しらかばこども園・救急医療センター・社会福祉法人清光会・千代ケ崎砲台跡を「委員会の市内視察」で訪れます/教育福祉常任委員会協議会

4常任委員会の協議会が開かれました

今日は『教育福祉常任委員会協議会』が開かれました。

4常任委員会協議会の開催のおしらせ

4常任委員会協議会の開催のおしらせ


毎年のことなのですが、正式な『常任委員会』を開催する前に、いろいろな役職や視察などを決める為の場です。4つの常任委員会それぞれの協議会が開かれました。

(例えば昨年度の場合、フジノは『生活環境常任委員会協議会』に出席しました)



教育福祉常任委員会協議会で決まった事柄

フジノが出席した『教育福祉常任委員会協議会』では、以下のことが決まりました。

まず、市議会からメンバーを出す2つの委員会についてくじ引きが行われました。

くじ引きで決定した各種委員

  • 横須賀市社会福祉審議会委員
    →ねぎしかずこ議員に決定

  • 横須賀市民生委員推薦会委員
    →長谷川昇議員に決定

次に、所管事務調査(市内の視察)の行き先が決まりました。

市内の視察先

  • 福祉部
    社会福祉法人清光会

  • 健康部
    救急医療センター

  • こども育成部
    しらかばこども園(幼保連携型認定こども園)

  • 教育委員会事務局
    東京湾要塞跡・千代ケ崎砲台跡

最後に、県外視察の日程が10月27日〜29日に決まりました。



市内の視察先の概要

各視察先の概要をご紹介します。

【福祉部】社会福祉法人清光会

清光会は、主に知的障害児者を対象に、障害者支援施設『清光ホーム』、就労継続支援B型事業所『清光園』、放課後等デイサービス事業所『希望のひかり』等を運営しており、平成26年度に新しい施設を建設し、就労継続支援B型事業を拡張するとともに、平成27年5月から単独型短期入所事業を開始する。

なお、新しい施設は、1階が駐車場、2階がパン工房(就労継続支援B型)、3階が単独型短期入所事業所となっており、市は建設費用の一部を補助している。



【健康部】救急医療センター

平成26年4月1日に三春町より新築移転。

平成17年4月1日から指定管理者制度により管理運営を行っている。



【こども育成部】しらかばこども園

社会福祉法人誠心会が運営する幼保連携型認定こども園。

平成27年4月1日付けで保育園から移行した。

本園、池田分園、新大津分園の3つに分かれており、分園を含む園全体の定員は167人(本園109人、池田分園29人、新大津分園29人)である。



【教育委員会事務局】東京湾要塞千代ヶ崎砲台跡

昨年度、国指定の文化財として東京湾要塞跡猿島放題後及び東京湾要塞後千代ヶ崎砲台跡が指定された。

明治時代、首都防衛のため陸軍によって東京湾岸一帯に気づかれた要塞の遺跡。

千代ケ崎放題は明治28年(1895年)に竣工した沿岸放題で我が国近代の軍事、土木・建設技術の歴史を知る上で重要(文化庁報道発表要旨より)。

横須賀市では、今後千代ケ崎砲台跡の特別公開を検討している。

*事前に海上自衛隊への視察者リストの提出
*視察の際は海上自衛隊員が同行する

視察はこの4ヶ所をそれぞれ1時間〜1時間半くらいずつ丸1日で回ってしまいます。しかも夕方の5時までには市議会に戻ってこなければなりません。

つまり、『極めて限られた時間』での視察になります。

だからフジノとしては、幼保連携型認定こども園に移行してからまだ日が浅いこともあって、『しらかばこども園』の視察にはそこまで大きな関心がありません。できれば半年間くらい経過してからが良かったです。

そして、形だけ『覗く』のではなくて、もっとじっくりと『こども園』の中で過ごしたいです。できることならば朝から夜までずっと立ち会いたいものです。

『千代ケ崎砲台跡』は現時点では一般公開されていないので、1度は足を運んでみたかったのでありがたいです。

『社会福祉法人清光会』の活躍はメディアでも多数報道されている通りです。

知人が就職して働いていることもあり、親近感があります。視察もすごく楽しみです。

いずれにしても、委員会での視察は『実際にそこの内容を学びきる』というよりは『委員会全メンバーが同じものを観ることで共通の認識を持つ』ことに重きがあります。

それはとても重要で、いざという時にとても大きな役に立つことがあります。

一方で、もしも本当にどこかの施設や取り組みのことを吸収し切るくらいに学ぶとすれば、1時間程度の視察では不可能です。個人的に(もちろんたくさんの予習の末に行かねば分からないことだけを観に行くのが前提です)お邪魔するしかありません。

こうして『教育福祉常任委員会協議会』は17分で終わりました。

この後フジノはお昼から都内で大切な集まりと会議があり、その資料も作らねばならず、あっけなく終わった『協議会』に感謝して、市議会を飛び出て事務所に向かいました。