。

さて,当会ではこのたび,イタリア・トリエステの前精神保健局長ジョゼッペ(ペッペ)・デラックァさんをお招きして,当会代表の大熊一夫,副代表の伊藤順一郎とともに鼎談の会を開催することになりました。

ペッペ・デッラックア氏(精神科医)は,イタリアの精神保健改革を牽引したフランコ・バザーリアに共鳴し,彼とともにトリエステの精神保健改革に参画して,精神保健センターの新設と病院の完全閉鎖に貢献した方です。

ペッペ・デラックァさんの紹介

ペッペ・デラックァさんの紹介


映画『むかしMattoの町があった』の実質的監修者でもあり,1975年に精神保健センター第1号がバルコーラ地区に誕生した場面は,映画にも描かれています。

私たちがぜひ日本にお呼びしたかった方の一人です。

講演会の詳細情報を以下にお知らせしますので,映画をご覧になった方も,ご覧になっていない方も,ぜひ,ふるってお申込みください。

<問い合わせ先:ペッペ・デッラックア東京講演会事務局>
E-mail: 180matto.peppe@gmail.com
FAX: 042-329-7372

ぜひご参加下さい!