2年半にわたる「議会制度検討会」では「議員定数は現行どおり」との結論が出たので、フジノたち有志は「定数を4人減らす為の議員提案」をします

議会制度検討会の報告書が出されました

本日11月18日、『議会運営委員会』が開かれました。

メインの議題はまもなくスタートする12月議会の運営についてですが、それに加えて、大切なことがいくつか議題にあがりました。

その1つが、『議会制度検討会』での議論の結果をまとめた報告書です。

議会制度検討会とは

議会制度検討会とは


横須賀市議会では4年間の任期中、この『議会制度検討会』で議会改革を議論し続けます。

随時、出された結論の中から「今すぐできることは今すぐ実行していく」という形で、取り組みを進めてきました。

こうした真摯な議論がずっと続けられてきたことは、とても大切なことだと感じます。



「議員定数は現行どおり」との結論になりました

市民のみなさまの関心が高い『議員定数』については、2年半にもわたって検討されてきました。

議会制度検討会の報告書

議会制度検討会の報告書


2年半の議論の結果、今日出された報告書では「現行どおり41名とするべき」との結論が明記されました。

議会制度検討会の報告書より

議会制度検討会の報告書より


議会運営委員会の閉会後には、市議会議長らによって記者会見も開かれました。

2014年11月20日付・神奈川新聞より

2014年11月20日付・神奈川新聞より


「基地のまちという特性を考えると、現行どおりが良いのではないかという結論に至った」とのことです。



4年前の「議員定数はカットすべき」の議案にフジノは賛成しました

しかし、フジノはこの結論には反対です。

『議会制度検討会』のメンバーは交渉会派によって構成されていて、無所属のフジノはそもそも議論にも参加していません。

さらに、4年前に議員提出で出された「定数を37名に減らすべき」という議案にも賛成しています。

議員提出議案第6号

横須賀市議会基本条例中改正について

 
横須賀市議会基本条例の一部を次のように改正する。

平成22年11月29日提出

横須賀市議会議員 上地克明

横須賀市議会基本条例の一部を改正する条例

横須賀市議会基本条例(平成22年横須賀市条例第38号)の一部を次のように改正する。
 
第5条第1項中「43人」を「37人」に改める
 
附則第3項のうち横須賀市議会委員会条例(平成14年横須賀市条例第44号)第2条に1号を加える改正規定中「43人」を「37人」に改める。
   
附則

  1. この条例は、次の一般選挙から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。
    (1)附則第3項のうち横須賀市議会委員会条例第2条に1号を加える改正規定の改正規定 公布の日

    (2)次項の規定 平成23年5月2日


  2. 横須賀市議会委員会条例の一部を次のように改正する。
    第1条第1号中「11人」を「10人」に改め、同条第2号中「11人」を「9人」に改め、同条第3号中「10人」を「9人」に改め、同条第4号中「11人」を「9人」に改める。

(提案理由)
議員の定数を改めるため、この条例を改正する。

この議案に賛成したのは、わずか6名。

一柳洋議員、上地克明議員、佐久間則夫議員、野村隆弘議員、浜野雅浩議員、そしてフジノです。

否決されました。

その結果、議員定数は41名に決まりました。

こうして、この4年間(2011〜2014年)の横須賀市議会は、41名のメンバーでした。



新たにフジノも賛成者となり「37名に減らすべき」との議員提案をします

フジノは、4年前の時点ですでに「37名に減らすべき」という意見でした。

当然、今回の「41名のまま現行どおりで良い」という意見に賛成できるはずがありません。

そこで新たに上地克明議員を筆頭提案者に、一柳洋議員・山城保男議員とフジノの3名を賛成者にして、議員提出で「議員定数を37名へ減らすべき」という議案を出します。

議案は、11月27日からスタートする本会議にて提出されます。

採決は、11月28日の本会議2日目の予定です。

4年前は一緒に「賛成」してくれた浜野雅浩議員をはじめ、この4年間、「議会改革を訴えてきた若手議員」がたくさんいますので、ぜひご賛同していただきたいと思います。

この12月議会で、市長・副市長・教育長ら常勤特別職はボーナスをアップさせる議案を出します。

フジノは絶対に反対です。

市民のみなさまの暮らしぶりが良くなったとは全く思えないのに、何故、市長らのボーナスを上げねばならないのか。

全くその神経が理解できません。

この全国ワースト1位の人口減少を招いた責任をとって、むしろ市長も市議会も、議員定数も減らし、ボーナスアップも無しでいくべきです。

「市民に寄り添う」と市長はたびたび口にしますが、行動で示してほしいです。

フジノは「市民に寄り添う」なんて口にはしませんが、行動で示します。

市民のみなさま、11月28日の本会議での採決の結果に注目していてくださいね。