新たな「平和モニュメント」の点灯式が行なわれました/今後の点灯は毎月1日、2月15日、8月6日、8月9日、8月15日の日没からです

新たな「平和モニュメント」の点灯式が行なわれました

中央公園のリニューアル工事が終わり、4月1日から新たに『平和中央公園』と改名されてオープンされました。

4月1日にリニューアルオープンし改名された「平和中央公園」
4月1日にリニューアルオープンし改名された「平和中央公園」

そして今日19日は、新たな『平和モニュメント』の点灯式が行なわれました。

平和モニュメント点灯式プログラム(表)
平和モニュメント点灯式プログラム(表)
平和モニュメント点灯式プログラム(裏)
平和モニュメント点灯式プログラム(裏)

コロナ禍ということもあり、残念ながら市民のみなさまに広くお知らせすることはできませんでした。本当に申し訳ございませんm(_ _)m

はじめに、文化会館中ホールでささやかな式典が開かれました。

平和モニュメント点灯式
平和モニュメント点灯式
上地市長による主催者あいさつ
上地市長による主催者あいさつ

メイキングムービーの上映がありましたが、こちらは横須賀市公式You Tubeチャンネルで公開されています。

平和モニュメント・メイキングムービー

そして、場所を移って『平和モニュメント』前へ。

撤去された『平和モニュメント(=ヘイワオーキクナーレ)』に替わって、新たな『平和モニュメント(=平和の軸)』の点灯が初めてお披露目されました。

上地市長・齋藤精一さん(パノラマティクス)・板橋議長の3人が点灯スイッチを押すと、空に向かってレーザーが照射されました。

偶然にお散歩にいらした市民の方々と、政治・行政・建築に関わった企業・近隣町内会長など参加者一同で黙祷を捧げました。

(その様子をフジノの撮影した動画でご紹介します↓)

平和モニュメント点灯式の様子(フジノ撮影)

これから毎月1日、2月15日、8月6日、8月9日、8月15日に点灯されます

平和モニュメントからレーザーが上空に照射されるのは、次のタイミングです。

  • 毎月1日
  • 2月15日(横須賀市の市政記念日)
  • 8月6日(広島への原爆投下の日)
  • 8月9日(長崎への原爆投下の日)
  • 8月15日(終戦の日)

以上の合計16日間となります。直近でご覧になれるのは、5月1日ですね。

レーザー照射の様子
レーザー照射の様子

点灯は日没からで、消灯は4~9月は21時、10~3月は20時となります。

この年16日間のレーザー照射の他に、『平和の軸』の真ん中の部分の点灯(文字演出と呼んでいます)は毎日行なわれます。これは今も日没から毎日ご覧になれます。

旧平和モニュメント・ヘイワオーキクナーレを後世に伝える看板とマケットも展示されています

当初フジノは『平和モニュメント(ヘイワオーキクナーレ)の撤去と新たなモニュメントの建設』に反対をしてきました。

けれども議会での議論をとおして

  1. 初代の平和モニュメントであるヘイワオーキクナーレのマケット(本体作成前に制作されたミニチュア)を文化会館に永年展示する
  2. 後世に旧平和モニュメント・ヘイワオーキクナーレを伝えるべく公園内に案内板の設置を行なう

という横須賀市側の方針変更が打ち出された為、フジノは予算に賛成することとしました。

この約束は守られました。

ヘイワオーキクナーレのマケットは、文化会館の入口のすぐ脇に展示されています。

文化会館入口脇にヘイワオーキクナーレのマケットが展示されました
文化会館入口脇にヘイワオーキクナーレのマケットが展示されました

また、新しい平和モニュメントへと続く階段のふもとには『ヘイワオーキクナーレ』について解説した掲示板が設置されました。

平和モニュメントに続く階段のふもとに「ヘイワオーキクナーレ」を解説する掲示板が設置されました
平和モニュメントに続く階段のふもとに「ヘイワオーキクナーレ」を解説する掲示板が設置されました

行政のチェックミスによる老朽化の進行と突然の撤去決定、という経緯はとても残念でした。

制作者である故・最上久之さん、ご遺族のみなさま、そしてヘイワオーキクナーレを愛してこられた市民のみなさまには、本当に申し訳なく感じております。

けれども、たくさんの市民の方々の募金によって建設が始まったヘイワオーキクナーレの存在が将来にわたって語り継がれるように、フジノ自身も努力していきます。

フジノ自身とてもヘイワオーキクナーレを愛していたひとりなので、あの勇姿を決して忘れることは無いと思います。

できれば新しい『平和の軸』も市民のみなさまに『ヘイワオーキクナーレ』と同じように愛していただけたらと心から願っています。

上地市長「毎月ついたちに祈りを捧げに行くよ」

上地市長とフジノは、ふだんは二元代表制のそれぞれ別の立場に居るのでプライベートな会話をすることはまずありません。

これは吉田市長時代にも気をつけていたことです(前市長は高校時代から知っている、リアルな後輩でした)。

けれども根っこの部分では、当選同期として18年前からともにたくさんのことを議論したり条例提案をしてきた同じ想いを持つ間柄。

ふとした休憩の時間に、本音でちょっとしたおしゃべりをすることもあります。

今回たまたまフジノが撮影していた時に動画に映り込んだ上地さん(市長モードを離れての発言なので敬称を外します)のひとことは、胸を打ちました。

上地市長「おれ、ついたちのたびに祈りを捧げに来るよ」

上地市長「やっと・・・やっとできたよ」

フジノ「良かったです!」

上地市長「良かったよ・・・おれ、ついたちのたびに祈りを捧げに来るよ」

万感の想いが籠もっている上地さんの本音が吐露された瞬間でした。

今回の平和モニュメントの撤去と新設は、上地市長にとってもフジノにとっても、本当に心が痛む出来事でした。

上地さんは市長という立場上、それを表に出すことはできません。

けれどもフジノは上地さんがヘイワオーキクナーレを撤去せねばならないことにどれほどつらい想いを抱いていたか、よくよく知っています。

だからこそ、ヘイワオーキクナーレを後世に伝える掲示板の設置もマケットの文化会館での展示も議会の指摘を受けてすぐに実施を決めました。

これからレーザー照射の点灯日である毎月ついたちに「祈りを捧げに来るよ」という上地さんの言葉は、誰よりも平和を愛する上地さんの本音だと思います。

フジノも同じく、祈りを捧げに毎月足を運ぼうと思います。

新しい平和モニュメントの点灯式を行ないました

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!