アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会(1日目)に参加しました

「アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会」へ

予算決算常任委員会を終えて急いで市議会を出ると、横浜みなとみらいに向かいました。

パシフィコ横浜を会場に2日間にわたって開催されている『平成26年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会』に参加する為です。

会場はパシフィコ横浜

会場はパシフィコ横浜


ここで行なわれるのは『合同学術総会』と言います。

なんと3つの学会が連携して、1つの会場で同時に3つの学会を開催してしまうという試みです。

アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会

  1. 第49回日本アルコール・薬物医学会
  2. 第36回日本アルコール関連問題学会
  3. 第26回日本依存神経精神科学会

学会テーマ「物質と行動のアディクション〜多様な時代へのチャレンジ〜」

学会テーマ「物質と行動のアディクション〜多様な時代へのチャレンジ〜」

運営する側にはご苦労も多いでしょうけれども、参加する側にとっては『学びの機会が一気に増える』という大きなメリットがあります。

会場にて

会場にて


学会の対象は、かつての精神作用物質(麻薬など)・アルコールなどから、ギャンブル依存、インターネット依存、危険ドラッグへと対象はどんどん拡大していきます。

その為、参加者もあらゆる分野から多岐にわたっておられます。精神医学・内科学・法医学・公衆衛生学・病理学・心理学などの研究分野の方々をはじめ、保健医療福祉の臨床現場の最前線の方々、フジノのような政治・行政職まで、様々です。

「アルコール健康障害対策基本法における”基本計画”への”提言”!」に参加

フジノは、13:00〜18:00までぶっとおしで開催された、三学会合同シンポジウム「アルコール健康障害対策基本法における”基本計画”への”提言”!」に参加しました。

「アルコール依存症からのリカバリーがまだ世間に知られていない」との指摘

「アルコール依存症からのリカバリーがまだ世間に知られていない」との指摘


取り急ぎ、写真だけアップします。

基本計画への様々な提言がテーマです

基本計画への様々な提言がテーマです

小松知己先生の講演はとても刺激的でした

小松知己先生の講演はとても刺激的でした

患者さんは地域と総合病院との間で無限ループを回っている!

患者さんは地域と総合病院との間で無限ループを回っている!

産業保健からの提言は、とても意外でした

産業保健からの提言は、とても意外でした

専門治療機関の立場からの提言

専門治療機関の立場からの提言

入院医療について

入院医療について

「重度アルコール依存症入院医療管理加算」を受けている精神科病院はわずか13%

「重度アルコール依存症入院医療管理加算」を受けている精神科病院はわずか13%

基本計画の5年間への提言

基本計画の5年間への提言


アルコール問題議員連盟・会長の中谷元代議士もお見えになりました。

アルコール問題議員連盟会長の中谷元代議士のご挨拶

アルコール問題議員連盟会長の中谷元代議士のご挨拶


アルコール健康障害対策基本法の実現に尽力して下さった方です。

ポスターセッションも大盛況でした

依存症治療における神話

依存症治療における神話

新たな治療の考え方

新たな治療の考え方

ポスターセッションの会場の窓からは横浜の美しい景色が見えました

ポスターセッションの会場の窓からは横浜の美しい景色が見えました

会場では、依存症対策や自殺対策の分野で一緒に活動してきた方々と再会することができました

会場では、依存症対策や自殺対策の分野で一緒に活動してきた方々と再会することができました